« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月の記事

2005/06/30

陰陽大戦記◆決戦!天と地と

riku1◆陰陽大戦記 決戦!天と地と◆
 かっちょいーリクを描こうと思ったら、別人に。おかしいなあ。まあ、いいや(よくない!)普通に一昔前のロボットヒーローものの主役みたいになってしまってます。うむむ。
 最近、アニメのコゲンタの顔がどんどん幼くなっていくのはなぜでしょう?精悍さに欠けるような気がするんですけど。リナの思いがコゲンタに届いているとしか思えません。

  さて、本編の感想などなど。
 まず、いっちばん気になる事!ネギでどれだけの妖怪が祓えたのか、というか、どうやって祓ったのか。やっぱ、ネギで叩いたりするのかな?来週は見せてくれるかなあ。ネギでの妖怪退治。ニュータイプコゲンタ&ランゲツ様より、ネギに心が残ったっつーのもどうかと思いますが。
 (逆式の件、原作見てないとよくわからないよねぇ。でも私もコミックスでしか読んでないからよくわからないのよ。続き、早く読みたいんですけど!)
 でも、ヤクモ&コゲンタで逆式をおこしかけたランゲツ様を倒した…のに今のヤクモが居るってのは、コゲンタとの契約ってどうして解除されて、新しい式神たちとの契約はどうやって行われたんでしょう?どっかで説明されてたっけ?

 ストーリーは、ボート部&ミカヅチセキュリティサービスの妖怪退治、伏魔殿でのマサオミvsヤクモ、ミカヅチvsランゲツ様とコゲンタのタッグ、その後のランゲツ様vsコゲンタと、平行してストーリーが進むので、30分(正味20分)ではほとんど話が進みません。密度が濃いから見終わった後の満足感は高いんだけど、そこがねー、ちょいじれったいですよ。

 ★今週のポイント★
ネギ
「仲間なんだね」とユーマに言うリクがすっげー嬉しそうだったこと。
新しいドライブに変形(バンダイパワー)
新しいデザインで降神のトラさん2匹(バンダイパワー)
(こないだメイト行った時「源流の書」カードのストックが無いと思ったら…おそらくそういうコトだよねえ)はううう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOVELESS 最終回

Endless
◆LOVELESS ENDLESS◆
 とうとう最終回!
うわー。なんか、先週幸せモードの立夏を見ていた分、「これからの不幸」を感じさせる最終回、あんまりですよぅ。しかし、清明はやっぱ○○で××なんですか?ナリケンさんの声っていう時点でただのいいお兄さんではなくって××な予感はあったんですが。

 絵は、最初から最後まで不満なく、安心してみていられるキレイな絵でした。「これから」があるなら、ぜひこのスタッフ&キャストで続編を見てみたいです。とりあえずはドラマCDで補完。原作は見ない方向で。(だってもし続編あったらもったいないんだもーん。原作が完結したというウワサを聞いたら一気にオトナ買いしちゃうかもしれないけど)
ドラマCDの1枚目、コメディ色強くて割と好みだったので次回も楽しみ。ちょっとしか出ていない律先生(子安さん)の印象が強いのがスゴイでしたよ。ホント。

 ラブレス最終回とサッカーのせいでまだユラユラしてます。朝は豪雨だったハズなのに、なんでこんなに晴れているんだろう。ナゾだ。とりあえず陰陽大戦記までに買い物行ってこなくては。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/06/29

雨なので…アニメ等まとめて

50629
◆ブリーチ◆
 チャド倒れる?うそーん。一護もヤバそうだし。でもさー、このままだとホント戦ってばっかりなんで、なんか息抜きを私に下さい。え?次回予告の班目(檜山ボイス)?うん。それはだいぶ嬉しかったけど。いつの時点で収録したんだろう。この予告の声。
◆エレメンタルジェレイド◆
 エディルレイドの裏が見えてきた?今のとこ、シスカは自分のコトでぼーぜんとしてますけど、やっぱこのままじゃ終わらないでしょ!来週はピコピコハンマーな幼女再登場、かな?
◆ガラスの仮面◆
 えーと、桜小路くん、色仕掛け失敗の巻。アイドルのオンナノコが主役を張る映画、昔は角川がよーけ作ってましたが、今はどーなんだろう。あとジャニ系の映画とかね。そんでもって、あのコみたいな演技で主役っていう映画やテレビドラマがたっくさんありましたねえ(遠い目)月曜ドラマなんちゃらとか、大映系とか。
◆かみちゅ◆
 30分見ただけではなんとも言えないけど、ちっちゃい神様(?)たちがかわいいです。
とりあえず次回は見る。
◆アイシールド21◆
 やっぱモンタはセナにとって大事な存在になっていくのね。これから楽しみMAX!
nanashi1クールでのアニメが最終回ラッシュ=初回ラッシュ。
原作知らない、聞いたコトもない作品ばっかりなのでとりあえず録れるだけ録ると。そいでふるい落とすと。まあ、これから一月ほどそういう方向で。え?試験ですかぁ?ううう。まあ、HDDが限界までがんばってくれることでしょう。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽サントラCD 感想などなど

昨日のオトナらしい買い物の中から聞いてみたCDの感想など。

◆陰陽大戦記 スペシャルサウンドトラック 虎の巻◆
 31トラック、そのうちショートドラマが4つ。
ドラマ部分はほのぼの日常系。「え〜なぁ」
それに、マサオミさんがまだ「ドンブリにいちゃん」モードな日常。
(一応、裏設定におわせてはいますけど、ね)
音楽は本編で使われたBGMがぎっしり。燃えます!
陰陽好きならお買得の一枚。ただ、売っている店を探すのに苦労しそうなの。
 がんばれ、陰陽大戦記ファン!情報は足でかせぐのだ…!…いや、ネットが楽かな。

◆S.S.D.S. 愛の解体新書レボリューション1◆
 ドラマとしては愛の解体新書の続編。更に一応、ゲーム後のストーリーという設定のようです。でもゲームやってなくても、そんなに違和感なさそう。若干ゲームでしか語られない設定が語られたりするけど、まあ、ゲームやってなくてもそんなに困らないかな。うん。
黄色いカエルはとりあえず出てきませんでした。残念。
 とうとうS.S.D.S.ワールドの謎が解き明かされていくシリーズ、ということらしいです。
今回はその導入編、といった感じ。
 ジャケット絵は明神さん絵からゲーム絵(愛媛みかんさん?)に変更。このせいか、ショップの商品棚で目を引かない、というデメリットがあるんじゃないかなー。今までのファンはどーしても明神さんの絵を探しちゃうだろうし、アニメ塗りのイラストなので、他のアニメ絵ジャケットに埋もれぎみ。ジャケ裏などにはちびキャラモードの先生方も描かれています。ここらは好みでわかれるトコでしょうね。
 ところで。
ゲームの時にも気になったんだけど、彼等、乾杯のときビールじゃなくてワイン飲んでるよね?なんでやろかー。

◆COOL B◆
 まあ、あまりPCゲームやらないのですが、(つーか、常用マシンがマカーなので出来ない)声優さんインタビュー(今回は福山じゅんじゅんがBLその他のオシゴトについて語ってます。やっぱ、彼は清潔感のある感じがえぇなぁ。うん。)&今回はSSDSの記事が出ているということで購入。……そこそこクリアしたプレイヤーには再発見の無さそうな記事でした。いや、「これ以上は何度プレイして裏ルートを探してもでてこない」という事が確認できる貴重な記事といえなくもないか。がくー。
ホントに「あれだけの」内容なんですか?そうですか。
 ピンナップには「学園ヘヴン」の「会長&副会長』コンビ、しかもバスケ(?)ユニフォーム姿、お互い笑顔というステキ絵が!こうして見ると、二人ともとってもサワヤカさんみたいです。メイトでは購入特典としてこの絵のポストカードをつけてくれました。

◆げんしけん 6◆
 アニメも終わって久しくなりつれば……原作もアニメ版も大好きなので原作がたまったらアニメ、もっかいやって欲しいなあ。
 そーいえば、「萌え」とはなにかを、一般人に分かる言葉で端的に説明するのはとても難しい、という話を友人としたことがあります。相手に積極的に理解しようとする態度があるならば、げんしけんを読むといいんじゃないかなー、なんて思うんだけど……。
「萌え」については思うとこがあるので、後日ゆっくり、書いてみたいと思います。

おっと、明るくなってきてしまった。
 今回はここまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/28

お買い物

散財記録 〜 ダメな大人の例

◆CD◆
陰陽大戦記 SPサントラ 虎の巻
SSDS 愛の解体新書1 レボリューション
鬼絆
許可証をください!
◆DVD◆
巌窟王 5
◆書籍◆
蜻蛉日記
美術の哲学
げんしけん 6(通常版)
◆雑誌◆
COOL B vol.2
(森田インタビュー じゅんじゅんインタビューあり)
◆画材◆
コピック用 補充インク3本

 よく、電車の中で雑誌のヌードグラビアを見るのはセクハラかどうか、
などと言われたりしますが、BL系雑誌を電車や職場(いないとは思うが)
の男性の前で見るのはセクハラになるのだろうか?と思った、買い物帰り
の電車の中であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクエリオン★一万二千年のラブレター

TOMA
 創聖のアクエリオン 一万二千年のラヴレタ〜♪
 トーマ、一途なのかそれともやっと会えた宿敵(?)と戦える喜びを感じているのか……先週からの流れだとてっきり一途にアポロニアスラヴだと思ったのになあ。オトハともちゅーだしなあ。うーむ。でも、アリシア王室の二人の謎は少しだけ解明されました。それでシリウスお兄様は悩んでいたのね。羽根は受け継いだのに記憶は受け継げなかった自分に。シルヴィアの方は羽根を受け継ぎ、それに付随するように記憶も継承していたから、お兄様が太陽の翼だと疑わなかった、つーか、疑えなかったと。
 で、敵の血を引く者と知られたくない王室の秘密と、ね。そんな感じでしょうか。

 そして今回もピエールったら男前♪私の中でどんどん好きキャラに育っていきますよ。女好きでチャランポランに見えるけど、実は芯のある男っつー設定に弱いんだわ。シンフォニアのゼロスとか。(あ。ゼロスの声も師匠だわ。ぐーぜ〜ん!)
  今回、オフィシャルブログを見てギャグも期待していたんだけど、ギャグないじゃーん!と思ったら予告でかましてくれました。また指令の名言がひとつ増えたな。

「予告を信じてはいけない。

apolo2
 追記>こちらハガキサイズで描きましたアポロ。またまた二週間、某所に掲示されている、ハズです。某所へお出かけの際はぜひ見てきてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/06/27

オンナノコ、ここが好き

koshi
 お暑うございます。
 昔からオンナノコの絵を描くのは好きでした。そして、たしか、高校生ぐらいの時、気付いた事があります。私はオンナノコの、特に「腰」を描くのが好きだと。
 あの、くびれのライン。更に言えば、後ろから見たトコ!美しい曲線!と、私は思い、ノートのすみっこなんかに「そこだけ」をラクガキしたりしていたんですが、友人(女子)が
「アンタ、ちょっとヘン」
と一言。そかな?と、首をかしげる私に彼女が言うには、「乳」や「シリ」ならわかる、というのですけど、それはそれで男子の意見としては順当かとも思いますが、今思うに、女子高校生の意見としては彼女も少し偏っていたのではないかと思う次第。
 まあ、別に乳もシリも、私は「描くの」キライではないですよ。どちらかというと好きですよ。うん。あ、「描くの」というのを強調させてくださいね。念のため。
(ちなみに最近は男子の腰骨と上腕二頭筋にも興味があります……)

 「うえきの法則」
予想どおり、ナリケン撤退。がくーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/26

仮面ライダー響鬼 あさまやま〜

asumu1
 おっと。懐かしいです。軽井沢!浅間山!鬼押しかな?マカモウさんたちが居たのは。今回のヒビキ、私的見どころはそこでした。クウガの時も県庁前の交差点が見どころだった……つーのはウソですが、見続けた一因になったことは確かですよ。一条さんが長野県警の人だったってのは。郷土愛ってヤツですか?そーいや、軽井沢にあったオフロードのコースって、なくなっちゃったんだっけ?あのコースも個人的にはすごい思い出の地なんですが……。あればまたライダーなヒビキが見られたかもしれないのになあ。もうバイク、乗らないのかなあ>ヒビキさん(つーか、東福寺)
 軽井沢といえばその昔、「軽井沢シンドローム」好きだった私は昔、バイクで軽井沢へ行き、ら・くか(胡月堂)だの、オルコ・タイタ(プリムローズ)へ行ってコーヒー飲んでたものですから。コーヒー飲みに片道1時間半のツーリングです。バカですねー。んで、車を運転するようになってからは季節外れのドライブも何度もしたし。旧軽でぶらぶらしたりしてね。
 さて、もとい。新しいオニさんも出てきたし、映画のCMもあって、盛り上がってますねー。今年も!映画ではなんか不思議なご当地ライダーさんたちが沢山ご出演らしいですね。楽しみなような、不安なような。
 今日のラクガキは見ての通りです。あはは。元が実写だし、「イメージちがーう!」という方もありましょうが、ご容赦下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/06/25

Thanks! 5000Hits.

5000hit
 みなさんこんにちは。辺境の地、ささやかなブログへようこそ。
といいつつ、今日、アクセス数が5000を超えました。カウンター表示してないんですが、5月から管理画面から確認できる仕様にしたので、それからの数なんですけども。大手さんにしたら、ホント、ささやかな数なのかもしれませんが、それでも私としては快挙だと思ってます。それもこれもみなさんが日々ぽちっとクリックを続けて下さったおかげです。ホント、最初はブログを続けていけるかどうかも自信がなかったんですが、TBやみなさんのコメントに励まされてここまでやってこられました。
 これからも色々、書いたり描いたりしていきたいと思っています。
これからも、時々でも覗きにきて、んでもって気になったこと、気に入ったことなんかがありましたら足跡残して下さると、更に嬉しいです。喜びます。ということで。
 それでは、今後ともよろしくお願いしますです。

 ◆洗濯する猫◆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暑い夏と図書館の思い出

summer1
 暑いのはニガテです。割と涼しい場所で生まれ育ったので、体が寒冷地仕様に出来てしまっているようです。今は関東に住んでいる私ですが、こっちに出てきて初めての夏、温度&湿度で文字どおり死にそうになりました。一日に何度もシャワーをあびないとベタベタしている気がして、「やっぱ山ン中の田舎モンには、都会は住みづらいとこだぁ」と、泣きが入りました。実は涼しさを求めて冷房が効いていて長居できる所、ということでパチンコを覚えたのもこの時でした。(でも、中に居る間はいいんだけど、ホールを出た後にはタバコのヤニで更にベタベタ感倍増になってしまう、ということになりましたが。)
 今日もあまりの暑さに開館と同時に近くの図書館へ避難。家でやっても良いレポートを図書館でやり、さらに出来上がっていた課題を白紙に戻して図書館の資料を使って描き直したり。しかしこの図書館、開放的なのを目指しているんだろうけど、閲覧室とビデオ視聴機器が隣り合わせにあって、しかもその間にドアが無い作り。子供がウルサイウルサイ。下手をするとオコサマたちは閲覧室まで走り込んでくるというありさま。親はもちろん、図書館員さんもよほどでないと注意しないので、混雑してくるとイライラしたりする始末。よって、今日もあまり長居できませんでした。とほほーん。
 図書館って、私が子供の頃は走り回るなんてもってのほか、オシャベリだってちょっと声が高くなると司書さんに睨まれたりしたような気がするのですが、今はみんなどこもこんななんですかね?

 昔、小学校1年生の頃、初めて行ったイナカの図書館。夏でも薄暗くて、冷房なんか入れなくてもひんやりして静かな空気がすこしほこりっぽいニオイをさせていた。狭い部屋に書棚がぎっしりと並んでいて、カウンターには無愛想な司書さんがひとり。それでも自分のカードを作ってもらって自分で本を借りるという作業は、少し大人になったようでとても嬉しかったのを覚えている。星の王子様、ぽっぺん先生シリーズなど、今も大好きな本を読んだのはその頃のこと。
 引き出しにぎっしりつまった手書きの書名カード、手が届かないほど高い書棚に並んだ本の中には、きっと自分が知りたい全ての事がつまっているんだと思えたあの頃。私の図書館のイメージにはあの、小さな緊張感とワクワク感がいつも伴っている。

 ラクガキは本とは関係なく、暑い=海だ! という短絡的思考の元に描きました。
でも、私は海もあんまり好きじゃないです。潮風が肌にベタベタする気がして。これまた山育ちのためなので、海辺にお暮らしの方、すいません。悪気はないのよ。あ、舞浜にあるウソんこの海は大丈夫。んでも、あそこも風向きによってはベタベタ&髪の毛バサバサになって帰宅後即風呂、ということになりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/24

S.S.D.S. 刹那の英雄 (たぶん)最終報告 他

kazuto まずはPCゲーム、「S.S.D.S. 刹那の英雄」 感想から。今回ちょい辛口かも。こころして。
んーとね、色々試したんだけど、サクサク感は良いものの、キビしく言っちゃうとそれだけなのね。で、ストーリー自体も今までのCD全部聞いたことがあると新鮮味がないし、なにより絵がCDでの設定絵とかけはなれているので、私は最後まで馴染めませんでした。残念ながら。声優さんが豪華、フルボイス、結構ガヤなんか遊んでいて面白いといえば面白いんだけど、ゲームそのもののデキがいまひとつ、というよりこのテのゲームを何度もプレイした事のある人にとってはかなーりダメぽ。です。「ボイス以外」の要素としてはスーファミ、もしくはファミコン時代のゲームと言われても仕方ないかもです。どっちの選択肢を選んでもかまわないように見えるのは最初の太田君の選択肢ぐらいなんだけど、まさかこれが最後まで響いているとしたら恐ろしいコトです……が、全部調べ直すのはあまりに苦痛なのでやってません。
 一番嬉しかったのがシューマイ君のバッドエンドでの(ニセ)ハッピーエンドで、モリモリの良い声で告白されたことでした。っていうのが、このゲームの全てを物語っているのでは?
 ホント、声だけは豪華なので、返す返すも残念です。これだったら愛の解体新書の新作を1〜2枚作っていただけた方が嬉しいっす。いや、これ、個人的な感想なので、念のため。

soubi
 ★アニメ感想、いくつかまとめて★
◆ハチミツとクローバー◆
 葛西臨海公園の観覧車に乗りにいくストーリー。私は横浜で水上バスに乗ったことあるんですが、彼等より短い時間しか乗ってないのにもかかわらず、酔いました。屋形船で天ぷら食べたこともありますが、その時も海に出るまでにキモチワルクなりました。ホント、乗り物酔いし易い人は気をつけましょう。つーのは余談ですが。ホント、コンティニュースペシャルのインタビューで黒田氏も語っていますが、脚本やさんが原作好きということもあるのでしょう。ホント原作の良いトコロをつぶさずに、上手ーくアニメにしてある良作だと思います。ED後の一言も毎回楽しみにしてるコトのひとつ。心に響くセリフ、シーン、ポイントを押さえてワンカットずつ魅せてくれます。
 ところで、屋形船ってどーして天ぷら食わせるの?
◆スピードグラファー 左手に抱かれて眠れ◆
 オープニングが変わりました。よりえっちく、よりダークな感じになったような。
「触られても、がまんしますから」
 という神楽ちゃん、何されていたんだろう。今まで。直接的な描写が無かったのでナゾですが。今までだって抵抗していた様子はないからもっと触ってもかまわない、という意味のセリフ?だとしたらなかなか計算ずくな彼女。お嬢様育ちとは思えないデス。
でもさすがになんか、神楽ちゃんかわいそすぎるので、サイガ、早くなんとかしてあげてください。おねがい。
 ところで、「泥棒猫」というセリフ、銀座ねーさんに続いて母親にまで言われた神楽ちゃんですが、実際、現実世界ではまず聞くことの無い単語の一つかと思いますが。どでしょ?
◆ケロロ軍曹◆
 ここんとこ、もう毎週なにかのパロディ入ってないといけない縛りなの?今回はプロジェクトXですね。あの光の方向へ歩いていくシーンはなかなか思いきったと思うけど、そこまででした。
 金曜夕方にシフトして、というか原作食いつぶしてから(?)ワンパターンな気がしないでもないですが……どうなんでしょう。いっちょテコ入れが欲しい感じがします。

 今日のラクガキはSSDSの新田和人くん、それから感想文は昨日ちょっと触れただけだけど、なんとなーくラブレスの草灯。課題のために机の前に座ってると、どーしてもこういうのが何枚も出来てしまっています。ナゾです。(っていうか、現実逃避?)あ、課題も一応仕上がったので今日はちゃんと収穫アリでした。明日レポートもう一件仕上げれば今月はゆるゆると過ごせるハズ。来月は……試験月なのでちょっと緊張。来月いっぱいはちゃんと学生らしい生活しないと。
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/23

陰陽大戦記◆凶星、流れる

kotetsu_kogenta
  時間がないので、とりいそぎ感想とコゲンタくんをアップ。
 陰陽大戦記、いんやー、絵もストーリーも力入ってますねー。ブラックマサオミさん、やっぱかっちょいいし。今日のユーマくんは大人っぽくてこれまたちょっとイイカンジです。式神さんたちも大放出。オニシバの登場シーン……は、好みの別れるトコかもしれないけど、個人的には久々のヤタロウ(小西ボイス!)登場も嬉しいし。ヤクモがらみは皆さんご登場。
 カッチョイイのはいいけど、マサオミ→ガシンがとうとう正体あらわしちゃって、「ドンブリ兄ちゃん」じゃなくなっちゃったのが残念。もう、もとのみんなには戻れないのかなあ。むー。

今日は帰宅後、陰陽>LOVELESSの順で録画を見たので、
 弥生さん(リク)草灯(ヤタロウ)
のダメ耳のまま見てしまった……ダメじゃん。でも、ユイコのしっぽフリフリでLOVELESSモードに戻ったぞ。かわいい。でも、今回のLOVELESS、なんかヘンだ。いや、これはこれで楽しいんだけど。みんなカツコ先生のトコに通ってるのか。大繁盛だな。

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2005/06/22

いちご100%最終回?

50622
 結局、いちご100%の最終回を見て、その後レポート&調べものをしつつサッカー見ていたら明るくなってました。とほほ〜。あのタイミングで負けちゃうなんてぇ。がっくりですよ。延長戦に入っていたら眠さに負けて最後まで見られなかったかもしれないけどねー。
 あまり盛り上がらない試合だったせいか(ゴメン)、レポートも順調に進み、明日提出分は無事出来上がり。今日はゆっくりな一日でした。雨の日に出かけなくて良い時って、なんか得した気分です。逆だとサイアクですが。
◆いちご100%◆
 最終回まで見続けられたのが奇跡のような番組でした。ある意味恐いもの見たさ?でもさすがに最終回は絵がキレイでした。そして、まるで最終回じゃないかのような終わり方。ホントにこれ、最終回なの?まるで(悪い意味で)アメリカのテレビドラマみたいだよ。
 しっかし、前半後半の間のコマーシャル、この番組のDVDのCM、しかもまるっきり同じものを3回連続って、どーなんだろ。なんか壊れたのかと思ったよ。
◆アイシールド21◆
 あの、カメレオン?爬虫類顔の人、コワイ。ヤダ。きもちわるいよー。やだよー。普通の人と対戦して欲しいんですけどー、この漫画の敵って、こんなチームばっかりなの?はううう。

 オマケ
◆ゲーム S.S.D.S. 経過報告◆
 疲れた。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブリーチ ガラスの仮面 他

ichigo◆エレメンタルジェレイド◆ホント、PRGなお話ですねー。で、ナリケン出ないよーって書いていた矢先にナリケン出たよ。ぼーっと見てたのに反応してしまいました。……セリフ、少なかったけど……殺生丸の時よりはしゃべってるかと。(あれは「ふっ」とかしか言わなかったからなぁ)
◆ブリーチ◆
 今回、初めて一護の絵に挑戦。着ているものが違ったらアポ……。
とにかくだ。そろそろ戦いばっかりなのもアレなんで、新展開希望。
◆ガラスの仮面◆
 今回は「ジーナと5つの青いつぼ」1話ほぼまるまる使って舞台を見せてくれました。私、これね、マヤちゃんもすごいとは思う。すごいとは思うんだけど、一番スゴイのは照明さんだと思うんだよね。打ち合わせしていたって、1回しかやらない公演の照明ってミスることが結構あるのに、ぶっつけの舞台できちんと効果にあわせて、しかもスポットもちゃんと当たってるし。すんごいことですよ。
 次回予告は桜小路くん。アニメの桜小路くんはイケイケで押しの強い男の子だよね。来週もそんな展開っぽく、今から「ツッコミの」準備をば。

 今日はこれから「いちご100%」の最終回。たぶん、起きています。書きかけのレポート仕上げるために。がっくり。眠いよ〜。最終回くらいはキレイにまとめてほしいものです。どーなることやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/06/21

アクエリオン◆琥珀の時

kakose1
 ◆アクエリオン 12話 琥珀の時◆
 最初はオフのほのぼの話かと油断していたら、とうとうアポロの過去世覚醒?というわけで、急遽ラクガキ開始。なのでちょっと急作りで雑なのはカンベン。この盛り上がりを忘れないうちに絵も描いて、文章も書いておきたかったのよ。さてさて、今までいまひとつナゾだったトーマの心情もクローズアップされ、盛り上がって参りましたっ!1万と2千年前の恋心、葛藤に捕われ続ける3つの魂。哀しいストーリー展開なのか、それともそれを打ち破っていく若者たちの物語となっていくのか、2クール予定だとちょうど半分、折り返しでここがストーリーの分岐点になるのでしょうか。ただ、今回、私の愛するバカっぽさはシリアス分にかき消されていたので、そこらあたりがちょっと残念。
manajun
 実は今日の感想と一緒にアップしようと用意していた絵がコレ。
あまりにもストーリーの内容とかけ離れてしまっていたのでボツろうかと思ったんだけど、せっかく大好きなジュンくんを描いたのであげてみます。つーか、マナマナの資料が無くて苦労したんで、せめてここで私の苦労を報われさせてあげたいという、ワガママ心からですので、賛否両論ありましょうが、暖かい心でうけとめてやってください。今回ほら、私の大好きなメガネっこペアのデート(?)もあったし、ね?ね?

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2005/06/20

SSDS 刹那の英雄 更に途中経過

DrHayami
 今日はやっつけなくてはいけない用事があったので、一日家の中。引き続きS.S.D.S.のプレイを続行。で、これ気が付いたんだけど、これっていわゆる「金のしおり」にするにはすんごい時間と根気強さが必要なのでは?というのも、バッドエンドの種類がめちゃくちゃ多いこと。選択ミスを繰り返しているとわかるんだけど、袖捲とケロユキのセリフが時にはきっぱり、時には微妙〜に違っていて、全てが違うエンディングとしてカウントされているみたいなので。しかも、そうやってプレイし続けると、パートナーを選んだ後で出る同じように見える選択肢(例えば中管制官との会話)も、パートナー毎に違うルートを通らされているような。(既読スキップきかないし)
 「もしかして、私たちはとんでもない勘違いをしていたのかもしれない。」
今のところ、攻略サイト(やってるとこ、きっとあると思うんだけど)も見ていないのでわからないけど、これ「金のしおり」状態にしないと先にすすまない部分、ある?日下事務長の「今はまだ教えられない」というセリフも気になるし。
 これはもう、気長に付き合うしかないかな?追加ディスクもまだ届かないことだし。せっかくの美声たちをスキップするのももったいないので、CD聞いてるつもりでオート設定にしてお絵描きするとか。ということで、今回はDr.とバンブーちゃん。

 ところで、「うえきの法則」久々にナリケンが準レギュラーキャラで登場したので、当分ナリケン声を楽しめるかなあ、と思っていたんですが、なんか、早々に退場?もしかして?うーん、今期、ナリケンはアニメ少ないなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

英国戀物語 エマ 最終回

 週末の癒しアニメエマ、とうとう最終回を迎えてしまいました。
やっぱ、エマはロンドンを離れていっちゃうんだ。哀しいけど、ここに居続けることはできない、というエマの決断。ちょっと救われたのは原作と違って、お屋敷を訪問したときにウイリアムに会えたことかなあ。そしてラスト。二人は知らないけれど同じ少女から買ったスズランが二人の手に残されたこと。二人の物語は続く、という示唆だと信じたいです。

 ◆ここからは原作話含みます◆んで、アニメではちょっぴり哀しい結末だったけど、でも、実はここまでとりあえずほのぼのとした若い二人の幸せな時間だったのかな、と思います。「メイドに恋をしてはいけない時代」というストーリーはここから更に深く、核心にせまっていくからです。
 今までのスタッフ&キャストであれば、この続きをぜひ見たい気はします。すごくします。でも、この後の二人の葛藤といかんともしがたい時代と世界、そしてストーリーを考えるとここで終わってしまったほうが幸せなのかも、と考えたりもして、私の中でも続きを望むような、この余韻を持ったままのエンドマークを幸せと考えた方がいいのか、今はわからないです。
 第2シーズン、ということになればきっと見てしまうでしょうけれど。
あ、ドイツ語の問題ってのもありますね。どうやってアニメで表現するのかって難しそう。

 ともあれ、短かったけど、素敵なアニメでした。続きはとりあえず、コミックス&ビームで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/19

SSDS プレイ途中経過

50619 やっとコピックのニブを買ってきた。ポロリと外れてしまっていたのだけでも付け替えなくては。(ブラシの芯だけ残してポロリしてしまっていたのが2本あるので)ついついインクを買い足したりして結構な出費。インクってお店に並んでいる色しかないと思っていたんだけど、310色もあるのね。知らなかった。でもそんなにインク置いてある店、見たこと無いから欲しかったら発注かけてもらうしかないのかな。

 さて、しばらくほっぽってあった「S.S.D.S. 刹那の英雄」の続きをプレイすることに。
えーと、なになに?やっぱ、わたしは男のコだったのね。で、ラブエンドがあるっつーことは、んーと、BLシチュエーションは無いものの、そういう姿勢でプレイしろっつーことなんですか?これからあるかもしれないのを想像しろとか?よくわからんまま、新田くんとのエンディングを迎える。これでいいのかなあ?でもテロップ出たしなあ。そしてまたよくわからんまま、続いてシューマイ君エンドを……えー!これ?ホントにこれがシューマイ君のベストエンドなの?やっぱ、エンドテロップ出たし。これで満足せよと?更にDrにチャレンジ。ちょっぴりウソついたけどエンディングにたどりつき……。
 不完全燃焼なまま、今、この文章書いてます。
とりあえず他キャラとも仲良くなってみるべく、これからプレイしてきます。今日はエマの最終回だもんね。(録画予約してあるけど)見逃さないようにアラームセットして、エマの時間まで医局のみんなとほえほえ〜っとしてきまっす。
 戦闘服バージョンのバンブーちゃんにもえもえ。しかし、じょいくーるかめんは、好みじゃないぞー。どんなデザインなんだ?これ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/18

アルコールマーカー用の紙

60182 久しぶりに家にいられる土曜日でした。んで、当然のように洗濯しつつ、HDDにたまった録画番組を整理しながら、ここんとこ悩まされている例の「紙」(PM PAD WHITE B5)の使い方をあれこれ試したり、というかなーり贅沢な一日を過ごしました。家にいられてもレポートや課題について考えなくてもいい日というのもホントひさしぶりだったので、気持ちもかなりラク。土曜朝のテレ東アニメラッシュも見られたし。
606181 この2枚の絵は同じ紙で描き方を変えて試したもの。なんとなく使い方がわかってきました。透明水彩の絵の具のように、「下手にまぜると濁る」というのがポイント。今までのマーカー用の紙って下地に薄めの色を塗って影を作っていくか、濃いめの色を薄めの色でのばす、というような使い方ができるのが割と普通だったのに、この紙に限っていえば「同色の重ね塗りでかなりの階調の色が出せる」「発色はきわめてマット」なのが特色で、使い込めばなかなか面白いコトができそうです。んでも、私の今までのやり方や絵にはあんまりあわなさそうなので、描きたい絵によって選びつつ使う方がいいかな、という結論に至りました。
 ところで、寒天でダイエットって流行ってるの?理由や仕組みは知らないんだけど、寒天って地元(父方のイナカの地方)の特産だったので、ダイエットに、というよりは懐かしさが勝っていろいろ作ってみました。なにかお祝いとか、人が集まることがあるとおばあちゃんが作ってくれたっけなー、とか思いながら。で、冷蔵庫にあるもので寒天を作るということをやってまして、牛乳やジュースとか。今日作ったのは「ミントティー寒天」ミントティーを濃いめに作って甘さ控えめ、寒天の量も控えめで、ちょっとやわらかめの食感に。夏らしく爽やか美味しい寒天が出来ました。全く甘さをつけずにシロップで食べてもおいしいかも。お試し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

LOVELESS 10◆スピグラ 11

◆LOVELESS NAMELESS◆
 んーと、そのものズバリ(古い表現だ)は出てこないのに、スピグラ(内容は↓)よりよっぽどえっちぃ感じがするのは、やっぱ絵とセリフ、雰囲気がいいからですかね。
 草灯にとって清明は「離れては生きていけない存在だった」のに草灯はここにいる……もしかして深いセリフ?うーん。
 あれ?予告、ガラスの仮面の桜小路くんかと思ったよw。セリフといい、言い回しといい。もしかして意識してる?ヨコハマだし。
 ところで、ナデプロ!!の感想を求めてココへ訪れる人がたまーに居るみたいなので、おすすめポイントを。
「あの草灯役の小西の、あーんな声やこーんな声が一気に聞けるのはナデプロだけ!(かも)
 小西克之さん、という名前に反応するなら買ってソンはないぞ。(たぶん)
 きっとキミの期待を裏切らない!(いや、ある意味裏切るかも。草灯声しか知らないなら)」
 
◆スピードグラファー ハハキトクスグカエレ◆
 うわー。なんか、絵が崩壊?みんな急に肉付き良くなってるし、なのに、なぜハダカシーンばっかの回なわけ?ベッドの上でマグロってるのは人間ですか?不思議な関節してそうですが?水天宮の車はチョロQ?海には下半分しか入ってないのに車の上からどんどん流れてくる水は何?サイガは意識ないのに無理矢理?無理でしょ?銀座さん?え?だいじょぶなの?よくわかんなーい。
 とにかく、ストーリー云々としてはなかなか良い展開なハズなのに絵がすんごいので、なんとも……とりあえず、今日は寝ることにする。
loveless_nameless
 新しく購入したマーカーパッドはコピック独特の透明感とツヤがでない。かといってマットな雰囲気でと色鉛筆で小細工しようとすればノらないし。うーむ。どう使えばイイ色出るんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

陰陽大戦記◆砕かれた信頼

506onmyouあはは。久々に飲んで帰ったら今日が明日だったわ。
◆陰陽大戦記 砕かれた信頼◆
 「冷蔵庫にいれちゃうよ。」辛辣なのか、こどもっぽいのかわかんないけど、やっぱリクってどっかかわいいんだなー。うふふ。怒っていても丁寧っぽい言葉遣いがかーいーぞー。
 ミカヅチの変ぼう、ユーマの正体発覚、マサオミの真っ黒ぶり。とうとうクライマックスに向けてのストーリー登り坂?いやー。燃える!今回はツナギっぽい感はあるものの、それが単なるツナギじゃなくて一気に核心に迫るってわかる展開なもんだから、いー感じにしあがってます!

 ところで、先々週からコゲンタがこだわっていた契約満了って、そーゆー意味だったのかー。
ふむふむ。でも、みんなの笑顔のためだったら、リクの望み通り、ずーっとこのままかも。それは私の望みでもあるんだけど……ほのぼのなみんなをずっと見ていたいよ。でも、それが無理ならば、最終回まで楽しませてね。

 以前使っていて手こずっていたマーカーパッドがやっと終わったので、新しい紙に変更。スミはひっぱらないものの、コピックの発色がいままでと全く違うのでこれはこれで困惑。にじまないし、色ヌケしないので慣れれば使いやすそうなんだけどねー。がんばりまっす。
 明日は今日できなかったLOVELESSの感想&イラストなどをアップ予定。昨日、巡回して下さった方、ゴメンなさい。すべてお酒の神様が悪いんです。ぺこり。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/06/15

アイシールド21 他

50615◆アイシールド21◆
いんやー、進くん、ただのケンシロウ似の不思議くんかと思ったら、かっちょいーじゃないですか!これまた原作未読なので今後どうなるかわかってないんですけどね。バイクを追いかけるとこでのセナとのアイコンタクトばっちりなあたり、敵でありながらチームをくめば無敵っぽい伏線?(あ、この先のストーリー知ってる人、教えないでね。)で、先週からモンタが出てきてセナの話し相手が出来たせいか、セナの独り言が会話になって自然なストーリー運びになった気がします。漫画でもモノローグが多いとちょっと物足りなさを感じたりするけど、アニメだと更にそうだもんね。それと、モンタのかっぺーちゃんにひっぱられたのか、セナのセリフのテンポが良くなったような気がします。YA-HA-!!
 ◆ガラスの仮面◆
 先週の予言が当たったのでちょっと気分いーです。(山の中で携帯の電波が通じないわ!設定)それと、(途中経過はともあれ)30年も連載してきた漫画を1年のアニメでやっつけちゃおうというんだから、わからなくはないけど、ストーリー詰め込み過ぎな気がします。みんな早とちりだし、早口だし、余韻を持たせる余裕がないせいか、思い込み激しすぎに見えちゃうし。(君のことだ!桜小路!なにいきなり告ってんだ?)でも来週はジーナの舞台。どうやって「アニメとして」見せてくれるのか楽しみです。
 ◆いちご100%◆
 少し絵、持ち直しましたか?それでもまだ、アレなんだけど。そんでもって、またオンナノコが増えた……。
 ◆ブリーチ◆
 んーと、花太郎がかわいい。
 それと、原作未読なので、彼等の名前が漢字でどう書くのかさぱーりわからんですよ。しかも何番隊とかって、いきなり覚えきれんわ。なので見た目&声で覚えてます。EDの字は小さいしさー。オフィシャルサイトまで行って確認もしませんし。最初にカワイイとか書いた花太郎くんさえ、やっと最近「よわっちそうな宮田さん声の男の子」から固有名詞に昇格したばかりです。

 ところで、私の物干し台(このブログ)に干してあるイラストとかラクガキとか称するシロモノ、ほぼ毎日アップ、続いてます。ラクガキ自体は楽しくってしょーがないし、たまーにそれ関係でコメントがいただけたりするとホント、「生きててよかった」とまで思ってしまったりするのですが、ひとつ問題が。これ、CGでなく、紙に手描きなのでどんどこたまっていきます。捨てればいいんでしょうが、最近はほぼしっかり色まで塗ってることが多いので、それもしのびなく。しょーがないので100均で買ったでっかい書類入れにどかどか入れておいてあります。紙は安物使ってますが、コピックのインクがすんごい速度で減っていきます。ニブのヘタりもすごいです。今度画材屋行ったらスーパーブラシニブをまとめ買いしておこう。うん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仮面ライダー響鬼 8耐参戦

 調べておこうといいながら、ずいぶんほったらかしにしてきていたのに気が付いて今年のスズカ8時間耐久レースのサイトを見てみたら、ちゃーんと仮面ライダー響鬼チームでエントリーがありました!まだレーサーは発表になってないみたいなんだけど、また夏の楽しみが増えました。一昨年はヤフーのネット中継で、去年はCSでの観戦でしたが、今年はどうかなあ。現地で見るのがサイコーなんですが、チケットはともかく寝るトコがねえ。久しぶりにスズカまで行ってみたいけど、たぶん今年もオウチでテレビ観戦、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/14

アクエリオン◆水底のしあわせ

aporo2 マナマナちゃんソーラーアクエリオン仕様がなんともオタっぽくて、細かいトコまでキャラを愛しつつ楽しんで作ってるスタッフのココロが感じられてこっちも楽しい。「ジュンだったらきっとこういう改造しそうだよなー」「あ、確かに!それいい!」って感じ、かな。
 それと、ヒーローものはやっぱ襲われた幼稚園バス(ここではスクールバスっぽかったけど)を助けないとね、これもお約束。といってもこれまた古い「お約束」なので、視聴者層年齢高めに見積もってるんだな、とか思います。なーんにも無さそうな山の中で、このスクールバスはどこにいくところだったのかとか、電車の中には結構一般人ぽい人が沢山乗っていてこういう人たちはいまどういう日常生活を送っているのかとか、結構気になります。いままでディーバの外の世界って廃墟以外あんまり描かれてこなかったから。いつかそのあたりにも触れてくれるかなー、なんて。

 さて、不幸のどん底、麗花ちゃん。「不幸最低拳」ってあんまりな。んでもってこの戦闘でちょっぴり仲間に理解されて、力も認められて、つかのまのしあわせを手にしたかに見えたのに……ラストがこれじゃ、あんまりです。忘れられつつあるバロンとともにグレンも元気に戻ってきますように。なむなむ。
 予告のお兄様、杉田さんの楽しそうな笑顔が浮かんでしまいました。なんか、スイートジャンクションでのツッコミセリフそのまんまなんだもん。杉田さん、アクエリオンを楽しんでお仕事してるといーなーと思います。

 あ、今日は麗花ちゃんを描こうと思って何枚か描いてみたんですけど、むっずかしー。私が描くとどーやっても男の子になってしまう、ので、ちょっといつもとは違う雰囲気でアポロに登場してもらいました。いかんなー。
 追記◆なんか、太陽の翼のイメージっつーことで赤い羽根を描いたら、募金するともらえる例のアレみたいだね、画面見て思ったので自己ツッコミ。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2005/06/13

週末の過ごし方

loveless-rikka ここんとこ、土曜も日曜も学校&図書館が主な私の居場所だったので、マジレンもヒビキもリアルタイムで見られない、あ、いつのまにかSEED.Dは2週間ほど見てないし。それでも癒してくれるのが「エマ」。さすがにこの時間には部屋に戻っているので、力つきて倒れていなければリアルタイムで見て、エルフェンをBGMに寝る支度をする(w)のがここんとこの週末、でしょうか。少々寂しいような気がしないでもないが、まあ、そのぶん平日がぽっかり空いていたりもするのでまあ、よし。
 ところでこれから夏にかけてスポーツシーズン。なにがなにって、野球とサッカーの中継が響いて深夜アニメ族としては苦労するわけで。特に野球!サッカーは多少の雨ならやっちゃうし、時間制なんで延長が読みやすいんだけど、野球は延長時間が読みにくい。放送局のサイトでも、「スポーツ中継の延長によってその後の放送時間がずれる場合があります」とかしか書いてない。せめてその時点での延長ぐあいでも書いておいてくれればとか思うんですけど!
 先週はLOVELESSがサッカーで中止。(サッカーは嫌いでないし、楽しかったのだがそれはそれとして)制作側では「らっきい!」とか思ってるのかな?どーなんだろ。ともあれちょっち寂しかったので立夏のイラストなど描いて不足分補給。
 今晩はアクエリオンだー。アクエリオンまでに文化人類学のレポート書き上げて、放送を楽しむぞ!と、自分を応援してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

最近の色々、過去の色々 女オタクへの道

50612 最近鬱がむくむくとやってくる気配がして薄暗い私の生活は更に薄暗ーく、どんよりと。梅雨の空模様のようになってきつつあります。んで、その中でかすかなヨロコビを私に与えてくれるのがアニメだの漫画だの、んでもってラクガキだのという、これまた薄暗めな趣味だったりするわけですが、部屋でヒザかかえてるよりは若干前向き、ということで。ね。読んでる漫画が「NHKへようこそ」だったりするのもなんだかなーという気もするし、買ったお店で「ただいまネガティブキャンペーン実施中です!」と明るく言われちゃうとこれまた引いてしまってアイマイな笑顔を浮かべてしまい、不審者そのものと化してしまうのですが。

 中学生の頃、当時はまだ「ジュブナイル」なんつー言葉が新しい言葉として使われはじめていた頃。中高生向け小説といえばコバルトかアサヒソノラマか。私がハマったのは新井素子の星へ行く船シリーズとクラッシャージョウでした。後は眉村とか筒井などの子供向け小説も手当りしだいに読んだように記憶しています。すでに大量に出版されていたグインサーガに手が出なかったのは金がない、ということだったと思います。同じ栗本作品でも「僕らの時代」シリーズとかは面白く読んでいたし、剣と魔法モノといえばエルリックサーガなんかは読んだ記憶あるしね。あとはズルズルと、ふぁんろ〜ど、アウトの道へずるずると。幸い地方在住でマジメで人見知りだった私はイベントのために上京するなんてことは夢にも思わず、ただ心の奥底で「いつかはコミケというところに行ってみたいものであるなあ」などと思っていたのです。(その思いは、なんと昨年冬コミまでかなうことはなかったのですが)
 絵はずっと描いていましたが、自分の絵が世間に通用するモノになれるはずはないと思い込み今に至ります。高校へ入ったら「漫画研究会」に入るんだ!と思っていたものの、見学に行ってみたら「アニ研」になっていて、しかも活動はあって無きが如しだったため他の部活を選んだので、結局自分で漫画を描く仲間を作ることがないまま高校生活を終えました。

    それから時を経ること○年間。

 ある日。「なーんかヒマだなー。ゲームでもかって帰ろうかな」と、ふらふらしていて目に入ったのが「学園ヘヴン PS2版」でした。内容も知らずに絵だけに引かれて購入したのが運のツキ。
 どっぷり、ハマりました。今まではRPG好きでゲームといえばそっち方面中心。その他、アンジェとか、遥かとかはやったことありました。ギャルゲとしてはときメモとか、ゆめりあ(すげーはまった)はやりました。んで、それなりに楽しんだんだけど、ヘヴンへのハマり具合、尋常じゃなかったです。まあ、時期的にキモチが落ち込んでいたこととヒマだったこともあったんでしょうが、「ほえー。こういう世界もあったのかー」と。遅咲きもいーとこです。で、遅咲きほどハマる速度も速く、角度も深いの。
 それから、BL系ゲーム、ドラマCD、声優さんという人たちなどなど興味の趣くままに、手当りしだい探りを入れ出しまして。今まで見ずに過ごしてきたアニメ番組などもチェックが入り出し、ドロヌマ。うん、ドロヌマなんだけどね。いいの。シアワセ感じてるから。こっち系ハマりだしてからオンナノコばっかラクガキしてたのが、オトコノコ描くのも楽しくなってきちゃったという、いいんだか悪いんだかわかんないけどそういうシュミも増えたしね。こうやってブログも始めて、色んな人にラクガキ見てもらえるのも前向き人生への栄養になってます。
 さてと。明日は図書館も休み。授業もない。のんびり、いい一日だといいなあ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/11

ハチクロ◆CONTINUE SPECIAL

 ハチミツとクローバーの特集号、ということで買っちゃいました。読んじゃいました。原作の羽海野チカさんのインタビュー、そしてそして、杉田智和、うえだゆうじ、神谷浩史のインタビュー。私的にはこの記事がメインです。はっきりきっぱり、この記事が無ければ買わなかったかも、という。杉田くんはハチクロがらみだと必ずといっていいほどかけている真山メガネをかけてます。せっかく3人揃ってのインタビューなんだからもうすこしページを割いて欲しいとこですが、しょーがないですね。
 その他、はぐの声優さん(カワイイんだね。知らなかった)、監督、脚本のインタビュー、竹本くんの自転車の旅をホントに自転車でたどる旅……などなど、盛りだくさんでした。ハチクロ用語辞典については、濃いです。ただ、思い入れがあるファンからは「そーじゃないだろー!」という声があがりそうな解説もありましたが、結構細かいとこまで網羅してるので面白いといえばおもしろい。昔のふぁんろ〜ど(あえてひらがなで)みたいだ。私はここで真山が天パだと知ったぞ。でもね、用語辞典けずって杉田インタビュー載せて欲しかった……のは私だけですか?そうですか。
notBL今日のラクガキはシュミで。さかさかっと。私はメガネスキーですが、メガネをきちんと描くのはホント難しいです。
  さて。
 今日のお買い物、あとはコミックビーム。お目当ては須藤真澄さんの、たぶん最後の「ゆず」漫画。「ゆず」「ゆずとまま」「おさんぽ大王」と、須藤さんの日常漫画、大好きでした。いえ、大好きです。ゆずなしには成り立たなかったそれらの漫画。私は漫画を通しての間接的にだけど長かったゆずとのおつきあいでした。須藤さんの行動は赤の他人の行動にしたら、多分「イタイ」と言われるような行動なのかもしれないんですけど、長年のファンとして、私も他人事という視点では読めず、ゆっくりゆっくり、歩くような早さで読まさせてもらいました。今後も須藤さんのすてきな作品に出会えるように、ささやかに、こんな場所からですが祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/10

ハチクロ9◆スピグラ10

morita◆ハチミツとクローバー 9◆
 複雑な竹本のココロと見えない森田の心と行動。まっすぐすぎるために進めないはぐ。はぐが制作を続けて行かれたのは修ちゃん先生がはぐを守ってあげて、はぐがまっすぐに進めるように道を作ってあげていたんだなあ、と。「おともだち」に出会えて少しだけ強くなれたはずのはぐがやっぱり頼ってしまうのはいつも傍にいてくれて、いつも当然のように支えてくれていた修ちゃん先生。でも、森田が初めて、はぐにもわかるやり方で修ちゃん先生の他にもちゃんと見ていて、支えてくれる人がいる、ということを伝えた、そして一人で作品に向かう力をわけてあげた……。他の人には見えていないのに、ひねくれもので天の邪鬼な森田くんが行動に出てしまうほどはぐが自分の弱さと戦っているのが見えている、っていうのがツボですね。で、気が付いていたはずなのに、見守るしかできない竹本くん。
 くお。心の中の、忘れていた若さゆえの痛々しさを思い出してしまう。布団かぶって叫んじゃいそうだ。過去を思い出させないでよー。まあ、それが快い作品なのではありますが。

suitengu1◆スピードグラファー 水天宮来る◆
 んーと、中ボス登場?それともラスボスの「最後の力」を得る前の戦闘?今回とうとう戦闘モード大公開の水天宮。うわ。かっけー。いままで割とおざなりだった水天宮の顔の描き込みがなかなかかっちょよくしあがってるじゃあないですか!しかし水天宮さん、今回の描写だとホント無敵っぽいんですけど。サイガに勝ち目はあるんでしょーか?
 それと女の確執は昼ドラなみかも。神泉と神楽の父との関係、その後の神泉、神楽不治の病設定、少女を守る男とその男を追いかけて曲がった愛情を傾ける女、銀座。いやーん。ドロドロォ。SFチックな設定の合間には人間クサイ愛情物語っすか!同じ「愛」の物語ながらハチクロとは対照的なストーリー展開です。
 ところで水天宮さん、運転ヘタなんですか?それとも高○レーシングスタントの方ですか?停車するたびあんなコトしてたらアブナすぎです。それと、彼がタバコを吸うたび、拾いに行きたくなるのは私だけ?だって、1〜2回ふかすと踏みつぶしちゃうから、あれあのまま銀行持って行けば……とか。
 貧乏ってイヤね。(by若草物語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

陰陽大戦記◆はぐれ式神 コロクの試練

 タイザン&マサオミの会話で始まるのが定番になりつつあるのかな?ぎゅぎゅっとつまった今回の陰陽。この内容を惜しみも無く1回でやっちゃうとこがこのアニメの好きなトコだわ。
 ガードレールやバス停、バスは溶けないけどスワンボートは溶ける不思議な酸性雨。水がもらえればだまってるのか?滋賀の人は寛大すぎだ。食べ物は?生活用水は?建物は?いくら報道規制されてても、今時ネットはないのか?日本どころか世界的な大問題になりそうなのにな。強力な酸性雨。まあ、小さいコトにこだわってたら今までだって大変なことになっちゃってたハズだもんね。

 いまさら、何もいうまい。(言ってるじゃん)

 しかしバスの運転手、なんか怪しげと思ったのに、ただの親切な運転手さんだったの?しかも路線バスらしいのに山奥まで送ってくれるなんて……それ、道交法違反ですから!ダメなんだぞ。
 コロクって亀+ヘビだから玄武だよね?(って書いてからアイキャッチ見たら、しっかり玄武って書いてありました。すまん)お花のついたヘビさん、カワイイ。リナにならってコロちゃんと呼ばせてもらいましょう。今後も何回か出てきそうな感じだしね。
 とにかくだ。今回は甘露のミユキが色っぽ美しかったので、さらに満足度アップ。彼女見てると、なぜか白鳥のジュンを思い出すのはなぜ?なぜなの?
 甘露の式神は海の中シリーズかな?クラダユウはクラゲだったけど、ミユキは……アンモナイト?
masaomi1
今回出番は少なかったけどナゾの情報通のマサオミくん。えーと、雰囲気としては
「まぼろしの特盛りツユダク!最後の一杯だ。やるぜ、おまえに。」
という感じで orz 
 私のアタマの中が壊れたとしか思えない。どーしてこんな絵ができてしまったのか?
きっと、疲れてるんだ。うんうん。
 リク&コゲンタの相合い傘や必死な形相のスワンボート漕ぎの影響じゃあないゾ。ただただ、疲れてるんだ。そうなんだー。
 と、まあ、そゆことで。
陰陽もとうとうクライマックス?とうとうラスボス登場っぽい?そうすると様々なナゾも明らかに?楽しみでもあり、残り話数が減って行くのが哀しくもあり。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/06/08

ガラスの仮面 たけくらべ

maya色々な掲示板などを巡ると、カットされた場面の善し悪しや演出などでホント、色々な意見が交わされていて、改めて厚くて濃いファンの支持を得ている作品なんだなあ、と感じます。今回などのように亜弓とマヤ二人が同じ役をやる場合なんか、漫画だと同じシーンを2度見てもそれほど冗長に感じないけれど、アニメでそれをやってしまうと間延びしてしまうだろうし、限られた時間でそれをやっていくのも時間が足りない、その制限の中で二人の「美登利」の差を見せるのは大変だろうなあと思います。あと、漫画での間の取り方とアニメでの間では必然的に変わってくるので、漫画では印象的だったシーンをそのままアニメにしても「その演技のどこがすばらしいか」っていうのが見せられなかったりねえ。
 今後の劇中劇、嵐が丘、奇跡の人など、ストーリーが有名なものはともかく、ガラスの仮面の中で作られた舞台(お話)についてはどうやって見せてくれるのか非常に気になります。
 次回のストーリー、携帯があると割と早期解決してしまいそうな問題なんですが、やっぱり「山の中で電波が通じないわ!」とかいうことになるんでしょうか?

 ところで。今日のLOVELESSは中止なんだよね。サッカー関連で。よくわかんないんだけど、今ライブでやってる試合をもう一回録画で放送するのかな?オシゴトとかで見られない人のために?
 サッカー(見るのは)は結構好きなんだけど、一人で見ているのはちょっと寂しい。誰かそばにいて一緒に騒げたりするといいんだけどねえ。と書きながら、今も横目でライブ中継見ています。なんかカメラ位置が不自然というか、揺れて見えるんですけど、誰が撮ってる絵なんでしょうか?
 ともあれ、これからゆっくり観戦モードにはいります。
  がんばれ日本!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/06/07

アクエリオン/ 空に星、地に花

pierre ピエールがね、イイヤツなんですよ。もう。最初はお兄様となんかケンカしてたりでイマイチキャラがつかめなかったんだけど、ここ2〜3話で急上昇。一番真っ当でチームワークを知ってる、しかも今回引き際もわきまえたオトナキャラ、ということになりました。私の中で。というわけで、なんとなく描いたのがこれ。なんで手から火なのかはナゾ。なんとなくカッコイイ気がしたからで……。
 今回は、そんなピエールがアポロを諭すシーンなんかがイイ感じでしたが、(塗りがフシギだったのは触れない!)本筋はなんだろう。アポロとシリウスお兄様の距離が縮まったっぽいって辺りかな?シリウス&シルヴィアの過去話も臭わせつつ、シルヴィアの過去世シーンも意味深。陰陽でもそうなんだけど、本筋のストーリーの影に見えかくれする世界観やバックボーンが私をわくわくさせてくれます。
 たぶん、イモリの黒焼きは翌日持って行ったところでケンカの種にしかなりそうもないので、シリウスはともかくシルヴィアとアポロの接近はまだまだ遠いような。

 ところで、原型師っていうと、かいよーどーの人とかですか?複製するっつーからシリコン流してとか思ったら、さすがに違いそうでしたね。培養液みたいなのの中に入れられてたし。しかし、あの模型からあのでっかくて動きがプリティーなケルヴィム兵ができるのかと思うと……ちょっとうらやましいかも。ジュンくんだったら、きっとあーんなものやこーんなものを作って……うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/06/06

エマ すれ違い

50606 今までわりと原作どおり進んできたアニメエマ、それが!今回はびっくり!あそこでこうくるか!と。原作ファンなら、「あれ?こことあそこをひっつけちゃったのかな?」って必ず思ってしまうことでしょう。たぶん。そうすると、この後の展開も変わってくるからどこでどう落としてくれるのか、すっごい気になるよ。だって、やっぱりエマには幸せになって欲しいし、でも原作(雑誌掲載あたり)では大変なことになっちゃってるから、今幸せになっちゃうとそこへはつながらなくなっちゃう(だろう)し、でもアニメで哀しいエンドマークは見たくないし、そうはしないだろうし。うむむ。
 今夜はアクエリオン!明朝は早いんだけど、夜更かししちゃいそうだ。そういえば、先週のアポロの夢は「死の島」ですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/05

仮面ライダー響鬼 ついにライダーに!

girl1ついに「ライダー」になったヒビキ!!!おねーちゃんはうれしいよ!しかもモトクロッサーだ!クウガの時はトライアラーで、バイクスタントが成田匠、今回はモトクロッサーでバイクスタントは東福寺!!!うわー。東福寺が仮面ライダーになったんだー。バイクはオフ系だけど、これで8耐への希望が……って、もう発表されてるのかなあ?調べとこっと。私もかつてヤマハ後スズキとオフ車乗ってましたので、レース場が出てきただけで大興奮!(ま、ずいぶん乗ってないのでもうたぶん、林道だって悪戦苦闘すること間違いない状態なハズだが)
 昔昔、まだ私がオフローダーに乗っていた頃のこと。どこのコースだったか忘れたけど、50ccクラスでレースに出ていた時、コース脇に大穴が空いているのを見つけて、「あ、穴がある」と思った次の瞬間おっこちてたというニガい思い出があります。(普通、バイクは意識しないと視線の方向に動いてしまいますので)その時は近くで見ていた人が穴からひっぱりあげてくれたのですが、その顔は笑顔でした。しかも、その片手にはビデオカメラ。どこかの誰かの家には、その時の私の恥ずかしいビデオが残っているかもしれません。トホホ。
 ラクガキはまったくシュミでオンナノコ絵。ライダー描きたかったんだけど、バイクは時間がかかるので却下。っつーことで来週から楽しみ倍増です。うふふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラマCD LOVELESS / ナデプロ!!

loveless_Rikkaさて。ドラマCD感想など。
◆LOVELESS BRAINLESS◆
 えーとね、アニメ版ラブレスのせつなさ、危うさ、そしてアブなさなどを期待しているのならば、こいつはまったくマッチしてくれません。しかし、キャラ好き、キャラ萌〜な所に不足分を感じているアナタならば、もしかすると大満足の一枚になるかもしれません。一応ストーリーはあるもののあって無きが如し。キャラたちのおバカな部分を特にクローズアップして、ドタバタな感じで……それを、許容できる懐の深い方なら楽しめるかも。登場キャラは立夏、草灯、キオ、東雲先生、ユイコ、弥生さん、カツコ先生、アイ、ミドリ、律先生などなど。ボーナストラックには声優さんたちのトーク付き。作ってない声のコニタンが司会役です。あと、じゅんじゅんまでが自キャラのことを「弥生さん」とさん付けで呼んでいたのがカワイかった。やっぱ、キャストさんたちも弥生さんは「さん」付けなんだ!って。それとブックレットには自キャラの印象などが声優さんの手書きで載ってます(一部活字)。声優さんファンを意識したつくりってことかな。BL要素を欲している方には肩すかしでしょう。おそらく。
 第2段も予定されている、ということですが……やっぱりこのスタンスのストーリー作り、なのかな。

◆ナデプロ!! vol.1◆
「ナデシコプロダクション」
 声優業界を舞台にしたドラマCD第1段。
 井上和彦さんを筆頭にオッキー、コニタン、ノジケン、諏訪部さんなどなど豪華声優陣の、こちらもどっちかっつーとバカストーリー、かなあ?しかも役名には必ず声優さんの名前の一部が使われている=企画段階からまず声優ありき、で作られた企画モノ。オッキー演じるやり手マネージャーを中心に、若手声優たちの汗と涙の物語?でもこの若手たちもなんだかヒトクセもフタクセもありそうです。このCD、第1段ということで、お話自体まったく完結してません。これをじれったいと思うか、それとも先が楽しみ!と見るかは意見のわかれるところでしょう。
 ところで、新人声優くんたちのうちの一人が初仕事で遊園地のヒーローショーの悪役、しかもスーツアクターとして参加する、というのが出てくるんですけど、その後 戦隊モノについてアツク語るキャラに対して、

「良い年こいて目を輝かせて戦隊ヒーローモノ語るなよ!」
とつっこむ若手声優くんに、マネージャーの返事は、
 「バカめ!ああいうのは良い年こいて見るのがイイんだよ!」

 ぱちぱちぱち。大!拍!手! そのとーりだっ。いや、そうじゃないかもしれないけど、えと、そうじゃない場合もあるけど、そういう場合もある!かな?あるよね?ね?
というわけで、この一言だけでも第2段購入決定ですよ。で、このCD、アニメイトでは山とつまれてましたが、いかんせん「制作費ギリギリ」(ブックレットより)ということで、パッケージ、裏紙ありません。表はキャラクターのイメージイラストとCDタイトルのみです。オビもありません。ストーリー概要、どこにも書かれていません。そのうえ、

キャスト表示、どこにもありません!!!

 もったいない、もったいない。内容とキャストを知れば買っているかもしれないお客さん、カンペキに逃がしてます。このつくりでどう展開していくか、クチコミとオフィシャルサイトの宣伝(アニメイトでは発売記念イベントあるらしいけど)だけでどこまで売り上げのばしてくれるか、楽しみだ。すっごく売れれば、次回はオビくらいつくかもしれない。がんばれナデプロ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/04

ハチクロ/スピグラ

onmyou_kuradayuなのになぜか陰陽のクラダユウです。
 エレキテルしかり、クラダユウしかり、消え方が哀しい式神たちはココロに残ります。クラダユウはミズキのことがあるので特に、いまだに、ねえ。

 ◆ハチミツとクローバー 8◆
 竹本くんの悲しいバースデイ。そーいや、竹本君はクリスマスも悲しい思い出語りだったし、一途で一生懸命、正直者でイイコなのにね。というか、このほのぼの系絵柄と濃ゆいキャラたちのギャグ部分にダマされそうになるけど、ストーリーの本骨自体はシリアスでせつなくて、まっすぐさゆえのニガさが胸に痛むお話です。きっと人を好きになったことがあるなら、絶対感じたことのあるハズの、どうにもならなさ。しかもこの中でいっちばん本当のことを見ているのは実は森田だってあたりがね。その次は、そんでもって はぐ かも。一番普通じゃなさそうな人順に本質をとらえているのかも、なーんてね。

 ◆スピードグラファー 9 湯殿にて◆
 別所温泉ですか!んで軽井沢のアウトレットでお買い物。私はある時期毎週バイクで軽井沢にコーヒー飲みに行っていた時期があったんですが、その頃はまだ駅舎も古くて……ごほごほ。まあ、あそこのアウトレット知ってるのって、サイガさんたら、結構物知りじゃん。長野に土地カンあるのかな。
 別所あたりは信州の鎌倉なんつー別名があるんだけど、そういう名前って誰がつけるんだろうね、小江戸川越とかさ。まあ、なんにも無いとこをふっるい電車がぽこぽこ走るのどかなトコだったけど、今はどうなんだろ。あの電車も無くなったんだっけ?
 まあ、ヲタネタってことでなら、白いワニが見える、連載が最後まで続かないことと美しい絵で有名な漫画家がよく隠れ家として別所温泉を使ってたらしいですよ、とか、どう?あ?どうでもいい?はい。そうですね。まあ、逃避行としては定番ですね。温泉って。
 あ、また話それますが、長野には「お見合い露天風呂」という露天風呂のある松仙閣という宿があります。露天風呂の男湯と女湯のあいだの壁に鳥居があって、女湯の方にヒモがあってね、ひっぱるとその鳥居部分の扉が上にスライドして、向こう側が見えるの。男湯から女湯も見えますが、ヒモは女湯にしかありません。どーすか?行ってみる?回りにはなーんにもないけどね。

……えーと、だ。私がなにを書きたかったかというと、なんだろう?温泉はキモチイイね、とか?うん。個人的には新潟の湯沢温泉が好きです。あそこはスキーシーズンを外して、風呂入ってオイシイものをいっぱい食べる(オイシイ食べ物屋さんが沢山あります。調べてから行こうね)というゼイタクな時間の使い方をするのに良い場所だと思います。2泊できるなら夕飯は宿で1回、1回は外で!っていうのがオススメですよ。
 ……って、あー!もう!やっぱり私、今日は脱線しちゃうので、ここいらへんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/03

陰陽闘神符ついに購入

 カードにはね、あまり良い思い出がない、というか、私の周囲に同種のコレクター系友人がいないものだから、トレーディングカードとは名ばかりで、ほぼパック購入で揃える>すんごい金かかる、というのを何度か繰り返した後、(それでも何度かはやったわけだ)「もう2度とカード収集には手を出すまい」という結論に至ったわけで。
 ところが。今日、不愉快で不愉快でたまらない出来事があり、池袋をふらふらしていた私は、すんごい久しぶりにパチンコ屋へと足を踏み入れました。なんとなく、ストレス解消できそうな気がしたんで。で、幸い、出ました。確変が続き(わからない人はゴメンです。とにかく、大当たりが続いたということだ)結構な額のお小遣いを手に入れることに成功したわけです。普段からこういうアブク銭は友達と飲んだり食べたりして使っちゃうことに決めているのですが、今日は平日のまっぴるま。まあ、急に都合良く集まれる友達もいない上、更に私はストレスのやり場を求めていました。こーいうとき、女子のやることと言ったら!「ショッピング!」ですよ。しかも、持っているのは生活費でも学費でもないあぶく銭。場所は不思議な不思議な池袋。私が向かったのはカメラ量販店ではなく、そう。アニメイト。アニメ店長の収録にも使われていた、あの池袋本店ですよ。

 そして、プチ金持ち(普通では金持ちとは言えない程度だが)でストレス解消という名目を作ったわたしは、かねてより気になっていた「陰陽大戦記」のカードゲーム「陰陽闘神符」を、しかもブースターパックではなくスターターセットで、しかも「白虎の書」「青龍の書」「源流の書」1つずつ!社会人の大人買いにはかないませんが、闘う相手もいないカードゲームを買っちゃうってのは、普段なら勇気いるんだよ。しかもハコものだと店員さんに「あれください」って言わないといけないしさ。
 まあ、1パック1050円なんで、3パックでも3150円です。小さいといえば小さいけど、趣味のみの買い物なだけに満足度は高いの!そうなの!そうなんだもん!
 いや、イラスト描くのに資料になるかなー、なんてちょっとだけ思ったのも事実です。と言っておきます。が。まあ、残念ながら資料にはなりそうもないです。効果線がキャラにかぶってるのが多いし、見えない部分がこれまた多いので。
 幸い、青龍の書でコゲンタのホロが出たのでかなり満足。コゲンタの通常バージョンはアニメフェアでもらっていたので、これでコゲンタくん2枚。やりぃ。

 問題は、これから池袋に行く度にブースターパックの購入衝動が必ず襲ってくるだろうということ。そして、学校に行くには必ず池袋を経由しないと行かれないこと、でしょうか……。

 追記+アニメイトの交流掲示板、掲示期間が1週間だと思い込んでいた私は、せっかく描いたし、と思い、もう1枚だけハガキサイズで描いていたモモちゃんのイラストを持っていきました。前に貼ったコゲンタがはがされているハズだなあと思って。したら、掲示期間、2週間でした。
 でもでも、日付けもいれちゃってたのですみっこに(一応遠慮がちに)貼ってきました。
    ★アニメイトの人、ごめんなさい。★
一応、一人で何枚も貼っちゃいけないとは書いてないのを確認してはきましたが。とほほです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

SSDS 刹那の英雄

SSDS1
 なんだかんだで学校の方が少し落ち着いてきたのでとうとうプレイ開始。長かった。発売がのびてから、そして発売してから買うまでも、買ってから開封するまでも(後の二つは自分のせいです)
 なるだけネタバレにならないように、少しずつプレイ感想を書いて行こうかなと思ってます。ちなみにドラマCDは、愛の解体新書1〜4まで聞いてます。ライブ(と言っていいのかな?)には残念ながら一度も行っていません。さて、こんな私の初プレイはというと。

 まず、「私」はJoy三郎記念聖ラフォーレ病院、Dr.HAYAMIの下、13号医局に新人研修医として配属されたようです。CDでお馴染みの病院の紹介からスタート。んが。まずね、これ、お馴染みのドクターたちに会うまでが一苦労。地下迷路に迷いこんだ私はなかなか医局にたどりつけません。ちょっと選択肢をミスると、あまりにもバッサリとゲームオーバー。何度も何度も繰り返すうち、白馬のペンションにたどりつけず、「ああ、ラーメンが食べたい」とかいうセリフを何度も聞かされたなあ、とかいう懐かしい苦労を思い出したりしてしまう始末です。
 が、一度選んだ選択肢は色が変わる、既読スキップが快適、セーブ&ロードが快適、キャラたちがこの選択肢だとダメ、というリアクションをとってくれる、ということに助けられ、なんとか新田君、君島&沢登コンビ、その他主要キャラたちにとりあえず会うことが出来ました。さらになんとかみんなの仲間として認識してもらうまでいきました。
 で、ここまで来て、ようやく私はこのゲームが恋愛シミュレーションであるということを知るわけです。Dr.HAYAMIがそう説明してくれました。え?そうなの?しらなかったぞ。だって、てっきり自分は男の子だと思ってたし、BLじゃないって聞いてたし。ん?でも女の子だとも言われてないな。……。
 はい。ゲームするのに取説読まないではじめる人、手をあげて! (はーい)

というわけで、今回はここまで。あ、ボイスはいつも通りの面々がいつも通りの演技で出迎えてくれます。シューマイ君がCDよりちょっとカワイイ感じになってるかな。絵は馴染むのに時間かかったケロ、まあ、こんなものかな、っと。最初に別イメージがあると違和感感じちゃうのはしょーがないよね。また少し進展があったら書いてみます。攻略本(出るのか?)やサイトは見ないように見ないように、がんばってみます。とりあえずね。
 今回のラクガキは新田和人くんとミヒャエルのつもりで。これまた想像で描いていって、途中で不安になってCDジャケットとか引っ張り出してきたらぜーんぜん違うじゃん、という。ごめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/02

陰陽大戦記・力の代償

hiyoshino
 今回のラクガキは前〜に描いたものに色つけたものです。絵自体気に入っていたので、いつかやりたいなって思っていたことと、ちょっと時間なかったんでこういうことに。豊穣のネネちゃん、癒火のヒヨシノ、そして猫モードのコゲンタです。ヒヨシノはもちろんトラさん専用ネコじゃらし〜。

  ◆さて、今回の陰陽大戦記の視聴記録つーか、感想色々◆
 おおおお。こんなに苦戦しているランゲツ様!しかも相手はカブトムシ…いやいや。赤銅のイツム、ね。(こいつも大降神すると戦車になるのかなぁ?)さすがにミカヅチ様の式神はただの障子じゃなくって金襖からの登場です。豪華!戦闘後にはなにもかも見透かしていそう発言まで。どーするよタイザン。そんでユーマも!これからドロドロ内部抗争かもですよ。
 そして一転。いつもほのぼの、ボート部は…(リュージくん、半そでTシャツ1枚で寒くないのかね。湖凍ってるっていってるのに。)あ、ユニフォームはあったかそうだけども、これじゃアレだ。鳥人間コンテストかはたまた仮装大賞か?なんでカワウソとカッパなんでしょうか?泳ぎは上手そうな組み合わせだけども、そーすっと、チンすること前提っつーことでしょうか?
(とりあえず、鼻面つけたリクが妙にマッチしててくぁいいったらありゃしない。)
 地流闘神士は新萌えキャラ位置でマドカちゃん登場、なのかと思いきやまた使い捨てですか?がくー。ムツキオジサンとともにがっくりしてしまいましたよ。もう。ところで、大降神後のコウフク、ハトのヒナに激似でキモチワルいんですけど。夢に見そうなんですけど!
 そしてラスト。西海道虎鉄、こわれちゃったよ〜どーしよー、というとこで続く。契約満了ってなんだよー。契約更新しないといけないとか?月額使用量がアップするとか?なんかそゆこと?(んなわきゃない)んでだ。来週は虎鉄修理かあ。どんどん世界観に踏み込んで行く展開で毎回わくわくです。来週も楽しみだ!
 最後にひとつだけ。
 湖が凍るほどの寒さの中、どんな山菜が採れたのか、おねえさんに教えてくれるかな?リュージくん?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アイシールド21

montaop2
 もう描くことはないだろう、と先週書いたばかりなのにやっちまいました。アイシルのモン太。見ていてあまりに気持ち良いキャラだったので、ついついラクガキ。見終わって、即描き。でも時間なかったのでスキャン後ざざっとPC上で色つけてみました。雑ですいません。でも、この「いい!」って感じが残ってるうちにアップしたかったので。
 ◆……と書いたのですが、あんまりにもあんまりかと思ってコピックで色つけたのに差し替えました。いいの。自己満足だから。◆
 ワンピースのウソップもそうでしたけど、一生懸命で明るくて、んでも実は悲しい部分を持ってるキャラ、難しい役だと思うのに、カッペーちゃん、すごいよ。やっぱ。プロの演技だなー、と実感しました。んで、キャスティングの人にも感謝。キャラにしっくり馴染んでる声。急に世界がひろがった感じがしたのはファンの欲目でしょうか。
 今日は一日お出かけなので陰陽見るのは夜になっちゃいそう。当分リアルタイムで見られないのがくやしいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/01

プライバシー保護とコトバの力/ある生保会社の例

 ◆いつもとは違うスタンスでの記事になります。◆
 ◆メンヘル、ウツなどにご理解のない方、普段なじみのない方には不可解な文章かもしれません。◆
 以上のことをご理解の上、ちょっと一緒に考えてみていただきたいことがあります。

 この夏、保険が満期になるということで、某有名保険会社の営業の方(セールスレディとかいうの?)が頻繁に自宅に訪れるようになりました。満期前の保険の乗り換えをかなり薦められ、その気がないという旨告げても週に1〜2回は自宅へ来るようになっていました。
 私はこのページのトップやプロフでも書いていますが、ウツで通院、投薬しています。ウツの波をサーフィン、というのは比喩でもなんでもなく、本当にそのように生きているのです。ウツのため、人に会うのが辛い時もあります。「今日は都合が悪い」と言って帰ってもらおうとしても、「ではいつならいいんですか?」とこちらの予定まで聞いてくるような感じです。顔つなぎということもあるのでしょうが、実際会ってみて話しても特にどうということもなく、雑談してキャラクター絵柄のポケットティッシュを置いて帰っていきます。大学に通っているということもその中で話しましたが、「何の勉強をしているのか?」と聞かれたことは2度3度ではありません。「ああ、この人たち(たいてい2人組で来ていた)は聞いていても聞いていないんだ。」と思ったため、最近、その話をふられると、「まあ、色々ですよ」と、言葉を濁しておくことにしました。「美術と哲学を専攻しています」と答えても、理解してもらえないし、覚えていてさえもらえないことがわかったからです。

 さて、そして最近、とうとう保険を更新することになりました。で、保険に加入されたことのある方ならご存じだと思いますが、加入時には普通、医師の審査や、面接師さんとの面談があります。私の場合、自宅に面接師さんに来ていただいて、現在の健康状態などを告げました。それはまあ、仕方のないことだし、プロの方に嘘ついてもしょうがないし、面接の内容は絶対に口外しないということで、正直にウツとPD、不眠などで通院、投薬をしていることをお話しました。
 その時、営業の人は立ち会えない(立場上、面接師さんとの会話の内容を知ってはいけない)とのことで、玄関の外で待っていました。
 面接師の方はさすがプロというか、こちらが不安にならないようにふるまって下さいました。病状も詳しくお話してその内容を用紙に記入するため、結構時間がかかりました。
 その後、玄関前で待っていた営業の方は、私に
「ずいぶん時間、かかりましたね」
 と言いました。当然、病気などの問題がなければ、ナシに丸書いて署名するだけですから時間がかかることはないでしょう。何気ない言葉だったのかもしれませんが、私は不愉快に感じました。が、本当に辛くなったのはこの後です。

 数日後、電話がなりました。保険の営業の方からでした。
「先日の保険の件でおうかがいしたいんですが、今、通院されているんですか?よければ内容を教えて下さい」
 この時点でおかしいです。通院していることをこの営業の人が知っていること、内容を私に聞くこと。しかし、私は不可解および不愉快に思ったものの、必要ならば仕方ない、と思い、不眠などの症状があり、投薬中であることを、簡単にですがその方に告げました。その答えは
「勉強のしすぎなんじゃあないですか?」

 不眠やウツが、どんなに本人にとって辛いことか、なぜそれを治すために通院し、薬を服用しはじめるときのあの副作用による辛さに耐え、それを続けてきているのか、まったく考えてもいないのは明白です。私はこの病気のことを、本当に信頼できる少数の友人にしか話していません。それは、辛さや病気のことについて理解してもらえない人に話してまわるのは私に取って不利益にしかならないことを知っているからです。心ない一言が、せっかく回復しつつある病状を、ぐーっと後戻りさせるマイナスの作用を持っていることも、残念ないくつかの経験から知っているからです。

 人生をサポート?そのお手伝いをささていただきます?こんな人たちが?

 会社自体のシステムに問題があることはもちろんです。私の病気が原因で保険の審査に通らなかった場合のみ、営業の人はその結果だけを知ればいいハズです。しかもその内容をその営業が知ったところでなんの役にたつのでしょう。なぜ本社の審査の部署は、私の面接の内容の一部を営業の担当支部に知らせなくてはならなかったのでしょうか。

 私は、かなり悩んだ末、思いきって保険会社の本社へ電話をしました。
  「審査の部署に伝達する」
  「プライバシー保護を更に強化するようにする」
  「営業担当者と支部には特に注意を促す」
 というようなお返事でした。最後に、この内容は口外しない、ということで私の名前と生年月日を聞いてきました。
 その夜、帰宅した飼い主と相談の上、保険の解約、もう2度とその会社からの私への接触を断りたい、ということを話し合い、その件、飼い主から本社へ連絡してもらうことにしました。

 翌日、幸い授業の無かったわたしは前日のことでかなり落ち込んでいたので、自宅で丸くなっていました。数回の電話にも出ず、インターホンにも応答しませんでした。
 夜、(これはウツ症状を持つ人にならわかっていただけるかもしれません)人目がとだえたころ、とりあえずポストを確認しにいきました。そこには、保険会社の支店長の方の名刺と、タオルが入っていて、「今回はすみませんでした。明日またうかがいます」というメモが入っていました。
 さて、ここでも問題です。彼はどうして昨日のことを知ったのでしょう。私がクレームの電話をしたことは、「私である」ということは伏せてもらえる、ということで私は電話で担当者の方とお話をしたはずです。まあ、本日これこれこういうクレームがあった、ということを知らされれば、内容から憶測するのは無理ではないとも思いますが、これもなんだかプライバシー保護、プライバシー保護と連呼していた本社担当者の方のお話と矛盾すると思われます。

 私の飼い主が「もう御社の営業とは顔も合わせたくない」と私が言っていると電話してくれたせいか、それまでうるさいほどだった訪問も電話もぴたりとやみました。あとは解約の手続きをするだけです。
 しかし、最近そこそこ波のたたなかったウツ症状がまたやってきたのは事実です。これが傷害など、目に見えるものだったら大事件ですが、ココロの問題なので、私はこうやって文章にして吐き出すくらいしかできません。本当の気持ちとしては、解約してその人の営業成績が一件減るだけでは落ち着かないんですけど、しょうがありません。
 この、名前は今はあえて出しませんが、日本屈指の大企業、おそらく誰でも知っている保険会社でさえ、このていたらくなのです。あまりにも、なさけない気持ちになってしまったため、ここで吐き出させてもらうことにしました。

 ここまで読んでくれた人、本当にありがとう。
 そして、もし、なにかあなたの心に残るものがあれば、そしていつか、何かの時にそれが役立つことがあれば、本当にうれしいです。
 悩んだのですが、この記事へのコメントは受け付けます。両刃の剣だということはわかっていますけど。ただし、今回に限り、予告なくコメントを削除させていただくことがあることをお許し下さい。

 いつもここへ訪問してくださっている方にはうっとおしい文章だったと思います。ゴメンなさい。でも、きっと明日にはいつもどおりのバカな文章でお会いできると思います。改めて、今後ともよろしくおねがいします。
 ★洗濯する猫★

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アクエリオン見直しプラス

kazuma
 さてさて、昨日アクエリオン9話の感想を書いたんですけど、もっぺん見直したので補足。えーと、夢世界でのビジュアルで気が付いたのは「ふくらうさぎ」と「ダリ風三日月」ですか。ダリの懐中時計の三日月版が木の枝にひっかかってたのだと思います。ふくらうさぎはシルヴィア>シリウスの場面転換の時に出てきた黄色いウサギね。あとは月齢表みたいのとか、とにかく月に関する色々…。あとは今のとこわかんないけど。シルヴィアのデコも三日月なのね。
 あ、あと、アポロの「来てくれたのか、相棒」はピエールじゃなくてベクターマシンに言ってたのね。勘違い。ゴメン。

 ◆エレメンタルジェレイド◆
 んーと、特に思い入れすることなく、さらっと見てます。なんか、まんまRPGゲームみたいなのね。自分で操作しない、ムービーシーンばっかりのRPG?初回から見てるけど、誰のココロにもあまい共感できないままずっと来てるのがなあ…。
 ◆ブリーチ◆
 うー、メガネさん大変なことになって急展開?このアニメのキャラの中では珍しく落ち着いていてイイ感じのキャラだなあ、と思いはじめていたとこだったのに、この仕打ちはないでしょー。
 ◆焼き立て!ジャぱん◆
 先週のヒドいエキシビションからやっと予選。ミスター味っこよりは食べられそうなモノを作ってくれるカズマくんですが、リアクションは味皇の方がぶっとんでたかな。と。
 で、今回のラクガキはカズマくん。初めて買ったマーカーパッドにコピックマルチライナーがさっぱり働いてくれなくて、乾いてるのにコピックで彩色するとスミ引いちゃというヒドイことに。今回はスキャン後、PC上で若干色をいじって消せるとこは消してあります。最近、主線が色鉛筆な絵が増えているのは、このマーカーパッドを消化して早く他の紙に乗り換えようというイキオイです。
 ◆ガラスの仮面◆
 おお!前説で「たけくらべ」のストーリーを解説するって手段ですか!考えましたね。んでもって、真冬に物置きセリフ合戦。ここは声優さんの力量が問われるシーンだな、とずっと思っていたんですが、さっすがですねー。ちゃんと演じ分けが声だけでも聞き取れるの。スゴイ!
 ◆いちご100%◆(スポーツ中継延長で30分遅れでスタート)
 この優柔不断男をどーにかしろ、っつーのはもうそういうモノとしてあきらめることにしましたが、ねえ、絵だけはあきらめられませんよ!なにこれ?そんなに時間ないですか?そんなに人材不足なんですか?そんなにお金ないんですか?これ以上絵がくずれたらどーなるんだ?と、平日の午前中に録画を見てるヤツにゃあ言われたくないでしょうけどね。がんばってくださいよー。
 と、いつも通り雑感いろいろでした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »