« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の記事

2005/09/30

ぺとぺとさん 最終回直前!特別解説「明け烏」

 なんか、連続ドラマの総集編みたいですが、結構本家落語の「明け烏」をご存じない方もいらっしゃるようなので、かんたーんな、しかしジェレミーが言ってたのよりは本物に近い感じで探ってみましょう、と。なので、落語好きな方はこっから先はスルーしてお通り下さい

 えー、江戸時代には吉原という、殿方達にはとても結構なお遊び場があったということで……というようなマクラで噺ははじまります。

 江戸のとある大店の若だんな、まじめ一方。信心深く、商売熱心なのはいいけれど、硬すぎるのが大旦那さんの悩みのタネ。なにしろ、女性遊びで吉原にくり出すのは町内のおつきあい、商売上のおつきあいにも必要な時代。お妾さんがいるのだって他をきちんと収めていれば「甲斐性」と捉えられていた時代のおはなしです。
 大旦那、一計を案じて、町内の遊び人3人に声をかけます。
「観音様におこもり(泊まり掛けでおまいり)に行くってことで息子を誘い出して、吉原で一晩遊ばせてやってくれまいか。今晩の遊び代は持ってあげるから」
 これ、ノらないテはありませんね。今のストレートに「それだけ」な風俗店とちがって、昔の吉原できちんと遊ぶにはそれ相応、かなりのお金がかかったわけです。
 まず、お茶やで飲む、食べる、芸者をあげて遊ぶ。この芸者さんは芸を披露するだけで夜のお相手じゃありません。で、ここにお女郎さん、花魁さんを斡旋してもらったりするわけです。なので、ここでの飲食代、芸者、幇間、若い衆、女将さんなどへのご祝儀などがかかります。もちろんご祝儀ははずんだほうが良い花魁を紹介してくれたり、無理を通してもらったり、次回からの待遇も違ってくるわけです。
 そして、女郎やさんでまた一杯。そしてやっと、女郎さんと、えーと、仲良くなれたりなれなかったりするわけです。上等のおいらんだと、1回めだと「顔を見せるだけ」だった時代もあったようです。3回ほど通わなければ、相手にもしてもらえない。時代が下るにつれ、それもどんどん簡略化されたようですが。

 さて、だまされて連れ出された若旦那、途中でやっと吉原へ連れてこられたことがわかります。
「私は帰ります」
「いや、大門では門番がいて、人数を数えていて、頭数が揃ってないと帰してくれないし、門番に責められてて大変なことになる」
と、おどされ、いやいやですが、まあ、お金の威力かどうか、初回から上等の花魁をつけてもらって、花魁も花代をはずんでもらったのか、それとも若旦那が気に入ったのか、大サービスしてくれます。

 「カラス カァで夜が明けて」……江戸落語では一晩すぎましたよ、という表現がコレです。他の落語でもちょくちょく使われる表現ですが、この噺のお題はここからでしょう、「明け烏」とついてます。

 さて、翌朝。
 どうも昨夜はお女郎さんにふられたらしい遊び人3人組。
(当時、とくに関東では廻しというシステムがあって、一人のお女郎さんが一晩で何人ものお客をとるんですね。で、そのお客さんのお部屋に顔を見せににくわけですが、その中で、当然、結局何もしないで帰らされるお客、ってのもいたわけです。でも、お客はそこで怒ったりしたらイキじゃない、といってカッコがつかないんで、お金は払って、ただただ吉原の宿で睡眠するだけ、素泊まりで家路につくんです)
 しょうがないんで、まあ、みんな身支度して帰ろうとして若旦那のいる花魁の部屋の前で声をかけます。
「若旦那、帰りましょう」
と言われます。んでも、もうね、今までがマジメ一徹だっただけに、熟練の花魁の手練手管にすっかりフヌケにされちゃった若旦那、もう帰りたくありません。デビューが遅いとハマりやすいってのは現代でもいっしょですね。

「私は帰ろうと思うのだが、花魁が手を握って離してくれない」
とか言って、なかなか帰るといいません。
(元々はもっとえっちい表現だったようです。花魁の足が私にからみついて…とか、更にもっとあからさまな表現だったりもしたようです)
 「しょうがないなあ。じゃ、私たちだけ先に帰りますよ」
という3人に、若だんな、
「いや、お前たちも帰れまい。私がいなくては(人数が揃わないから)大門で止められる

てけてんてん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチミツとクローバー 24

◆ハチミツとクローバー 24 最終回◆
hachikurolast
 ちょっぴり変更点はあったものの、むりやりなエンディングをひっつけることなく、終わったハチクロ。原作が続いているという安心感+それを読んでいる、というのをさっぴいても、貼られた伏線が回収されていないことがあまり気にならない、不思議なラスト。
 ああ、このキャラクターたちはあの世界で生き続けてるんだ、って、思わされちゃったのかもしんない。だから、野宮さんやリカさん、その他キャラがその後どうなったかとか、山田さんはどうする気なのだとか、そういうことは、あの世界で、ハチクロワールドで続いて行くんだから、むりやり結論つけなくてもいいんだ。そんな、気持ちいい、架空の世界への引きずり込みをしてくれました。

 それに、この終わり方なら、もしまた、原作が終わった時にスタッフがその気になったら、続きが作れちゃうじゃん!
 改悪が多いコミックから実写へっていうドラマ化や映画化にはあまり期待してないんで、原作コミックスと、運が良ければ出会えるかもしれない、2シーズンめのアニメを待ってます。

 ステキなアニメでした。
私の数多いトラウマは、忘れかけていたものを含めてずるずると大量にひきずりだしてくれたアニメでもありましたけど、それだけリアルな心理描写があったということで。出会えて幸せな作品だったな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

スピードグラファー 9/30

◆スピードフラファー 23 札束の墓標◆
◆スピードグラファー 24 最終回 六本木クライシス◆
spgrlast
 最終回でっす!

 結論!やっぱり主人公は 水天宮 で決定!

鼻の人……辻堂さん、最終回にきてとうとうへーんしーん。って、冗談だと思っていたらホントにわんわんだったんかい!
 サイガは結局あんな最後。
 余談なんですが、私、知り合いにカメラマンがいてね。んで、アウトドア系の写真を主に撮影する人で、メガネかけてたの。屋外の仕事が多い人だったんで、結構色々不便なことあるわけですよ。メガネだと。曇ったり、ずれたり、はずれないように工夫をしたり……で、私は言ったわけですよ。
「あの、なんでコンタクトにしないんですか?仕事のときだけでも、その方が便利でしょ?」
って。お答えは
「万一、目を傷つけたら、カメラがつかえなくなったらと思うとね、やっぱりコンタクトはリスクがあると思うんだ」

 ということで。カメラマンとしてのサイガ、逃避行の最中も、最後の六本木大混乱のときも、あんなに写真撮りたいっていってたサイガ……その最後があれなんだよ?
 サイガ、神楽は生きていて幸せかもしんない。シャッターを切っても、爆発しなくなったのはイイコトかもしれない。でも、ファインダーを覗けない、構図を自分で決められない、思った時に思ったように、一人だけで写真を撮ることはできない……どうなんだろう。
 自己満足でも、多くの人を道連れにしても、それでも、自分で死に場所を選んで死んで行った水天宮の方が幸せ?どっちなんだろう。

 ところで、新治、どの時点であの秘書さんと再会したんだろ。エレベーター降りたトコだったとしたら大笑いだけど、それとも探し出したのかな?しょせんチンピラあがり、っていう雰囲気はぬぐいきれないし、水天宮ほどの人を使う能力や魅力っていうのはなさそうだけど、ビル、建つといいねえ。ここだけ、任侠の世界だわ。なんとなく。

 銀座だけは、理解不能だが。看護婦の資格、あれからとったのかな?だとしたらその努力には敬服しちゃう。愛に一途な銀座ねーさん、でしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

苺ましまろ 10

◆苺ましまろ 10 「花」◆
hanachika
 のぶねえがお姉ちゃんらしいお話。
んでも、そういう時にかぎっていつもはまとわりついてうるさいくらいのちび娘たちが、ちーっともやってこないのね(笑)
 あー、なんか、のんびりっこのマツリちゃんとフェレットの組み合わせがツボだわ。かわいーわ。それに、アナちゃんのために英語の勉強をしていたマツリちゃん、アナちゃんよりちゃんと英語がわかるようになっちゃってるのも、マツリちゃんのマジメさが出てていいなあ。
 というわけで、今回はのぶねえ&マツリちゃんがかわいかったなっ、っていうほのぼの話でした。ミウもそのぶん、おとなしかったしね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/09/29

陰陽大戦記◆最終回 巡る季節の中で

◆陰陽大戦記 最終回 巡る季節(とき)の中で◆
rikulast
 1200年の永きに渡る恨みつらみ、怨念の、あっという間の自己完結。そーか、ウツホ、君に必要だったのは同じ言葉で語り合える、同じ目線でものをみられる、人間のオトモダチだったんだね。すげー簡単に言いくるめられ3人の闘神士の言葉を理解し、そして高速で理解。解決、大団円。

 天地神、流派は統合され、世の中には平和な日常が戻った、らしい。です。
 トゲトゲじゃなくなっちゃったユーマの髪型、なんか急に大人びて見えてびっくり。ソーマくんはミカヅチの後を引き継ぎ、ミカヅチグループを牛耳って…いやいや、切り回しているようです。ムツキも無事復職。
 リクはコゲンタとの契約を解除、ユーマもランゲツ様とお別れ。(ん?でも神職は継いだんだよね?必要になったら、また呼ぶのかな?)テルさんはイソロクをつれて旅に戻った様子。

 でも、コゲンタは何度か言いかけていたよね「まだおまえを一人にするのは…」こっそり、気付かれないように見守ってるみたいです。リクがオトナになるまでか、また誰かに呼び出されるまでか、コゲンタはリクとの絆を保っていくんだろうな、っていうのは私の希望かつ妄想。
 だって、契約だけのつながりじゃないって思いたいじゃん?ウツホじゃないけどさ。

 ツボとしてはリナちゃんかな。トラジ、どうしたんだろうって思っていたら、ちゃんと最後に出てきてましたね。後ろに山ほど妖怪さんひきつれて。結局、この1年で一番生活が変わったのはこのリナちゃんなんじゃないでしょうか。彼女的にはステキ生活なのだと思います。

 すごく大好きだった「陰陽大戦記」も今日でおしまい。
  陰陽スタッフさんたち、キャラたち、キャラの魅力を引き出してくれた声優さんたち、みんな大好きでした。陰陽好きな方々、陰陽が元でこのブログを知って下さった方もいるかと思います。全部の皆さん、ホントにありがとうございました。
 えーと、後は2枚目のサントラが残っているだけかな。>TV版
寂しいけどさよーならです。
(イラストから引き続き)
「私たちは、幸せでしたー」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スーパーヒーロー★シネマズ

◆魔法戦隊 マジレンジャー インフェルシアの花嫁◆
◆仮面ライダー響鬼 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼◆
 世の中、何ゆえレディースデイというものがあるのだろう?メンズデイサービス、って聞いた事ないんだけどなあ。

 まあ、いいです。とにかく、近所のシネコンで性別が女性だと水曜日は1000円で映画が見られるということで、檜山さんの声を聞きに えーと、マジレンとヒビキの映画を見に行ってきました。
 まわりはやはり親子連れが多かったっす。というか、一人で来ているなんてのは私ぐらいですよ。
「映画って知ってるか?こういう大きいテレビを映画っていうんだぞ」
そーか、僕、映画見にくるの初めてか。でもとーちゃん、その説明はどーなんだ?ともあれ聞こえてくる会話はなんともなごみ系。普段私の周囲ではあまり聞かれない系です。

 声オタ的私としては大満足でしたよ。マジレンったら、テレビでは緑川さん、遊佐さん、ときて映画では檜山さんだよ!ひーちゃんだよー!なんか、どこかで糸を引いている声優好きさんがいるんではないかとかんぐってしまいそうなチョイスです。
 山崎さんに惚れてしまい、ソフトボイスで愛の告白(?)をする檜山グルーム(=バーサーカーの王)
 戦いの最中のアツイ檜山ボイスグルーム
 などなどなど。
かなり堪能。ごちそーさま♪
 エンディングはテレビ版と同じ曲に映画バージョンの映像。つか、その前に「みんなも一緒に歌って踊ろう!」って、あーた……と、思ったら、回りでおこちゃま合唱。

 うっわー おばちゃん、ちょっとはずかしーや。たはははは。

 一転、ヒビキはちょっとおこちゃまたちには難しかったらしく、しかもなじみの無い人が一杯出てくるのもつまらなかったらしく、だんだんざわついてきちゃってねー。
 まあ、おこちゃまに合計2時間は長いよねえ。間にCMも入らないし。
 えーと、そうだ。
 アスムくん、立ち入り禁止って書いてあるとこには、はいっちゃいけないんだぞ。
え?マカモウを倒すためならいいの?いいのか?そーなのか?うーむー。ダメなような、やむをえないような、でもやっぱ子供向けに作られたものでイイモンはルールやぶんないでほしかったなあ。

 ところで檜山さん、あにめじ湯で「バーカーサー」って…間違えてんではないでしょーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/28

かみちゅ! #12 最終回

◆かみちゅ! 最終回 小さな一歩で◆
yurielast
 またひとつ、大好きなアニメが最終回です。
   さってー。
 いつもはみんなのためにがんばってたゆりえちゃん。今回は、町中みんなでゆりえちゃんのバレンタイン「はじめての告白」を大応援!ある意味、ハズしたら大事なんじゃ?なにしろ、校内全員、町中みんな、モノノケたちまで総動員です。
 大事なチョコを忘れちゃったゆりえ様のためにチャリをぶっとばすミツエちゃん、健児くん足留めをはかるマツリちゃん。かわいくやさしいゆりえちゃんをさりげなく……アピールする級友たち。
 今回は貧ちゃんにさわられちゃっても、チョコに変化はなかったようです。ドキドキしちゃったよ。ミツエちゃんのチャリに乗り込んだ時には!!!

 「風の強い日、校舎の屋上で告白した恋はみのる」、っていうのは第1話でマツリちゃんが言ってた、ちょっとマユツバな言い伝えでしたが、ゆりえちゃんに限って言うなら大成功、だったみたいです。1話では告白はしたものの、プールの上、だったもんねえ。今回、無事屋上で告白できたわけだ。
 はっぴいえんど、です。とってもおっきな一歩、です。

 ところで、健ちゃん、
「俺、また飛んでる」
 って、初回のコト、忘れちゃったような事言ってたのに、ちゃんと覚えてたの?不思議くんですよ。君の方が、ゆりえ様より、ずーーーっと、ね。

 ミコちゃんは八島様狙い、というか、うーん、違うな。狙う、なんて単語は似合わないな。八島様が大好き、なのね。でも、八島様、チョコレートを何と勘違いしてたんでしょうか?これは、永遠にナゾのまま、です。
 かみちゅ!は、これでオシマイ。高校生になっちゃったら、かみちゅ!じゃなくなっちゃうし。みんながこれからどうなるか、火星人や総理大臣との交流、モノノケさんたちの未来もすっごく知りたいけど、きっと色々あっても、みんな幸せになるんだろうな。
 なにしろ、神様が味方についてるんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005/09/27

創聖のアクエリオン★最後の感想(たぶん)

 耳に届く言葉で言って下さい。トーマ様!
tomalast
 とりあえずアクエリオン激動の最終回を見直しました。
で、個人的、神話的、総集編的感想をいっぱつぶちかましてみようかと思った次第です。とにかく、最終回だけ見ただけではアクエリオンとそのストーリーは語れないわと。……あれ?それじゃ、おわっちゃうじゃん。でも、初回から見ていたからこそ言わせていただきましょう。アクエリオンには遊びがあったと。で、その遊びが見る人へのメッセージなんじゃあなかろうかと。
 あ、遊びっつーのは、アレです。お遊びっていう意味じゃなくて、あの、ハンドルの「あそび」とか、そういうときにつかう、ブレ範囲というか、余裕というか、ムダにみえる部分とか、そっちです。特に前半、むちゃくちゃやってるように見えていたストーリーに潜んでいる暗号、記号、コトバ、それひとつだけでは意味をなさないけど、26話ぜんぶつなげてみると、その組み合わせによって、なにかが見えてくる、ね。羽根1枚ではふわふわだけど、集まって翼になれば飛べちゃう、みたいな、そんなメッセージが……あるとすれば、あるんじゃないかなっと。
 まあ、そのメッセージが見つかるかどうか、見つけられたとして、それがその人にとって意味有るもの、素晴らしいものと感じられるものかどうかっていうのはまた別問題だと思うんだけど。
 それに、組み合わせはおそらく無限にあって、見つかるメッセージもきっと、人によって違ってるのかもしんないし。

 ということで、私を26話ぶん、存分に楽しませてくれたアニメへの賛美としての感想ということで。どでしょ?

 12,000年前の12,000年前はどーだったんだろーとか、12,000年後、アポロとシルヴィが実際であってしまったとしたら、はたしてハッピーエンドになりうるのか、そこにシリウスとトーマはどうからんでくるのかこないのか、なんていう具体的な疑問っつーのは依然として残っているんですが、まあ、そこは私自身の想像力で補って、疑問を忘れてしまうまで、気にならなくなるまで、余韻として楽しもうかなあ、と思ったり。ん?具現化?どうでしょー(笑
 そうそう。墮天翅族の血を引いていて生き残ってるのって、シルヴィだけなんだよね。この辺も想像力ひろげてくれそう?どう?だめ?

 ところで、頭が翅のトーマ、兜にアポロニアスの翅をかざってましたけど、あれかぶるとトーマって飛べないんじゃ?

……カッコイイこと言ってしめようかと思ったのになあ。うーむ

…疑問、謎、矛盾は泉のように湧き出て、
薔薇の花にやどる朝露の如く、きらめきたる。
そして朝露ははかなく、天に返る。
 朝露はまた朝日とともにやどり、消える。
 薔薇は咲き、散り、そしてまた蕾を開かせる。

 それは、永遠に続く、宇宙の心理のごとく。
くるくるとまわる輪廻のごとく。
    〜お兄様の詩集より(ウソ)〜

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクエリオン★世界のはじまりの日

aqlast
 えーと、最終的に男3人で××で○○○で△△になって、で、妹で恋人で許嫁の末裔の娘がまた12,000年後にこいつらと再会する、と?再会したときの記憶はどこまでの記憶?そして、12,000年後まで残る記録は?裸スト(ラストとお読み下さい)はやめて欲しかったんですが。ギアスっぽ。
 うー、他に何書けば?つーか、数時間前までの私のトキメキのやり場はどこ?どこなの?
教えて下さい神様。アクエリってどんな事?好きなら男でも全てをあげても、かまわないことですか?

■追記■
 それこそが、神話的最終回だ!
 ストーリーもセリフも、人が生み出す幻にすぎん!

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2005/09/26

病み上がり的ダメ大人ショッピング

 えー、ここ数日寝込んでまして。季節外れの風邪っぴきでした。(ブログの更新は続いてたけどね)で、ようやっと出かけられる体調になったので、いそいそと池袋。目指すは東池袋オタロードです。が!思わぬ地雷がその前に待ち構えていました。
 サンシャインシティはナンジャタウンに用事があったので、まずはそちらへ。用事はあっという間にすんだのでアルパ(サンシャイン地下)へ。(ここからアニメイト方面に抜けられるのですよ)ここの通路のどんつき、ちょっとしたスペースがあって、しょっちゅう古本市をやってます。私は結構お気に入りなんですよ。古本スキスキ♪
 で、今日もやってました。古本市。買う気もなく、ふらふらと眺めていたら……中古CDコーナーに森川智之さん、モリモリのCDが!HEVEN'S DOOR。94年のアルバム。315円なり。即、手にとる。んで、買い物するんだったら他にもなんかイイモノないかな?って見て歩いていたら、なんか欲しい本がざくざく。しかーし、この時点で紙のお金は5000円札が一枚。あう。いや、サンシャインを出る前に銀行に寄るつもりだったんで……。
 レジのおねえさんに計算してもらったら、「5075円になります」(!)ギリギリ清算。財布にはもう小銭しかないです。その足で一直線にCD機へ。あー、久々に心臓に悪い買い物したわ。
 その後はまあ、DVDだのCDだの、本だの、リストアップしきれないほどのダメダメ感漂う買い物を山ほどし、更に銀河パチンコで銀河スってしまい、銀河スッカラカン……というほどでもないけど、ひさびさにちょい負け。うーむ。モリモリのCDをヤフオクで買ったと思えばこんなもん?ぐらいは負けたかな?(いや、いくらぐらいつくもんなのかわかんないけど。)今、この文章打ちながらその315円のCDを聞いています。10年前かあ。声も若いけど、ジャケットの写真がハンパじゃなく別人。若い、つか、細い!髪の毛黒いし!(写真は白黒だがな)
 私は今のモリモリの方が好きだけど、まあ、かなりダメフィルターかかってるみたいなので、そこはそれ、好み、ってことで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ! 13

beckey926
 今回はなんだかとっても難しかったよー。うーん、分かる人には分かるネタ?なんか、元ネタは仕込まれていそうなんだけど……私はギブアップ。小ネタもほとんどわからず。残念!他ブログさんの感想その他で補完しよーと思います。
 でもベッキーのカッコがかわいかったので、お絵描きはしてみました。秋、ですね。
(右下の空白にはぱにぽにのロゴでも入れてもらうと絵がシマると思います。私はやらないけど)

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2005/09/25

おくさまは女子高生 最終回

 せっかくの最終回なので記事たててみました。
Gがイニシャルのヤツは私もホント、ダメですね。イナカにはいなかったんですよー。あ、茶色い細長い方は飲み屋なんかではたまーに見かけましたけど、家で見る事はなかったです。(ネズさんはいたが)
 で、黒くてやや太り気味のヤツは、関東に出てくるまで、見た事なかったので、初めて遭遇したときは恐怖でした。予測のできない動き。素早さ、そして。ヤツ、飛びますし。

 あー、アニメの方ですね。いっやー、結婚してるの、バレちゃったー、って事ですけど、結局はあの色気でせまってくる女先生にバレただけですんで、とりあえず今まで通りの生活ができますよ、よかったっすね、というだけの…いやー、内容ないねー。女先生の弟(福山潤)、どうしちゃったよー、もっとなんかあるだろ?普通。とか、なんか色々ぶったぎりで終了。今回、教頭先生(成田険)登場。ナリケンキャラお約束、メガネ、細身、イヤミっぽい、というキャラですが、最終回に「先生、困った事になりましてねえ」って、そんだけか?おい?「退職届け?」セリフは以上。指輪いっぱいつけて、妙にキャラたってそうなのに…。まあ、本筋のストーリー自体がいくら話数を重ねてもえんえん、バレるバレない、の繰り返しだけなのでキャラ萌えでもないかぎり、がーっと続くのは辛いでしょうから、まあ、しょがない、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

ぺとぺとさん #12

◆ぺとぺとさん 12 プロジェクト・アケガラス◆

 落語、好きなんですよ。唐突ですけど。某演芸場のスタンプカードを持っているほど好きなんですよ。例のドラマからのファンなぞ、落語ファンではないわ!つー……えー、ただの通気取りではありますが。
 で、今回のぺとぺとさんのキーワード、「明け烏」。ストーリーでは簡単に説明されていましたが、アケガラスはその落語のタイトルです。
(落語の題名、というかタイトルは直接噺に関係ないものがつけられていたりするので、噺の内容と背景を知らないと題と噺が結びつかなかったりします。まあ、題なんぞ知らなくても楽しめればいいんですが、知っているとくすっと笑えたり、優越感にひたれたり、ぐらいはします。)
 オチあたりの帰る、帰らないあたりのやりとり、ホントはもっと色っぽいんですけどね。
 そーいや、来年からはなんか落語を主題にしたアニメができるそうで。協力が落語協会でなく、「落語芸術協会」というあたりがなー。私は落語協会派なので、ちょっと心配。しかも落語家志望のオンナノコがぎょーさん出てくるようで……そっちも心配じゃ。女性の落語家で有名といえば菊姫さんくらいですかねえ。花緑の嫁さんになるそーですが。イロモノでない、純粋な女性落語家って少ないんですけどね、ホント。

 まあ、落語話はおいといて、ぺとぺとさん、最後のシーン、よいなあ。あの雰囲気。中学生であの雰囲気がかもし出せるっつーのは、……あ、でもぺとこの実年齢はもっと上なのか。ともあれ、中学生男女が2人であの雰囲気、よい、というか、ヤバすぎというか、せつなすぎというか。
 来週はいよいよ最終回っす!寂しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ギャラリーフェイク 最終回

◆ギャラリーフェイク メトロポリタンの一夜◆
fujitafinal
 とうとう最終回。
しっとり、いいオハナシでした。最終回だからとむりくり全員登場させて最終回らしいストーリーにしなかったのも、好印象。フジタの本質、良い物を良いと感じられる、愛せる男っていうのがにじみ出るステキな作りでした。

 好きな絵を、しかも本物を、好きな位置から好きなだけ眺めていられる……美術好きには最高の贅沢でしょう。
 印刷技術やメディアの発達で、美術や(舞台も含めた)芸術の「その場性」が危うくなる、薄れて行く、という説があります。が、もちろん薄れはするでしょうけど、本物に直に触れるというのはやはり世代を越えて複製品とは違う何かがあるはずです。まあ、そうはいうものの、いつでもどこでもの誘惑には勝てず、資料としての必要もあるので、ウチの書棚には美術展のカタログだのなんだのが結構な数あるんですけど。
 ちなみに、書店売りの画集は印刷にもかなり気を使っているものが多いので高価なものですが、美術展で販売されるカタログは印刷の質についてはそれらに劣りますが、資料としては役立つし値段がなにより安いので重宝します。余談でした。さて……

 また、アニメでフジタたちに出会える事をいのりつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

スーパーヒーロータイム 9/25

iety
◆魔法戦隊マジレンジャー◆
 緑川さんのベルヴィレジに続いて(続いてないって)遊佐さん、最強の冥獣人「イエティ」で登場。モチーフは雪男+アイスホッケーの選手らしく、スティックもってます。
 ところで、原始の力はダイヤル式らしいです。数字は5までしかないので、更に強くなると、0まできちんと揃うのか、それとも横にハンドルがついて交換所を呼び出すのか。
 ところで、私は原始の力を知っている世代だぞ。原始か。……昭和も遠くなりにけりなのだ。この世界では文明の進化と逆をたどると強くなるのか。ふむ。
◆仮面ライダー響鬼◆
 先週、トドロキくんのヤンチャによって変身できなくなったトドロキ&ヒビキ。布施明の、腹から出してる声で「特訓だ!」。…どこぞの司令の姿がよぎります。しかも、直接特訓らしくない特訓っていうのも、不動司令(アクエリオン)っぽいのね。
 そしてやっぱり今週もでてきたクソガキ。やっぱ、なぐっちゃいたい。つか、アスム、付き合いいいな、おまえ。あんだけ言われても怒らないのか!もっちーかアキラだったら、きっと今頃ボコだぞ。いや、クソガキ、人をみるようだしな。アスムの前だからこそのクソガキっぷりか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/24

一人の時間

50924
 風邪は治ったような気がして、少しは動こうと洗濯機を稼働させ…外は雨。除湿器かけて部屋干し。ここでファブリーズをスプレーしておくのがここでのたしなみ…あれ?なんかまざってるな。

 えーと、寝ている間に花とゆめ20号発売。コンビニで入手。今回はミニドラマCDの付録つき。マイネリーベ、フルハウスキス、VBローズ、悩殺ジャンキーの4本収録。マイネリーベ以外は録りおろしということ。ふむ、で、VBローズ&悩殺ジャンキーは2号分応募券の全サになるそーです。
 お、森しゃん(森訓久)が出てる!>悩殺ジャンキー
 悩殺ジャンキーは結構スキな作品なので、ちょっと迷うトコです。が、まあ、1本で500円ということなので内容はどーなんだろ。短いんだろうなあ、とは思うんですけど。
 そーいや、ピンキーコスの透バージョン、締め切りが来週月曜なんですよね。1通は申し込んだんだけど、もう1通、ここに申込書があって、もう1体、申し込むかどうか迷ってます。たぶん、月曜、郵便局の窓口がしまるまで悩んでいると思います。

 んーと、それから、月末のDVD発売ラッシュに乗り遅れました。寝込んでたからしょーがないんだけど。こちらも週明け、ブクロへ出撃予定。ラクガキ用の紙も買わないといかんしな。うん。で、こういう月に限ってどの作品も予約してないときたもんだ。うー。初回版、残っているといいなあ。

 アニメは最終回ラッシュ。ということは来月は新作がどわっとくるわけで。情報集めとかないとなあ。かといって、アニメ雑誌など買うわけでもないんで、もっぱら情報はネットから。少年誌は読んでいないので元ネタを知らないのがほとんど。予約録画のギャンブルが1月ほど続くのかな。あ、アカギは知ってる、つーか、一応チェック予定。wあのハナのキャラがどう動くのか、まずは見ておかないと。

 …とかいうことをぼんやり考えつつ、病み上がり、雨降り、ひとりっきりの時間、レジェンディアをプレイ。まだ全然終わる気配ナシ。あー、体もお天気も、さっぱりくっきり、してくんないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/23

ハチミツとクローバー 23

rika
 んーと、今回最大、このシリーズ最大の変更点がここで!山田と真山の話をしているシーン、場所は修ちゃん先生のお仕事部屋。メンバーは修ちゃん先生、真山、そして森田。ホントは山田&真山のことだけが話題になるんですけど、修ちゃん先生、自らのハラワタえぐり出すような発言をぶっぱなします。
 「で、お前はどうなんだ?森田……。はぐが、悩んでる」
 この後の森田のモノローグ「あいつがいない、竹本がいない…」どういう意味でしょ?今まで、森田さん、竹本くんをスケープゴートにしてた?竹本くんをダシに、自分は逃げていた?それとも……。あの森田さんが、はぐのキモチに気付いていないわけはないと思うんだけど、こればっかりは原作読みの私にもわからんので、来週の展開しだい?でも、森田くんは最後までナゾ星人な気がするけどね。
 竹本くんストーリーは、ほぼ原作どおりかな。竹本君のモノローグで話をすすめて具体的描写が少なくなってるぶん、話の進み方は早いですが。なんだかんだで、コミックス7巻まで、アニメ放送が始まった時に刊行されていたぶんのストーリーはほぼ消化しちゃいました。なのに、全然違和感なく進んで行くんだもん。すごいやあ。

 ところで、前回コメントでもちらっと触れましたが、DVD5巻と7巻、ぜひ欲しいなあ。でも、これ買っちゃうとコレクター心が揺さぶられて「全巻購入、決定だ!」と、どこかの司令みたいな悪魔のささやきに手招きされそうで、ヤバいです。うーむー。
 あと、アニメイトTVのwebラジオ「美佳子@ぱよ」のハチクロ特集、キーワード、やっぱ仕掛けてきましたねー。一筋縄じゃ、いかないとは思ってたけど、こうくるとは!!(昨日の更新でハチクロメンバーゲスト回、1回めは流れちゃったハズだけど、2〜4回目はまだ聞けるので、聞いてない方はぜひ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

苺ましまろ 9

◆苺ましまろ 9 育ちざかり◆
miu923
 今回のラクガキはなんとなーくね、セピアっぽく……でも、モデルはミウです。もうちょっと違う作品で挑戦したほうがよかったか?まあいいや。(セピアってイカスミ♪)
 太っちゃった?!
 って、女子にとってはちっちゃい頃から、もう、白い灰になるまでこころ揺り動かす一大事です。小学校高学年っつーと、ちょうどその頃からね、体重計のメモリが気になり出すんで。
 リアルな話にすると、丁度その頃から子供から大人へ育つ時期で、更に言えば体重と身長はきっちり比例して育つわけでなくって、んでもってイロケも出てくるのでオンナノコは大変なんです。ホント。
 んでもって、ミウがからむと話は更にややこしく…。えーと、最初は落ち葉でヤキイモを焼く、というような話だったような……(実際やってみると、かなり大変です。落ち葉でヤキイモ

 でもさー、ホント、重なるときって重なるんだよね。「よし!ダイエットするぞ!」と決めたとたん、普段なかなか会えない友達から夕食(飲み)の誘いがあったり、「しめしめ、○kgやせたよー♪」とか思っていると、実家から救援物資(たいていが食べ物。しかも保存のきかなそーなもの)が届いたり。ダイエットの敵って、ダイエットしようと思うとわいてきます。なぜだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

スピードグラファー 9/23

◆スピードグラファー 22 オカネクダサイ◆
kagura923
 水天宮過去の回、「死神成金」で謎のままだった水天宮の妹の末路。どうやら東南アジア方面(?)に売られてしまっていたようです。水天宮少年は傭兵部隊、こちらは結構なお金になりそうですが、(おそらく)日本経済登り坂だったであろう当時、8歳の少女を売り飛ばすっつーならアジア方面つーのはどうなんだろ。それとも、点々と売り飛ばされ、最後にたどりついたのがあの場末の売春宿だったってことでしょうか。うん。それっぽいかな。
 どちらにしろ、哀しすぎです。ユイ、最期のほほえみは、お兄ちゃんの抱擁で、一瞬、正気に戻れたということでしょうか。幸せだった日々が最期の意識であったなら、と祈るばかりです。

  モリモリ、嗚咽の演技すばらしすぎ!(でも、あまりの展開にモリモリの演技に気付いた、というか、この水天宮をモリモリが演じているのだということを思い出したのは3回目を見た時でした。初回はとてもじゃないけど、見入ってしまっていたので…涙)

 そして、あきらめの表情で放心の神楽を抱いた水天宮。最後の最後まで、辻堂+2人は水天宮とともに…ヒマを出したはずの3人の登場に、初めて見せる本心からの笑顔…。

 スピグラ、水天宮が主役で決定!私はそう決めたぞ。もーだれがなんといおうと。いや、まだ来週があるが。ん?来週は1時間?なの? 録画予約は注意が必要だ。

 ところで、金のインゴットですが、秘書さん、力持ち!
 新治、超力もち!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/22

陰陽大戦記◆終焉の大極

  いやーーー。かっけぇ!演出!!!
 じゃじゃーん。(リクうなずく)じゃん!(マサオミ流し目アップ)BGM、見事に合わせて盛り上げてます!君、帰ってきてくれると思っていたよ!マサオミ!
 しかーし。
 「この戦いが終わったら、気が済むまでなぐってもかまわない。だから今は!」
マサオミ、世界を消滅させるのに一役買ってたって言うのに、中学生2名に殴られる程度ですまそうと?なかなかいい根性です。さすが1000年と200年生きていただけあります。この駆け引き上手さん。

 ラス前まで来て更に超超変形の式神3体。これは…なんじゃ?あまり代わり映えしないキバチヨはおいといて、しめ縄しめちゃってるコゲンタ…(土佐犬?)ガイコツ状態のランゲツ様…かっこいいのか?これが?最終形態として私たちの記憶にインプットされるほどに?うーん……あ、そして再変身♪こんどは……ウルトラマン?うわ。うえっとすーつ?ですか?はうう。びみょー。

 そして後半、ウツホの封印が上手くいったかと思いきや、またまたお人良しリっくん登場。「これじゃ、1200年前とかわらないじゃないか!繰り返すだけじゃないか!」うーん、確かにな。1200年の孤独。考えただけでガクブルです。
 ところで、ウツホの世界観は1200年前に固定されているらしく、日本の領土内に起きた事=世界で起きていたこと、となっている模様。そーいや、日本は妖怪、魑魅魍魎が跋扈しているようですが、世界的にはどーなってんだろ。株価の変動はおそらく世界規模に影響しているハズだけど、今まで作品内で流されてきたニュースなんかも国内にかぎられていたよなー。コメとか野菜とかの値段にはやけにこだわっていたけど。ねえ。ソーマくんなんか、もっとワールドワイドなニュースに敏感でいいはずの設定なのに。

えー、戻りまして。
 ラストにむけ、まるで卒業式の答辞みたいに、決められていたかのように韻を踏み、ユニゾンする式神&闘神士のセリフ。練習した?してたでしょ!見てないトコで!

さて、対するウツホですが、要約すると、「ぼくの苦しみなんか、誰にもわかるわけないんだー!」と、反抗期の中学生みたいな事言ってます。が!
 「ただムダに生きているだけではないか!
 ………ぐっさり。痛恨の一撃(私に)。リクは平気で受け流してますけど、まあそんだけのことしてきたよな、君は。うん。
 しかし、えーと、ウツホのセリフが耳(とココロ)に痛いので、今日はこのへんで。
  イテテテテテ。
来週はとうとうオーラスです!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/21

かみちゅ! #11

◆かみちゅ! 11 夢色のメッセージ◆
 お正月は寝正月〜♪私もコタツは大好きですが、あそこまで離れたくないってこたーなかった、かな。昔、おばあちゃんの家にあったのは掘りごたつでした。つっても、今あるような、イスみたいに座れるおしゃれなのでなくて、レンタン入れて、入るやつ。だから足のばせないのね。あれ。だから、今回のゆりえちゃんみたいにコタツにもぐって反対側にぬける、なんていうワザは仕えませんでした。
  さてさて。年賀状。
 ゆりえちゃん、私は(元)恋する女子中学生として言いたい!好きなオトコノコには自分から年賀状を出せ。いくら年末年始、神様業が忙しくても、そこはそれだ!それでこそ乙女っつーもんだ!返事が家族全員の名前入りの印刷オンリーの年賀状だったとしてもだ!
(今回の感想、妙にリアルな描写が含まれています。筆者に何かトラウマがある様子。ご了承下さい)
 あー、でも。ゆりえちゃんがこんなにほけほけになっちゃうくらい忙しかった(らしい)神様視点のお正月、見てみたかったな。八島様&ゆりえ様、やっぱ、賽銭箱の向こうにいたのかな?それとも裏でおみくじ作ったり?(つか、印刷だ!普通。あれは!)ミコちゃん、マツリちゃんは巫女装束でお守り売ったりしてたのか?あー、書いてたらよけい見たくなっちゃった。

 神様行事的には来週は節分?と思いきや、バレンタインですか。がんば。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

ガラスの仮面・天の輝き

 とうとう芸能界編突入です。やっぱ、里美くん、出てくるんだ。うーん、私的にはもうちょっとサワヤカさんを想像、つか、希望してたんですけどね。今まで、(アニメ版では)桜小路くんにも、真島くんにも心動かされなかったマヤが胸キュン!してしまうような男にはどーも見えないんですよ。これが。
 里美くんの声はゴッツンコ!でなくって……(まだひきずってる)ミキシン。三木眞一郎さんですね。彼の声、声としては大好きなんですけど、里美くんの声としてはこのミキシン声のため、真摯な好青年、というよりアイドル系軽めのオトコノコに見えてしまうような、のは、私の思い込みが入りまくってるせいでしょうか、どうでしょうか。でもそーなんだもん。
 さて、テレビ局も撮影所も警備は激厳しいハズですが、あの親衛隊グループはどんなコネをつかって稽古場や楽屋まで入り込んでくるのか?お嬢様マヤが手づかみで食べた菓子にはいったい何が?原作通りか?それとも放送規制アリなのか?そして、とうとう来週から彼女登場。芸能界編はどこまでつっぱしってくれるのか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

アニメ見たよメモ 9/21

◆ケロロ軍曹◆
 かぐや姫&うさぎさんのお話……冬樹くん風味。深海のお話といい、今回といい、冬樹くんがらみだとキレイにお話まとまりますねー。作者&スタッフに愛されてる?というか、使い易い?
50920
◆うえきの法則◆
 森ちゃん、どんな能力もらったんでしょう。しかも森ちゃんに選択権はなかったし(時間的?それとも意図的?)わんこ、ちゃんと説明してからイけよ…と思ったら、入れ替わりにコバセン登場???!
◆ブリーチ 50◆
 久々、現世のオハナシ。ドン観音寺、というか、千葉繁さんがあのテンションで出てくると、もうね、ビーストウォーズメタルスですよ。メガトロン様ですよ。浦原さん、出てこなくてよかった…出てたらもう、ゴッツンコ!だもの。(わからない人、すんません)
 で、ムカデ型ホロウですが、なんか、イイヒト?イイオカマ?こちらはリターンズで「なんでやねん!」言い続けてた人で……いや、ビーストウォーズから離れなくては。
 たまーに、こういう息抜きできるストーリーが挟まれると、私としてはめちゃ癒されます。

 ブリーチファンの一護一笑が更新されてました。今回はお手紙特集。次の更新は22日予定?しかし、大抵予定どおりに更新されない上に表面上、動画のバックナンバーって見られないんだよね。なんとかしてくれ。好きなんだ。あの森田おにいさんのハイテンション&リンのローテンションのかけあいが!バックナンバー見せてくれー。2つ3つ、見逃してるような気がするんだよー。

◆エレメンタルジェレイド◆
 カオスクァイヤの人たち、えーと、全員で3人しかいないの?そゆわけでなくて?謎じゃ。ここはがっちり守らなきゃいけないトコでしょお!
 そしてアークエイル。いきなり司令室みたいなトコが……すっげーここだけ(古めの)SFチックなんですけど!なんじゃこりゃ。そして空賊の方はSFながら妙にアナログな、ハヤオタッチです。アンバラーンスの妙?いや、マッチしてないだけ?
 ラスト、今まで自己主張といえば「エディルガーデンに行きたい」しかなかったレンだけど、一転来週は大暴走の予感?

 ラクガキはなんの関係もなく、なんとなく。なんもないと寂しいので入れてみました。すまん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/20

Thanks! 30,000Hit!

t30000hit
 毎度お越し頂きありがとうございます。「猫の物干し台」専任ラクガキ職人洗濯する猫でございます。書きたいコト、描きたいコトを(おそらく)むちゃくちゃ偏った視点でささやかに書き続けて、ここまでやってきました。昨晩、めでたく30,000アクセス達成いたしました。
 1クリックの積み重ね、ありがたく、そして重く心にとめて、これからも何人もの人に見ていただき、んでもって「あ、おもしろいな」とか「そうそう!」とか「へえ、こーゆー人もいるんだあ」など、少しでもなにか、あなたの心のスキマにすべりこめるモノが作って行けたらいいなあ、と思っています。

 このブログ中盤からの原動力となっていた「陰陽大戦記」と「創聖のアクエリオン」が、共に最終回を迎えます。最終回で盛り上がるといいな、ステキなラストを迎えられるといいな。そーした上で、陰陽ファン、アクエリファンのみなさんとこれからも良い交流を持てたらいいな、そんなことを考えつつ、30,000Hitのお礼とさせていただきます。
 これからも、よろしくお願いします。ぺこり。
 猫の物干し台 洗濯する猫

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アクエリオン★決戦!! アトランディア

gen
 あまりの展開にいま、ほえほえです。
とりあえず、お絵描きしたのだけはアップ。

 今日、私の脳味噌が理解したことの一部は、
トーマ様、メカフェチ?

 いや、そんなことじゃなくて。書きたい事は他にあるはずなのに。心がふるふるしてるのだけは伝えたいのに、言葉にならないよ。とりあえず、寝て、落ち着いてから文章はアップしなおす、かも。し直せない、かも。それさえよーわからん。
 来週は最終回。
それだけが、確かな事実。
■追記■オープニングのアトランディア文字、
I've been loved you for 12,000years. 
と書いてあるみたい。合ってるかな?
 

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2005/09/19

ぱにぽにだっしゅ! 12

◆ぱにぽにだっしゅ! 12 人に高下なし 心に高下あり◆
beckeygensaku
 こんかいこそは!と、原作系ベッキーに挑戦してみました。お洋服は、なんとなく、巷の小学生にはこんな色合いのが流行ってるみたい?という思い込みによって着せてみました。なんかちがうじゃーん、という、そっち方面に詳しい方、すんません。接点がないもので。
 さてさて。
 今回はマホマホ娘の夢の中にいつものメンバーが潜入しちゃうというお話。場面転換のときのベホイミちゃんの顔がモザイクなのは?マホマホの意識の中にはベホイミちゃんの印象が薄いということでしょうか?衣装でキャラ判別してる?まるでわたしじゃ……げほげほ。

 将来の夢、なんて、でもさー、具体的にもってるって言う人の方が少ない気がするよ。みなさん、持ってます?んで、皆の前で堂々と言えますか?
 幼稚園児ぐらいだと、無邪気になんとでも言えるけど、だんだん自分がわかってくるに従って、ムチャいうと恥ずかしいよなあ、みたいのが先にたって、言えないし、ねえ。

 中学生のとき、進路調査で将来の希望の欄に「安定した老後」と書いて、親にオメガ怒られて書き直させられた、遠い過去を思い出しました。

続きを読む "ぱにぽにだっしゅ! 12"

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005/09/18

ギャラリーフェイク 33〜36

えらいおおざっぱなタイトルですいません。ざくざくいきまっす。

◆残暑絵金見舞◆
 まずびっくりな絵柄。これでねじくれたナゾのひらひらが飛んでいたら、エイジン・スズキかと思っちゃいそう。……あ、アレが流行ったのもずいぶん前の話ですね。ま、それはおいといて。
 ラストシーン後の彼女がどうなったのかってのがずいぶん気にはかかりますが、その前の一瞬、寂しい人生を送ってきたであろう男と女が、故郷の祭りで見たひとときの夢。キレイにまとまりすぎ?と思わないでも無いですが、まさに残暑、名残は変化への前触れ、というのがね、せつなく心に残る1話でした。

◆神々の宝石◆
 最初、次回予告でヒンドゥーの「シンゾウ」と聞いて、心臓だと思い込み、「ははあ、そういう名前のついたミステリアスな宝石の話なのか」と勘違いしてしまいました。なにしろ、フェイツィ絡みだし。もちろん、正しくは「神像」。
 ちょっと詰め込みすぎな上、説明不足かなあ。最初と最期はきちんと結び付けて終わらせて欲しかったんだけどな。説明不足じゃなかったのは、唯一フジタの「おまえは宝石泥棒のフェイツィ!」というセリフだけかなw。こちらは説明っぽすぎじゃ。
fujitaep
◆修復するは我に有り◆
 実は美術品修復ってあこがれの職業のひとつだったりします。私が主に興味を持って接する美術品は西欧の宗教美術ですが、修復に関しては日本のものに惹かれます。まあ、直せる人は作れる人なので、技術が伴わない私には夢にさえならない、あこがれでしかないんですけどね。
 ストーリー自体は初期のフジタを感じさせる、クールかつシビアな一面を見せてますね。ブラックジャックなんかもそうなんだけど、後半にいくに従って「イイヒト」になりすぎて、金にシビアなプロフェッショナルっていう、ブラックなイメージがどんどん薄くなっていったりしちゃうんですけど、これはいかにもギャラリーフェイクですね。スキなお話。
 しかし、今回の絵はどうだ?グレーの主線、光線を意識した色指定は、まあ、好みの問題ということにして、(ムリヤリ)おいといて、だ。動かない絵、デッサン狂いまくりの顔、それらをごまかすかのようなカット割り、これはちょっと頂けないなっと。

◆ハワイの万華鏡◆
 最終回のいっこ前です。サラ的には、これで終わってくれればラヴなハッピーエンドでしょうが……。しかし、フジタ、万華鏡の件があるにせよ、天文台に連れて行く、まではよしとしても、星空見上げて肩を抱き寄せちゃったりして、んでもってサラもよりそっちゃったりして、いいのかよ?フジタらしからぬ行動、つか、いつものフジタなら、こんなことさらりと許したりしなさそうですが……。大サービスっつーか、なんつーか。うーん、あまりにもキレイなラストにちょっぴり違和感。
 えっとね、誤解が無いように書いておくけど、別にサラにヤキモチやいてるワケじゃ、ないですから!ね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/09/17

日々是遊、日々是無駄

senel まあ、ここ2〜3日、風邪ひいたーっつって、ぐったりしたり、それなのに幕張くんだりまで10分そこそこのムービーを見に行ったりと、無茶な生活をしているわけですよ。まあ、無茶の余波で今日一日、氷枕をあてがってベッドの中。目が覚めると水分補給して薬服んで、またベッドと。その合間に何やってるかって言うとHDDにたまったアニメを見たり分類したりと、これまたいつでもいいようなことばかり。
 テイルズ・オブ・レジェンディアも進めたいんだけど、(たぶん)これから長い戦いに入りそうな気配なので、コンティニューしてやりはじめると止まらなくなってしまいそうで……。しかし、ストーリーがつまらんとかシナリオが××だ!とかいいながらもテイルズは「なりきり」以外はファンタジアからずーっとプレイしてます。キャラはなー、ちゃんとたってることが多いので、ついついお気に入りが出来てしまって、それが推進力になってます。今回はモー助ですね。お気に入りは。前回はティトレイ、その前はゼロス、かな。なぜ主人公には惚れないのか。まあ、思い付く理由は色々あるんですが、ね、語り出すとこれまた長くなりそうなのでカット。テイルズ、今年はもう一本発売予定らしいです。今度は主人公、ビジュアルではストライクゾーンきてるんですが、はたしてどーなるでしょう。年末が楽しみです。

maide
 えーと、アニメですね。最近感想をさぼっているのがガンソードとギャラリーフェイク。そんから特撮、かな。ガンソードはねえ、見てます。書きたいんだけどついついアクエリオンに力が入っておざなりにされてます。
 ギャラリーフェイクは、ついつい(なんじゃ?そりゃ)。記事にいれようとして描いたフジタの絵はあるんだけど、このままだと最終回になっちゃうよ。マズイ。ヴァンもフジタも、ある意味私の理想のオトコ系なんだけどなあ。なんでこうなっちゃってんだろ。
 特撮、マジレンはね、かるーく見てます。ベルヴィレジに全部私のマジレン分を持ってかれてしまったので、その後書く気がおきないような、きも、しない、でも、ない、かも、しれない。
 響鬼。ヒビキさんをイブキさんと行動させて、アキラにお運びさんさせた方が能率的だと思います。あと、自分の得意な土俵でしか勝負しないクソガキが気に入りません。なぐっちゃいたいんですけど。どうしましょう。
 というわけで、かるーくさらってみました。

 そうそう。昨日ね、TGSはスクエニでもらった絵はがきセット(数枚がビニール袋に入って封されている)。家に帰ってからあけてみたら、ぱにぽにの絵はがきも一枚入ってました。ゲーム系ばかりとあなどっていた。もう1セットもらってくればよかったなあ。
 絵柄は、ベッキー、一条さん、デコ、マホ、メソウサが海にいるの。かわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/16

逆転裁判 TGS2005特別法廷

 はい。風邪薬服みました。
えーと、この記事は、ネタバレです。バレバレです。私の記憶の許す限り、バレバレです。
 明日、明後日と東京ゲームショー2005に行く予定のある人、続きは読まないでね。

続きを読む "逆転裁判 TGS2005特別法廷"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ見たよメモ 9/16

50915
◆ハチミツとクローバー 22◆
 今までわりと原作にしっかりきっかり忠実に描かれてきたアニメ版ハチクロですが、今回ちょっといじってあるのがねえ、ラストにむけて、まとめる姿勢に入っているんだなあって、今後につなげる大きな糸は切ってしまって、という感じかなあって。寂しいよう。ほろほろ。

◆苺ましまろ お祭り◆
 んーと、放送のカブりとかの関係で、2週ぶり、かな?真夏日の途中までしか見てないから。今回、ミウ、いつにも増して大暴走。このコ、6年生でしょお?大丈夫か?あの、無邪気とか、変わってる、っていう辺りを通り越してるんですけど。ここまでヘンだと、引くぞ。本気で。

◆スピードグラファー 総理の朝食◆
 首相、これまたヘンなのに変身。わっかんないなあ。だから、あんたは何になりたくてこうなったんだ?っていうのがね。サイガの例をとれば、自分の何かを削って、サイガの場合は視力を削ってユーフォリアとしての能力を発揮してるんだけど、こんなでっかいカオになるだけのために、この人、何を削って生きているんでしょうか?
 そして、水天宮のところに集められた大量の札束、再会された秘密クラブ。謎、というかカオスな世界はさらに混沌。
 ところで、最初期の宣伝文句だった、「六本木で繰り広げられる云々…」って、ちっとも舞台は六本木じゃあなかったじゃんかよー。ま、文句いってもこれまたしょーがないんですけど。

今回のラクガキはもう、アニメに合わせて描いていると間に合わないんで、こんなんでお茶を濁して…って、ここんとこお茶濁してばっかし。うーむ。いかんなあ。記事も一緒くたで読みにくくてゴメンね。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

TGS2005行ってきました。

tgs2005
 今回、新ハード2機種が国内公開っつーことでか、久々に活気あふれる「東京ゲームショウ2005」。行って参りました。写真(といっても、スキャンです。しかもてきとーに)は頂き物の一部。もっと時間かけて試遊したりすれば色々もらえたんでしょうが、風邪ひきを押してのメッセ行きだったもので、途中で力つきまして、こんな時間にすでに家にいるわけでして。
 今回目立ったのはオンラインゲーム。ナムコのテイルズシリーズ、コナミのときメモもオンラインなどなど。ときメモ?うわー。恋愛シミュレーションのオンライン?どーなの?それって?と、ちらっとステージを見たら、絵はカワイイし、操作も面白そう。ちょっと元気があったら参加してみたかったなあ。>ときメモ。
 コナミでときメモオンラインの配りもの(うちわ)をしていたお姉さんお兄さん(制服コス)がすごくカワイくて……あ、ゲームとは関係ないか。でも、一人ちっちゃくって、かわいくって、ホント、ゲーム絵みたいなおねえさんが居て、女子の私でも目を合わせられませんでした。テレやなもので。たはは。
 あと、携帯電話用のゲームも多かったよん。写真下の方に映ってるカンバッジはiモード用ゲームを試遊してもらったもの。実はもっと数があって、最初に台紙をもらって、ブースをぐるりと回って全部遊んで全部のバッジを集めるとなんかくれる、というようなことをやってましたが、体力的に断念。ワンピのカンバッジのデザインが気に入ったのでこれと(ここで遊ばせてもらったパズルゲームが面白かった!)、スクエニでドラクエ2が遊べたのでそこでちょこっとさわらせてもらって、この2か所だけ遊んできました。
  さて!
 今日の私的お目当ては「逆転裁判」のNINTENDO DS版「蘇る逆転」のステージでのムービー。(逆転裁判の公式HPではたくしゅーさんの制作日記にちょっと書いてありますので、詳しくはそちらで。)初回の『TGS特別法廷」は12:00から、ということで20分ほど前にカプコンブースステージに到着。ん?気のせいかこの周辺だけ女子率が高いぞ?そして12:00に向けて映像もカウントダウン。わくわく。最初の上映とあってか、集まる人も多めです。
 内容は、これから見に行く、という人も多いでしょうから、とりあえず割愛。でもね、これだけは言っておくぞ。「逆転ファンなら見るべきだ!」「絶対だ!」「ホントだよ!」(特に御剣ファンはな)
 見ながら笑ってる人多し。私も笑った。逆裁遊んだ事ない同行者も「おもしろい!」って言ってました。DS、買ってしまいそう。ヤバい。すごい請求力!
 で、カプコンブースで配っているDVDなんですが、お姉さんに、「これ、ステージで流した逆転裁判の映像、入ってるんですか?」って聞いたら、「逆転裁判ですね?入ってますよ」と言われたのでほくほくして家に帰ってきたら、…常時流されていた新作発表映像だけでした。

 特別法廷は入ってません!会場で傍聴してきて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/15

陰陽大戦記◆絆をかけて

kogekizuna
 「我等、神流討伐隊!!」
いつのまにか、チーム結成。そして名乗りを上げたということは、チームリーダーはテルだったんでしょうか?今までお笑い専門、オチ要員だった彼、かっちょいい登場!……つーことは、お約束としてはヤバい感じがぷんぷんしますね。…オトナの見方ですが。

 ウツホは式神たちは「契約に縛られた」存在であるので解放する、といって討伐隊メンバーの式神達の名前をうばって、次々に「解放」すなわち、式神界に帰していきます。前々回、妖怪達に名前をつけて手なずけていたリナちゃんのとこでも臭わせていたし、コミックス版で強調されている「名前が闘神士と式神の絆」である、というのが活きてるんですね。ホリン、フサノシンと、あっけなくウツホの手によって、そしてムツキ&テルの影薄いコンビの式はウツホあやつる式神ゾンビーズ(?)によって倒されてしまいます。ムツキとテルの最期(つか、死んじゃあいないが)に涙。(…でも、スタッフさん、狙い過ぎなんじゃ?)
 こらこら、ウツホよ。契約していない式をあやつるのはいいのかよ!と、大人げなくツッコミ。
 まあ、ツッコんでも話はどんどん進んじゃって(当たり前)彼等に守られて鏡あわせの印でウツホをもう一度封印しようとするリク&ユーマ宗家コンビですが……印をあっけなく返されちゃいます。
 りっくんあぶなーい!つーとこで、封印の陣を破る力が!そう。マサオミくん、かっちょよく見参!え?最強の印、鏡合わせを破るなんて、実はマサオミ最強?

 今回ギャグではなく、現世でリクたちを想う友人たちって立場で描かれていたボート部員たち。えーと、あの、リナちゃんに懐いちゃってた妖怪さんたちはどこへいったんでしょう?実は妖怪部隊を従えるリナちゃんを想像してたんですけど、ネコマタトラジ以外は消えちゃってました。残念。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005/09/14

アニメ見たよメモ 9/14

◆ブリーチ 49◆
 ルキアの過去物語。あの肺病病みの隊長が、人望はありそうながら戦闘部隊の隊長を長らく勤めているのはなぜなのかはよくわからん。
 で、ふむ。なるほど。ルキアはルキアなりに重たい過去をしょってるのね。しかし、ルキアが朽木家に養子に入った、というか入れられたのはなぜなのか、白哉の態度がああなのは何故なのか、ルキア処刑の真相が本当はなんなのか、ようわからん。最初の方、録画残してないからなあ。見直す事もできんのだ。つか、全部が全部語られてはいないような気がするんだけど、どなんだろ。
 くっそー。意地でも原作買わないようにしてたのに、買ってしまいそうだ。読んでしまいそうだ。

◆ガラスの仮面 24 華やかな迷路◆
 いつもなら別記事にするんだけど、まあ、下記のような事情なのでさらっと。
やっぱり、今回のアニメ版の主題はマスミ&マヤのラブストーリーである、という確信を強くした1話。今まで削りに削ってきたギャグシーンさえ、マスミ様絡みだとくり出してくるあたりがな。うん。来週はとうとうマヤの初恋話。ここも、本来なら桜小路君とか、そっち方面とどうよ、って展開なんだけど、今回のアニメ版ではどうかなあ。というか、「さわやかカップル」さんもきちんと取り上げられるかどうか、疑問だわ。あ、でも、それがないとあの事件がおこらなくて…つながらなくなるのか?うーん。
hiruneyurie
◆かみちゅ! 10 ふしぎなぼうけん◆
 神様も、新入生は大変だ、ということで。まるでラジオ体操か、自動車教習所か、というようなスタンプ帳を持たされ、神様の集まる地、出雲で新米神様の勉強会に出るゆりえ様。単位が足りないと卒業できないのか?身につまされます。どんより。夜中まで勉強するゆりえ様、けなげだのう。
 学校は学校で進み具合の違う授業、神様扱いのクラスメイト達と、とまどいいっぱい。
ところで、八百万の神々、というだけあって、七福神からモノノケまで、色々いっぱい、集まってます。どういう組織になってんだろ。まあ、日本の神様大集合、ということなんだろうけど、七福神はなあ、まざってるしなあ。本来の、古事記に出てくるような神様は見当たらないし(出雲だしな。微妙なトコである)逆にある意味、大黒様が出雲の主なら、バンドメンバーなんかやってる場合じゃないような気もするけど。ね。
 来週はお正月。こないだ海水浴してたと思ったら今回10月。そして正月。一年、あっという間だね。この調子だと、もいちど出雲出張いかなくちゃいけなくなっちゃうよ。ゆりえ様。

◆アイシールド21 23 電撃! 日米決戦◆
 控え選手もいないようなチームが日本代表です。大丈夫なんでしょうか?
今回もアイシールドくん、大活躍。でもさー、練習試合とかならいざ知らず、さすがにこの規模で覆面選手ってのはどうなのよ?いよいよ来週は「足」勝負!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

風邪をひいたら

 こんな時期に風邪をひいたらしく、「はだびずが、どまだだいです(鼻水が止まらないです)。
 風邪薬の買い置きもなく、こういう時にかぎってティッシュも底をつき、図書館に返さなくてはいけない本は期限が明日。まあ、こんだけ条件が揃うと仕方ないので出かける事にしまして。
 まず距離的には一番遠い図書館。歩いて行かれる距離なのでてれてれと。真夏並の日差しの中、なんか自分がヤな汗かいてるのを自覚しつつ、それでも無事本を返す。
 次、コンビニ。万一明日、さらに風邪がヒドくなったときの事を想定して非常食(プリン♪)などを購入。
 そして、薬局。鼻をすすりつつ、風邪薬をカゴへ。そしてティッシュ。鼻セレブ、あるかな?と思っていたんだけど、なかったのでコットンフィールを、しかも5個パックのを購入。で、
「そーいや、ドリンク剤とか風邪薬と一緒に飲むと元気でるかも」
と思い、普段は縁のない棚を覗いてみることに。はあ、色々あるんだなあ。女性用?どう違うんだ?これ、値段によって何が違うんだ?やっぱ高価い方が効くのか?などとぼーっとしたアタマでうすぼんやり考えつつ……そんなとき、目に入ってきたのが「絶×ゴー×ド」というドリンク剤。はあ、こりゃまたスンゴイネーミングですね、と、思わず手に取る。
「マムシ・スッポン+動物末+植物末
???マムシとスッポンはわかるが、後の二つはなんじゃろう?とりあえずひっくり返して更に読む。
 「(前略)マムシ、スッポンなど(中略) 絶倫配合 (後略) 」
 ……なに?そのステキな日本語は。どんな配合?つか、ありえねえ。熱っぽい脳味噌をよぎるのは、なんかマッチョな兄さんが、なぜか高笑いしながら大鍋をかきまぜている姿。
 ……この立ちくらみ感覚は、風邪のせいよね。……
 ダメ押し。効能書きのようなものの後「清涼飲料水」。と。

 え?もちろん、それはね、何事も無かったかのように棚に戻しましたよ。で、今、風邪薬服んだんで、もう寝ます。明後日はTGSなんだもん!行くんだもん!逆転裁判のムービー見たいんだもん!明日一日でなんとか治ってくんないと、困るんだもん!
 というわけで、今日はこんな感じ。でも、ちょっと元気になったら更新するかも。

 ああ、小さい頃はよかったなあ。風邪引くと、お母さんが全部やってくれたんだもんなあ。お母さんって、ありがたいよなあ。などと思いつつ、一人ベッドに入ります。おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13

アクエリオン★天空のゲート

◆創聖のアクエリオン 天空のゲート◆
redwing
 なんだかヤバげです。
まるで、最後の日を覚悟したかのようなメンバーの行動。今までチャラく行動していたピエール、そして堅物ぶっていたクロエ。好きな人のためにお菓子作るなんて、女子高生みたい。かわいいじゃん!ピエールもさすがに今回ばかりは悪い気はしてないみたいで…って思っていたら、クロエ、クロエ!そんなあ。最終回を前に、みんなどーしちゃってんの?ディーバ基地の中までこんなん、ってことは町の人たちは?あの禍々しい雪にやられちゃったの?みんな?全員?
 最後の子供を失って断然不利な立場、滅び行く存在に見えていた墮天翅たちが、シリウスがついたとたん、一気に攻勢をかけてきました。今までこんなにダイレクトに搾取せず、まだるっこしい作戦でプラーナ回収してきたのには、シリウス&シルヴィアが何か関係してるんでしょうか?
sitaesil
 ちょっと話は戻って。
 シルヴィアとアポロ。シルヴィアはやっと過去の記憶の恋人としてでなく、アポロを認め、頼り、心を許し、そして…アポロは逆に、過去のかすかな記憶の残滓をシルヴィアに感じて、安らぎと愛しさを深めた様子。ここでいわゆる「イイカンジ」、なのかと思いきや、シルヴィ、一瞬のスキをつかれてお兄様に連れてかれちゃったみたいです。
 で、ここから墮天翅の行動が活発になっているようなので、やはりアリシアの血、2人揃って何か力を発揮するんでしょうか…。

 ディーバの危機、頼りの司令は不在。そこでようやくオトコを見せた副司令…は…。えええええ?うそお。
どうしよう。どうしよう。こんな展開。
 だって、かなりなご都合主義、例えて言えば「テイルズシリーズ」並のご都合主義と伏線ぶち投げっぷりを発揮しないと、みんなハッピーにはなれないじゃん!!!!いや、ハッピーだけがエンドマークを連れてくるわけじゃないのはわかってるけど、残りわずかなのに、どうまとめてくれるの?まさか、まとめてくれないってこと、ないよね?ね?ね?スタッフの人たちい。

 覚悟はしてたものの、あまりの展開にパニックです。

ラクガキもそんなんでこんなん。
 ところで、今回、ほとんどのメンバーが本心を見せてくれましたが、えーと、クルトだけは…恋愛とか、そっち方面で臭わせることがなかった唯一のキャラ、かな?とりあえず、今のトコ、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2005/09/12

ぱにぽにだっしゅ! 11

blackboad
◆ぱにぽにだっしゅ!
 人間万事塞翁が馬◆

 最初にあやまらなくちゃ。ごめんなさい。先週、「来週はベッキーを似せて描く」と宣言しましたが、やはりダメでした。というか、最初の下書きでは似せていたんだけど、楽しく清書していたらどんどん自分色になってしまいました。で、「来週こそは」といって、来週も来てもらおうとか…まあ、そんなことは考えてませんけど。ね。
 えーと、お話としては6号はパシリ?というような、ね。6号がアメフト選手になる…かどうかはわかんないけど、優しいコってのはいいよねー。パシらされてる、っていうより、お友達に、「あ、私ついでにやってあげるよー」って、自然に出来て、恩に着せない。これ大事。
 で、アップになったクロスワードパズルとかすっごい気になってみたけど、わかんなかった。ぱにぽには高画質録画せんといかんなあ。でも、完成してませんが。このクロスワード。(そのくらいはわかったぞ)
 ところでメディア、制服は?
 黒板ネタは、ゲームネタが多かったけど、最近色んな方向に広がってますねえ。えーと。個人的ツボは「リミッター解除」かな。昔は結構走れた原チャ、規制が厳しくなって速度が出ないようにされた状態で販売されていたものを車種によっては割と簡単なアレで色々ソウイウことが出来て、ですね。といったことだよね?
 カセットコンロでナベをするエイリアン。艦長は鍋奉行なのね。ちょうどおととい、友人とナベ食べにいったので、まさにタイムリー。(超個人的。しかも真夏に鍋だよ…うまかったけど)シメがうどんなのも同じだ!うまうま。
 凍り漬けマンモスはまさにタイムリー?いや、今回愛知にいるやつは土の中から出てきたヤツで、凍ってたヤツは…子マンモス、だったはずだが。名前は忘れちゃったけど。
 でっかい叫び声は「始め人間ギャートルズ」かな。

OPが黄色いバカンスに戻っていたのはなんだろ。ベホイミの回にEDが1回変わったときみたいなこと?それともOPはどっちがくるか毎回わかんないとか?
 そして毎週のお楽しみ♪ED。かわいかったー。メンバーがみんなメソウサしてました。マジシャンな一条さんがわたしのハートにヒットおぶ じ いや〜♪ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/09/11

選挙行ったり・ゆっくり・どっぷり日曜日

 日曜朝のお楽しみ、ヒーロータイムを見て、というか…マジレンのOPを見て、うつらうつらして、ふと気が付くとプリキュアのEDが流れていました。私の1時間半はどこへ?軽ーくタイムトリップですよ。いや、レコーダーはきちんと動いていてくれたので、とりあえずヒビキは見たんですけどね。
 んで、選挙いって。ちょっと食料仕入れて。出がけに郵便受けを見たらインターから封書が届いていたのでいそいそうきうきと帰宅。いま、「裏話」の最新版を聞きながら、今、この文章作ってます。
 今回は岸尾さん。どんなお話になるのかなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

ぺとぺとさん #10

◆ぺとぺとさん スカウト◆
sukauto
 ラクガキはぺと子ちゃん。髪の色を意識した下書きを作ったら、なんだか顔色の悪いぺとこが出来上がってしまいました。ちょっとかわいそうです。ごめん。

 さて。なんだか色々なところで色々な妖怪さんと人間が和解したりして、なんだかなごやかムードですね。カッパ姉妹、カンナちゃん家族、そしてカンナちゃん→特定種族さん…ぺとこちゃん一家…。みんなぺとこ効果かな。自分だけじゃなくて、人と人をぺとらせる能力も持ってるの?って感じです。
 ちょちょ丸ちゃんは、田舎の出ながら、どうして、商才たくましく、世事にもたけているようです。さすが、社長さん。前回の東京でのイベント成功に味をしめたのか、今後、にょみの里をいもてん。「妹天国」として村おこししようって算段らしいです。
 どうですか?全国のお兄さん方?
 私は妹がいるので、いまさらどうということはないけど、でも、こぬりちゃんだったらちょっと妹になって欲しいかも。

 ところで、前回から出てきていたパトカーですが、思い出した事があるので、補足トリビア
 そーだ。そうなんですよっ。あんな状態で乗れるわけがないっ。まず、警察官がああいう場合一人で行動するわきゃーない、ということと、助手席に誰も乗ってないっていうのが考えられないってことですね。
 実はパトカーで一番責任が重いのは運転している人じゃなくて助手席に座ってる人なんですねー。んーと、助手席の人は運転者が見えない部分は目視して確認、声に出して運転者に伝えるとか、安全確認をするとか、座ってるだけじゃなくってホント、やること山の様にあるんですよー。万一事故したりしたら、助手席の人の方が責任重かったハズだが…違ったかな?あと、車載無線やサイレンの操作、マイクでのアナウンスは全部助手席の人がやるんだしねえ。

 まあ、刑事ドラマやサスペンスなどを見てもつっこみドコは満載なので、ぺとぺとさん自体がとりわけヒドイということではないです。はい。ただ、知識をちょっとひけらかしたかっただけです、すいません。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

2005/09/09

ハチミツとクローバー 21

 先週から予告がなくなって、「あ、ハチクロ、終わっちゃうんだ」っていうのが、分かってたハズなのに、せまってきて寂しいです。
 えーと、後3回?かな?
コミックスを読み返しつつ、それぞれのラストシーンを想像して、きれいな落としどころはどこなんだろうとか考えてしまいます。竹本くんは、あそこ、真山はきっと、こういう状況で、とかね。
 私としては山田への思い入れがあるので、彼女が希望の持てるラストだといいな、って思うんですけど、見当たらないんですよねえ。彼女だけ、ハッピーな瞬間がわかんないの。どうなるんだろう。哀しさをひきずるようなのだけはやめて欲しいなあ。
tanuki
 さて、毎度おいしそうなもの、もしくは激おいしくなさそうな食べ物がでてくるハチクロ。今回はなんといってもケーキ。原作ではプードルケーキでしたが、アニメではネコケーキになってました。どっちもオンナノコが好きそうな、かわいらしいケーキ。ああいうのが素直に喜べちゃうのがハチクロ登場人物のかわいいとこだよねえ。いいな。

 私が小さい頃、田舎のおばあちゃんの家に行くと、「特別な日に」つれていってもらえた洋菓子店がありました。国道ぞいの、小さな小さなお店。そこには「タヌキケーキ」っていうのがあって、大好きだったんですけど、あれはあそこのオリジナルだったのかなあ。土台はスポンジorロールケーキ。そのうえに固めのナマクリームで形がつくってあって、チョコでコーティングしてタヌキの形にしてあって、んで、耳がスライスアーモンドなの。
 今だったら生クリームの量にげっそりしちゃうかもしれないけど、日持ちするバタークリームのケーキじゃないケーキは、田舎ではかなり貴重で、すっごく嬉しかったんだけど、こっち出てきて誰に聞いてもそんなの知らないっていうんだもん。うーん。謎。
 ちなみに、その洋菓子屋、当時イチゴショートのイチゴはゼリーで作ったイチゴが乗ってました。今、逆に探そうったってそんなケーキ、ないよねえ。ある?知ってたらぜひ教えて下さい。

 竹本くんはとうとう自分探しの旅へ!
私はチャリでなく、バイク乗りだったし、野宿嫌いだった上、一応女子なので日帰り専門でしたけど、それでもよく一人でツーリングしてました。走ってるだけでも楽しかったし、パーキングや観光地で出会う他のソロライダーとのその場限りの仲間意識みたいのが楽しくて、なんかいつもの自分じゃないような気分になることができました。まあ、所詮日帰りなので、すごく長距離走ろうがなんだろうが、家に帰ればするっと日常に戻ってしまったんですが。なので、私の自分探しは、実は今も続いているのかも。実に内面に向かって、ですけどね。
 来春、私は大学卒業できることがやっとわかりました。決まりました。んで、別大学への編入もほぼ手続きのみでイケそうです。私の自分探しはそこで、やっぱり内方向へですが、進む予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

スピードグラファー 9/9

◆スピードグラファー グッドバイブレーション◆

 衆院選でお外がにぎやかなここ数日。なるほど。スピーカー+ボクシング議員はあのスピーカーでクラシックを演奏するんじゃなくて選挙活動をしたかったのかあ。なるほどお。(ほんとか?)
 ともあれ、サイガ、ユーフォリアとはいえタフすぎです。みんな最初の超音波でお亡くなりになってしまっているのに、サイガのみ、なんどアレをくらおうと、なんど地下道(?)の崩落に遭おうと、足引きずりながらもなんだか逃げてます。なんか、一発でお亡くなりになった皆さんに対してあんまりといえばあんまりです。
 1分ともたないとあらかじめ告白するおっさんに襲われそうになる神楽ちゃん。しかし教授、血液採取してたんだし、「体液」欲しいだけならなんとでもなっただろう。こうなっちゃう前に血でも口内粘膜でも「実験に必要」とか言って取るとかさー。
 水天宮過去の回でも出てきましたが、ズボン半分おろしてるオッサンってなんかこう、趣味なんでしょうか?コンテ描く人とかの?
 銀座は銀座でピンチ、かな?あの、靴屋の陳列棚のような足、しかもひざ下のみのあれらの保存方法が知りたいです。凍ってるわけではなさそうだし。ねえ。結構な数あったけど、あれらの上半身はどうなったんだろう。
 うわ。考えてたらキモチ悪くなっちゃった。

 キモチ悪くなっちゃった人にはこちら。「斉藤圭のスピードグラファー 快楽超人ユーフォリア」をオススメ。テレビでは絶対ありえないシチュエーションで、キャラ達がおバカさ全開でドラマやってます。23回放送オススメ。フォー!
 ちなみに、サイガ、神楽、水天宮、ゴムゴム男が出演してます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/09/08

陰陽大戦記◆夢の終わり

 幸せな夢を見ていたリクの、ゆめのおわり。
 幸せな世界を夢に描いていたタイザンの、ゆめのおわり。
 タイザンと共に長い長い夢への道を歩いてきたオニシバの、ゆめのおわり。
 マサオミが、ついに真実を悟る、幻想の、ゆめのおわり。
 そして、次の夢、悪夢への扉をひらくウツホの、一時の、ゆめのおわり。

 なーんて。な。
 (ちょっとはずかしいや。ちっ)

 えー、リっくん好きにはたまらんショット満載の今回。あの、憂いある横顔、しあわせそうな笑顔、大人っぽくりりしい顔、そしてユーマの「仲間にしてくれるか?」に対するあの目、うるうるの満面の笑み。 でも、そのまえに瞳孔開いちゃってるようなのを散々見せられた後でしたけどね。
onishiba

 そして、一部に絶大な人気を誇るオニシバ。任侠な式神。一度復活してくれたのに、ついに散っちゃったよ。オニシバ。ぐっすん。
(彼は1200年前からあんなカッコしてたんでしょうか?式神界には時間や場所っつー概念はないのか?)

 そしてそして。ついに今回、ボート部方面はお休み。ラストに向けて、ウツホとの決戦に向けての盛り上がりにギャグ要素はカットみたいです。まあ、先週のリナちゃんパワー覚醒で、少なくともボート部員だけはだいぶ安心できる状況にいるんだろうな、って想像できるし。ね。

 来週、あの、パンダさんとだけは、お願いだから、ね?……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイシールド21 SP

 1時間SPです!
 とはいえ、特にいつもと変わった事があるわけでもなく、本当に2話分を続けてやってみました。OPとEDは1回ずつなので、余った隙間時間にアメフトの解説を、という感じでね。
 ふむ。ライスボールって、そういう試合だったのか。小さい頃、テレビで見た覚えがかすかにあるぞ。ライスボール=おにぎり?とか思った記憶があるもの……。ルールも知らずに見ていたけど、当時、アメフトの試合を見て喜ぶようなハイカラな人間が家にいたってことなのかなあ?(って、ここで言ってもしょーがないね。人ンちの事情なんてわかるわきゃーない)

 後半は前回からの続き、アメリカの高校と対戦することになったデビルバッツのお話です。
んで、前半。女っけの少ないアイシルでは数少ない一人チアリーダーの登場。と。OPでもEDでもしっかり登場してるんだけど、なかなか出てこない、あの彼女です。私は原作知らないんだけど、本来彼女の登場はまだまだ先、ということで、ホントのSP話はここなのかな?彼女をとりあえず出しておく、みたいな?
 えらくアンフェアな戦いを挑まれてしまうセナ。「下り坂は走りにくい」とかぼやいてますけど、なにしろアイシールドのカッコで走ってるし!メット&プロテクタフル装備はもちろん普通に走るだけならたぶんジャマなだけ。でも、メット取るわけにいかんしなあ。しかし、セナ、スパイクだけでもアスファルト走れる靴にしとけよ、とは思うのですが。
 最後に彼女はアメリカに行っちゃうわけですが、これは本来の登場へのツナギってことでいいのかな?

 アイシールド21、ヒルマさんの声優デビューで話題作って、しかも成功したのに味をしめたのか、今回しょこたん声優デビューです。「いえーい!パッキュン、パッキュン!」誰が言っても凍るのか、彼女なればこそか、次回登場に期待しましょー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/09/07

かみちゅ! #9

ketteiyurie
◆かみちゅ! 君に決定◆
 前回、うしろ髪ひかれ隊(おニャン子)でしたが、今回はトシちゃん、かな?
 マツリちゃん、またまたゆりえに無理言い出します。「生徒会長に立候補するのよ!」まあ、神様が会長なら心強いかもしれませんが、公立の学校ではマズいんではないかと…あ、そういう話じゃなかったか。でも、決まっちゃったなら、できる範囲ではがんばっちゃうゆりえ様です。エライです。ふてくされたり、暴れ出したりしないもん。素直っつーか、イヤっていえないっていうか。
 えーと、私の過去を振り返ると、小学校は各クラスから1名ずつ立候補者を必ず出し、得票数によって、1位、会長、2位、副会長、3位、書記、4位、会計、と、必ず役職につくシステムでした。(4クラスあったのね)
 中学は覚えていないけど、高校は、会長選、副会長選と2つの選挙をやってそれぞれを決めたような…高校では裏方(放送部)をやってたので、あんまり覚えてないんだな。これが。
 ところで、ゆりえちゃんの学校では、どうだったんだろう。ステージには2人しかいないし、西村君、副会長になっていたってワケでもなさそうだし。生徒会長としての任期はやたら短かったゆりえちゃんですが、帰ってきても生徒会役員を続けるっていう感じでもないよね。しっかし、学校は大変な事になってますねー。誰が提案して、誰がgoサイン出したんでしょうか。やはり、イヤと言えないゆりえちゃんだからこそ、なのかなあ。
 今回は八島様や「チームしわせ」の面々は出てこなかったけど、いつもべったり一緒、ってわけではないのね。

 来週は神無月。やっぱ、出雲大社に行くのかな?
広島と島根、割と近くてよかったねー、ってコトでもないのか。え?転校?

| | コメント (0) | トラックバック (16)

ガラスの仮面・対決!2人のヘレン

ayumi
 あいかわらず、ストーリーは超特急で進みます。
 亜弓さんの天才的演技とマヤの天性のカンと超アドリブ演技の対比が、残念ながらあんまり出てなかったかなあ、と。なので、マヤのステージでのヘレン対サリバンのガチンコ勝負、マヤがテーブルの上で喜ぶトコから感動シーンへの転換、アンコールがすごくて、カーテンコールになって、更にそこで歌子さんがマヤのヘレンに対してキスする、という流れ。ここらがね、はしょられ過ぎてまして、原作読みとしては残念なり。1話、1時間は欲しいよー。絵が追い付かないだろうってのは想像できるし、アレた絵を見せられるくらいなら、この進みでもしょうがないんだけど。
 しかし、マヤと速水さんがタイヤキ食べるとこはしっかり描かれている…先週の桜小路くんの扱いといい、もう、今回のアニメ版ガラスの仮面基本コンセプトは、速水さんとマヤのラブストーリーなのかな、とか思ったり。
 でなければ…今回のアニメから入ったファンにコミックスを買わせようという白泉社の陰謀説を主張しちゃうぞ。オイシイシーンでひきつけ、コミックスを数冊読ませる>中毒性の高さについコミックス、または文庫シリーズを大人買いで揃えさせるという陰謀を!!

 えーと、今回のラクガキはアニメ版亜弓さん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/09/06

アニメ見たよメモ 9/6

nightlight
今、ついさっき書き上げた記事を自らのミスで消去してしまいました。雨でうっとーしーとこへ加えて、がっくり感がね、肩のあたりに。むきー。
◆ケロロ軍曹◆
 年齢のターゲッティングは絞り込まないと、幅広くもってくと、それぞれの年齢層毎にわかんない部分が増えて、結局つまんなーい、ってことになりそうな予感。来週は、ガンダムネタ?
 う〜ん、マンダム。←これだって、元ネタ知ってる世代って……。元々がガンダムだと思い込むお子さまのいないことを祈る。
 こないだ、Bパラ(webラジオ)にゲスト出演していた声優の下野紘くんが、「ケロロで吉岡平正義って役でたまーに出てます」って言ってましたが、それを聞いてから、私は初めてかな。ちゃんと彼が名前付きで出てきたのは。ちゃんとEDにも名前、出てたね。
◆うえきの法則◆
 カルパッチョに勝ちましたー。ぱちぱちぱち。んで、とりあえずみんな帰りたいとかー、そゆことを希望するかと思えば、ロベルトと戦いたいとかいってます。ちょっと休んでください。見てる方も疲れますし。森ちゃん、鈴子ちゃんがかわいそーだから。ね。
◆エレメンタルジェレイド◆
 なんだか、複雑。どっちに思い入れして良いのかわかんないんだもん。うー、戦争なんて視点によって善悪が変化するっていうのは、もちろんわかるけど、ここまでこんぐらがると、とりあえず自分の身を守るために戦う、っていうことさえ、後で後悔することにつながっちゃいそうです。「スティルレイドを使い捨てにするなんて!」確かにそうなんだけど、彼等を倒してるのは自分達なわけだし、でも、倒さないとやられちゃうし。ねえ。どっちにつくにしろ、苦い想いをしそうなのよね。
◆ブリーチ◆
 うわ。予告が予告だ!
というのは置いておいて。
 レンジ、仲間になるの?つか、「なんでここに俺が居るんだ?って顔してるなあ」っつーレンジですが、その答え、出てませんですが。夜一さん、そんな簡単に他人が出入りできるとこで一護に特訓させてたんかい?
 さってー、ルキアの処刑期限、あと1日ちょい。ソウルソサエティ編もそろそろ佳境な感じでしょうか?2週ほど一護が出てこないと思ったら、ここんとこ、一護グループ、死神の内部抗争(?)がメインで、牢屋(?)の中はどないなっとんねん、放置?(こまぎれにされても意味分かんなくなるしー、でもほっぽらかしのキャラがいたりするとそっちはそっちで気になるし。ワガママなんやね。>自分)

 今日のラクガキはなんとなーく。スティンレイド(なんで女子ばかりなのだ)のお姉さんが倒れているのを見て、ボディをペイントしてみました。なんか、ウルトラマンみたいになってしまった。がくー。でも、下書き段階ではまったく全裸だったし、バックも別な雰囲気で考えていたのよね。よかったのか悪かったのかは、わかんないけど。
 さて、眠くなるまでテイルズでもプレイしよっかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アクエリオン★翼、儚く

◆創聖のアクエリオン 翼、儚く◆
aq50906
 前回、衝撃とともに再登場のグレンは…かわいそーだが、やっぱ、まがいもんはイクナイ!つーことでしょうか。かわいそうな役回りです。グレン。麗花のことさえわからないようです。というか、副司令の言葉以外届いていない模様。
 お兄様ラヴだったシルヴィア、とうとう自分で自分の歩む道を選択した、のかな。前世とか、運命とか、そんなことにしばられずに、自分で決断するっていうのは自分に責任を負うこと、かな。お姫様、ステキ。3人でいるのに、アポロ方面しかあまり意識していないので、麗花はあいかわらずちょっと不幸かもしれませんが…でも、グレンがあんなことになってしまったわりには、麗花もわりと冷静。以前の麗花だったらパニックになってだれかとテレポートチェンジさせられていたようなシチュなのにね。こちらはシリウスに引導を渡してしまった責任感、かな。
 ディーバ側も、墮天翅側も、それぞれの思惑や感情が錯綜して…第1話から見続けているからこそ、お遊び回に隠されていた(かもしれない)ベースや裏ストーリーが土台になって、今回のストーリーの深さを作っているのかも、なんて言ったら、たぶん言い過ぎかもしれないけど。いいのおもしろかったから。
 シリウス、とうとうサカサマ世界に馴染んでしまいました。でも、片翼しかもたない彼が今後どう「使われる」のか……シリウス、アポロのコスプレしていたあなたはどこへ?

 今日の収穫 トーマ版のDVDCMが見られた。録画で見てるのにCM、スキップしないで見ていてよかった。

ただ、不動司令…人の夢が、儚いだなんて、哀しいこと、言わないで欲しいなあ。アポロに「はかない」の意味が通じていたかどうかはわからないけれども。
 でも、儚いからこそ、夢かな?かなってしまえば夢じゃないとか、ね。うーん。深い、かも。そうでもないかも。なにしろ司令のお言葉だしな。
hakanai

今日のラクガキはホントにラクガキ、2度目の再生を見つつ、手の動くままに。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2005/09/05

ぱにぽにだっしゅ! 10

paniponirakugaki
 爆弾いっぱい、解体合戦?
「鈴木爆発」だー!と思ったけど、鈴木さんネタはなかった、よね。まあ、あのゲーム自体マイナーだし、ネタにするのには難しいと思うけど。あれ?スクエニ系じゃなかったっけ?あれ。まあ、いいや。弓月光の昔のまんが、まだりぼんに描いていた頃の漫画で、爆弾が100個しかけられた大型客船の話があって、一個ずつ一個ずつ解体していくのを思い出しました。その漫画も、鈴木爆発も、結局解体のラストは「赤を切るか、青を切るか」の選択になるんですが、ぱにぽにはひと味違いましたね。
 同時に、四本切る!
そうだよね。1本切る、なら一人でできるけど、3本以上切る、なら複数人が共同作業しないといけないわけだし。
 ベホイミとメディアの謎は語られれば語られるほど謎が深まる気がするんだけど…メディアはともかく、ベホイミ、謎。なぜ魔法少女?なぜ女子高生?
 今回は久しぶりに黒板ネタ満載だったねー。うふふ。解析してるブログさん回るの楽しみだ〜♪

 さて、最近お気に入りになって、気が付くと
「♪ぶんぶんぶぶぶん 黄色いバカンスよ〜」
って歌っていたのに、なんか、OP変わってたんですけど…え?もう、ずっとこれ?いや、これはこれでノリがよさげなので一度覚えるとはまっちゃいそうな気配はあるけど、でもでも〜。黄色いバカンスは?おしまい?いやぁん。

 ラクガキはちょっとやってみたかったネタ。ベッキーは似てないけどな。あえて似せようと努力しないと、私のロリ系お絵描きはこうなるんです。ちょっと古くさいニオイがしないでもない、とは思いますが、気にしないで下さい。つか、ごめん。こんなんなのよ。次回は似せて描く絵を予定。がんばるっす。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/09/04

おでかけ

hasira
 はい、柱です。
某所でスケッチしてきたもので、何枚か描いたうちの一枚。梁部分がゆるいRを描いているのが特徴でしょうか。復元するとかなりの大きさになりそうです。が、これほど復元図を作る意味の無いものもないってほどのものですけど…。
 今日は再度「ここ」へ行く予定。で、本日中に他の記事の更新ができそうもないので、こんなものでお茶を濁してみる事にしました。たはは。
 でも、建築学の教授には評判が良かった一枚で…っって、見せるなよ!>自分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

アニメ見たよメモ 9/3

◆機動新撰組 萌えよ剣TV◆
 まだまだひきずる沖田さんの思い込み。かわいそすぎ。
 そして式神かわいい!陰陽大戦記と比べちゃいそうだぞ。四神。それに、主人と離れたくないってないちゃうんだもんなあ。かわいいなあ。もう。でも、海外に売られちゃったら、つか、海を渡ったら式神さんたちは日本へ帰れないのかな?むむむ。どこまでが勢力範囲なんだろう。
 んで、だ。この番組での妖怪の扱いを見ちゃった後、「ぺとぺとさん」を見るわけだ。時間的にな。
ichinitisyotyou
◆ぺとぺとさん 一日署長◆
 ミニパト、ちぃちゃい!かっわいいなあ。実用的ではなさそうだけども。
 この世界では、妖怪、じゃなかった。特定種族も公務員になれるんだね。すごいなあ。定年は何歳なんだろうとか、受験資格は何歳なんだろうとか、くだらんことを考えてしまいます。しかも、配属先によってはすごい力を発揮しそうな種族もいるんじゃないかなあ。ぬりちゃんとか大活躍しそうだなあ、公安とか、機動隊とかいいかも。ぺとこは……うーん、どだろ。
 今回、森川さんが出てたー。知らなかったんでびっくりしたー。しかもよくしゃべる!カンナちゃんのお父さん役+記者会見でも記者さんの兼ね役やってしゃべってたね。で、この事件、解決してないということは来週も引き続きカンナパパ役で出るのかな?これは見逃せないっ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

今日のラクガキ 9/3

50903
 今日は朝から「でかけなくてはいけない」日でした。いや、家にいてもよかったんだけど、なんかね、害虫駆除するから窓あけちゃいけないっていうんだもん。このメチャ暑い日に。まあ、しょうがないけどね。無理矢理起きて、風呂で体を目覚めさせ、朝から無理矢理電車で都内へ。
 えーと。買いたい本(お勉強用)が結構あったので、某でっかい本屋を目指し歩こうとしたんだけど、……日差しに負け、駅から出る事もできず。(虚弱すぎ)いきなり挫折。駅逆側へ地下道で移動してコミック専門店へ。「エマ」の6巻を購入。ついでに苺ましまろの1巻も購入。ぱにぽには1巻が品切れだったので購入中止……アニメ放送中のコミックスを切らしているコミック専門店に疑問を抱きつつ、ささやかなお買い物終了。
ggirl
 その他、ヤボ用をすませたトコで力つきる。
 自販機で冷たい飲み物を買ってパチンコ屋へ避難。あー、ダメ人間の見本のような行動。そんなことしてるぐらいなら家に帰りゃあいいんだけど、まだ空襲警報が解除される時間じゃないのだ。行くトコないのだ。家を出るとき、学校に行けば、欲しい資料図書室にあるかも、とか考えていたんだけど、学校までの道のりを考えただけでもう「ヤ!」なのである。
 幸い、パチンコの神様は私にラッキーをくれたので、欲しかった資料本の金額くらいはかるーく出てしまったのだ。……ただ、本屋までの道のりが私をダメにした。駅ビルの中の書店に入るも、欲しいたぐいの専門書はない。でも、時間だけはつぶせたので家へ帰ることに。

 結局、コミックス2冊買っただけ。そんな一日。

 エマは、真ん中あたりの重要部分をビームで先に読んじゃってたので、すごい衝撃、ってのはなかったけど、アニメになった部分〜いままでの展開から見ると急転直下。どーすんの?>ウイリアムジョーンズ!アーサーに迷惑かけず、父にも迷惑かけず、つらぬけるか?おっかけられんのか?
 またこれから次号まで半年以上待たされると思うと、じりじりしちゃいます。まあ、某ガラカメで待たされるのには慣れているのだけど。ふっ。
 ◆今日のラクガキ◆
1枚目 なんとなく、うすぼんやりした色目で、しかもセーラー服が描きたかったの。
2枚目 なんとなく、ハデめな、不自然な色で描いてみたかったの。絵柄もいつもの私とは違う感じにしてみました。ただ、思いきりが足りなくて中途半端ね。トホホ。誰っぽいということもないけどあきらかに私らしくない一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/02

アニメ見たよメモ 9/2

◆ハチミツとクローバー 20◆
 えーと、今、アニメイトtvで配信中のwebラジオ「美佳子@ぱよ」に真山と竹本(杉田智和&神谷浩史)と、原作の羽海野チカさんがゲスト出演されてます。先週分からで、たぶん4回続けてのゲストです。パーソナリティーが山田さんだし、出演者はみんなちゃんと原作も読んでいるようなので、アニメファン、原作ファン、どちらにとってもなかなか面白いと思いますですよー。
 しかも!杉田くんのあのボソっと言うギャグ、誰もがスルーしてしまうアレに、きちんと反応してくれるんです。羽海野さんったら、いい人だ。とりあえずゲストコーナーだけでも聞いておいてソンはないと思います。4週分しかストックされないので、聞き逃さないようにね。

 えーと、アニメの方は…いよいよ来週から竹本ストーリーの始まり、かな。あがいて、あがいて、その突破口を自分で切り開けるなら、傷付き、あがいてもよかったんだなあ、と。臆病だった自分を振り返って、更に傷口を広げる私がいますよ。と。

◆苺ましまろ そいね&真夏日◆
ana
 ふと夜中に目が覚めて、「あ、ヤクが切れたのかなあ、変だな、こんな時間に」と思って何気なくレコーダーを見ると動いている。苺の予約録画してたのが動いてたんですね。まさかそんな動物的カンが働いたとも思えないんですけど、まあ、テレビをオンに。
 なにしろ、苺「真夏日」の方は後半「スピグラ」とかぶるので、録画できないってわかってたから。で、ちゃんと見ましたよ。真夏日。最後まで。まあ、神様に感謝するほどのこともなかったような気がするし、第一その後また寝てしまったので、せっかくリアルタイムで見たはずの内容はすっかり忘れてしまいました。自分のオバカかげんに涙。
 「そいね」の音楽の教科書 「作曲 川澄綾子」って、アドリブってことっすか?

◆スピードグラファー 嘘とくちびる◆
kagura902 えーと、怪人スピーカー男の巻。ですよ。「嘘とくちびる」なんてタイトルに欺かれてはいけない、ような気がする、のだけど…まあ、いいか。
 色々な人が個人の欲と金のために動いていて、それに翻弄されるサイガ&神楽、でしょうか?なんかさー、神楽、ここ数週間だけを見ても積極的すぎます。お嬢様らしからぬ、というか、なんというか、で、サイガはそれを拒む、というか気付かないフリをしつづけるわけですが…こういう、カワイイ女子高生にせまられて、でも、それをクールにいなしつつ、でも彼女を守るためにはなんでもするぜ!な大人の男、男性からみてどうなんでしょう?
 サイガ、カッコイイですか?
 私は…うーん、どうかなあ、拒んでもいいけど、いなされたり、ゴマカされたりするのはヤだなあ。だから、「今のサイガさん、キライです」って言ってもいいくらいだが。

 敵さんは、久々に超変身!スピーカーになって大音響(もしくは音波?)で人を内側から壊してしまいます。
 まあ、いままでのユーフォリアさんたちにもいえるけど、今回特に思いましたよ。彼は何になりたかったんでしょうか?何が彼に快感を与えてくれるんでしょうか?
 歯医者さんとかさー、(サディスティックな快感)ダイヤの人とかさー(大好きなダイヤのようになりたい)ゴムゴムの人とかさー(自由に踊れる体が欲しい)っつーのは、なんとなーくわかるんだけど。
 サイガつきでなくなって、本来なら手を出し易くなったハズの神楽ちゃんですが、水天宮&手下3人は今回登場せず。なぜかしら?

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2005/09/01

陰陽大戦記◆宗家の資格

souke
 今日の見どころはなんといっても「うさちゃん大降神!」でしょう。かわいいよーかわいいよー。縫い目があるよー。麦ちゃーん!

 えーと、リクはオジサンと対決、というか言い争い。でもシリアスりっくん、カッコイイよ。最後はまたまた目がいっちゃってそうだったのが不安だが。
 団体様はヤクモを守るのに精いっぱい。
 そこへ登場したユーマ、加勢しようとするも式神に反抗されるというていたらく。
 神流のタイザン、マサオミは……ここだけがまだはっきりしませんねえ。

一方、現世。群がる妖怪を次々てなづけるリナちゃん。まさか、最初期にあった「巫女かもしれない」伏線がこんな終盤にきて活きてきてるの?でも昔から「名前をつけて」もしくは「真の名前を知る事で」人やモノノケを手下にする、あやつる、というのはよくある話なので、納得できるといえばできるかな?野菜を喰わせる、という手順があるのはよくわからないけど。あんなに妖怪が大量発生しちゃってると、野菜が品薄になってしまいそう。
 でも、リナちゃん、ネーミングセンスがいまひとつでは?一匹ずつ、ちゃんと覚えてるのかな?リナちゃんなら、まあ、覚えていそうだなあ。
 平和が戻ってしまったら、名前をつけてあげた妖怪たちの行方が気になってしまうような。そうでないような。

 「みんなの笑顔のために!」というセリフを聞くたびに、仮面ライダークウガを思い出すのですが、どうなんでしょう。クウガより前って、「世界の平和」とか、「○○を助けるため」とか、そういう理由が多かった気がするんですけど…。どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »