« 日々是遊、日々是無駄 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 12 »

2005/09/18

ギャラリーフェイク 33〜36

えらいおおざっぱなタイトルですいません。ざくざくいきまっす。

◆残暑絵金見舞◆
 まずびっくりな絵柄。これでねじくれたナゾのひらひらが飛んでいたら、エイジン・スズキかと思っちゃいそう。……あ、アレが流行ったのもずいぶん前の話ですね。ま、それはおいといて。
 ラストシーン後の彼女がどうなったのかってのがずいぶん気にはかかりますが、その前の一瞬、寂しい人生を送ってきたであろう男と女が、故郷の祭りで見たひとときの夢。キレイにまとまりすぎ?と思わないでも無いですが、まさに残暑、名残は変化への前触れ、というのがね、せつなく心に残る1話でした。

◆神々の宝石◆
 最初、次回予告でヒンドゥーの「シンゾウ」と聞いて、心臓だと思い込み、「ははあ、そういう名前のついたミステリアスな宝石の話なのか」と勘違いしてしまいました。なにしろ、フェイツィ絡みだし。もちろん、正しくは「神像」。
 ちょっと詰め込みすぎな上、説明不足かなあ。最初と最期はきちんと結び付けて終わらせて欲しかったんだけどな。説明不足じゃなかったのは、唯一フジタの「おまえは宝石泥棒のフェイツィ!」というセリフだけかなw。こちらは説明っぽすぎじゃ。
fujitaep
◆修復するは我に有り◆
 実は美術品修復ってあこがれの職業のひとつだったりします。私が主に興味を持って接する美術品は西欧の宗教美術ですが、修復に関しては日本のものに惹かれます。まあ、直せる人は作れる人なので、技術が伴わない私には夢にさえならない、あこがれでしかないんですけどね。
 ストーリー自体は初期のフジタを感じさせる、クールかつシビアな一面を見せてますね。ブラックジャックなんかもそうなんだけど、後半にいくに従って「イイヒト」になりすぎて、金にシビアなプロフェッショナルっていう、ブラックなイメージがどんどん薄くなっていったりしちゃうんですけど、これはいかにもギャラリーフェイクですね。スキなお話。
 しかし、今回の絵はどうだ?グレーの主線、光線を意識した色指定は、まあ、好みの問題ということにして、(ムリヤリ)おいといて、だ。動かない絵、デッサン狂いまくりの顔、それらをごまかすかのようなカット割り、これはちょっと頂けないなっと。

◆ハワイの万華鏡◆
 最終回のいっこ前です。サラ的には、これで終わってくれればラヴなハッピーエンドでしょうが……。しかし、フジタ、万華鏡の件があるにせよ、天文台に連れて行く、まではよしとしても、星空見上げて肩を抱き寄せちゃったりして、んでもってサラもよりそっちゃったりして、いいのかよ?フジタらしからぬ行動、つか、いつものフジタなら、こんなことさらりと許したりしなさそうですが……。大サービスっつーか、なんつーか。うーん、あまりにもキレイなラストにちょっぴり違和感。
 えっとね、誤解が無いように書いておくけど、別にサラにヤキモチやいてるワケじゃ、ないですから!ね。

|

« 日々是遊、日々是無駄 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/5993694

この記事へのトラックバック一覧です: ギャラリーフェイク 33〜36:

» ギャラリーフェイク [好きなものを好きと言える幸福]
第35話 修復するは我に有り 今回のお話は、画面の構成が絵画的というか映画的とい [続きを読む]

受信: 2005/09/18 02:22

» ギャラリーフェイク・第36話 [たこの感想文]
「ハワイの万華鏡」 いきなり石坂ナレーションが来ましたか。でも「美しい話」かなぁ [続きを読む]

受信: 2005/09/18 03:05

» ギャラリーフェイク 第36話「ハワイの万華鏡」 [ ささやかな ひとりごと]
 なんですか今回の話(笑)。  三田村さんの水着姿に藤田がメロメロ。         三田村館長「たまには心も体も休めないと。」 エロ藤田 「心も体もねえ〜♪」          サラと三田村さんがマラソン中に藤田が… エロ....... [続きを読む]

受信: 2005/09/19 01:27

« 日々是遊、日々是無駄 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 12 »