« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月の記事

2005/03/31

ライブパステルコレクション2005 レポ最終回

50331

東京国際アニメフェア2005、初日の今日はビジネスデーでした。行ってきました。書きたいこといっぱいあるよ。くそー。でもレポ続けますよ。今日で最後だ。がんばれ>私

出演者(最初に書くべきだった。)

森川智之 カイザー森川
堀内賢雄 トゥルーラブハンター賢雄
小杉十郎太 ラブサンダー十郎太
檜山修之 ブレイブハート檜山
緑川光 エンドレスラブ光
福山潤 ナイトオブファイヤー潤
鳥海浩輔 ラブショット浩輔

遊佐浩二(昼のみ)
森久保祥太郎(夜のみ) シャドウオブラブ祥太郎

ビデオ&音声
井上和彦(昼アナウンス 昼夜ビデオ)
成田剣 (夜アナウンス 昼夜ビデオ)
森久保祥太郎(昼ビデオ)
遊佐浩二(夜ビデオ)

「感想などいろいろ」
★夜の部オープニングでは音声トラブルでマイクがはいらず、スタッフさんがコード付きマイクを用意するまでの間、もりもりと賢雄さんの生声でのトークが聞けました。
★合間に新作情報VTRあり。こちらのアナウンス(録音)もモリモリと賢雄さん。タイトルと出演者を読み上げていくうち、賢雄さんが宮田さんの名前を甲高い作り声で言ったのを皮切りにだんだんコワれていく二人。岸尾さん、櫻井さんなどが甲高い声、小杉さんはシブ声で、などモノマネ(?)大会。「許可証をください」のキャストを読み上げた後の「これらの濃いメンバーでおおくりします」が個人的にツボ。
★エンディングの台詞大連発、檜山さんの「子猫ちゃん〜」(from無敵な夏休み)は無敵ファンには嬉しかった。今年も無敵シリーズの発表、なんかないかなっと。
★朗読コーナーで、台詞をしゃべっているじゅんじゅんのアップを見て、なんて唇の美しいコなんだろうと思った。なんか、清潔感あって高感度アップ。声優さんは台詞に合わせて顔も演技している人と声だけが演技している人がいるけれど、表情も演技している仕草がなんかイイ感じでした。
★夜の部でイジられていた男性は……ry

「物販もの」
白衣黒衣〜
★よくもわるくもアンソロもの。コミックのデキはばらばら。あんまり期待しているとひょーしぬけするかもです。CDドラマも白/黒1本ずつなので、まあ、短いです。コミック2冊とCD1枚で2980円だったから、ま、こんなもんですか。当日はお買い上げごとにクジが引けて、当たると色校用刷り見本があたるというものでした。欲しいのか?欲しいのか?(もういっかい)みんな、欲しいのか?
BL裏話スペシャル パート3
★鳥さん、じゅんじゅんへの高感度アップ間違いなし。二人の仲良さげさ、楽しそうな感じ、収録の合間の素のしゃべりなど、ファンなら聞いとけ。絶対だ。模擬収録は、「いつかじゃない明日のために」のブックレットにあるショートストーリーを前後にわけ、前半を鳥さん、後半じゅんじゅんが読む、という趣向。

勢いと意地で続けてきたレポですが、3月も終わって明日から新学期ですんで、とりあえず終了。読んでくれてた人がいたらありがとう。今日のラクガキは迷った末にホントのラクガキをアップです。森久保さんを描きかけてたんだけど、1枚描いてると今日が終わっちゃいそうだったので断念。お茶をにごして終了です。
 おつかれさま〜明日からは新規一転、アニメの話でも(って一転してないって)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/30

ライブパステルコレクション 2005レポ4

50330

 巌窟王が最終回を迎えて、そっちに触れたいんだけどイキオイと意地でライブパステルコレクションのレポートを書いちゃいます。タイトルも正式名称に変えてみたり。意味ないけど。

