« アツイ日々 | トップページ | アクエリオン★天翅の翅音 »

2005/08/15

8月 15日

0815
 人は、ひとり、ふたり、
 からだだけなら、一体、二体、
それなら、心は、魂は、命は、なんて数えればいいんだろう。
 数で数えても、いいものなのか、それさえも私にはわからない。

|

« アツイ日々 | トップページ | アクエリオン★天翅の翅音 »

コメント

心、魂、命は普通に考えると一つ二つですか?
私は人生という名の歴史書に自分の生き様を記したいです。
なので1冊? ”自分の歴史がまた1ページ”って銀英伝みたくね・・(^^ゞ

自分という存在はほとんどの場合、他の多くの人に知られることもなく、人生という名のレールの上を駆け抜けて行く。
それが、意義のあったものなのか?また、そうでなかったのか?
それすら結論をだせないままに・・・、
「理想郷」という名の終着駅を目指して。

投稿: koy | 2005/08/15 08:33

 誰の心にも、大切にしている思い出の1冊の本というのがあると思います。もし、自分の生き様が、その大切な本のように、誰かの心に残っていくのなら、人生っていうのも素敵な感じがするなあ、と、koyさんのコメントを読んで思いました。
 私の人生、まるまる1冊なんておこがましいけれど、1ページだけでも、ほんの断片だけでも、誰かの心の片隅に残ってくれるならば…生きて行く上での希望の光になってくれるような気がします。そのための努力が日々生きて行くことなのかも、なんていうのは、ちょっとカッコつけすぎかな。

投稿: 洗濯する猫 | 2005/08/16 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/5472415

この記事へのトラックバック一覧です: 8月 15日:

« アツイ日々 | トップページ | アクエリオン★天翅の翅音 »