« 陰陽大戦記◆汚された救世主 | トップページ | ハチミツとクローバー 15 »

2005/07/29

鬼絆 ドラマCD2枚聞き比べ

 BLレーベル2社のコラボで出された2枚のドラマCD「鬼絆 この陰りある哭のままに」と「鬼絆 彼方なる陽を求めて」の聞き比べです。直接BL表現はほとんどないものの、感想は一応続きで。

基本設定は、酒呑童子率いる鬼軍団を京から派遣された武者たちが退治する、というストーリーが下敷きになってます。そして、舞台は現代へ。

まずはムービックからでた「哭」の方。じゅんじゅん演じる主人公が、蘇った鬼、モリモリ演じる酒呑童子に体を乗っ取られ…というストーリー。酒呑童子が完全な復活を遂げるためにとる行動と、それに悩む主人公、ですね。主人公をとりまくキャラは何人もいますが、基本は主人公視点でのストーリー展開がメインです。悩んで、悩んで、悩んで∞…な主人公。
 伝奇ものにはわりとアリガチなストーリーかなあ。個人的には可もなく不可もなく、というところでしょうか。すっかりBLだと思って聞いていたのですが、BLっぽい直接描写はなく、匂わせる程度ですので、BLはNG、でも男性人気声優さんが出ているドラマCDを聞いてみたい、という人にはいいかもです。

そしてインターから出た「陽」の方。こちらは鬼退治をした側、武者たちが現代に転生していて、その彼等が酒呑童子の手下であった茨木童子(ミキシン)の魂と出会う…というお話。「哭」に比べて、キャラたちがわりと明るい、普通の男子高校生っぽいのが特徴です。それぞれのキャラの個性もきちんとたてていて、個人的には「陽」の作りが好きですね。ギャグはギャグ、シリアスはきちんと、メリハリのある作りになってると思います。こっちもBLといえるほどの描写はナシ。
 この2枚のCD、それぞれ1枚でも一応ストーリーとして完結してます。でもでも、全く同じシーンを別視点で見るシーン、というのが何か所か出てくるので、メインのストーリーをきちんと追いたいのであれば、やっぱり2枚とも聞くのがいいのかなあ。
 どちらか1枚しか聞かないと、高校生たちが悩み、そして彼等の深まって行く友情、信頼、というような青春ストーリーに見えるけど、2枚とも聞いてみると酒呑と茨木の時を超え、引かれあう魂の物語、というのが見えてくると思います。(特にインターの方で)

 ただなー、長年の「封殺鬼」ファンとしては、どうしても酒呑童子っていうと聖を想像しちゃって、他に下敷きにするストーリーはなかったのか、と。「封殺鬼」も今ドラマCD展開してるトコだしさー。ねえ?
 まあ、しかし、ですよ。
試みとしては面白かったと思います。しかも、力入った企画だったのでしょう。声優さんたち、脇まですごく豪華です。普通のBLドラマCDだったら主役級の声優さんがどっちゃり出てきます。これからもなんか、こう、今までの常識ではできなかった企画っていうのを色々やっていって欲しいなーと思いますです。とりあえず、以上。

|

« 陰陽大戦記◆汚された救世主 | トップページ | ハチミツとクローバー 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/5212581

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼絆 ドラマCD2枚聞き比べ:

« 陰陽大戦記◆汚された救世主 | トップページ | ハチミツとクローバー 15 »