「BL探偵社 夜」
 昼の部で光&浩二兄弟の野望を阻止して無事に未来へ帰ったハズのナイトオブファイヤーとラブショットの二人。しかしすぐさま現代へ帰ってきてしまった。その理由は、今度は「BLしか許されない世界になってしまった」ということ。(リアルすぎ)そのため子孫が残せなくなり人類存亡の危機。人類を救うためにまたまた未来を変えたい、という。去年果たせなかったラブサンダーへの思いをかなえるため再登場したシャドウオブラブをメンバーに加え、BLしかなくても良い、というエンドレスラブ光と未来人組とのドタバタ展開へ。
 昼にもあった未来人ズとブレイブハート檜山との絡みシーン、(BL関係で絡みっつーとなんかヤな表現だな)トランスフォーマースーパーリンクのパロディで放映中も話題になった「上になれ(夜)」「下になれ(昼)」台詞の後にSE入りで「スーパーリンクゥ!」と叫ぶラブショット(鳥さん、スパリンではホットショット役だったから、ラブショットの名前はここからとったのかな?)とブレイブハート。そして合体ポーズ、そして必殺技へ。昼はただ見守っていたんだけど、夜の部では、二人が合体技を披露すると、それを座り込んで寂しそうに見るナイトオブファイヤー。
潤「いいなあ」
鳥「出たがってたもんね」
潤「あれ、本当に出演したかったんですよ」
檜「じゃあ、おまえも叫べ!」
ということで、じゅんじゅん「久しぶりだぁ」という決め台詞。そして3人が縦にならんでキメポーズ。個人的には陰陽大戦記のリクで「式神降神!」とやってほしかったんだけどなあ。
 「ブレイブハートさん」の活躍で未来は無事救われた……ハズ。でも、来年には別の問題をかかえて未来人たちがやってくる、かも???(個人的な希望です)

夜のフロントアナウンス、追い出しアナウンスはナリケン。最初は普通に原稿読んでるかと思ったら、途中からだんだんナリケン節に…お約束の、「家に帰るまでがイベントです」発言もありました。

 今日は悩みに悩んだ末「おまえら」コンビの絵をアップ。スキャナからはみ出しちゃった。けど、私はあやまらな……。あやまるのはお二人のファンへ。ごめんね。力量不足で。そして今さらながらに。じゅんじゅん、もっとカワイク描けばよかったなっと。
 明日は総括&先行発売物の感想も書けたら書くよ。今月も終わるので、ダラダラレポートも明日で終わり(予定)。
待て。しかして希望せよ。(未練)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

ライブパスコレ 2005レポ3

50329

「BL学園物語」昼/夜
 舞台に用意されたのは白板、教卓、生徒用の机付きのイスが7つほど。
生徒役のメンバーは左胸にエンブレムをつけた鮮やかな水色(!)のブレザーにエンジ色のネクタイ。生徒がガヤガヤやっているとチャイムの音がして、赤のジャージ姿の先生が登場。昼の部では先生役は賢雄さん。ちょっとなまってるのは役づくり?小杉さんはタバコくわえたオジサン生徒?第1回のライブパステルコレクションでやったバーでの寸劇のパターンで、色々なCDドラマの世界とキャラがミックスした上くるくる転換。「どうして涙が〜」「いつかじゃない〜」「ロマンセ」「青の軌跡シリーズ」「キレパパ」「春抱き」などなど。最後のオチが「極妻」「お金がない!」の強面コンビで、二人を残して生徒たちみんなが逃げ出してオシマイ、というのは共通パターン。
 夜の部、舞台が明るくなると昼間小杉さんが座っていた場所には賢雄さん。頭にネクタイ巻いて宴会オヤジ風につくってる。昼はいなかった森久保さんは、まんまどこの教室にもいそうなちょっとワルい男のコっぽい感じでハマってます。(ダルそうに座ってる感じがよかったよー。)そこへ今度は先生役になった小杉さん。いつものスレンダーでオシャレな雰囲気はどこへ……赤のジャージにビンゾコメガネ、おサゲのヅラで、ごくせんのヤンクミをパロったらしいのですが、そんなことよりもみんなの意識はその外観に集中。竹の定規までとりだして檜山さんのお尻をぶつ……かと思いきや、股下を計測。謎の行動に出て、「今日の十郎太は、ナリケンになってる」とまで言われる始末。賢雄さんによると、ふん装の小道具は昼の部が終わってから急にマネージャーに買いにいかせたものだとか。小杉さんいわく、「お前に昼にあんだけのことやられたら、俺、このぐらいしないとと思って」。何を競っているんでしょうか。このステキなオジサマ方は。探偵社の方ではヒゲやマントがカッコワルくてイヤ、とか言ってたのに。
 本編では「もうやるまいと思っていた」5歳児の役声を連発させられる檜山さんや仲良さそうな福山、鳥海の初参加コンビ、さすがの出演数でコロコロとキャラが変わってストーリー(あったのかな)をリードするモリモリなど、みどころいっぱいでした。
 明日はBL探偵社の夜の部を予定。ビジュアルの記憶が薄れかけている。むー。空き時間にでもスケッチしとけばよかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/28

ライブパスコレ2005レポ2

50328

 「朗読コーナー」昼/夜
 昼も夜も見にいったので、ここはちょっと記憶がまざっちゃったので、覚えている分だけ。
「どうして涙がでるのかな」 森川/檜山/遊佐
 昼の部で、モリモリがカミカミ。2度目にトチったときは檜山さんに、「児童劇団からやりなおせ!」と言われ、「どうして涙が出るんだろう」と、涙目。
「愛される貴族の花嫁」 福山/堀内/檜山
 昼、夜同じ内容でしたが、昼の部では賢雄さんがお姉さんの名前を間違えて……夜は直ってました。
「いつかじゃない明日のために」 福山/鳥海
 瀬戸くんが羽田くんにコクるシーン。昼では名前を呼ばれなかった瀬戸くんですが、夜ではちゃんと
 「ちょっとびっくりしたけど、…瀬戸ならいいよ」と言ってもらってました。
「ペルソナノングラータ」 堀内/森久保/小杉
 森久保さんがいるので夜ですね。ガイがつかまってしまったシーン。
「キレパパ。」 緑川
「ごはんをたべよう」 小杉
「幸せのレベル3」 檜山/森川
 猫が事故にあって、モリモリが駆け込むシーン。これは夜だったハズ。
「過激に〜(すんません。どれだかわかりません)」 小杉/森久保
 これらとは別コーナーで、「ファントムペイン」のワンシーンを、モリモリと賢雄さんが長めに演技。昼はサングラスをしていたモリモリでしたが、夜ははずしてました。…なにか意図があったのでしょうか?

 ほかにもあったかも。うーん、自分が聞いたことないドラマのは記憶も弱いよ。ごめんよ。
次回はもうひとつの寸劇コーナー。きっとこれも夜昼あわせて1日でかいちゃう予定。こんなことなら探偵社のほうも一気に書いちゃえばよかった。ま、いいや。…つづく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

ライブパスコレ2005レポ1

50327

 さて、忘れる前に自分の覚えている限りでレポートを書いときます。ネタバレバレなので、もしお立ち寄りの方でDVDを楽しみにされている方は気をつけて。
 物販で先行販売になったのは、「白衣/黒衣 男の征服コミック」(CDつき)とBL裏話スペシャルvol3(ゲスト 福山潤、鳥海浩輔)の2点。
 まずは昼の部。
 前説ボイスは井上和彦さん。サスガの良い声で「携帯鳴らしたら、ぶっとばしますよ」って。ここからぶっとばしのノリですよー。
 そして、オープニング。ラジオパーソナリティーのモリモリと賢雄さんが登場して、台本にそったフリートークを展開。
「BL探偵社」
 BLが禁止になってしまった2100年からやってきたのは、BL復活のために歴史を変えたいナイトオブファイヤー潤と、歴史を守るために追いかけてきたラブショット浩輔。BLが禁止になるきっかけの事件は、禁じられた愛に悩む兄弟、エンドレスラブ光(緑川)と遊佐浩二さん(名前忘れた)がCD取り扱い書店とインターを破壊するというもの。二人ではムリ、という遊佐さんに、2階から登場のラブサンダー十郎太が助太刀しようとかけつける。そこに556ばりの衣装に赤マントのブレイブハート檜山、カイザー、ラブハンター、未来人の二人も加わって、事件をなんとなく解決。ラヴな兄弟は喜び抱き合い、未来人の二人も敵対していたハズが実は相思相愛だったことが判明し、抱き合い、そして鳥海さんをぶんまわすじゅんじゅん。ガタイ的には逆かと思って目を疑いましたですよ。
 次は若干のフリートークをはさんでお楽しみの朗読コーナー。 つづきますよ。
記憶のなくなるまでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/26

ライブパスコレ

50326

行ってきました。日本青年館。すっげー楽しかったけど、ぐったり疲れたので今日は寝ます。もう、意地でギリギリの更新。まにあうかな?だからラクガキも昔のをひっぱりだしてきました。某ゲームのキャラ、のつもりでかいたけど、本人にしかわからないかも……ごめん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

アニメもの発売日

50325
 巌窟王とビーストウォーズリターンズのDVDが今日発売。予約してあったのでアニメグッズ専門店へ。毎月思うんだけど、というか、アニメのDVDを、しかも予約して買うなんてことが今までなかったので知らなかったんだけど、25日発売っていうのはお約束なんでしょうか?CD&DVD売り場とキャッシャーは大混雑。店のつくりも大量のお客をさばくようには作られていないようで、しょうがないってばしょうがないんだろうけど、この行列の中、最年長はもしかして私?とか思って、ついうつむきがちになってしまいます。来月は発売日をはずして行こうかなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/24

ゼノサーガ終了

50324
 この時間帯、しかも最終回だけ開始時間が違うっていうので、どのくらいの人が見ていたんだろうって思いますが、まあ、私がそんなこと心配してもしょーがないので。
 キルシュバッサーちゃんは固有名詞として、しかも略されて呼ばれ、なおかつコスモスのオイシイとこをもってっちゃってましたねえ。だれか、キルシュちゃんのファンがスタッフにいたんでしょうか。それとも原作ゲームでのあんまりな扱いをフォローしたかったんでしょうか。
 ゼノサーガ エピ1のファンとしては、まあまあの満足度で見終わらせてもらいました。作画のバラつきもゲーム版エピ2キャラのことを思えばぜいたくは言えません。コスモスの「お役に立てれば幸いです」も聞けたことだし。また何らかの形でエピ1モードのキャラたちに会える機会があれば嬉しいなっと。改変期なので、来週あたり、見てるアニメが続々最終回を迎えます。気持ち良ーくエンドマークを見られる作品が多いことを願ってます。
 今日のラクガキはちょっと昔のスケブより。ちょっと気に入ってる絵なので、そのうちキチンと清書したいもののひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

コケコッコウ!

50323

なにかっつーと、石けんの名前なわけです。「コケコッコウ!」。ラッシュという色んな香りの石けんや入浴剤なんかを売っているお店があるんですが、そこで私がお気に入りだった石けんです。「だった」っていうのは、生産終了が決定したらしく。うーん、残念。で、今日、近くに行ったのでお店にあった在庫のうち4000円ぶん(!)を購入。ある意味買い占め。大人買い。
 ところで、知っている人は知っている、このお店はボディショップよりも強烈な香りただようお店です。商品それぞれがそれぞれ個性的な香り(というよりニオイ)を放っているため、数分も店内にいるとニオイがうつって自分でもその移り香に酔ってしまうというありさま。私はここで買い物をすると決めて外出するとき、必ずジッパー付きビニール袋を持参してました。でも、お気に入りの石けんはなくなるし、そして家にはお歳暮にできそうな量のコケコッコウ。当分は石けん、買わなくていいかな。
 また新たにお気に入りがみつかるといいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/22

雨のおでかけ

50322
この時期、粉っぽいのがいいか、湿っぽいのをガマンするかっていうんで外出する日を選びます。ここんとこの私はしめっぽい方を選ぶのが多いかな。でも今日は某テーマパークへお出かけがほぼ決定していたので私に選択の余地なし。結局湿っぽかったのでいいんだけど。でも湿っぽい、ですますには本気で雨、降ってたぞ。
 今日のラクガキも前〜に描いたのでお茶をにごしときます。今見ると、なんでこんなものを描いたのか、自分でもフシギなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/21

初カラー!

うまく表示できるかな。テストです。ずいぶん前に描いた絵が出てきたので。

50321

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/20

一生懸命ラクガキしてみる

50320今日は連休中日ということだけど、ドコ行くわけでもない
私はテレビみながらラクガキしてるばかり。
いいの。来週平日、遊びにいくから。
春休み中の学生の特権だもん。ね。
というわけで、今日のラクガキ、私的には少しがんばってみました。
どうでしょ?
ちなみに私の飼い主には不評でした。あう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/19

サイコー

今日はなんかキラキラな一日。
なんか、自分でもおかしくなるぐらいハイテンション。
こーなるともう、たべるもんおいしい、みるもんたのしい、
あるいてるだけで気分いい。
 久々に会った友達に、太ったんじゃねー?、って言われても
ブルーにならずに笑い飛ばせる精神状態。
やばい。ウツ入った時のギャップというか、ゆりかえし、
すんごいことになりそうだけど、もう、そんなこと考え
られんくらいハイ。うわ。こういうときの私、ヤナヤツ
になってそう。まあ、いいか。こゆときがあっても。

今日、気になることがあったといえば、帰宅後、
髪の毛が風と花粉とホコリにまみれてバリンバリンに
なってたっっちゅーことくらいか。

50319

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/18

ソフィーの世界

 今読んでいる最中です。
もう、なんで今まで放っておいたのかと後悔するほどオモシロイです。
 人から薦められて読みはじめたわけですが、もう、とまらないこの
ワクワク感は久しぶりですよ。
とりあえず一気読みして、気になったとこには付箋をペタ。
後でもういっぺん、今度は資料とノートを用意して、付箋をはがしつつ、
もしくは新たにはりつけつつ読む予定です。
 四月の新学期までもう少しの猶予。新学期が始まって忙しくなる前に
この楽しくも深くなってしまいそうな作業を片付けてしまいたいとか
思ってます。それが済んだら、ここで読後感などを書いてみたいなあ。

お絵書きは鉛筆画が続きます。なんか、新しいスキャナの使い方がまだ
よくわからない。これも4月までにマスターしておきたい、というか
しなくては、だわ。

50318

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/17

××、遊びなら2回まで?

ずいぶんと前のことになりますが、ある男性に言われた台詞ですよ。
「遊びなら2回まで。3回スルと情がわくから」
なんだそうです。つーか、私的には遊びでは1回だってしたくねえ、
とか思うんですけどね。いまだに。というか、今だから、かもしんない
けど、このへんは微妙だから自粛。
 とあるwebラジオを聞きながら今日何を書こうか考えていたら、こんな
消したい過去が思い出されたので書いてみました。
 世の男性に問いたい。

    これって、ホント?

50317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/16

ささやかに嬉しい日

ここ数日なんかイイコトが続いている気がする。
 たとえば、本屋でふと手に取った本がアタリだったり、
疎遠だった友人から連絡があったり、飼い主からほめられたり。
 ものすごくささいなことなんですけどね、んで、気持ちの
ほうもそれにつれて上昇中。
イイカンジだ>わたし 

ラクガキは、鉛筆。資料ナシなので、適当ですが、今日はこんなんが
かけました。急にこういうのが描きたくなったのは、たぶん昨日の
美術展が影響してると思うんですが、……。
まあ、ラクガキということで、こんなもんなんです。はい。
050316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/15

ミュシャ展行ってきました。

いんやー、混んでたって。すごいことすごいこと。
ずっと見にいきたかったんだけど、ついつい先のばしに
しちゃってたの。今日、おでかけついでに上野まで足を
のばしてきましたよ。
 平日とあなどっていた私がバカでした。
もうね、展示物ギリギリに行列ができていて、せっかくの
オオモノが距離をおいて見ることができないの。
そりゃ、近くで見たいものもあるけどさ、ちょっと距離を
とろうとすると、すぐに人がやってきて、絵ははるか、
人垣の向こうってことに。

 そんでも、その中でココロに残ったのはパステル画かな。
有名なのはサラ ベルナールのポスターなんかだけど、
幻想的なパステル画、私は見るの初めてで、初めて見るのが
印刷物じゃなくて実物で、ホント、よかったと思いました
ですよ。
 ショップはこれまたすんごい人の山になってたので、
ささっと見ただけで買い物せずに帰りました。
あ、カタログだけは入り口で買ったけどね。

絵は関係なく、ラクガキですです。


50316

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

落書き開始

えーと。
絵や写真もアップできるということなので、時間があるときは
ラクガキなども添えていこうかなと。
基本は、単色、一発描、下書きナシという感じで。
なにかイイコトあったときはもっとちゃんと描いたものもアップ
したいなとか、思います。
とりあえずうまくアップできるか、テスト。

50314

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

努力する才能

今日は十数年来の友人の誕生日。おめでとう。

彼女はがんばれる人。
 ものすごーくノホホンと生きているようで、人に見えない部分で
ちゃんと努力してきていた。世間から見れば少し遅咲きに見えるかも
しれないけれど、きちんと夢があって、それに向かって一歩一歩歩いて
いた。きっとこれからもさらに上、さらに上の目標にむかってのぼって
いけるんだと思う。すてきだな。うん。たぶんそれも彼女のペースで
あるので、見えない人には見えなくて、たよりなく見えてしまうかも
しれないけど、彼女のがんばりはそんなことものともしない力強さを
秘めているんだと思う。
 これからも、彼女の友人でいられればいいな、と思う。
直接ではないけど、こんな場所ですけど、彼女にとってきっと区切りの
年になる今年の誕生日、ココロからの祝福をおくります。こっそりね。

  努力できる、というのは一種の才能なんだと思う。
 彼女を見ていると思う。彼女はそのすばらしい才能の持ち主。
私は残念ながらがんばれない人。努力の仕方を知らない。
やればできるんだから、と、今までどれだけ言われたことだろう。
でも、これはたぶん先天的に、または後天的かもしれないけれど、
おそらくすごく幼い時期に決定してしまう才能なんだろうと思う。

 努力を強要されることが、ものすごく苦痛である人がいることを、
一人でも多くの人にわかってもらえればいいなと、ささやかに祈り
つつ、クスリを飲む私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/12

生きてると疲れる

もうね、朝起きた瞬間に疲れてることがあったりするわけですよ。
 前日なんか激しく運動したとか、そゆことでなくて。ね。

逆にもう、目が覚めたらすぐに動き出せることもあって、こゆときは
風呂洗ってお湯はって、その間に洗濯開始。リビングのサッシをあけて
換気して、今の時期なら結露したガラスをふいて、ついでに玄関とか
掃除して、で、ほこりっぽくなったらちょうどいい具合になってる風呂に
はいってさっぱりして……んで、そーすっとやっぱり疲れているという。

結局、どーやっても疲れてるんです。一日の半分もたってないのに。

 でもまあ、疲れてる具合をみはからって本読んだり、ゲンコかいたり。
自分を使いこなすにはテクニックがいるわけですね。私の場合。これが。
 テクニックがなくても、ごく自然に自分を動かしていける人たち。
たぶん、こういう人が「普通の人」なんだろうけど、私は尊敬します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/11

オダギリのその後

ライフカードのCMのその後。
4種類あるカード、どれを選ぶかでかわるその後の
ストーリーはネットで見られますですよ。
どれをきってもそれぞれオダギリの思惑とは
違う方向になるような。
しかし、「率直」の結果にはウケました。すいません。
腐りかけてますから。わたくし。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/03/10

雨が待ち遠しい

洗濯猫としては、はなはだ遺憾なタイトルですが。
どーせ、この時期外に洗濯物、干せないしね。

明日は雨予報。
 しめっぽいのも苦手だけど、今の時期、花粉がカユくて
出かけたくないので雨が待ち遠しい。
今日は天気がよくてあたたかかったので、昼間は家の中。
何度かうつうつして、何度か夢を見た。
 見ているときは幸せで、さめてみると悲しいような、
そんな夢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/09

薬で眠るとき

ウツでPDで、不眠もかさなって薬を処方してもらってる。
薬を飲みはじめた頃は薬の効果と自分の体調のコントロールが
できなくて苦労したけど、最近は波のように強弱をつけながら
やってくるウツの波に合わせて薬を飲むコツがわかってきた
ような気がする。
 おいしゃのセンセイにも、自分の今の状態を上手に話せるように
なって、その時そのときで薬の処方を変えてもらったり
アドバイスがもらえるようになったのもよかったのかも。

不眠で悩んでいた頃は、苦しい夢をよく見た。
 閉じ込められたり、なにかから逃げていたり、呼吸ができなかったり。
とても、とてもつらかった。眠ることも、夢をみることも。
でも、薬を飲みはじめてから、それがかわってきた。
 顕著なのは、夢の主人公が自分ではない夢をよくみるようになったこと。
「私」ではない自分がゆめの中で行動する。だけど、それはワタシなのだ。
まるでショートストーリーのドラマの主人公になったように、毎回かわる舞台。
まるでSFのような世界であっても、その世界設定は私でない私はそれを
ちゃんと理解して行動している。不思議な感覚。
 そんな夢を見ながら、今日も猫は眠る。薬はまだまだ手放せないけど。
ゆっくり眠ることができる。

今日も飼い主はシゴトで帰ってこない。猫はひとりでねむる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/08

洗濯猫、悩む

いい天気です。
 湿度も低いです。
洗濯するには、絶好の一日、の、はず、なんですが。
なにしろ花粉警報。いくらとりこむときにはらっても、
地肌に触れる衣類や寝具に花粉が残って体がカユくなる。
そして、洗濯猫のすみかあたりは地質が細かい砂地で
春先の風にのって花粉といっしょに砂が舞う。
 自然エネルギーで乾くはずの洗濯物なのに、もったいないと
思いつつ、部屋干しです。
 日差しはもったいないので、ブラインドをあけて、日だまりで
猫がガラス越しに日光浴をするていどです。
 花粉も砂埃も気にせず外出できたらなあ、ここんとこウツは
上昇気味っぽく、お散歩程度ならでかけられそうなのに。残念。

ちなみに、むりくり、こういう時に出かけたときは、帰宅するや
いなやバスルームへ。シャンプーもちゃんとしないと、ダメ。
ほんとは朝シャンプーする習慣にしてるので、へたすると一日
2回の洗髪ってことになります。
 難儀な季節です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/07

ハローCQ

今日放送のブラックジャックを見ていて、
なんて懐かしいんだろうと。
原作ではアマチュア無線で知り合って友達に
なる二人、という設定なんだけど、さすがに
現代版になってネットでチャットになってん
ですね。
 ふむ。目が不自由な無線家ってのは多い
だろうけど、チャットってのは、どうなん
だ?んで、さらに会話の最初は「ハローCQ」
のまま。
 ん?なんでなんだろ。チャットでもCQとか
使う場面ってあんのかな?
 まあ、本来CQって、不特定の局に呼びかける
意味なので、原作でもちょっと不自然なん
だよね。と、従事者免許持ちのコネタでした。
局免は、とっくに流れているハズだし、無線機
はこわれたまま放置してるんで、偉そうなコト
言えないんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/06

オロナインの思い出 2

で、続き。

鍵を開けてくれた先生は、しかし、そこではただの
オヤジでしかなかった。どこになにがあるのかも
わからない。
 それでも、保健の先生の机の上には普段よく使う
消毒薬などは出してあったので、オヤジ先生は、
その中から消毒薬を選び出し、中学生の私から見ても
あぶなっかしい手つきで消毒をし、それから、オロナイン
軟膏のビンをみつけだし、
「おお、これがあるか」
と、安心したような声で私を不安にさせた。そして。
 オロナインを私の親指に塗った。
 傷は深かった。
 先生は躊躇せず、私の傷をオロナインで塗り込めた。

オロナインといえば、お母さんの優しさ、である。
 私の中での位置づけは「あかぎれ、しもやけ、手あれ」に
オロナイン、のオロナインである。
 更に不安を確定させるように、先生はオロナインをたっぷり
ぬりつけたガーゼを傷口にあてがい包帯でそれを私の指に固定させた。
どうも、器用ではないようだったが、先生は包帯が「はずれない」
ように、「しっかり」まきつけた。
私と友人は先生にお礼をいい、家に帰った。
帰宅し、ぐるぐるまきの右手を母に見せると、母は救急箱
からオロナインを取り出し、
「大丈夫でしょ。ほら、ここ(効能書)に、きず、って書いてある」
と、私に見せた。たしかに、書いてあった。
 学校も母親も、おおらかだったのか、その話はそれでおしまい。
 今とは違って、先生は間違ったことを(そうは)しない、と
思われていた時代でもあった。
だいいち、しばらくキズアトは残ったものの、その手当で傷は完治した。
 オロナインってすごい、という思いは私の中に根強く残った。

昨日、私は大根といっしょに右手中指をスライサーでそいでしまった。
消毒後、わたしはオロナインを塗り込んだ。
中学校の保健室の情景が思い出された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/05

オロナインの思い出

 中学生のときのこと。図工の時間に木でハガキ立てを
作る、というのがあった。
 ある土曜日の放課後、先生に図工室の電動糸ノコを自由に
使っても良いという許可をもらって、遅れ気味だった友達と
一緒に居残りで作業を進めた。先生は用事があるからと、
その場には生徒数人だけ残して帰ってしまっていた。んで、
まあ、そういうときに限ってこーゆーことがある、という
見本のような事故。
 私は糸ノコで親指を切った。
 けっこうザックリいった。
その瞬間、頭のてっぺんから血の気が引いたような気がして、
その直後、親指から血がどぱどぱ出た。
 私はどーしていいのかわからなかった。パニック状態。
 友人は私より落ち着いていた。まあ、ヒトゴトであるし。
「保健室に行こう」
当然といえば当然の意見。
 私はだらだら血の出る右手をぐいっと天井にむかって差し上げ、
(心臓より上にしておいたほうが良い、という程度の知識はあった)
人気のない校舎を保健室に向かった。
保健室は鍵がかかっていた。
土曜の放課後、だしね。先生、帰っちゃってた。
 またパニックになりそうな私より、やっぱり友人は落ち着いてた。
「私、職員室行って、誰か先生よんでくるよ」
 まあ、校舎が全部閉められていないってことは、誰かしらいるって
ことだよね。ということで、待つことしばし。友人がつれてきたのは
結構トシのいった男の先生だった。先生は保健室の鍵を開けてくれた。
助かった、と、私は思った。
  長くなったので、明日に  続 く 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/04

こーゆー日は、出歩かなくても済む猫生活が
許されている自分がありがたい。
 現在は関東在住だけど、雪国育ちの身としては
この程度で大雪、とはいいにくいけども、んでも、
「大雪」の降る中、出かけていく飼い主に感謝。
 明日は出かける予定。ちょっと憂鬱。
楽しみなハズだったんだけど、直前になるとやはり
気が重い。今日は早めに寝ようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/03

ウツ期突入

来期の学費を納入しなくてはいけなかったので郵便局へ。
あるいて行ける距離なので助かってるけど、ウツに入ると
気力はそんなことでも使い果たしてしまう。
あきらめて、ベッドでまるまることにする。

ここの更新は単なる意地で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/02

長い日

ちっとも時間がすすまない。
ダメな日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/01

猫っぽくなる

なんかうずうずして落ち着かなくて、天気は良くて
外出する用事があるはずなのに外へ出たくない。
出られない。かといって家にいても落ち着かない。
ならばと、お風呂に入ろうとしてもなんとなく入れない。
これはもう、ウツな周期に突入しそうな感じ。
当分猫な私になりそう。
こういう時は下り坂の天気予報が安心したりする。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »