« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の記事

2005/11/30

クラスターエッジ 9

◆クラスターエッジ 9 館の亡霊◆
 本題に入る前に。
 webラジオ「音泉」、「檜山修之のあにめじ湯」今月(12月27日まで?)のゲストは下野紘くんです。で、彼はまあ、役目として「クラスターエッジ」の説明をするわけですが……一生懸命説明してます。が、最後に
「あー、これ、絶対わかんないだろうなあ!」
 うん。見た事ない人ならきっとこの説明じゃわからないよ。(まだ聞いてない人はぜひ聞いてみて下さい) 
 あの場に岸尾がいたら、(クラスターの時に限り呼び捨て)すんごいつっこまれただろうけど……
 まあ、大丈夫だよ。下野くん。なにしろ毎週見て、しかも録画を見直したりしてもまだ分からない事だらけのアニメなんですから。まあ、でも主役張ってる人間が言う台詞じゃあないと思うけどね。
maide1
 さて、今週もナゾだけがちりばめられたおはなし。ある意味、主人公のいないツインピークスみたい。解決しようとする人は誰もいませんからね。なにしろ、登場人物は視聴者が謎だと思っている事の半分も不思議だと思っていないようなので。

 ベスビアって、学生時大から「軍高官」の制服着ていたのかなーとか。
 軍用機が撃墜されたことが一応おとがめナシになったのはさておき、(というか、別にフォンが民間機で攻撃したわけじゃないので、よく考えると当たり前では?)フォンが盗んで爆発炎上した飛行機についての追求はどうなったのかとか。
 行方不明になってからなんもかも忘れていたようなアゲート、人格変換起こしてるみたいだし。
 そーすっと、アゲートの記憶とクロムの記憶はどーなってんだ?とか。
 ばあさん、ボケたふりして実はどうなのかとか。
 花だけ?お墓で枯れるのは?とか。
 庭も含めてあの広い屋敷の世話、ぜんぶあの娘一人で世話してんのかとか。
 あの強欲そうな夫婦はそもそもなに?とか。

そして、クラスターの制服を見たアゲート
「僕はここの学生になるんだ」
リセットスイッチが入ったようです。>第一話に戻る……だったらどーしようかと思ったら……あの、ですね。次回予告の絵が、今までの使い回しなんですけど。すごい気になるんですけど。
 今回の作画も荒れていた、というか、動きが妙だったのですが……大丈夫なのかな。このアニメ。

 webラジオ「嗚呼!クラスター学園」はすでに大丈夫じゃない域に達してると思います。

さて。公式サイトの文章から
そこで目の不自由なカールスの祖母に出会ったアゲートは、孫のカールスと間違われてしまう。優しい祖母の労わりに、アゲートは心を癒していく。
ということなんですが、そう見えた人、手をあげてー。

 ………

 最後に、「カールスは死んだんじゃない、殺されたんだ」っていうあのおばあちゃん、アゲートパワーでボケと目が治ったってこと……にしておいてあげても、いーーけどーお。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/11/29

ガンソード 11/28まで

えと。
 いや、ずっと見てはいたんですけどね。

 カギヅメの男と出会ってから、なんかヴァンが変わっちゃって私の中ですっかり違う話になってしまっていて、どうしたもんかと。
 あの、ボーっとしてて、いざというときだけキリっとして強いヴァンがよかったのに。いまや、もう、キレまくりのおばかさんになりさがってしまってるんだもん。逆にウエンディはお兄さんと再会してから凛々しくなった気がする。が、ヴァン好きだった私としてはなー。あの最初期のバカバカしさもすっかり影をひそめてしまって、ストーリー展開もこんなだし。

 ……いや、あの、見てるんですけどね。

 脳天気に見えたガンソード世界の住人たちのすごい数の人たちが、あのカギヅメの甘言に惑わされちゃうんだから、なにか鬱屈したものを抱えて生きていたんだろうな、とは思う。しかし、サーフィンで沖からやってきたあのヴァンが好きだった、んだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/28

スーパーヒーロータイムぷらす 11/27まで

 もう、今週はセイザーXがよかった!!!という感想です。

◆魔法戦隊 マジレンジャー◆
 んーと、「俺があいつで あいつが俺で」ネタ。
 ピンクちゃん、普段なにやってるのかと思えば、デート三昧?のみ?しかし、すごいスケジュールだね。ある意味、それをさばきつつ15又までかけてトラブラないピンクちゃんは特殊能力の持ち主だわ。刃傷沙汰に巻き込まれないことを祈る!
 ところで、カイくんは高校生でアニキは農園で野菜づくり……なんだけど、マジレンジャーになってから彼等以外ってずっとフリーな人になってんの?あれ?なんか説明あったっけ?

◆仮面ライダー響鬼◆
akirax
 アキラが、アキラがあああああ。あうあう。
 鬼をあきらめるだって?そんなのヤだあ!って、子供みたいなこと言ってみたりして。でも、今後どうなるんだろ。アキラ、タケシになるのかなあ。
 さらに、ヒビキさんの弟子になるアスム&キリヤ。
 なんでだよ!なんでキリヤはいきなり名前呼びなワケ?くー。血液型&星座の相性がいいとか?(だからー恋愛シミュじゃないって!)
 でーもー。なーんかー、納得いかないってゆーかぁ。ムカツク?っていうのぉ?
 お買得なんだから、キリヤはイブキさんの弟子でもいいじゃんっ!アキラ、抜けたんだしっ!

◆超星艦隊 セイザーX◆
 今回はブレアード様とたっくんで「嵐の夜に」@海賊船のゴミ捨て場
「こんなこと、宇宙の果てに行かない限りありえないんです!」
 レミーちゃん、そんなこと言ってますが、たっくんは宇宙海賊船の中。すごい装甲のゴミ捨て場です。その装甲を彼等の防具に使えば最強なんじゃないだろか。

 ブレアード様のボケっぷりは元々だけど、今回はホント、楽しい30分だった〜。大人視線なら、アクターさん&声の人(イトケン)万歳!ですよ。あの、間の取り方、セリフ、アクション、どれをとっても「見ている人を楽しませよう」という想いがごーーーっと伝わってくると思います。
 いや、もちろん監督さん、演出さん、脚本さんの力もあるんですけど、私、そんなに詳しくないので……すまん。
 ケレン味たっぷりで、こんなの特撮じゃないやい!っていう人もいるかもしれないけど、私はこれで大満足なの。ホント、ありがとう>スタッフ&キャスト&テレ東

 最終的に装甲の弱かったゴミ捨て場のフタ部分を協力強力攻撃で打ち破ったブレ&たっくん。あれ?そこも通信、通さなかったの?<ヤボ

 ブレアード、バカだけどいいヤツだなあ。たっくんも夜空を見上げて
「ブレアードか……」
 なんつってるし、戦うの、辛くなりそうな予感。まあ、今までも徹夜ネタ、先週のサイクリードの商人ネタなど、積極的に戦う方向に行ってないメンバー、っていうのがあるにはあるんだけども。

 遅まきながら、セイザーXのEDの振り付け記事を作ってみました。レミーちゃんと一緒にEDの体操を覚えたい人はぜひ見てみて下さい。よろしく〜。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

ぱにぽにだっしゅ! 22

◆ぱにぽにだっしゅ! 22◆
pani22
 全身ベッキーでてこなーい!(泣)

 オープニングで、「え?これってアンジェ?マルセルさま?」と思ったんですが、どうやらマホ子と丘の上の王子様のお話だったのね。イライザも出てくるし。でもー

 丘の上の王子様は アンソニーじゃないですから!

 ラクガキベッキーのお衣装は2日め。好みのコーディネートです。髪型だけはキャンディっぽいので、やっぱ意識してるのかなあ?
 今回もネタ満載ですねえ。カール君、いたねえ、とか。死神でジジイ>EDのタロット、んでもってろうそくの火が消える>落語の「死神」。そこつながりからか、妖怪&幽霊ネタがいっぱいちりばめられてましたね。心霊写真ぽく写り込んでるユーレイさんがいっぱいです。

 アンソニーは落馬してお亡くなりになるんですがー……。丘の上の彼はスミ吐いてましたねw。

 「オチビちゃん。笑った顔の方がかわいいよ」
と言ったのは、アルバート大叔父様=オヒゲのおっさん ですからー。ね。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2005/11/27

セイザーXジャンプだ!

◆ジャンプだ!ぼくらのセイザーX!!◆
 (セイザー体操
 CDも発売されましたので、一緒に踊ってみたいなー、という感じで作ってみました!
 興味のある方は下へどぞ。
 長いので注意!

続きを読む "セイザーXジャンプだ!"

| | コメント (4) | トラックバック (3)

蟲師 6

◆蟲師 第六話 露を吸う群◆
mushi6
 ラクガキは、してみました。
 だんだんギンコに近付いてきたかなあ、どうだろ。ギンコを描いているとどうも緑とか紫とか、普段はあまり自分で描いて行く絵には使わない色を使ってみたくなってしまいます。最終的には紙にも凝ってみたいけど、まだまだお高い紙に直描きっていうのは勇気がいるので、最終回ぐらいには挑戦してみたいです。はい。

 お話は、死と再生を題材に、人にとっての安らかな幸せの終着点とはなにか、なんて、深く探って行くとかなり楽しそうなお話でした。そういう意味ではギンコと行動を共にしていた少年、ナギは現代に生きる一般的な日本人の感覚で生をとらえている人間として描かれているんではないかな。とりあえず、視聴者がまずは共感できる人物として。でも、それだけではない世界が、見るモノによって実在しうる、しかも、ごく身近に……。
 私は、そんな風に今回のストーリーを見てしまったのですが、どうでしょう。
 ん?
 考え過ぎ?
 まあ、それはそれで、ね。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005/11/26

BLOOD+  ep.8

◆BLOOD+  ep.8 ファントム オブ ザ スクール◆
blood8x
 今回はまあ、ツナギ、なのかなあ。または新たな章の導入部。
 「季節外れの転校生ですので
なんだか、洋画のホラーだったらあの先生、もっと無気味な感じに演出されそうなんだけど、アニメだしね。全体的に薄暗くしてないのが良いですね。夜との対比が昼間の明るさを無気味にさせるっていうこともあるなあと常々思っているもので。(意味不明)
 しかし、外国まで連れてきて放り出されたカイとリクってどうなんだ?
 ごまかして目覚めたら沖縄のオウチでした、とか、いくらでもできそうなのにねえ。

 ところで、みんな何語で離してるの?
 「日本語を調べた」って言ってるつぐみ似のルームメイトと普通に会話している小夜ちゃん。世界中から淑女になるべく集められた女生徒たち(火曜の夜、似たような設定の学校モノを見ている気がしますが、ここはスルー)リセっつーぐらいだし、フランス語でもおかしくないけど、どうなんだろうね。カイとリクも普通にその辺の人と会話してるしなあ。

 ラクガキはアオザイな小夜を描きたかったんだけど時間がなかったので、定番コスで。すまん。

| | コメント (2) | トラックバック (12)

ノエイン もうひとりの君へ 7

◆ノエイン もうひとりの君へ 7 「タイセツナヒト」◆
npein7
 絵が……

 きっと、カラスは「自分の」ハルカを失った時、助けられなかった自分を後悔して、責めて責めて、そして今、その後悔を払拭したいがために、今目の前のハルカに対して罪滅ぼしをしようとしているのかな、と、そんな風に見えます。だからこそ、自分を犠牲にしてもハルカを守ろうとしているのか。
 アマミクは?
 フクロウは?
それぞれの想い、そして謎の会議をしている人たちの思惑。
シャングリラの誘惑。
 本当に大事なもの、各々が持つ愛の形とベクトルが見えてきたのかも。
noein7x

  さてさて。ところで現実世界。
 オカルト好きには懐かしい単語がバンバン出てきます。
 前回のウイジャ盤もそうでしたが、あのコ、矢追純一のテレビ&ムーあたりに毒されているようですね。マジェスティック12なんて、久々に聞く言葉だし(笑)キャトルミューティレーション!その上、「ベントラー ベントラー」って、ミホちゃーん、あなた、いくつですか?
 現在、小学生〜中学生でそんなコト知ってるのは、ミホか、冬樹(fromケロロ)ぐらいだよ。きっと。w

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2005/11/25

BLACK CAT☆8 & Solty Rei 8

◆BLACK CAT☆8 旅する猫◆
 なんだかよくわかんないけど、あれから半年経っちゃったみたいです。それまでどうしていたことやら。まさかスヴェンさんの稼ぎで3人食べていたわけではないでしょうに。2人もお手伝いはしていたみたいだけど、掃除屋さんってもうかるのかな?
 イブ、車の中でも本を読んでます。あの〜、酔いませんか?
91125x
◆Solty Rei ソルティレイ 8 リベンジ◆
 うー。社会構造の説明は今までも結構あったのに……ガンソード世界のなんでもアリアリな無法地帯よりはなんかシステムがちゃんとありそう…な割に、都合の良いトコはゆるゆるです。なあんなんだろ。ね。
とりあえずソルティの「おみみぴくぴく!」はかわいい。
  それは認めます。
ソルティの「だめですよ(ばってん!)」もかわいい。
  それも認めます。
 そーいえばソルティの正体についてはまだ全然ナゾなまま?逃げられた(?)側からすれば、かなーり一生懸命さがしていてもよさそうなのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

パラダイスキス 7

◆Paradise Kiss - パラダイスキス stage-7 蝶◆
parak7
 んーと。
 お金持ちっていいなあ。
 とは、思うんだけど。

 ジョージってホントに優しいのかな。よくわかんない。まあ、この場合漫画ですので、優しいってことでいいんだろうけど、現実だったらかなり不安なオトコです、と、思います。実力はあるらしいんだけど、まだ身分的には学生なわけだし、でも自由になるお金も時間もぎょーさん持ってるワケだ。
 一方のユカリは今まで勉強ばっかしてきて、まあ、働かなくちゃな気持ちは見上げたもんだけど世間知らずは否めないと。
 ちゃんとユカリを心配してくれてるのって、ユカリの大事な写真の彼、得森くんだけみたい。振り返ってちゃんと考えれ!>ユカリ!

 ところで、あのアトリエって、作業するには暗すぎるって思うんだけどねえ。照明によって色って全然違って見えるんで、デザイン&服作り、更に細かい作業するにはサイアクな環境っぽいです。
(公式サイトであの蝶のリング売ってた〜ちょっと高価いけどなー。んでもって、やっぱつけっぱなしにするにはデカイわ。)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/11/24

IGPX 8

◆IGPX #08 好き好き大好き◆
igpx08
 ラクガキはファンティーヌ&タケシ。タケシくんには本編ではあまり見られないチームジャケットを着てもらいました。
 なんだかねえ、アニメで出てきたシーンだけで見ると、ファンティーヌがタケシをナンパして、その後一緒にネットゲームでチームを組んでやった後、先週放送分でフェスティバル後の花火を一緒に見たと。その程度なんですけどぉ?それでちゃんとおつきあいしてることになっちゃってるのかな?そんな雰囲気ですね。クレームメール1万通。あららー。どこあてに来たんだろうね。ネームが割れていたらネットゲもやりにくくなっちゃいそうだね。かわいそうに。
 ある意味、被害者?
 タケシ、ファンティーヌのファンには嫌われちゃってるみたいですけど、タケシファンっていないの?あの、サインもらって喜んでいた男の子だけ?もてないんですかねぇ?超有名人のハズなのにね。

 まあ、レースは本気で♪ということで、チームサトミの勝利。

 リバー君、帰ってきたーーーー!敵として……いいよ。カッコイイとこ見せてくれよ。リバーくん。うんうん。チームサトミ、来週はいよいよ決勝戦出場をかけてスレッジママと対決?リバー君vsタケシ?……と思いきや、またラヴな展開?えー?
私&リズと一緒に、みなさんもご一緒にどーぞ!
 はい!
「ええええええ?!」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

灼眼のシャナ 8

◆灼眼のシャナ 第8話「麗しのゴブレット」◆
syana8
 もう、「ユウジがいれば、なんでもできる!」
根拠があるんだかないんだかわからないシャナの思い込みでつっぱしり状態です。
そんでもって、勝っちゃったー。うわー。
 あ、あれ?敵さんたちは?「紅世の徒」は必ずしも敵ではないというシャナと滅するべき輩であるというマージョリーさん。シャナの敵は誰になっていくんだろう。
 ん?金髪な姐さんマージョリー、寂しさいっぱいで一旦退場?と思ったら、下僕が居場所を作ってくれたようです。つーことはあれだ。同じ学校の中にフレイムヘイズがらみの男の子が3人、フレイムヘイズ本人(人?)女子一名が通っちゃうというすごい状況になっちゃったのね。
syana8x
 今回もカズミちゃん、カワイソ過ぎなシーンがあって。もう。もう!でもなあ、今のユウジはシャナで手いっぱいみたいだし。どーなっちゃうんでしょう。

●追加ラクガキ●
ちょっと背景などフォトショで遊んでみました。キャラ本体はアナログ。。。いつもどおりコピック彩色なんですけど、もしよろしければ感想などおよせいただければ幸いです。よろしくです。

| | コメント (2) | トラックバック (15)

2005/11/23

クラスターエッジ 8

◆クラスターエッジ 第8話「生徒会選挙」◆
agate8
 もうね、ノッケからあいかわらずな感じですね。どっかんどっかんと……ツッコミどこが。
 さて、いまだに記憶喪失のまま、荷役として働いているアゲートくん。ノリノリで働いてますね。なんじゃ?こいつ。ささやかな主人公としての自己主張でしょうか?一人腕を振り上げてたりしますね。
 こんな労働者たちですが、上流階級の人たちの集まる某所へサービス係として招集されてしまいます。大丈夫なのか?エキストラじゃあるまいし、服だけあつらえた所でなんとかなるようなお仕事じゃないと思うんですけどね。

 さて、クラスター学園では生徒会長選挙。すでにお馴染みになったフォンの解説でクラスターで生徒会長になるということはどういうことか、ということが説明されます。えー?すっごい学閥!大丈夫なのかな。こんな学園で教育されたおぼっちゃまたちに支えられた世界って。さて、そこへ登場!人望の無さそうなベリルくんですが、なんと生徒会選挙に立候補。こちらもワケありな立候補ということで、ベリル、心の声で説明してくれます。……あれ?えーと、第3話で、追放とまではいかないまでも、ぶっちゃけハブられていた気配の彼、平然と壇上の人となってますが。いいのか?ん?総集編を挟んだ事によってその前のストーリーが曖昧になっている?まさか!あの意味の無さそうな総集編にそんな意味が?
 クラスター……恐ろしいアニメ!
 さて、フォン以外に友人のいないらしいベリル。フォンはそれを自覚してかしていないのか、彼の選挙運動への協力を申し出ます。というか、やる気まんまんです。生徒会選挙とはいえ、なんだかお金持ちの大人たちの投票が選挙の勝敗の鍵を握っているようです。立候補者達はそのセレブ〜な大人達への接待&アピールで得票数をのばそうとしています。
 選挙としては、どうなのか?
 ある意味、こういう世界を学生のうちから経験させておこうという事?
なんだかヤらしげな選挙です。
 ここでもベリルの人気はいまひとつ。
えええ?第1回放送では汽車の乗務員でもその顔を知っていたベリル。学園周辺の大人達はジャスパー一族の御曹子をご存じない?かなりヒドイ事言ったりしてます。

 一方フォンは飛行機を……盗んじゃってますか?えええええ?
 しかも最終的に軍の攻撃をうけて飛行機は大破。なあんじゃそりゃ。
 ベリルも、「借ります」の一言で他人のバイク、乗ってっちゃって。鍵ついたまま?なんだかなあ。
 いや、あの、あの高さからジャンプして平気だった彼のライディングテクニックは賞賛に値しますがね。これもアゲートパワー?
 水面歩いてるこれもアゲートパワー?
 ベリル、あの大騒ぎの中、「命を顧みず友人を救った」というイメージ先行で生徒会長に!軍の爆撃は?飛行機の墜落は?おかまいなし?生徒たちの投票はどうなったの?世界の今後を左右するとかいう生徒会長選挙、こんなことで、いいわけぇ?ええええええ。

 よくわかんないけど、笑顔がステキ(byフォン)な生徒会長ベリルの誕生、という一幕。お楽しみいただけましたでしょうか?皆様。
 私もいつか、そのステキな笑顔を拝んでみたいもんです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/11/22

ブリーチ 11/22

◆BLEACH-ブリーチ◆
ren1122
 とうとう朽木(兄)との決着がとりあえずながらつきました!一護、ボロボロですけど!でも、白哉に「お前の勝ち」と言わせたんだもんね。うし!しかも、仲間達全員集合(猫さん除く)だし。あ、いかん。ルキアと恋次が逃げたままだった。こっちとも合流しないとね。
 一方、セイレイテイ側の騒動の根源、本筋も見えてきそうです。

 ブリーチはあれだ。緩急の付け方が絶妙で好みなんですよ。緊張感と日常というか、普通の高校生としてのメンバーの思考とか行動とか、その一息つけさせてくれる感。

 今日のラクガキは……こんなんもアリかなあ、って思って描いたんだけど、ダメかな?ダメかな?時間かけちったのは、絵もそうなんだけど、オトコノコの着るものについての知識が皆無なためだったりします。ファッションについては、正直、すんません。ごーめーんーなーさーい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーヒーロータイムぷらす 11/22まで

今週もブレアード様の出番はなかったものの、サイクリードで結構満足した感じ。ではいきます。
hime1120
◆魔法戦隊マジレンジャー◆
 なんだか、ゲゲル並にルールが定められているらしい「神罰」ですな。命拾いしたね。ヒカル先生!
 今回はイエローが次男としての責任を確認しちゃってがんばるよ、というお話でしたが、長女ピンクちゃんはどうなんでしょ。女子は守られる存在?上に立つのはナシ?まさか…時事ネタ?
◆仮面ライダー響鬼◆
 今回のラクガキは姫。ちょっとふっくらしてしまいましたが……背景部分を描こうか、フォトショでなんか入れこもうとした空白が空しく白いです。すんません。
 さて、ふっきれたらしいアキラ。アスムとずいぶん色々深い話もするようになったな、良い感じにソフトになってきたなー、と思ったんですが……。あの転校生にはノッケから割と壁がないですねえ。最初アスムに出会った時、「関係無い人は引っ込んでて下さい」ぐらいのことをサラリと言ってのけていた彼女なのに、クソガキの、しかもこの際あんたでも仕方ないやくらいの勢いでの「弟子にして下さい」に、あっさりと「いいですよ」って!なんなんだ!おい!アキラぁ。
 まあ、アスムもなんだかんだでアキラの弟子?どーなってんだ?
 来週はアキラ、初変身?すっごい楽しみなんですけど!やっぱちっちゃいのかなあ。うふふ。名前は……アキラだからキラメキ……は、映画で使われちゃってるしなあ。こっちも楽しみだ。

◆超星艦隊 セイザーX◆
 今週は風将軍、サイクリード様がメインでした。アクアルが頭脳系なら、サイクリードは技術系?なにやら謎の宇宙商人と取り引きの相談をしている模様(地球上で)。
 あの3将軍の中で、一番やる気がないのがおそらくコイツですね。
コスモカプセルを目の前で一般人、しかも普通の女の子の手に渡るのを、ただただ眺めているワルモノ。なんじゃ?こいつは?ホントに欲しければ簡単に奪い取ることもできましょうに。
 ある意味、すごい礼儀正しいのか?ブレアード様相手にする時以外は結構言葉遣いも丁寧だしなー。来週はいよいよブレアード様メイン?楽しみだわ。
 ●追記●
 11/22日のテレビ東京夕方の生放送、キングコングのかたっぽが劇場版の歌を歌うとかで宣伝に。しかし、相方が「超星艦隊」と読まなくてはいけないところを「超・せいかんたい」と区切って読んでしまって。。。ステージ上大爆笑。しかし、相方かなりマジヤバモード、すっごい本気でツッコミ入れてたようでしたが、大丈夫なんでしょうか。こうやって話題になってることは確かなんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/21

ぱにぽにだっしゅ! 21

◆ぱにぽにだっしゅ! 21 鬼に衣◆
pani21
 芹沢ちゃんがんばる!の巻。
 ネコミミ風髪の毛がぴょこ!っと出ていてかわいいぞ。ちぃみたいだ。wひできも後ろで授業参観してくれてるしな(声ネタですいません)。
 ガラスの仮面ネタは来ると思ったけど、ベルバラは何つながりだったんだろ。わかんなかったー。
久しぶりに見たオンドゥル語……パトラッシュ……あたりはツボです。

 今回、ちょっとラクガキに時間かけたのでアニメ感想がおざなりという、本末転倒気味?ごめん。なにか思い出したら追加します。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2005/11/20

BLOOD+  ep.7

◆BLOOD+ ep.7 私がやらなきゃ◆
blood8
 今回あらためて分かった事。
小夜がジョージにつれられて家族に加わった時点では、小夜はまだまだ日本人の女子高生として、体はそれらしかったものの、中身が伴っていなかったってことですね。
 それが、今や……もとい、ちょっと前までは普通に高校に通い、友達もできて、「1年以上前の記憶が無い」というだけ(それだけだってかなり大した事だけど)のオンナノコとして過ごしてきたわけだ。1年の間に、ジョージ&デヴィッド、ジュリア、そして家族としてのカイ&リクがどのように育てていったのかは不明だけど、小夜はかなりの短時間で現代女子の生き方を学習し、身に付けたってことですね。スゴイわ。どーいう生活だったのかなあ。この1年間って。
 来週はベトナム?
 ん?言葉は?世界から生徒が集まるということは、英語かフランス語か。次週予告でアオザイっぽい服を着ていたようですが、あれが制服?あっち方面の民俗衣装は大好きなのでかなーり楽しみっす♪
bloodsaya8
 おまけで追加
なんとなく。すいません。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

蟲師 5

◆蟲師 第五話 旅をする沼◆
ginko5
 おおお。化野先生、うえだゆうじさん!ちょっとびっくりな配役かとおもいきや、かなりイイカンジにはまってますねー。
 蟲と人の世界、そしてその挟間を生きる者、その世界観を知るのに最適なストーリーだったのではないでしょうか。はざまである世界にただようモノ、そしてその間を取り持つギンコたち、蟲師。
 蟲師として、どうやって生計をたてているのか、貧しい村を巡っていくギンコ、村での謝礼だけではないと思っていたら、こんな副業もあったワケですね。いいカモ……を見つけたもんですな。

 今日のラクガキ、「今週のギンコ」はこんな感じ。「ちょっとイイオトコすぎる」という意見を友人からもらってしまいましたが、まあ、あのすっとぼけ顔にはそのうち挑戦する、ということで。w
 どんなもんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2005/11/19

ノエイン もうひとりの君へ 6

◆ノエイン もうひとりの君へ 6 「ナミダノジクウ」◆
noein6
 うわ。うわ。うわ。
カラス、ラクリマ時空へハルカを連れてきてしまいました。しかも、ハルカとはひき離されてしまい、なんだかヤバげな展開です。逆さ吊りにされちゃってるし。カラス。

 一方ハルカ。順応性はかなり高いようです。火を通してあるならまだしも、生きてうごめいているアレは……しかもぐっさりいっちゃってますし。
 しかも、かなり機転もきくようで、仮病使って逃走。って、ここが現代の日本のどこかならなんとかしようもあるんでしょうが、どこともしれない所へ連れてこられてアテもなく逃げてます。頼みの綱、といえば彼女をここへ連れてきたカラスなんでしょうけど、彼、今吊るされてるとこだしなー。
 そんでも、閉じ込められていた施設からあっさり抜け出したハルカは、異世界の住人たちの姿を発見。ホント、なんか天然なのかどうか、あんまり危機感は持っていない模様。

 まあ、こういう場合ハルカが行動を起こすかカラスが助けにくるかしないと話は進まないんでしょうけど、現代の小学生女子にしてはハルカちゃんすっごい行動力ですねえ。
 地下で暮すラクリマな人たち。ビタミンDはどうなってんでしょう。クル病とか、平気なんでしょうかねえ。え?そゆことでない?すいません。

 ラクガキはカラス。鉛筆のみで。
今回のツボ>中井さん(カラス)の演技がもう、もう、もう!やっぱ、いいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2005/11/18

BLACK CAT☆第7話 傷だらけの猫

◆BLACK CAT☆第7話 傷だらけの猫◆
sven7
 イブ、かわいいなあ。もう。
 スヴェン(そして藤原啓治さん)すっげーいーなー。
 ところで、今回の私的ツボ
1)落語ネタ
 イブが花火をみながら叫ぶ
「た〜がや〜」
 それが落語だってわかるスヴェンもスゴイです。あまりポピュラーなネタではありませんからー。なんでかっていうと、まず「たがや」の説明からしないといけない(でないとコアな客しかわからない)&グロネタだからです。(最近は「たまや」&「かぎや」の説明も必要かもしれませんね)
★たがや>職業。桶やタライのわっかをつくってはめる人
★ 噺 >花火見物が舞台。たがやがトラブったお侍を倒し、更にお殿さままでたがやに首を切られてしまいます。で、そのすっとぶ殿様の首を見て、見物人から「たーがやー」の声があがる。

 イブが読んでいる本の中に落語の本が2冊。「長屋の花見・らくだ」そして「たがや」。「たがや」は花火の後読んだのか、それとも花火の前に読んで知っていたのか。どっちでしょう。「長屋の花見」は寄席でもよく聞かれます。が、「らくだ」はこれまたあまり演らないですねえ。「宇宙家族カールビンソン」でおとうさんが"かんかんのう"といってあの脳味噌と神経だけみたいなノをあやつっているシーンがあるんですが、アレですね。これまた死体を踊らせて……というある意味グロっぽいネタな上長い噺なのであまり聞かれません。私は一度だけ寄席で聞いた事ありますが、特殊な噺ですねー。

2)ロボットアニメ
 ミキシン、ノリノリですねー。いいわ。
もうロボットで戦いたくないんだ〜!!
 大笑いです。どこの誰が、どこの誰に向かって叫んでいるのでしょう。セリフ、最初から最後まで楽しく聞かせて頂きました。堪能、堪能。

 いや、他も楽しいんだけど、こんなトコが私のツボですよっと。ね。
いつか「洗濯する猫」ってタイトルになんないかな〜♪あはは。なりえませんねえ。今ちょっと、トレインくんが洗濯して、後ろでイブがシーツかなんか干しているのを想像してしまいました。ほのぼの。
 ん?
 ダメ?
 そーですかあ。ちぇ。

今日のラクガキはスヴェンさん(シリアスモード)。いつものドジでお人良しなスヴェンも大好きですが、たまにはこんな感じもステキかなあ、と。
 最近ED曲がアタマから離れてくれません。ビジュアルもオマケでついてきたりして。あー。アルバム出たら買っちゃいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

ソルティレイ ep.7

◆ソルティレイ Episode:07  小悪魔の訪問◆
solty7
 キャラクター全員集合って感じでしょうか。あのアパートというか、ビル、身元不明者の巣窟となりつつありますね。オーナー(?)はかなーりゆるやかーにかまえてます。大物?肝の座ったおあねぇさんですな。
 それに引き換え、オヤジ=ロイ、なんだかんだ言って結局「一番弱い」。実戦では別だけど、押しの弱さが致命的です。オヤジ世代の常識ってヤツが通じない小娘さんたち&わかってて押すテクを使いまくるおねぇさまにはぜーんぜん、かないませんね。
 天然おばかさんでメカフェチのお兄さんと、実はどっこいなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

パラダイスキス 6

◆パラダイスキス stage-6 NEW WORLD◆
newworld1
 ふーむ。
 そんなもんですか。
 いや、
 そんなもんだよね。
 そーだよね。
 はあ。うん。いいな。漫画だと。後悔するとこまで描かれなくてさ。

 勝平ちゃんが出ていたのでちょっとびっくり。
 ヘアメイクがミキシンでカメラマンがかっぺーちゃんかあ。
 豪華スタッフだねえ。w

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/11/17

IGPX 7

◆IGPX 7 春が来た◆
 お祭り騒ぎの中、様々な背景が見えてきました。
マサさんのお家事情、スポンサーの事、パイロットたち、そして恋模様……え?
タケシ、そうなの?そんなに簡単なの?
うそーん。

 次回予告でもそれをほのめかすようなナレーションですが、えー。そんなことで迷うようなもんなのかよー。なんかなー。やだなー。
 そんなんだったらリバーくん、戻して乗らせてやってよー。
ねー。リバーくんはぁ?(まだあきらめてませんから!)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

灼眼のシャナ 7

◆灼眼のシャナ 7 2人のフレイムヘイズ◆syana7
 もっとツンなコかと思っていたら、割と簡単になごやかムードになってますねえ。シャナちゃんたら。金髪の姐さんもなんだか最初の印象から比べたらだいぶソフトですねえ。ん?なんかこっちは訳あり?下僕2人もまだまだ食い下がりそうな気配なんでしょうか?
 なあんなんだろ。
ただ、まあ、ユージくんと一緒に戦うぞ!みたいな展開はスキだし、なんだかアラストルと2人で語り合うユージくんもなんだかヘンで良い感じだし、おっもしろくなってきましたよー。ただただ、カズミちゃんの恋心だけが不憫です。カワイソスです。OPやEDカードなんかみるとシャナは平井さんとして学園生活送るっぽい感じ出してるんですが、今後もまだ学校の描写もあるんでしょうか。わくわくー。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/11/16

今日のラクガキ 11/16

ひさびさに今日のラクガキ〜
51116
 ちょっとなんかクラスターエッジがあまりに拍子抜けで、クラスター関係のお絵描きをしようとスタンバっていたのに、がっくりで、なんか他に思い付かなかったので、今日もこんなんでお茶を濁して寝てしまおうということなわけです。
 ところで、ここんとこハマり続けているWEBラジオなんですけど、これまた「クラスターエッジ」のラジオがハンパじゃなく下ネタ続いているわけで。とあるトークCDで、某カラスの中の人が、「男に生まれてきてよかったなー、と思う事は?」というインタビューで、「男ばっかでエロ話してるとき」という、らしいんだからしくないんだかわからないお返事をしていたのを思い出しました。アゲート、ベリル、フォン、クロム、皆すっげー楽しそう。
 なんで女子向け(だと思われる)アニメのラジオのノッケが、「リハVの中にエロビデオがまざってました」で始まるんだよー。(まあ、それを聞き続けている私がここにいるわけですが)

 ガラスの仮面は見てますが、あまりの駆け足かげんにヘトヘトです。しかも、前から言っているように、真澄&マヤラブラブストーリー部分をチョイスしてアニメ化しているせいか、仕事の鬼、真澄様はとってもヒマそうです。原作だと、練習やオーディション、劇団の人たちとのやりとり、桜小路君なんかもからんでくるその中のヒトコマに過ぎない真澄様との接触だけが描かれるので、もう、真澄様、マヤのマネージャーでもやっているかのようなつきそいっぷりです。
 来週は「2人の王女」オーディション。マヤ、壁塗ってましたけど……まさか……あの曲、使うんですか?ライバルの歌は?(まあ、カットだろうなあ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスターエッジ 7

◆クラスターエッジ 7 過去への旅◆

 いきなりの総集編。
こりはびっくり。
 過去への旅って……えっらい近い過去やん!エマ先生関連の深い過去話と思っていたんですが?なんと、アゲートが転校してきてからの短い時間を振り返っただけっすか?まじっすか?本気っすか?

これを奇跡と言わずしてなんと言おう
  ご都合主義、でしょうか?先生。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005/11/15

スーパーヒーロータイムぷらす 11/13まで

ラクガキはあいかわらず関係ないかんじですが、だだだっといってみます。
51115
◆魔法戦隊マジレンジャー◆

 まるでゴノレゴのような敵さんですね。置鮎さんが声なんですねー。しかしあまりしゃべらないなあ。アニキは岩のようなプロテクト装備で弾丸を跳ね返そうとします。それに対抗する敵さんは一点集中攻撃でプロテクトを崩そうと……あのー、アタマとか、手足とか、まんまなんですけどお……あ、いいの?それで?はあ、そうですか。
 先週はあっさり退場の敵さんでしたが、今回は来週までひっぱる!がんばれおっきーマジレンジャー!

◆仮面ライダー響鬼◆
 今回はもう、これにつきますよ。
名前を呼び捨てにされてほほを赤らめて照れるアスムくん!
 やっぱ、ほら、恋愛シミュレーションゲームとかでも、仲良くなると名字から名前呼び捨てになったり、ニックネームで呼んでくれるようになるもんねー。
 親密度アップ確定!
と、まあ、それをクサとランプに解説させるのは蛇足っぽいけどお子さまには必要な説明かな?
 あの転校生はあいかわらずヤなやつ。なにやってんだ。人んちで!つか、セキュリティ甘いぞ!甘味屋だけに!(ベタ)
 最後に。イブキさんが意外にデコ広いのがわかった今週のヒビキなのでした。

◆セイザーX◆
 今週は楽しみにしていたブレアード様は出演ナシ。そのかわりアクアル姐さんががんばってくれました。「やーっておしまい!」って、あなたはドロンジョ様ですか?w
 今週はボケなしなのかとおもいきや、最後のザコ敵のあれ、組体操みたいのはなんですか?ここを狙って下さいな。みたいなアレは!え?ここが今週の笑いどころ?まじっすか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/14

ぱにぽにだっしゅ! 20

◆ぱにぽにだっしゅ! 20 君子危うきに近寄らず◆
pani20
 うわー。あのキノコ。ひっぱってたんだー。
宇宙人関係はリセットされない」に含まれるのかな?でも登場人物の記憶は残っているフシギ。w
 ベッキーの落ち込みっぷりがぷりてーだったので、今日のラクガキはこれ!しかし、このカッコのちびっこに授業を受けなければいけない高校生……幸?不幸?

 私的ツボは、なんといってもトレード!
エイリアン部下の人肌!何度だ?しかも、部下が何度も口を酸っぱくして言い続けてきた「地球人との接触」自らか! まあ、彼の不幸は自販機にやってきたのがメソウサじゃなかったことでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005/11/13

銀盤カレイドスコープ 5&6

◆銀盤カレイドスコープ 5 一人でデート◆
◆           6 チェンジ! ◆

 1)声オタ的見方
 ヨッチン&小杉十郎太さん(BLOOD+)&斉藤千和ちゃん(ぱにぽに)といった方々の演技を聞くのが面白くてたまらなくなってきました。なぜカッコ付きなのか。特に十郎太さんの演技が真逆いってるので、かなりツボです。

 2)ストーリー&キャラ
 普通〜に楽しむのも、ここへきてなかなか楽しくなってきました。まあ、スケーテイングのシーンはお世辞にもステキといえるようなものではないけど、逆にこのクオリティでフィギュアスケートのアニメを作ろうとした、そして作っている勇気に感動を覚えます。スピードと華やかさがキモのハズのフィギュアスケートですから!まあ、そこんとこは採点甘くしなくては。

 アタマの中の幽霊との付き合いも、ただただタズサがブチ切れて怒ってばっかり、という展開から離れてきたので面白くなってきました。
 ここまで見続けてよかったよー。……ま、まあ、まだ結論を出すには早すぎますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

蟲師 4

◆蟲師 第四話 枕小路◆
ginko4
 ねむの花が印象的に使われていました。
あとはやはり音。この作品を見ると、いかに他のアニメが間という間を音でうめようとしているのかがわかります。言葉と言葉の間の、音の無さ、ふ、と挿入されるSEや音楽が効果的にしみ込んできます。絵も音も、きれいだなあ、と。

 私はこの作品が終わるまでに、私なりのギンコが描けるようになればいいなあと思いつつ、練習中。

 枕の中に蟲というイメージだけはこわかったです。ソバガラの枕とか、ホントに放っておくと(あんなんじゃあないけど)ムシがわくんですよ。恐怖ですよーーー(泣)使わなくてもたまには日光に当ててあげないとね……

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005/11/12

BLOOD+  ep.6

◆BLOOD+ 第6話「おとうさんの手」◆
blood6
 「ソノタメノチイキョウテイジャアナイデスカ」
 なんか、そういうこと言わせるなよー、とは思うんですけどね。そこらへんはスルーさせていただきます。
 作戦名はTAE。なんかの略かな?まあ、そういうことでヤンバルは空爆されるようです。なんか、架空世界の架空の地名だったり、せめて近未来、ぐらいの設定ならばさらりと流してしまいそうなトコなんですけど、現代の実際の地名だとアタマ、ぐわんぐわんしちゃいます。
 こわいよぉーー。

 カイにいちゃん、やっとイイトコ見せられる!!!……かと思いきや、たまたまとはいえ、とーちゃんがあんなことになってしまったのは……エレベーターがそこにいなかったから=カイが乗ってくるために地上に向かっていたから……ってことは、実はカイのせい?でも、空爆の情報が無ければ小夜グループの行動が変わってしまったかもしれないし……それに、とーちゃんが翼手になってしまうというのは、もう決まっていた事のようなので、遅かれ早かれ、小夜は辛い決断をしなくてはいけなかったんでしょう。かえって、あの血だらけの状態で、しかも本格的な変身の前だから出来た事かもしれないし。

 ともあれ、短い間とはいえ、「父親」だった人間との別れで、小夜の今後の考え方や行動が変わって行く、のではないかなあ。流されるだけでなく、自分で進んで行く、戦って行く方向へ。

 デヴィッドは、もしあそこでジョージが変身をはじめなかったら、どうしていたのかなあ。一緒にエレベーターに乗せていたかどうか、なんてのも想像するだにオソロシイですが。それこそ「マウス」にするために連れ帰っていた?
 色々な「もしも」、を想像すると、小夜にとっては辛かったはずの今回のストーリーが実は最善だったのでは、とさえ思えてきてしまいます。ぐすん。

| | コメント (2) | トラックバック (25)

ノエイン もうひとりの君へ 5

◆ノエイン もうひとりの君へ 5 「ソレカラ・・・」◆
noein5
 ウイジャ盤なんてまた、懐かしげなモノを持ってきましたね。ん?今も流行っていたりするのかなあ?ともあれ、ウイジャ盤が示した言葉は「NOEIN」ハルカたちには意味不明な単語ですが、私たち視聴者はゾクリとさせられてしまいます。誰の意志が介入しているのでしょう…。

 とうとう組織から出奔し、ハルカに直接接触を試みてきたアトリ。やっぱコワイですー。顔が。カラスの攻撃にあい、仲間をいきなり失い逃走しますが、逃げる先のアテはあるんでしょうか?基盤を失った彼は無謀な手段に出てきそうで今後がコワイ。行動が。

 ところで、やっぱカラスかっちょいいよー。最初期、ドライに割り切って行動していたようだったのに、現代のハルカや自分を見て、心を動かされたんでしょうか。言動に迷いが生じている模様。ホントのとこは、ハルカをユウに渡したかった?
karasu5
 んでも、とうとうハルカごと強制的に連れ戻されてしまいます。ええええ。
ユウ、このままだと手出しできないんですが!というか、カラス達の正体さえわからないまま、ユウの目の前で消えたハルカ(と、カラス)
 ここでナゾのゼツリンさんが噛んでくるのかな?
 ところで、フクロウなんですけど……やっぱ、ヤツがフクロウ?

ラクガキは用意していたカラーにプラスして録画見ながらつい衝動的に描いてしまったカラス(@鉛筆)です。来週はアッチの話?カラスの活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2005/11/11

アニメ見たよメモ 11/11

◆パラダイスキス stage5 MOTHER◆
 とうとう家出?退学?
ずーっと片想いだった彼からの電話もスルー?そんなにあの危なげなジョージの方がいいのかなあ。それとも単に日常からの逃避?
 アトリエの面々も反対しないのは逆に無責任な付き合いしかしてないからに見えるのはわたしがトシヨリだからでしょうか。「だってえ、今後この娘が困った事になっても関係ないしいぃ。」「自分の事は自分で責任とれよ、って感じ?」っていうような。
 うーん。でも、ジョージみたいな男にひかれるのもわからんではないけどね。一度ひっかかってイタイめ見ると、男と人生の見方が変わるような……ゴホゴホ。あ、またトラウマスイッチ入りかけちゃった。てへ。

◆Black Cat 6 狙われる猫◆
bc6
 え?え?え?
浴衣娘、退場?このまま?いやあん。
 あの屋上での雰囲気、気に入ってたのに。
ともあれ、トレインくんの過去がなんとなーく、見えてきました。
 あの、ミキシンのちょっとヤバげな演技がかなりヤバげなキャラにマッチしてて、本気で憎く見えてきます。あ、いや、ミキシンが嫌いなわけでなくて、演技がぴったりっていう意味でね。だってポケモンのコジローだよ?ゴッツンコだよ?浦原さん……は、まあ、似てる系統か。
まあ、そんなんで。

◆ソルティレイ ep.6 愛娘◆
solty6

 ラクガキは前回のストーリーより。水着バージョンで。
ソルティちゃんの、良い、悪いの判断基準はまだまだ鍛えてあげる必要が有るようです。しかし、自己判断処理能力はどんどこ育っているようなので、問題ありな生育バランスですね。しかも、キレると誰もかなわない程強いんで。これまたやっかい。がんばれ>オヤジ。
さて。
 ソルティちゃんが来た時もそうでしたが、ロイのお部屋にまたまた珍客。怪盗(?)とはいえ、セキュリティに問題あるんでは?仕事が仕事なんだし、そんなコトじゃ、ダメだぞ。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2005/11/10

IGPX 6

◆IGPX 6 犬vs猫◆
 アニマル対決ですねー。IGPXに登録されている犬&猫は全部で7匹いるそうですが(公式サイトより)比率はどっちが多いんだろ。犬の方がいうこときいてくれそうだけど、今回のソラさんはちょっとヤなコみたいですね。というか、普通のペットとしてもダメでしょ。他人の食べ物に手を出すようじゃ。しつけがなってません。まあ、「犬だからー、しょーがなーいじゃーん」、という感じの単なる嫌がらせっぽいですが。にしても、公衆の面前で。イメージダウンもはなはだしいですよ>ソラ
 ペットフードのキャラクター、降ろされちゃうよ?
さてさて。
 レースシーンも犬vs猫という、対戦チームとの差を見せるためにか、なかなか分かりやすく、なおかつ楽しく描かれていてグッドでした。今までのレースで一番楽しかったな。うん。

 ところで、リバーくん?どこいくの?
 もしもし?私は君が居るからIGPXを見始めたようなものなんですが?ねえ。ちょっと待てえ!
 剣道、二刀流でダメなら三振り目はくわえれば、勝て……あう!
 万年補欠じゃ、引き際が肝心、大人な決断ってのもわかるけど……これで終わりじゃないよね?ね?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

灼眼のシャナ 6

◆灼眼のシャナ 6 「交錯・発動・対決」◆
syana6
 カズミちゃんたらかわいそう。つい、本編よりもそういった方面に意識がいってしまいます。wだって、オンナノコだもん。でも、あのシチュで見知らぬじいさんに慰められるのはひとりぼっちで放っておかれるより切ない気がします。「見てたんかい!ほっとけやー」みたいな。

 ミステスとしてのユージの能力、そして芽生えつつあるシャナとユージの心のつながり。今回はそんな転機を描いたお話でした。アラストルのドライな発案も、ユージとシャナのタッグによる戦いによって却下されたようでなにより。これから本格的な戦いワールドでしょうか?それとも不思議世界の謎解き方面?ちょっと楽しくなってきたぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/11/09

クラスターエッジ 6

◆クラスターエッジ 6 「教授とフォン」◆
emma6
 はい。またまた独り言大王フォン炸裂です。
 そして、お約束。窓越しのベリル
人造兵はやっぱりレアリエン(fromゼノサ)な雰囲気ですねえ。自らの身を挺しても主人を守る。ゲーム版ゼノサーガep.1の序盤、グノーシスがせめて来た時のムービーを思い出させます。

 さて、手のひらを返すように冷たい視線をあびるベリル。(とはいうものの、剣術の試合でのガヤで生徒たちからあまり元々良い印象を持たれていなかったらしいのはわかってましたが。)言葉にはしないものの、生徒たちへ返す視線には鋭いモノが。
そんなんじゃ、立派な紳士にはなれませんよ>ベリル
 まあ、他人の陰口を叩くような人たちだって紳士とはいえないでしょうけど。

 そんなゴタゴタの中、フォンはいなくなったアゲートのために何かしようと決意したようです。それが、「壊れた飛行機の部品を集めること」。
 大金持ちの御曹子はお金で解決できないと知ると、夜中の博物館に盗みに入ることにしたようです。なんかこう、他にもないんか?まあ、おかげで教授と会う事ができたのですが。
 細かいツッコミどころはかなーり多いけど、若干パワー不足なのは、やはりアゲートがいなかったせいでしょうか。

●追記●
 webラジオ「嗚呼!クラスター学園」、男性の視聴者の方はあまり聞きに行かないんじゃないかな?と思うんですけど、主役クラス4名の男子によるぐだぐだトークは男子の笑いのツボも備えているかと思います。そして、アニメ本編の見方も変わるかもしれません。1回約30分、ストックは2回分です。お時間ありましたらぜひどーぞ♪

| | コメント (0) | トラックバック (11)

BLEACH-ブリーチ

ハッピーバースデイ>班目一角さま
今日は彼の誕生日らしいです。ふむ。死神の誕生日って、どういうふうなことになってんだろ?
謎だわ。
そして、現世と時間の流れや暦は同じなのかな?
謎だわ。
何回目の誕生日なんだろう。
謎だわ。
謎だらけだわ。
でも、班目一角さま、登場したときは単なるおバカさんだと思ったけど、なんかストーリーが進む毎になかなか男前なところを見せてくれたりするので、大好きさんになってます。
 今週のアニメ版ブリーチでも出番あったしねー。うふふ。

そーいえば「一護一笑」のバックナンバーが更新されて、第6〜10回分が最配信されてます。イトケンさんの動画もありますよー「吠えろ!ざびまるぅ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/08

チーズスイートホーム

51108
 週刊モーニングで(ほぼ)隔週連載のネコ漫画です。「チーズスイートホーム」雑誌掲載時はフルカラーの時と1色の場合があるんですが、現在2巻まで発売されている単行本ではすべて彩色されています。(の、ハズです。所有してないもので……すいません)いや、モーニングで連載開始時から読んでるしー。
 このね、主人公がチーって名前の子猫なんですけど、もう、むちゃくちゃかわいいの。バカで。とっても子猫らしい。気分やさんの気性、くるくるかわる表情、そして(もちろん、人間にはわからないんだけど)舌ったらずなセリフ。黒號も好きなネコ漫画でしたけど、あのシニカルさとは対岸にあるかのような作品です。スタートは同じモーニングなのにね。w
 ペット禁止マンションで猫を飼う、という基本設定自体はものすごく許せることじゃないんですけど……分譲にしろ賃貸にしろ、ペット禁止になっている所にはなっているなりの理由があるわけですから。そして猫を敵視する管理人さんがいかにもワルモノになってるのもなあ。なんか、理不尽な気がしてなりません。というのも、私がネコアレルギーだから余計そう思うんでしょうけど。
(アレルギー持ちながら、猫大好き。この哀しさ!)

 実は春に行われたアミューズメントマシンショーのキャッチャー景品の展示で、すでにチーのキャラを使った試作品が並べられていたんですが、そろそろ市場にも出回ってきているんです。
 ストラップというか、マスコットというか、なかなか原作のかわいさ、表情豊かなチーを上手に3Dにしてくれてます。
 今日、立ち寄ったゲームセンターで見かけたんで、ついつい小銭を……いや、元は札だったりしたんですが……使って、何匹かのチーをゲットしてきました。携帯、お財布、バッグ。しばらく私の持ち物には何匹かのチーがぶらさがっているハズなのです。

 今日のラクガキは以前描いたもので、チーとはぜーんぜん関係ないんですけど、こんなんで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/07

うまくいかない日

目をさますと快晴。
 あ、でかけたいな、とひさびさに割と積極的に思った。が、まどから外を見てみると晴れてはいるもののすごい強風。
「あ、やめよ」
すごーく簡単にくじけるのです。
51107
 で、友達に電話してみたところ、たまたま、朝私が行こうとしていたところに、今まさにいるという。う。でも、今から出掛けたんじゃ間に合わないし。
 仕方ない。そういや、論文の下準備のためのコピー用資料がたまっていたからと近くのコンビニへ。最終的なサイズを合わせるために拡大縮小を繰り返し、大量のコピーをしていたら、コピー機のごきげんが悪くなった。店員さんを呼ぶ。コピー機は2台あったので私はよかったけれど、元私が使っていた方はエラー表示のまま。「メーカーに連絡してください」と表示されたまま。申し訳ない気持ちでコンビニを退出。
 それではと、足を伸ばして図書館まで歩く。良い資料があればいいなあ、とぼーっと歩いてた。
 図書館の門は閉まっていた。月曜休館。なんで気が付かないかなあ。
 家に帰ってみたら、コピーを一枚取り損ねていた事が発覚。
 明日、時間帯を変えて行く事にする。弱気。

 絵を描くのもきがのらないので録画してあった「セイザーX」を見る。
 ああ、ブレアード、いいな。最終回までこの調子でつらぬいて欲しいな。
 そういえば今週はヒビキがなかったので特撮系感想書いてなかった。ま、いいや。セイザーXが人知れず面白かったので、若干気分も上昇。
 食パンをかじる。んまい。さらに上昇。
 名探偵コナンも久々に見る。出雲はソバはあまりこのみじゃないけど、出雲大社周辺は好きだ。あれ?今回(たぶん次回も)声優さん、結構有名ドコきてますね。録画してないや。残念。来週はとっとこーかな?

 まあ、こんな一日。ホントに「つぶやき」記事になってしまった。
あ、今日、ホントのホントに最悪だったこと。爪がキレイに塗れなくて、4回は塗り直したかな。除光液のニオイでくらくらしますが、窓を開けると砂埃がスゴイんです。
 はあ。

 まあ、たまにはこんな文章&お絵描きもしてみたくなったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ! 19

◆ぱにぽにだっしゅ! 19話 芸が身の仇◆
becky19
 今回はベッキーのお衣装が3種類もあったんですが、一番着用時間が長かった女医さんスタイルで♪メガネがキュートさんです。
 先週危惧していた通り、一条さん(妹)、ひっぱってました。もしかして、桃月パワー(リセットボタン?)が効いてるのは地球上だけで、あの宇宙船の中は通常に近い時間の流れと常識ありあり空間なんでしょうか。ヤケに人間臭いエイリアン艦長とエイリアン部下のやりとりも一番俗っぽいといえば俗っぽいし。
 でも、あの艦長&部下の会話、実はかなり楽しみにしていたり。つか、もはやラヴですね。あのコンビに。
 さてさて。
 今回久しぶりにほぼ教室内での展開だったせいか、黒板ラクガキ多かったね。でもなんか、もはや「黒板ネタ」というよりは、ホントに「黒板ラクガキ」終盤に入って息切れ?ネタ切れ?うにゃー。
 でも、隔離されつつもトランプで遊んでいたいつものメンバー周辺はなんだか不思議ネタいっぱい。いやーミュシャ風レイちゃんステキですー。あれ、大判で欲しいな。ちゃんと縦長ポスターにして。
 EDタロット、気になっていた「恋人」のカードは南條さんと犬神くん。うむむ。いーのかな。それで、いーのかな?……ま、いいや。
南條さんのお衣装がマイフェアレディなドレスですてきでしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2005/11/06

蟲師 3

◆蟲師 第三話 柔らかい角◆
mushishi3
 さて、ちょっと色々挑戦してみたラクガキはこんな感じ。ちょっと幼い感じになってしまいました。一応ギンコです。もうちょっとスリムで目つき悪くwと、来週はもうちょっとがんばってみます。

 ギンコの声の人は主に実写で活躍されている方なんですね。ハヤオやタクシュウが「声優の演技は……」と嫌う部分を取り除くとこうなるのかな?というような、やわらかい、張らない声が「蟲師」の世界ではこんなに落ち着いてしっくりくる。周囲の演者もそれにあわせるようなテンポ、まあ、絵があるわけだからテンポ自体はコンテの時点である程度決まっているわけですが。
 まあ、オーディションで落ちたという噂の声優さんだとどんな感じに仕上がっただろうか、なんて考えるのも声ヲタとしては楽しいし、聞いてみたい気はします。

 そんな、私たちの回りをとりまく音や声の世界を生きる蟲を中心に今回のお話はすすみます。
音が始終している、なにか聞こえている、神経が細かったらそれだけでおかしくなってしまいそうなシチュエーションです。それが、なにか意味を持つ言葉だとしたら、よけいに。
 音が先か、精神が先か。
 でも、昔の人が現代にやってきたら、それだけで「耳を塞ぎたい」ほどの音が溢れているかも。気になり出すと、エアコン、冷蔵庫、PCのファンの音など、結構な雑音。更に私の今の状況は、テレビの音と選挙カーの音がまじって大変な事に。……現代人のわたしでさえ辟易してしまいますよ。

 しかしギンコ、ある程度の予測はついていたとはいえ、自らに「阿」をとりつかせ、かつ退治するというやり方は、結構無鉄砲というか、無茶するわ、という感じです。対処方法が間違っていたらどうするつもりだったんでしょうか。
 蟲師ギンコの仕事の中で、自ら退治法をあみ出した数少ないストーリー、かな。

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2005/11/05

BLOOD+  ep.5

◆BLOOD+  ep.5 暗い森のむこうへ◆
blood5
 手加減なさすぎにポコられたカイ。
今日のラクガキはカイ兄ちゃん。……の、つもり。なんとなく、ね。
 病院の屋上とはいえ、容赦ないですね。まあ、そうでもしなきゃおにぎりのかわりにカイがトランクに潜んでいてもおかしくない状況でしたから、間違ってはいない選択だったんでしょうが……イタイ映像を見るのは苦手なんで、つらかったです。
 カイ、カッコイイよ。ポコられてもボコられてもケリくらっても……今時の高校生にしちゃデキすぎだ。しかも、小夜の真意まで汲み取れる兄弟。ヘタに血がつながってる家族より家族ですよ。ふえーん。くっそー。ツボついてくるぜ!

 お父さんは助けられるのか。ヤンバルの森は護られるのか、翼手(マウス)の流出はくいとめられるのか、とーちゃんは……ホントの意味で無事なのか。小夜には制服以外コスチューム選択はできないのか。など、気になるコトいっぱいで「続く」ですよ。
 うーむ位置関係がよくわからないや。たしか「るるぶ沖縄」がどっかにあったから、来週までに探しておこうっと。w

| | コメント (2) | トラックバック (12)

ノエイン もうひとりの君へ 4

◆ノエイン もうひとりの君へ  4 トモダチ◆
noein4
 今回は……不思議世界にひきこまれながらも普通の女子小学生としての生活、あれやこれやもやってんよー、というお話。

 小学生のときの恋愛というか、恋もどきみたいなものって、どうだったかなあ。
ハチクロのときはずいぶんココロが痛くなったけど、さすがに中学生以下だと一生懸命なら一生懸命で、関心がないならないで、それなりに微笑ましいような気がするのは、ほぼ100%終わるものだと知ってしまっているからでしょうか。う。それはそれで、文字にしてみると切ないっつーか、ヤな感じだ。

 小学生時代、世界は自分の行った事のある場所だけだし、ニンゲンというのは自分と関わりのある人だけ、と思っていた。だから、友達や先生との一言一言、今日あった出来事のひとつひとつが大事件だと思って、些細な事にも真剣に悩み、なんとかしようとして、無茶をしたりしていて。
 大人はそれを忘れてしまっているから、子供なりの真剣さを笑ったり、聞き流したりしてしまう、そして子供ははがゆさをおぼえ、泣いたり、怒ったり。でも、翌日にはまた大事件が沢山起きるので大事件のスクラップブックは積み重なって、忘れてしまい、更に積み重なって踏み固められ、地層の下の下にある子供だからこその真剣さを忘れてしまう。些細な事に無感動な大人。

えーとー………もとへもとへ、と。
 しかし、カラスは「過去の自分」に何を伝えたいんでしょう。
ハルカは(建前上は)確保しなければいけない存在、というのはわかったんだけど、カラスはユウの前にも度々現れては「お前は何もできない」とか「俺はお前だ」みたいなことを言って去って行きますが、その中でなにを伝えたいんでしょうか。
 その辺りも今後、深い設定に関わってきそうですが……
続く。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2005/11/04

アニメ見たよメモ 11/4

 とりあえず思い浮かんだものから。ちょぴっとだけ。
 深くイキたいものは次週にまとめて語らせていただきます。ぺこ。
51104t
◆ガラスの仮面 31◆
 あまりのダイジェストっぷりにもう、なにがなんだか。
アニメオンリーな方、ついてこれてますか?そんでもって、面白いですか?
 見切りをつけようとしている人!少しでも未練があるのならば、原作を読んでみて下さい。ブクオフで花ゆめコミック版なら100円〜ありますよー。(でも42冊もあるから、とりあえず漫喫でも可)
◆アイシールド21◆
 なんだかもっとシリアスなんだと思ってたんですが、最近ちょっとギャグ方向にいきすぎで見方を変えなきゃいかんのか?とか思っていたり。
◆ソルティレイ ウォーターサイド・パニック◆
 「鯉!」べたですが、ユートくんがお気に入りなので私は平気です!
「土偶ですね♪」
「奇遇、だろう」
マスミンつながりで「ゆめりあ」ですか?ねねこなんですか?そうなんですか?
◆ブラックキャット◆
 イブがかわいい。
◆パラダイスキス◆
 男もいいが、勉強はできるときにしとけ。>女子高生
 まあ、親も親だが、初期設定がアレなのでどうつっこんでいいのか……あれ?アニメをつっこむ方向で見ている私に愕然。違うぞ。もっとアニメそのものを楽しめ!>自分
「みっかこっぱよ〜(山田あゆの声の人@ハチクロ)」が、野宮(@ハチクロ)がジョージ(の声やってる)だということで「野宮さんがジョージなの?きゃーもう、どうしよう!」とか言ってました。なぜだ。
(詳しくはアニメイトtvで(まだストックで聞けるんじゃないかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/11/03

IGPXに5倍ツッコめる基礎知識

◆IGPX 05 我ら集う時◆
 今回は今までのまとめを兼ねてIGPXとはなんぞや、どこを面白がればいいのか、というあたりを探ってみたいと思います。
 ちなみに、このIGPXが行われているのは2048年。アメリカにあるIGPXのために作られた都市でレースは開催されています。周囲には関連企業や関係者の居住エリア、観光客のための宿泊施設やレジャー施設も備えているんだそうです。

●基本ルール●
 IGPXは3クラスに分かれていて、その頂点にあるのが「IG-1」毎年最下位のチームは下位クラス上位と入れ替えられる。このルールによって第1話、チームサトミはIG-1に参戦することになったわけですね。
 チームは、FW、MF、DFの3つのマシンで構成されていて、1レース毎に1着から6着までそれぞれ15,7,5,3,2,1のポイントがもらえる。この合計点で「そのレースの」勝敗が決まるわけです。
 第2話のブラックエッグ戦で同点になったのは、1位をとったものの、FWとDFがリタイヤしたため15VS15で同点だった、というワケですね。
 このルールだと、誰かがリタイヤしない限り他のマシンの順位は関係なく、1位をとったチームが勝つということになるのがわかります。

●レース スタートからゴールまで●
 レースはIGPX専用コースで行われます。毎回同じレース場(アメリカのアリゾナにある)を使います。が、コースは変形が自在にできますプラレール?
 レース中の組み替えも可能!だって。なんのため?
 コースレイアウトは12時間前まで観客はもちろんチームにも公表されません。(観客席とチケットの関係については不明です。)チームは12時間でコースに合わせたマシンセッティングを要求されるんですねー。
 コースは1周約60km。そこを3周します。
 平均時速はおよそ400km/h。スピードモードでの最高時速は600km/h以上出るらしいですが、単純に計算するとおよそ1周10分程度の計算になります。
 IG-1のマシンは3形態の変形が認められていて、レギュラー、バトルモード、スピードモードに変形できます。レギュラーはスタート時の人型、2周目以降はバトルモードに変形可能。3周目以降はスピードモードに変形できます。だから2周目でイイセンいってたら、3周目は逃げ切り体制にできるっつーことですね。
 ただし、変形するためにロスする時間や防御が弱くなった時を狙っての攻撃には注意が必要、と。
 レギュレーションはかなりゆるゆるなようです(最大高、幅、重量の制限はある、というか、動力部以外の規定はそれしかないらしい)が、飛び道具の使用は禁止。しかしスレッジママのマシンはジャンプして攻撃したりしてたので、「両足が地面についていなければいけない」というようなことはないようです。(コースから電源供給されてもいるらしいが、バッテリーも搭載しているらしい。しかし、ジャンプによるこの件に関してのデメリットの有無は不明)

 ところで、レースシーンで度々登場している「パドックカー」はマシンの要請によって、「2周目以降」なら呼ぶことができます。この時、いわゆるイエローフラッグ状態になって、追い越し、バトルはNG、速度制限も課せられます。パドックマシンの離脱とともにレース再開。しかし、50周とかするF1に比べてIG-1は3周しかしません。
………
………えーとー。
 パドック要請して修理してたら、バトルチャンス&最終の追い込み時間はどうなるんでしょう。謎です。パドックカーでのピット作業も超スピードで行われているようには見えないし、その上腕はずしたりして、結構時間かかりそうな修理もしてますが……。

●IGPX 年間ランキング●
 IG-1では総当たり戦、決勝レースを除くと、各チーム5戦を戦います。んで、上位2チームの決勝レースが行われ、そのレースで勝つと優勝です。すでにこのシーズン、チームサトミは3レースをこなしています。1勝1敗1引き分け。残す2戦を勝たないと厳しい状況ですな。しかし1シーズンが1年と仮定すると(年号でシーズンが語られているのでそれっぽい)すごい短時間でシーズンは終わってしまいそうです。それとも私たちが見ていない所ですんごいスピードで時間経過しているのかもしれません。

♪というわけで、公式サイトから調べた(すっげー時間と根性がいった)バックストーリーをまとめてみました。今後、IGPXを見る時の参考に、新たなツッコミ所探しに、または見切りを深い世界の面白さが見つかった、など、あなたの「お役に立てれば幸いです

| | コメント (4) | トラックバック (2)

灼眼のシャナ 5

◆灼眼のシャナ 第5話「それぞれの想い」◆
syana5
 お。
なんか金髪のおねーちゃんも「こっちの世界」に友達下僕を持つ事にしたようです。ちょっと頼りなげ、というか、人を見る目がないようです>おねーちゃん
 そしてユージくんはなーぜーか、カズミちゃんと美術館デート。カズミちゃん、初めてのデートに美術館っていうチョイスはなかなかハードル高いですよ。高校生男子の割とニガテとする空間なのではないでしょうか?>美術館 そしてなぜか今度は平井さんの時とは逆パターンのようですね。池くん、ひっつけようとしてくれているみたいだし。おせっかいな男子高校生の多い学校のようです。
 そして、じーさん(に見える)新たな「紅世の徒」。
 シャナ、というか、アラストールはなかなか有名人のようですねー。うむむ。やっぱ1、2冊、原作読んでおこうかなあ。耳からだけじゃ単語がきちんと整理できないや。分かる頃には放映が終わってそうだ。………うーむ。

 ところで、岩田光央さん、すっごいテンション。ひさしぶりに堪能してますよ。ダフネのwebラジオ以来かもw。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2005/11/02

クラスターエッジ 5

◆クラスターエッジ 5 『奇蹟のレース』◆
beril5

 開いた口が。
 ぱっかりと。
 どうしたら。

 突っ込みどころが満載というよりは、突っ込みどころしかない30分。でした。
 アゲートったら、水の中に顔突っ込んだまま下向きにずっと浮かんでましたが?
 ゆっくり倒れてくる塔、そして「まっすぐ逃げる」ように勧める主人公。(倒れ出してから車に乗って、エンジンをかけさせスタートさせるとは!)しかも、最終的に逃げた事自体には意味が無い。 アゲートの不思議パワーで車&中の人は無事なようになちゃってるんだし。
 一見の少年客についてまわるカジノのガードマン(仕事中では?)
 勝手に皿洗いしているじーさん。金になるのか?ずいぶんゆるい仕事形態なエリアだな。
 3周しかしないレースで選手交代が規定違反ではないボートレース。
 レースコース上に貨物船。
 潜水して優勝
 ゴールはどこだったんですか?
●追記●
 えーと、今CMヌキしつつ見直してたら、橋をくぐった時点でゴールだったんですね?だから、鼻先にアゲートのボートを突き刺してた時点で2番のボートは自ら負けていたようです。なので、あのフシギ潜水とキラキラ浮上&笑顔はレースそのものは終了した後、ということみたいですけど……合ってます?よね?
 それにしてもクールな実況。状況がわかってんのかどうか。第一、潜水した時点でダメだと思うだろう。普通。(私たちは水中カメラ視点で見ているから彼が無事だとわかるが、上からだけじゃ大惨事のヨカン)

 あああああああ。とまらないっ。
 今週は出番がなかったがラクガキはベリル。順番から行くと次はクロムなんだけど、……出番がないからネタもないな。普通にお絵書きの準備をしておきましょうか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2005/11/01

アニメ見たよメモ 11/1

◆うえきの法則◆
 これもずいぶんご無沙汰。見てましたよー。
なんだかどんどん違う方へ違う方へお話がすすんでしまって、まるで
「人気投票上位なんでー、もうちょっと長引かせる方向でいこうよー」
って編集者に言われたんですか?みたいな展開です。
 しっかしなー、最初のウチは、本当に戦うための能力を持ったヤツばかりが出てきていたけど、最近、「まあ、そういう使い方するなら、アリっていえばアリ?」
みたいなコばかりが出てきてよくわかんなーい。森ちゃん&リンコちゃん&テンコのかわいさだけが頼みの綱です。いや、私的には、なんですけど。

◆カペタ◆
 やっとエンジンがついてコースデビューですね。
私は4輪はないけど、2輪のレースは何度か出た事あります。まあ、草レースとか、それにケの生えた程度のものばっかですけど。でもねー、プロと違って競争相手の力量がわからないので近付けないんですよ。恐くて。プロならコース取りも、コーナーでからんでいけばどう動くかもわかるでしょうから、ある程度安心できるけどアマチュアはそこでどういう挙動に出るかわかんないんで、ホント、恐いです。よほどパワーに差があるか自分に自信がないと抜きにいけないんですよ。
(というわけで私はたいしたコトにならず、ストレートでしか抜けない人でしたが)
 というわけで、カペタ、恐いものしらずすぎ。相手のツリメのおにいちゃんはなかなかの経験者みたいなのでよかったけどねえ。

◆アニマル横町◆
 イヨがかわいい。
 ヤマナミさんが謎めいていてステキ。
 ……以上。

◆ブリーチ◆
 なぜか30分あいていますね?まあ、見てはいるんだけど……
もとい
 弓親のご機嫌ぶりが無気味です。
 弓親&一角のオバカさんコンビが大好きです。
 それに、最強だったハズの剣八だって、かなりスカスカ。やちるちゃんがいるとジャマなようでいて、実はいないとなにもできないのでは?やちるちゃん、最強?
 ところで。剣八の頭のスズってなんでつけてるの?おされ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スーパーヒーロータイムぷらす 10/30まで

どえらく間があいちゃいましたけど、見てましたよー。いきまっす!
◆魔法戦隊マジレンジャー◆
  父帰る。……第1回放送で友達と「おとーさんって、アイツだよねー」って言ってた通りの「とーちゃん」しかしまあ、夫婦喧嘩ではなかったらしい、ということあたりまではわかりましたね。なにやら「かーちゃん」どこかで生きているらしいし!これから母を訪ねて南米まで旅をするかどうかは定かではありませんが。まあ、最終的には一家揃ってメデタクなって欲しいものですな。
 ところで!
 もうね、何をおいても今週分ですよ!10人の大ワルモノさん一気に登場!そしてこれ、見る人が見ればわかる、聞く人が聞けばわかる!という、声ヲタびっくり!な、本気で「豪華声優陣」ですよー。これからどうなっていくのか、すげー楽しみ。(なるだけ倒される順番が後になって欲しい人とか、いますがナイショだ!)

◆仮面ライダー響鬼◆
 こちらはなんだか強くなった敵さんvs強くなったライダー、っていうのは脇においといて、アスムくん回りのお話がずいずい中心になってきてます(と、思います)
 あいかわらずナマイキ転校生はぶんなぐってしまいたいし(テレビのリモコン、どれを押したら強パンチがでますか?)けなげなアキラ、がんばるアスム、そしてもっとがんばるもっちー。
 大人達も人間模様はまだまだ謎部分が結構あるみたいですねー。

 今までのライダーって、結構「正体を知られてはいけない!」みたいのがあったように思うんですが、今回、みなさん割とフランク。しかし、「怪物が出たぞー」みたいなウワサやテレビ、マスコミ報道などはないみたいで、そこに関しては報道規制されてるの?謎だ。

 オマケ ◆セイザーX◆
 仲間のワルモノさんにまで「めんどうなヤツ」よばわりされてる赤い人!おもしろすぎるんですけど!あのシチュエーションで
「おはよーございまあす!」
は、ないでしょお!w
 まだまだ馴染まない主人公ですが、バイトやめて未来の地球の平和に専念しなさいな。もう、現代の常識、通用しないみたいだから。>彼等には
 あと、今週分でのナゾ。あのシャーク(?)の玉、どーみても骨とう品には見えませんが?どうでしょう?おかしいでしょお!ね?そう思わないですか?え?スルーするのが大人ですか?そうですか?そうナノカナ?マホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コミックス色々 雑談

 今日は最近読んだ漫画など。
●ブリーチ●
 とうとう10巻まで読みました!丁度「セイレイテイ」に入るあたりですねー。アニメにくらべると織姫ちゃんの天然っぷりが際立って見えるなーと。ギャグのセリフもセンスがよくて手書き文字でのやりとりとかがスキ。でも、そろそろアニメにおいついちゃいそう。ヤバシ。
●蟲師 むしし●
 1冊だけ、といった舌の根も乾かぬうちに3冊購入。あ、なんか原作もいいかんじにシブイですな。本やに出向くたんびに1冊、また1冊とそろえてしまいそう……でも、アニメのお楽しみをとっておきたい気もして、なやむとこです。
 家のばーちゃんトコにも、昔は民俗学の研究だかしているという学生さんが昔話や伝説を聞きにきたりしてました。もうせんに亡くなってしまったけど、ばーちゃんが元気なうちに色々聞いておけばよかったなあ。
 かっちょいい名前のキツネが住んでいた、という有名な土地だったので、キツネ話にはことかかなかったんですよ>ウチの田舎 駅前には狐の石像が建ってます。
●ぱにぽに●
 6巻、7巻、桃月学園絶対合格マニュアル、の3冊を購入。
しまったーーーー。6巻って、ちょっと特殊設定の1冊だったのね。しらんかった。アレはアレでベッキー、かわいいっていえばかわいいけど、ちょっとなー。期待していたものと違っちゃったかも。まあ、アニメそのものを期待していたわけではないので、その辺は問題ないんだけどねー。
 別物としてはソコソコながら楽しみました。
 んでも、これからも買い続けるかは疑問です。すまん。
●花とゆめ●
 フルバがどろどろ状態。あのほのぼの漫画はどこへ?連載で設定が複雑なものが増えたせいか、毎号しっかり読まないとついていけなくなってます。うむむ。今は「しゃにむに」や「シュガプリ」「悩殺」がオキニ。
 オマケ ●ドリマガ●
漫画じゃないけど。TGS2005逆転裁判の特別法廷DVDがついていたので購入。
 月刊誌になってから初めて買ったかなあ。なんか、連載も色々と様変わりしていてよくわからない、というか今どういうゲームが流行ってるのかもよくわかんなくて、あたふた。
 なにしろ、PSPとDS、どっち買おうか迷ってる段階ですし!
 PS2もTOレジェンディア以来電源いれてないし!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »