« 陰陽大戦記・力の代償 | トップページ | 陰陽闘神符ついに購入 »

2005/06/03

SSDS 刹那の英雄

SSDS1
 なんだかんだで学校の方が少し落ち着いてきたのでとうとうプレイ開始。長かった。発売がのびてから、そして発売してから買うまでも、買ってから開封するまでも(後の二つは自分のせいです)
 なるだけネタバレにならないように、少しずつプレイ感想を書いて行こうかなと思ってます。ちなみにドラマCDは、愛の解体新書1〜4まで聞いてます。ライブ(と言っていいのかな?)には残念ながら一度も行っていません。さて、こんな私の初プレイはというと。

 まず、「私」はJoy三郎記念聖ラフォーレ病院、Dr.HAYAMIの下、13号医局に新人研修医として配属されたようです。CDでお馴染みの病院の紹介からスタート。んが。まずね、これ、お馴染みのドクターたちに会うまでが一苦労。地下迷路に迷いこんだ私はなかなか医局にたどりつけません。ちょっと選択肢をミスると、あまりにもバッサリとゲームオーバー。何度も何度も繰り返すうち、白馬のペンションにたどりつけず、「ああ、ラーメンが食べたい」とかいうセリフを何度も聞かされたなあ、とかいう懐かしい苦労を思い出したりしてしまう始末です。
 が、一度選んだ選択肢は色が変わる、既読スキップが快適、セーブ&ロードが快適、キャラたちがこの選択肢だとダメ、というリアクションをとってくれる、ということに助けられ、なんとか新田君、君島&沢登コンビ、その他主要キャラたちにとりあえず会うことが出来ました。さらになんとかみんなの仲間として認識してもらうまでいきました。
 で、ここまで来て、ようやく私はこのゲームが恋愛シミュレーションであるということを知るわけです。Dr.HAYAMIがそう説明してくれました。え?そうなの?しらなかったぞ。だって、てっきり自分は男の子だと思ってたし、BLじゃないって聞いてたし。ん?でも女の子だとも言われてないな。……。
 はい。ゲームするのに取説読まないではじめる人、手をあげて! (はーい)

というわけで、今回はここまで。あ、ボイスはいつも通りの面々がいつも通りの演技で出迎えてくれます。シューマイ君がCDよりちょっとカワイイ感じになってるかな。絵は馴染むのに時間かかったケロ、まあ、こんなものかな、っと。最初に別イメージがあると違和感感じちゃうのはしょーがないよね。また少し進展があったら書いてみます。攻略本(出るのか?)やサイトは見ないように見ないように、がんばってみます。とりあえずね。
 今回のラクガキは新田和人くんとミヒャエルのつもりで。これまた想像で描いていって、途中で不安になってCDジャケットとか引っ張り出してきたらぜーんぜん違うじゃん、という。ごめ。

|

« 陰陽大戦記・力の代償 | トップページ | 陰陽闘神符ついに購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/4394117

この記事へのトラックバック一覧です: SSDS 刹那の英雄:

« 陰陽大戦記・力の代償 | トップページ | 陰陽闘神符ついに購入 »