« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月の記事

2005/12/31

ノエイン もうひとりの君へ 12

◆ノエイン 12話 タタカイ◆
noein2005
「ハルカが見る事で世界が決定する」
そうか。箱の中の猫を見る役目をするのがハルカなのか。この世界はハルカの世界?それが龍の頸環の能力ってことなんでしょうか。前回、今回とつなげるとそういう感じなのかな。

 大人気アトリ消失?一安心なの?……といったところで巨大な敵、シャングリラのノエイン登場。フクロウの消失。しかもあんな形で・・・?
 とうとう本当に孤立した感のカラスですが、衝撃一発でぶっとばされちゃってる彼、ハルカを守りきれるのか。コサギ&トビのこれからも気になるし。フクロウの消失はアマミクも知る所になるんでしょうし。
 とうとうハルカパパも登場か。
 あーーー。気になるっ!と思ったら、次回予告もないまま、来年につづく。
 (ストーリー上ではまだまだ夏だけど。)

●今日の一言●
 アイの涙にぐっとキた。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

はっぴぃセブン 最終回!

◆はっぴぃセブン〜ざ・テレビまんが〜◆

 はい。最終回ですー……って!
 なに?この急展開!

 学園ラブコメからいきなり宇宙規模のストーリー。しかも脈絡ねー!いきなりそんな告白されてもーって感じです。しかも、誰も疑問に思ってないようだし。

 ま、いいや。
 最後の3回ほどは菊之介(ボイスby 福山じゅんじゅん)の出番が多かったしー。いままでの「のほほん」から「凛々しい」声にチェンジした演技がいっぱい聞けたし。
 最終回なのに、しかもずっと感想書いてなかったのに、総括がこんな感じです。あはは、はは、は。

●今日の一言●
資金はともかく、一か月で学校が建っちゃうっていうのは、どうよ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/30

パラダイスキス 12

◆パラダイスキス-Paradisekiss stage-12 未来◆
parakiss
 先週はすんませんでした。ということで、今回がホントのホントに最終回。
んでも、アレだ。感想としては先週とたいして変わりないかなー。うーむ。

 ユカリ母ってなんかありがちー、って思ったし。
 高校生の女子の反応としては、ユカリの言動は、まあしょがないっつーか、年上なジョージが逆にフォローしてあげなくちゃいけないぐらいだろーよ、とか思うし。
 その他メンバーは、なんとなくオマケっぽい扱いでしたな。なんとなく。

 一番ありえなかったのは、あれ。
「おねえちゃん、彼氏来てるよ」
 結婚が決まった姉の婚約者。弟に名前も呼んでもらえてないよ。w 相手がジョージでないことだけは確定だったわけだけどー。
 最後の「泣き」が後悔の涙だったとしたら、私は納得しないぞー。>ユカリ
 懐かしさに「ホロリ」程度じゃなかったもんね。あれ。

 しかし、モデルさんだったとしても、10年前と同じ体型を維持し続けたんだとしたら、そこはうらやましいというか、努力したんだね、というか、うん。

 来年からは怪談かあ。

●今日の一言●
 遠い世界は共感しづらい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/29

灼眼のシャナ 12

◆灼眼のシャナ【第12話】 「ゆりかごに花は咲いて」◆syana
 今までを振り返りつつ、次回からの展開も期待させちゃうストーリー。
ありゃりゃ。シャナ=平井のココロはどうなの?つか、ユウジ、しっかりしてくれ。まだ旧平井さんのことが心に残ってるのか、それとも単に「とりあえず、オンナノコとつきあうとかってそういうのは今のとこ考えてなくてー」っていうあれ?優柔不断?
(はっきり振られるより下手に可能性を見いだしてしまったりする残酷な一言)
 マージョリーさんはマージョリーさんで「見逃してもらった」ことにプライド傷つけられちゃったんでしょうか?ここでシャナと一時休戦、協力態勢に?

 あのキンパチュちびっこの狙いはシャナの刀。刀剣収集が趣味なんでしょうか?それだけにしちゃ大掛かりな感じだけど……なんかあるのかな。
 フレイムヘイズも、紅世の徒もこの街に大集結。なにかの引力でも働いちゃってるんでしょうか?

●今日の一言●
 傍目八目

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/12/28

ガンソード ×26

◆ガン×ソード 最終回  第26話「タキシードは明日に舞う」◆
gunslast
「そうか!あなたはバカなんだ!」
今頃気付いたか。

 というわけで、ガンソードも最終回〜。
そっか、毎回次回予告でのウエンディの語りはこのラストにつながっていたのね。うわ。ちゃんと最終回が考えられて構成されていたんだ!(いや、当たり前といえば当たり前なんだけど)そう考えるとかっちょええ仕掛けがあったのね。
 なんだか「友達」「友達」言ってるのを聞くと、違う漫画を思い起こしてしまうのですが、まあ、それは、いいか。あの信者さんたちはその後どうしたんだろね。ウエンディの成長を見ると、そこそこ年月経っているみたいですが。

 ヴァンは英雄か。
 そか。

 英雄、あいかわらずのハラペコキャラとして再登場。
 あれから何やってたのかはわかんないけど、あれだ。その。
 ヴァンもウエンディも未経験だといいなとか思ったり。いや、あの年齢(どの年齢?)でそれはどーなんだ?とか。
 この後また旅をするにせよ、どこかに落ち着くにせよ、2人が一緒にいられるならいいなと思うのでした。

●今日の一言●

カメオ、でか!

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ガラスの仮面 39

◆ガラスの仮面 39 紫の影◆
 えーとー、ストーカー2人に執拗につけねらわれるマヤちゃん(元人気テレビ女優)のお話?

 1)お金持ちの年上ストーカー
 買い物に出た所をかどわかし、プラネタリウムへ。その後縁日でデート。さらにその後夜景の見えるレストランでお食事。
 大人なら、せめて携帯はレストランの外で受けろ、または小声で返答しとけ。せっかくのムード作りだいなしだから。

 2)粘着気質のストーカー
 久々の登場。若干原作よりに絵が修正……いや、成長したみたいです。
 「いつか君と同じ舞台に立ちたいって…」
 真夏の夜の夢も、2人の王女も見に行っていたと告白。芝居の方もやってたはずなんですが、残念!マヤちゃんの眼中には無かった模様。

 「狼少女ジェーン」のメインキャスト顔合わせ、そして稽古も始まります。原作で約270ページ分を1話でやっちゃってます。
 わおーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラスターエッジ 13

◆クラスターエッジ 13 カールスの遺したもの◆

 ★カールスとクロム
 カールスは人造兵の人権擁護云々ということで活動していたようですが、今回を見る限り、クロムは実験台です。

 クロム<おそらくベースの監視役>はあまりにも射撃下手。最初の数発は脅しで、と解釈してもいいんですが、「戦うことしか教えられていないモノ」があのていたらく〜。しかもいきなり敵とも味方ともわからない侵入者から包容され、拒絶してませんし。
 「記憶をうえつけられる」実験体とされた後、カールスの弟として育てられた後、人造兵として軍隊に戻されてます
 カールス、あなたが一番ひどいんじゃ?「恐怖」を感じさせるために人格形成実験?
 ところで、時間軸がよくわかりません。
 「変わった?俺が?カールスが俺を変えてくれたんだ」
 人造兵としてだけの考え方しかもたないクロムをシスターは知らないんじゃないかと。(だって幼少時に連れてかれたカールスの存在を次にシスターが知ったのは学生時代の図書館。シスターとカールスの再会=クロム初対面はその後なのでは?)

 ★アゲート
 主人公。ずーっと血が止まらないようです。きっと壊血病なんでしょう。
 しかし、「トラック」にのせられそうになったとたん、すっくと立ち上がり自動車へ乗り込むアゲート。よほどトラックがイヤだったのか。そーねー、乗り心地悪いもんねー、ってこら!シスターに看病させて苦労かけてたのは甘えか?かまってちゃんか?あんたは?
cle13

 ★シスター
 修道院のために寄付をつのる一方、クロムを墓堀りとして村に派遣。人造兵としての「ばうわー」だけは利用しちゃうちゃっかりさんです。
 ところで、彼等のおいのりですが、前回のお祈りのシーンでは右手を上に左手をつつむように組んでおいのりしていた人々。クロムだけが「こうすると人間になれるんだって」とやってみせていたのは逆の手。そして今回、幼いカールスは指を組んでました。あまり形にはこだわらないんでしょうかね?
 
 アゲートが連れて行かれた後、あの金色に光る草原で
「らん らんらら らんらんらん」
 と あの上を歩き出すのではないかと思った人は手を挙げて下さい。

●今日の一言●
 せんせーい!何を質問していいか質問してもいいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005/12/27

スーパーヒーロータイムぷらす 12/25まで

 クリスマスとがっちりバッティングした今回ですが……
◆魔法戦隊マジレンジャー◆

 水色ちゃん、カエルネタ第2弾。
 しかし、ママン大活躍ですね。第1話で変身>巨大化、そして散っていった彼女がこんなに本編にからんでくるとは思ってもいませんでした。しかも来週の予告ではなんか、白い人写ってましたけどー!
 正直、私の中では神罰どーこうはなんだかもう、どうでもいい感じになってきちゃってー。うーん、せっかくこんな時期に10人も一気に登場したからどんなワルをやってくれるのかと思ったら大した事ないし。どんどん自滅していくし。
 「世界中カエルだらけに!」
 いや、そりゃ、個人的にはヤですけどー。食料不足な地域にはすごい恩恵なのでは?

 クリスマスネタは前回やっちゃったんで、今回はすでにお正月なんでしょうか?スゴロク?なんか、ケロロの作ったスゴロクっぽいよ。なんでもありって、アンタ。しかも、12マス。子供の手作りスゴロクみたいです。きっと、ゴールのひとつ前のコマは「ふりだしに戻る」だな。

◆仮面ライダー響鬼◆
51226
 まずはアキラ&モッチー。すでに出てくるだけになっちゃってます。でも、いいんだ♪アキラが見られてうれしいから。ところでアスム、子供との約束、指切りまでしたんだから、守るんだろうなあ!
 キリヤ。いきなりイイモン扱い!なんじゃそりゃ。火炎車がキリヤをいぢめてたコを付け狙う意味もわかんねーっっすけど!
ヒビキ「いい経験をしたな。キョウスケ」

 おい、こら!待て!人のものをだまって持って行ったことについてはどーなんだ?
 目的が善なら手段はどうでも?
 アスムが「返して」って言った時、「知らない」ってウソついたのは?いいの?ねえ、良いわけ?
 納得いかねーよー!

 トドロキ君方面。ザンキさん、魂返しの術、ですな。ヤケに深いとこを。
 術で生きながらえている事を知ったイブキさんはヒビキさんに相談。えーとーっ。オヤジさん、立場なし?吉野とやらには報告しなくていいの?
 「もう鬼にはなれない」
 って言われて数週間。リハビリ加減もあんな状態から自分で立ち上がって、歩いて、走って、しかも変身>戦ってますが!
 納得いかねーよー!

◆超星艦隊セイザーX◆
 クリスマスのパーティーをしながらの総集編。
 しかし、着替えない人たちだな。特にアイン&ツヴァイン!あれでリラックスしてんのかな?ま、いいや。3将軍がどーとか、CMネタバレのサメの人がどうとかは次回に期待と。

●今日の一言●
 「見て、あの枯れ葉の、最後の一枚が散ったら、私は死ぬの。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/26

ぱにぽにだっしゅ! 26 最終回

◆ぱにぽにだっしゅ! 26話 一寸先は闇◆
pani26 さいしゅーかいっ!
というよりは、まるまる1話分つかったエンディング、だよね。
 スタッフさん的には打ち上げ回?なんか、寄せ書きだよw。でも、あいかわらず瞬間ギャグ満載。書ききれないし、ぶっちゃけリストアップするのもー、ていうか、ヤボ?粋じゃないっつー感じも。
(めんどくさいわけじゃないぞ!ホントだぞ!)
 ただ、かなり新しめのアニメのパロディがかなり入っていたので結構なスケジュールで作画されていたのがわかっちゃいますねー。(序盤では懐アニ、懐ゲーネタが多かったけど、最近は時事ネタまであるもんね>黒板)あ、もちろん今回も懐かしい系のネタもいっぱいありましたよー。カルピスだけは言わせておいて頂きましょう!(いつもながらチャレンジャーですね)

さて。
 第1話で、「見方がわからない〜」と嘆いていた私ですが、これでやっとわかったよ。1話めも、まるまる1回分使ったOPだったんじゃないかと。
 うわーん。なんか、こんな風に振り返りつつ書いていたら寂しい気持ちになってきちゃったよー。んだけどね、続けて欲しいってのは本心だけどね、そんでも、無理して続けてぐだぐだになっちゃうよりはイイ感じのキリの良さなんじゃないかとか、色々感慨深いです。

 アニメイトTVで始まった「ぱにらじ」(略称)もあるんで、ベッキーとはもうちょっとおつきあいしていけるかな。
 ただ、最後の最後に残念だったのがエイリアンがエイリアンの見た目じゃなかったこと。前回からのヒキで地球人外見でしたけど、普通にエイリアンな見た目でいてほしかったなー。んみゅ。
 ラクガキは最後にベッキーをでっかく、どっかーん。……また毛筆文字で失敗してしまった。懲りないなあ。>私

●今日の一言●
 リアルタイムで視聴はキツイかったっす。
●おまけの一言●
 寂しくなったら、ガイ○ングで玲ちゃんに会え!

| | コメント (2) | トラックバック (17)

2005/12/25

銀盤カレイドスコープ 12 最終回

◆銀盤カレイドスコープ 最終回 シンデレラ◆

「お前は神の元に召されたのだ」
 という不思議な言葉使いの神様に100日の猶予をもらって(押し付けられて)タズサに取り憑いちゃったピートですが、その100日めがせまってきた、ということで最終回です。

 「こちらにも都合があるのだ〜」
 神様、せめてその神様の都合とやらを教えて欲しかった。
 まさか、結果をみすえてたずさのファンだったとかじゃないよねえ。ちっ。先週ちょい泣きしちゃったのに、今回はなんか、欲しい答えがすかすかとかわされた感じのストーリーでちょっと拍子ぬけ。

 さて、オリンピック本戦。アニメの中でのタズサはメダルはとれず。演技はほぼ観衆のカットでごまかされてしまっていた、ロシアの実力派、リアに金メダルという結果になったわけです。まあ、いいよ。4位なら上等だ。SPで2位ながら総合で4位。ちょっと(?)とは思うけど、一応は三代監督が解説してくれたわけだしね。

 そっちはいい。全然いい。でもさー。ピートは?EDで後日談をショットで見せてくれたりしてたけど、ピート&たずさについてはほとんど触れられてない。せめて
「あなたの演技の中に 佐為 ピートがいる。」
 みたいな余韻、ピートが消えてもピートの名残をタズサが守っている、みたいなのが欲しかったなあ。女子としては。みゅー。消化不良。

●今日の一言●
 リア・ガーネットは14歳。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/12/24

BLOOD+  ep.12

◆BLOOD+ 第12話「白い霧にさそわれて」◆blood12
 ディーバ?どっかで聞いたような……ま、いいや。それが真の敵さんつーことね?でも、ディーバが何者なのかの解説はまったくなし。グループなのか人なのか、モンスターなのか。
 小夜もなぜか詳細を聞こうとしません。ハジもハジで、心細さにすがる小夜に
「あなた次第です」
と、いやにつれない。あんたが無口なのは知っていたけど、今回もセリフひとこと。しかもこれ。あ、うめき声をいれるともうちょっと増えるかも……でも、もうちょっとしゃべってくれないと、ヴァンの中の人に「バンクでいいじゃん。ギャラ泥棒〜」って言われちゃうよw。
 (トリニティブラッドのトレスくんの中の人が言われていた)

 デヴィッドさんはまあ、いいけど、小夜&ジュリアさん、どこで着替えたんだ?ちょっとぶかぶかな戦闘服の肩を直す小夜がかわいいっす。
 さて。音無小夜の日常に戻るため戦う決意をしたかに見えた小夜ですが、ちっとも戦えない。ハジのささやくような声援もありません。
 歌が聞こえる?歌に誘われて戦い出す……それはあれですね。ネピリムの歌声ってやつですね?Jrもケイオスも聞いちゃいけないって言ってたし。
 いや、えーと。

 小夜が戦えないとなると自らの身を守るのがやっと、それさえ危うい「赤い楯」の人たち。……ネーミングがな。えーと、なんつーか。どうよ。名前負け?

 こんな状態でカイとリクは小夜の至近距離に。
 小夜は覚醒できるのか?
 兄弟再会は無事果たせるのか?
 ムイは無事にいられるのか?

 今回、特に翼手化してしまうのが子供ばかりというのが、うー、実験する側には色々都合のいいこともあるんだろうけどさー。あくどさが際立ってて、演出としてはおっけーなんでしょうけどー。
 うわーん。はうはう。はうはう税導入されたらいくらもってかれるかわかったもんじゃあありません。

●今日の一言●
「しまった!見逃した!」どうしてデヴィッドさんの声だとこんなに面白く聞こえるのだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (12)

ノエイン もうひとりの君へ 11

◆ノエイン 第11話 スレチガイ◆
noein11
 ハルカの父、という存在が初めて登場。
 ラクリマ時空とハルカたちの時空はどれだけリンクしているのかわからないけれど、今まで見てきた中での一致具合だと、かなり近い世界なのだと思われます。ということは、セツリンのお姐さんたちが探っている「なにか」だとか、そういうものはカラスたち、またはカラスたちの世界、ラクリマの上層部は知っているのでは?んー、でもこの時空が救われてもカラスたちの世界はかわらないのか。一直線状の未来じゃないってことだもんね。

 ゼツリン姐さんの例え話で出てきた箱の中の猫。シュレーディンガーの猫の話ですね。
箱の中に猫が一匹います。猫は生きている確率は半分。死んでいる確率は半分。箱をあけてみるまでは、その猫は半分生きていて半分死んでいる猫。箱を開けて、はじめてどちらかの猫になる。かな?
 物理は苦手なんで、わりと得意分野の方面からいくと、一瞬一瞬から枝分かれする未来、枝分かれして行く時空っていうのはニーチェの永劫回帰のお話がわかっているとわかりやすいのかな。全ての選択肢がある一瞬一瞬が、私たちの前に永遠に続いている。その瞬間毎の空白は永遠に続く。選び取って行くのは自分自身。ニーチェは別に、別世界が「存在する」ということではなく別世界を作り出す可能性の事を語っているのだと(今のとこ)私は思っているのだけど。

 アイに遭遇するフクロウ。
 やはり、自分におきかえるとカラスの心情も理解できてしまったようです。彼はラクリマに帰りさえすればアマミクがいるけれど……。体制としては敵になってしまってはいるけれど、やはり親友、だもんねえ。

 今回はハデなストーリーではなかったけれど、ノエイン世界を理解するには重要なワードが沢山出てきた回かな。もちろんわからなくても楽しめるけど、理屈をこねくりまわしたいコアファンに向けたメッセージというか、ヒントがちりばめられていた回なんじゃないかな、と思いました。

●今日の一言●
 犬も猫も、3分間待つのだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2005/12/23

パラダイスキス 11

◆パラダイスキス-Paradisekiss stage-11 ステージ◆
pkisslast
 とうとう、いよいよ本番ステージです。
 ユカリのお衣装…というか、ジョージデザインのドレスはブルーグリーンの生地に例のビーズ模様バッチリ、んでもってバラだらけ、花びらちらかしながら歩いてます。かつヘアメイクはバリバリ、エクステ使用だよね。すんごい細いミツアミがこんぐらがってます。地毛だけだと長さ足りないもんね。うん。
 他の生徒さんのデザインは見られなかったので比較はできないわけですが、どーなんでしょね。結局1位だったドレスは視聴者のデザインファッションコンテストのグランプリさんのお衣装でしたが……。
 あの着付け、大変そうだったけど記念撮影のためにもう一度着付けしたんだね。

 最終回へ向けての感想
 なんだか恋模様なストーリーを芯に進んでいるのかとおもいきや、だとすっとなんだか薄味な感じだったのではないかと。
 決着がついたのはユカリとお母さんのギクシャクが若干緩和されました。ということだけなんだよね。今のとこ。うーむー。ジョージの家庭も、ジョージとユカリの関係も、徳森くん方面もなーんだかわかんないまんま。
 これね。ノイタミナ枠前作ハチクロの終わりも男女関係はケリのついたエンディングじゃなかったけど、ハチクロは「ハチクロ世界はこれでいいんだ。まだまだこのままキャラたちは普通にいきていっているんだから」と、ちょっと夢見る乙女系の恥ずかしい納得の仕方ができてしまう終わり方だったんだけど、パラキスのこれはどうだろう。なんか、あともう一歩。気持ち良く未来が見えるエンディングを期待してるんですが……ちょっと消化不良。

 とはいうものの、今日、町中歩いていたらドデカイパラキスのポスターがどーんどーんどーんと。
 ビーナスフォートのイベント告知のポスターでした
 アクセやドレスなどでCDブランドとコラボで商品展開してるみたいだし、こういうのが続いて行くならこれから、っていうのを期待してもいいのかな?ということで。

●今日の一言●

 顔はぶたないで!

 ごめん。あともう一回あった。
ホント、すまん。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/22

ナデプロ!! vol.2

ナデプロ!! vol2◆

 井上和彦さん監督の声優業界が舞台のドラマCD第2段でっす。
 ちなみにvol.1の感想はこちら。

 前回は置鮎龍太郎さん演じる敏腕マネージャー樋口と、小西克幸さん演じる2枚目声優人見にスポットのあたっていたストーリー。今回は甲斐田ゆきさん演じる甲斐くん&ゲスト出演の櫻井孝宏さん演じる桜小路くんがメインです。
 櫻井さん、楽しそうにヤなヤツ演じてます。
 甲斐田さん、いっやー、これまた楽しそう(別の意味で)。

 と、この2名がメインのお話なので、その他メンバーはセリフ少なめ。人見の過去がちょっとわかっちゃったりするストーリーではありますが、あいかわらず樋口は謎のまま。というより謎は深まるばかり。
 まあ、ぶっちゃけこのまま終わりと言う事もないでしょうし、そうすっと次回のメインは南雲くん(野島健児さん)ストーリーかな?

 ただ、このCD、続きモノのドラマCDにありがちな「僕は○○!××高校に通っている高校2年生!実は最近……」みたいな設定説明はいっさいなし。なにもなし。なので2から聞きはじめると、ナデプロの不思議ワールドにいきなりたたきこまれます。
 「んもー、櫻井さんラヴ!櫻井さん出てないならCDなんか買わない〜!」って人以外は樋口の悪巧みにひっかかったと思って、素直にvol.1から聞きましょう。w

 さて、前回、予算ぎりぎりで作りましたーってことでオビの無かった「ナデプロ!!」ですが、今回、オビついてます!vol.1売れたのかな。予算、とれたのかな?やったね、ナデプロ。なんて太っ腹なんだろう。オビ、2枚もついてるよ!……1枚はもちろん、普通にオビとして。2枚目は、vol.1のオビが、ブックレットに挟まってます……これ、いわゆる「封入特典」っつーの?
 きちんと製品番号やキャスト表示、定価まで印刷されてます。普通のオビと違うのはバーコード部分がイラストになってることぐらいかな。
 でもなあ。開封した後のオビって、あんまり意味な……。
 あはは。いや。その。ね。
 まあ、外見からキャストがわかるようになったのはとりあえずめでたいね。よかったよかった。

現在 限定webラジオが聞けますよ!音泉にて。12/26まで。急げ!

●今日の、ちょっと長い一言●
 11月発売のドラマCDの感想を今頃書いているのは、アニメイト冬のAVまつりに踊らさたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灼眼のシャナ 11

◆灼眼のシャナ 【第11話】「悠二とシャナとキス」◆

 シャナ、ドッジボールは当てられたら外出ないと。あれ?ルール、変わったんだっけ?ま、いいや。何故女子にはシャワールームがあって男子にはないのかは問わない事にしといてやる!お約束ってやつだからな!(一部傾向の小説やCDを除く)

 今回は「キスってなあに?」みたいなお話。シャナもかわいいが、今回一番かわいかったのは

 アラストール

 でしょう。ユウジママ、チグサとの会話、なんかこう、あらすとおるさんとしての、ぎこちない話っぷりが、いつもの自信満々、傲慢不遜な感じのアラストールの別な一面が見られてよかったっすよ。うんうん。猫柄リボンで携帯にしばりつけられた姿もかわいかったしな。(あのリボンを所持していたユウジも謎だが)

 「シャナ」感想では、ずーっとシャナのラクガキを続けてきたんですが、(だーって、かわいいしー。描いていて楽しいんだもん)続きすぎ?と思って別キャラに挑戦しようとして挫折。じゃあ、あのパツキン兄妹のキスシーンを、と思ったら思いがけずヤラしくなってしまったのでゴミバコいき。
 あーもう!
 やっぱシャナで描きなおすかなあ。(でも時間ないのでとりあえず文章だけ)とほほ。

●今日の一言●
 迷い箸はマナー違反

| | コメント (0) | トラックバック (1)

TOA アビス プレイ中。1

 いやー、風邪ひいて外に出られないので、ぽつぽつながら進めています>アビス
toa1
 ラクガキは子安大佐。ネクロマンサーですか?腹黒そうですね。
 とりあえず、ゲーム誌見ない、後略サイトも見ない方向でやってるんで、たぶん現時点でも取りそこなってるイベントや称号もありそうだけど、まあ、気にしない。どーせ、もう1回くらいはプレイするだろうし。
 最初に画像を見たのは今年のTGSだったんだけど、モーション部分?ムービーじゃないけどストーリー部分になったときのキャラの印象はシンフォニアの時より若干劣化したのでは?という印象。シンフォニアはキューブでしかプレイしてないから、PS2版との比較ではないんですけど……。
 現在、ミミタコになりそうなくらい、子安にもゆかなにも保典さんにも「力押しかよ」って言われてるけど、それしかできないんだもーん。シリーズ全部それで通してきちゃったもーん。というかんじでやってます。
 でも、あんなに言われるってことは、今回それじゃあ進めるのに苦労するよーっていう前振り?まあ、いいや。(いいのか!)

 ちょっと思ったんだけど、OPムービー、きれいでかっきいけど、なんだかネタバレ含みすぎな気がするんだけどー。どうなんだろ。ま、いっか。リバースん時のミキシンとの橋での決闘とかもOPに入っていたしな。うん。

●今日の一言●
キャラ名を声優さんの名前で覚えるのはどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/21

クラスターエッジ 12

◆クラスターエッジ 12 アゲートの叫び◆
ce12

 アゲートの除籍処分が決まったそうです。職員会議中のエマ先生は当然、と考えていて、しかもアゲートの寮の特別室までお片付け。両手一杯とはいえあれだけの荷物でやってきたアゲートの部屋には大量の本。片付けているからにはアゲートの私物扱い?寮の備品じゃあないのか。工具類は……ガレージかな?(無理無理納得)
 ともあれ、エマ先生、もうちょっと本は大切に扱おうよ。
 ここでアゲートの使っていた特別室が昔カールスが使用していた部屋だと判明。それに意味があるのかどうかは不明。

 さてと。除籍処分についてはまあ、どーでもいいんですが(!)、そもそも特別待遇でアゲートがクラスターEAにやってきた経緯については誰も、何も語ってくれません。しかもだーれもそれを不思議に感じていない模様。だって、学長だって簡単に除籍のハンコ押しちゃうしさー。なにかの圧力とか裏からの力で編入させたとかいうなら、もっとなんかあってしかるべきなんじゃ?

 さて、クロム&アゲート。場所は不明ながらクロムとカールスを知るシスターが居る教会へ。(キリスト教なのかね?シスターのカッコからすると)村人達はお祈りの最中。
 若い男性は先の戦争にかり出され、ほとんどが戦死。
………?
 えーとー。人造兵が戦ってー、いっぱい死んでー、でも人間は戦わなかったっちうのがこのストーリーの中心にあってー、それがカールスや「人造兵に否定的な教団」(第1話より>普通、名前がついてるだろう)の活動とかにつながってー……。

???
 わっかんねー。

 ブチきれるとバーサク状態になってしまうアゲートやカールスを虐げてきた人々には牙を剥き即戦闘を開始するクロムより、よほど「倫理観」を持って見知らぬ死体に接するクロム団の3人&今回も好奇心旺盛なセピアな3人。しかもセピアな3人はしゃべらないけど学習はきちんとしていくようなので、単に「人間的なこと」を教えられてこなかっただけなんじゃ?
 死体が大事に持っていたロケットの写真を見ただけで
「家族の写真だ。いつか彼がここに眠っている事を教えてあげよう」
ですよ?ベスビアはもとよりベリルだってこんな風に対処できるかどうか。だわ。

●今日の一言/二言●
 家に帰るまでが遠足です。
 すべてにケリをつけてこその最終回です。
 そこんとこ、よろしく。 

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/12/20

アニメ見たよメモ 12/20

◆うえきの法則◆
 見た。

◆アニマル横町◆
 アミちゃんが5歳児にしてはしっかりもの&おりこうさんなのにはほとほと感心する次第です。ただ、心配なのはアニ横トリオとばかり遊んでいて、同世代のお友達とお外で遊んでいないという……そんなことはいいんですが。イヨのかわいさと凶悪さのギャップには慣れてきてしまったので、それ以外に見続ける引力がある作品でいつづけてくれるかどうか、最近ちょっと心配。
 ヤマナミさんは魅力的だけど、賢雄さんあってのヤマナミ魅力な気がしないでもないしなあ。

◆焼きたて!ジャぱん◆
 CMAP3人組との勝負の続き。
 アニメ的感想
 マレーバク?何故?いや。かわいいんだけど。マレーバクと聞くたびに、火浦功先生の「遊んで悪いか!」を思い出す私ですが……(火浦せんせー!仕事してくださいー。新作待ってるんですけどー)。
 何故ワイルドライフ?何つながりなの?ただのサンデーつながりだけじゃ、出てこないよねえ?謎。
 声的感想
 というわけで、ワイルドライフの岩城の声は檜山さん。九州を越え、日本をも包む愛を叫ぶ檜山ボイス(エコーつき)はSSDSの君島先生を思い起こさせる演出。かっちょええ。
 CMAPメンバーは、しかし何故ここに彼等?という豪華メンバーな気がするのですが。どうでしょう。緑川さん、オカマ化にはびっくりだし。
 EDのキャスト、ちゃんと、
 「岩城鉄生 檜山修之」
 シャレでなく、ちゃんと岩城なんだー、ってのもさることながら、その下には「マレーバク」「犬」まできちんと役名として出てるし!普通だったら、その他大勢にまとめられちゃいそうな役なのにね。
 余談ですが、トリニティブラッド&トリブラッジオ以降、松代に注目してしまう私。役者さんってホント、すごい。

◆ブリーチ◆
 とうとうコミックス20巻と揃うようなかたちでアニメも一段落。
 この後、アニメ版として原作とは別ストーリーで、というような話が恋次役の伊藤健太郎さんのweb日記で書かれていましたが、どうなるんだろう。とりあえず次回の1時間スペシャルはなんだかお祭りっぽい感じなのかな?予告はギャグっぽいシーンでいっぱいだったけど。
 おまけ
 公式ファンサイト「BLEACH-FAN」、1月半ぶりに「森田君の一護一笑 FIRE!」更新。森田さんとイトケンさんのゲーム対決を見ていたら無性に欲しくなってしまいましたよ。>「黄昏にまみえる死神」 でも、私もイトケンさん同様、格ゲー得意じゃないんだよねー。

●今日の一言●
 織姫 防御!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガンソード ×25

◆ガン×ソード ep.25 バカがヨロイでやってくる◆
guns25
 いよいよラス前です。
 みんなバカだけど、みんなカッコイイよ!
 じーさんズ。やっぱりピンチにはいつも寝ている彼!カッコイイよ!
 カルメンさん。こんな男前な美人はどうよ?カッコイイよ!
 ジョシュアくん。「僕はやるときはやるよ!」だよ。カッコイイよ!
 ヴァン!やっぱあんた大バカで、バカでバカで。周囲どうこう、とかに動かされない貫きかげん。そのバカ加減。ハンパじゃなくバカがカッコイイよ!

 そして、何度も構えることはあったものの、残された1発の銃弾を使う事無く旅してきたウエンディ。とうとう、本気で狙いをつける相手……かっこよすぎだ!バカでカッコイイみんなに背中を押され、励まされ、勇気をもらって、成長したウエンディ。

 来週は最終回。エンドレスイリュージョンにはどんな未来が?
 乞うならしてやる!期待ってヤツをな!

●今日の一言●
 取り扱い説明書は隅々まで読みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/12/19

スーパーヒーロータイムぷらす 12/18まで

 ラストの盛り上がりに向けてまっしぐら!感ただようスーパーヒーロータイムと大ハマり中のセイザーXについてです。が、ラクガキは関係ナシです。すんません。時々無性にこういうのが描きたくなってしまうので。はい。
51219
◆魔法戦隊マジレンジャー◆
 クリスマスストーリィの続き!私はてっきりアニキ農場が一役かってくれるものだとばっかり思っていたのになあ>イチゴ。だって、イチゴ作る話、前にあったじゃん!
(というか、イチゴだけの問題なら洗って使うっていうテはナシか?)
 最初10人いた冥府神、ずいぶん少なくなってしまいました。しかも倒された、というより内部のゴタゴタで自滅していった感じですけどね。ナイ&メアに優しいワイバーンと、キンギョがお気に入りです。あのしっぽ、カワイイけど邪魔っそうだよねー。
 余談ですが千葉にあるテーマパークにて、白い手袋をした黒いネズミさんの、黒くて丸い大きな耳に往復ビンタされたことがあります。

◆仮面ライダー響鬼◆
 「ほあほあ!」ディスクアニマルの鳴きまねをついしてしまうこのごろ。披露する機会もないうえ、そろそろ放送も終わりに近付いてきました。
 クソガ…キリヤくんは、弟子離脱。アスムの不用意な行動によってまさにキリヤの欲しがっていた神秘的な力を手にいれてしまいます。
 アスムとキリヤ、そしてヒビキ。無茶を承知でトドロキくんの分までがんばろうとしたザンキさん。弟子と師匠の切ない系のストーリーが続きます。
 影絵で子供達にお話を聞かせていたもっちー、部活はどーしたんだろう?アスムがいなくなった(活動、してないもんね)吹奏楽と一緒に練習できないならチアはもうやらないコトにしちゃったんでしょうか?そしてアスム&アキラをサークルに誘うもっちー。アスムはむろん修行でそれどこじゃないんですが、アキラも誘いにのりませんでしたね?なんででしょうね?なんでなのかな?やっぱタケシとして鬼たちのサポートへの道を選んだから?それとも……恐くて言えない。

◆超星艦隊 セイザーX◆
 ブレアード様、またまたはりつけ。3将軍の中では一番強そうなのに振り切れないもんなのかね?しょっちゅうアクアル様にアタマのトゲトゲひっぱられてくし、実はあそこが弱点で、トゲトゲをひっぱられると急に大人しくなっちゃうとか。w
 「最初はぐー!」(宇宙標準)
 「後だし禁止!」(宇宙基準)
 巨大化ブレアードは5分で元に戻る……ウルトラマンみたいですねー。でもいきなりちっちゃくなっちゃってとまどってるブレ様かわいーっす。あのまま踏まれちゃったら「ぷち!」っつって終わりですよ。終了〜。
 ところで今回、トゲトゲじゃない(しつこい)ブレアード様の弱点が発覚したわけですが。あれですね。やっぱブレアード様のあの格好は戦闘用スーツかなにかで、地球上の人類と似たような場所に似たようなものがくっついているということ、で?あの「ぴょんぴょん」でどれだけの地震が起きてどれだけの被害が起きたのか、予想もつきません。そんでもって、被害にあった方も、原因があれじゃ浮かばれませんがな。とほほ。
 戦闘は宇宙にて。
 海賊船はどうなったのか?
 3将軍はどうなったのか?
 将軍達が持っていたコスモカプセルの行方は?
 謎のオバ…おねぇさんの今後は?
いやー、セイザー、面白いわ。

●今日の一言●
 海賊船のゴミ捨て場はどうなったんだ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ! 25

◆ぱにぽにだっしゅ 25 危急存亡の秋◆
ダメカナ?
ダメダヨ♪

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/12/18

テイルズ オブ ジ アビス

 久々にゲームやってます!つか、始めました。
 スーファミ版ファンタジアから延々とプレイし続けたテイルズシリーズ最新作のアビスです。
 とはいえ、まだ1時間もやってないんで、序盤もいいとこなんですけど。戦闘チュートリアルが良い感じですねー。リバース、レジェンディアからあまり時間が経過していないせいもあるかもしれないけど、とっつきでもたつきがちな私でもとりあえずの基本はこれでオッケー。師匠の教え方は、武器屋にいる剣士がただ文章で教えてくれるより無理と無駄がなくて良いですな。

 声優さんとしては、主人公鈴木千尋さん
過去のシリーズだと、レジェンディア>スズケン、リバース>檜山さん、シンフォニア>コニタン、D2>じゅんじゅん。……(以下略)ちーたん、ブレイクなるか?というとこですね。
 まだまだ出会っていないキャラも多いんですけど、親友役に松本保典さん、剣術の師匠>中田譲治さん、と渋い布陣。子安さんもさっきちょぴっとしゃべってくれました。今後が楽しみだー。ゲーム雑誌などで前情報を全く入手していない上、取説にもキャストが書かれていないので、私が知っていたのは鈴木ちーたん&子安さんが出演している、っていうだけだったんですよー。たはは。面目ない。
 テイルズシリーズはスキットシステム&色々コレクションが楽しいんだよー。もちろん声オタ的にはスキットです!
 只今、ゆかなちゃん演じるティアと2人旅中。
進展があったら報告するかも。って……あーーー!今日は夜中までサッカー番組がぎっちりじゃん!
 今日はもう進まない予感。がーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀盤カレイドスコープ 11

◆銀盤カレイドスコープ 第11話「キス・アンド・クライ」◆

 つい最近、丁度第1話を見直した後だったんですよ。
(録画を保存してある方はぜひオープニングを見てみて下さい)
 アニメの残り話数も、ピートの残された日も、あとわずかです。

 実はこういうのホント弱くってですね。ヒカルの碁の原作本の佐為が消えるとこ読んで何度本気泣きしたことか!わかってるのに泣いちゃうの。涙だー。ですよ。
今回も、まだピートはいるのに、希望は捨てていないのに!泣けてしまいました。
 私の銀盤カレスコの第1話感想がこれなんですが、この希望どおり、ハッピーエンドであって欲しいと願って止まないのです。
●本日の一言●
 来週は放送時間変更。最終回、見逃さないでよ!

| | コメント (0) | トラックバック (9)

蟲師 9

◆蟲師 第九話 重い実◆
mushi9
 ヤフーテレビで「から」となっていたのでおいおいおい、って思っていたんですが、ちゃんと予告どおり「重い実」を放送してくれてました。一安心。

 今のように減反だ、青田刈りだ、休耕田だ、などというある意味贅沢なお話が問題になるよりもずっと昔のお話。(原作者によると、初期段階では昭和初期、その後時代設定はなし、ということで描かれているそうです)稲の出来が1年の暮らし、ひいていえば生死さえ左右した時代。
 今回も夫(男)に尽くす妻、愛情を持つ家族、男女、という関係が根幹にあるお話ですね。こうしてみると、蟲師の世界では蟲とギンコが主人公ではあるのですが、家族や村単位の集団の結束などが語られているんですね。

 今回も哀しいお話。でも、最後には哀しさを乗り越え集団を救うために生きた男の話かな。なんだか、日本昔話の偉い仙人や僧侶の裏話のようなお話でした。原作通りのお話なのに、アニメの方が救いが見える気がするのは演出の勝利でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005/12/17

BLOOD+  ep.11

◆BLOOD+  ep.11 ダンスのあとで◆
blood11
 先週、団体行動からはずれて深夜寮に帰ったはずの小夜、おとがめなしだったようです。よかったねえ。
 デヴィッドさん、ジュリアさんをエスコートしてリセのパーティに登場。パーティがあるって知ってるなら、ドレスが必要なのはわかっていただろうに、カイに戦車が買えるほどのカードを渡すくらいなら、ドレスの1着も作ってやんなさいよ。アンナマリーじゃないけど、ちょっとあんまりお似合いとはいえない、更に言えばちょっと子供っぽすぎる感じのドレス、かも。ミンには悪いけど。
 デヴィッドが気付かなくてもジュリアさん、気を利かせてあげようよー。自分はドレス用意してるんじゃんかー。
 さて、ちゃーんとドレスアップしてご来場したそのジュリアさんもジュリアさんで、
「似合わないからこういう格好は好きじゃない……」
なんつってますが、だったら露出下げましょう。ちょっとあの、胸元が気になって気になって。だって、あれですよ?なんかヤバげなことになったら(なったけど)そしたらあのカッコでバトルっすよ?
 岡村さんもなんだかなー、緊張感なさすぎっす。道に迷って地下倉庫かよ!潜入捜査なハジと小夜だってやっとのことでつきとめた場所なのになー。マスコミ人としては、ある意味優秀?すんごいトクダネに吸い寄せられるように超接近。(意識してたかどうかは疑問だけど)写真、撮れてるかな?どかな?

 小夜、リセに戻れ…ないよね。ミンとは再会できるのかな。ドレスのお礼とおわび、ちゃんと言いたいよね>小夜

●今日の一言●
 ファントムは気障で芝居がかった演出がお好み。
●今日の一言(女子向け)●
 今回初登場のソロモン(後頭部以外)。彼、あの、葉月くんに似ているかも。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

ノエイン もうひとりの君へ 10

◆ノエイン もうひとりの君へ 10 アラシノヨル◆
noein10
 アトリの暴走は止まるところを知りません。ついにトビにまで静止させられてしまいます。んで一旦は引きますけど、まあ、そんなことであきらめるくらいならここまでやってないっつーか。もう、何が目的なんだか自分でもわかっていないんじゃ?

 一方、カラス。ユウまでもか、仲良しグループみんなにまで存在を知られてしまいますが、なんだかすぐに馴染んじゃってるよー。子供は順応性が高いってことでおっけぇ?カラス、どうなんだろう。おそらくは、15年前に過ごしてきた友人とのこんな形での再会。フクロウ、アマミクの(この時空の、ではあるけれど)15年前、楽しげな子供時代を見せられる心情というのは。ただ懐かしい、ですまされる状況でもないしね。

 ハルカを護るカラス、ハルカを確保しようとするフクロウ、カラス(たぶんアトリやトビも)連れ戻すべく派遣されたクイナとコサギ。そして、アトリとトビ。
 錯綜してます。
 そういえば、ゼツリン姐さんの会議の席。ラクリマでの円卓会議と似ていましたね。関連があるということなんでしょうか。だとすると……!
●今日の一言●
 会議中に私用メール&チャット厳禁!
 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/12/16

アニメ見たよメモ 12/16

51216
 ホントは分けてしまいたかったんですが、最近感想を書いてなかったものも含めて、さくさくっと、軽〜く。ラクガキは「寒いなー」ってーことで。普通にオリジナルなオンナノコを。

◆ブラックキャット 偽りの猫◆
 どーしたの?いきなりギャグ漫画になってますが?え?ブラックキャットって、こういう路線のアニメだったの?スヴェンのメモに残された猫のイラスト、EDアニメの!かわいい!

◆ソルティレイ Episode:11  バースデーゲーム◆
 「お誕生日はお祝いするもの」というデータを仕込まれたんでしょう。ソルティは、しかもサプライズパーティーにしたいようです。かっわいいっすね。「あのオッサンだよ?」というローズの意見には私もとまどいつつも賛成票を。
 ロイはソルティの(元はローズの)鼻歌に何かを……あの反応はどう考えても娘さん探しの手がかり?ローズの親友にも関わってくるのかな?

◆はっぴぃセブン◆
 埼玉では今夜放送。なんでこのタイミングで書くのかというと、EDのゲストキャラが菊之介センパイ(ボイスbyじゅんじゅん)だからです!今日は、今日だけは見逃さないために。
 今までもそこそこ楽しく見てましたよ。まあ、ある意味ベタっすから。絵もくずれないし、期待もハズさない。あの泣きの回だけはあれでしたが……。

◆ケロロ軍曹◆
 今、放送中です。久しぶりに556が「わーっはっは」言ってるのを横目でみながらこの文章作ってます。
 こないだwebラジオで鳥海さんが
「中田(譲治)さんは声が良すぎて面白い」
つってましたが、ホント、あのダンディさんが今回のギロロのような役をこなしているのを想像すると、声優さんってすっげーって思うですよ。色々な意味で。
 ところで最近、吉岡平正義くん(ボイスby下野紘くん)がよく出てくるようになった気がします。先週は劇中で名前も呼ばれていたし。下野くんプッシュ?

◆うえきの法則◆
 植木が天界人だとわかってからのストーリーは、なんだか力技の勝ち抜き戦っぽくなっちゃって、ちょっと私的には引力弱くなってます。植木はちっとも「ゴミを木に変える力」を使わなくなっちゃったしさー。ぷん。

◆アイシールド21◆
 アメリカ編はちと私には退屈だったので、日本へ帰ってきたこれからが楽しみ。

◆銀盤カレイドスコープ◆
 絵はバラつきが多いのでおいとくとして、お話は結構楽しみに見ています。ピート役の吉野くんが、桃通(だったかな?)で保村くんに「カナダ人」だの「一番最近セリフで言った英語言ってみてー」とかいじられててなんかかわいかったっす。序盤のピートは「ヨッチンって、こんな演技もするんだー」って思ってましたけど、最近なんだか素のヨッチン声になっているような…。
 次回はトリノ?ピートはどーなんの?つことで。

●そーいえば!●
 桜蘭高校ホスト部アニメ化だそうで!日テレ系列だそうで!

 LALA見てないので詳しくは知らないんだけど、声優さんが気になるよー。今までの全サドラマCDのキャストそのまま?それとも新キャスティング?絵に関してはハルヒがかわいいといいなあ。と。

 以上!

| | コメント (2) | トラックバック (8)

パラダイスキス 10

◆パラダイスキス-Paradisekiss stage-10 薔薇◆
pkiss10
 とうとうショーの当日。懸念していた通り、ウォーキングの練習、してないんじゃん!ダメじゃん!仕方なく付け焼き刃少しでも練習してせめて恥をかかない程度には仕上げようと。
 ユカリは今まで母親の感情を気にして生きてきた。
 今のユカリはジョージの感情を気にして生きている。
そんな転換が起きただけな気がしてなりません。
 むろん、誰かに頼り切って生活して行こう、と考えるよりはよほど強いコであることは認めるけど、彼女がなにかを決意するとき、かならず誰かに「みっともなく見られないように」「嫌われないように」という意識が働いてるのが、例えばプロのモデルを目指すんだ!という、ある種スポ根ものとはちょっと違うのね。 ガラカメ、とか。
 まあ、ジョージに関しては恋する乙女としてのココロとみれば、わからんではないですが。ね。今日のラクガキは、心からの笑顔をなかなか見せてくれないヒロインの笑顔を見てみたくて描いた一枚です。

 次回はいよいよ本番!ステージですよー。ヒール、大丈夫ですかー?歩けますかー?

●今日の一言●
 せっかく復刻版が出たのに、「ご近所物語」は漫喫で。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/15

IGPX #11

◆IGPX #11 そして…◆
igpx11
 今日はシャナに力を入れてしまったので(^^; シンプルにタケシくんを描いてみました。ちょい大人っぽくなりすぎちゃったかな。

 さて、前回のヒキから。
「パーティーはこれからだ!」
 ということでしたが、お互いに手の内を知っている元チームメイトとの戦いは短いながらも見せてくれました!こんなに男らしい(オトコノコらしい?)タケシも、潔くカッコイイリバー君も、初めて見たよ。うんうん。レースものはこういう心の勝負、みたいなものをきっちりみせてくれなくちゃ!
(でないと、視聴者は視聴者というより傍観者に成り下がってしまう、と思うのよ)
 レース後の2人もイイカンジに友情芽生えたり?夕日をバックに、というのがコテコテ演出ですがあ、ま、いいですよ。2人ともかっこよかったから。でも、これからリバー君の出番はどうなるんだ?結構気になりますよ。リバーくーん!

 さて、前々回、タケシを襲撃した暴漢はスレッジママの熱狂的なサポーターということが判明。やっぱ地元アメリカ出身パイロットで構成されているチームだから、こういうファンもいるっていうことでもあるのかな。(と、納得できるのは公式HPを隅々まで見ていないとわかんない設定かもですが)
 でも、パイロットが指示したりしてたんじゃなくてよかったよ。
 戦い方はどうあれ、フェアな精神がないんじゃ、よくないもんね。
 スレッジママのチームメンバーも、ガラ悪いけどさすがプロのスポーツマンだもんね。かっちょいいじゃんか。

 ……あれ?でも、あの軍用のウイルスだかなんだかも彼等の仕業?サポーターは暴力は認めているけど、マシン本体になんぞ仕掛けるほどの知識や資金を持っていたの?あれれ?

 次回はいよいよ決勝戦!

 え?次回放送は来年っすか?
 ということで、調べてみたら今週以降、深夜枠アニメ、時間変更や1回とばし、2回とばしのものも多そう。特に時間変更は後で泣かないようにしとかなくちゃ。ですわ。

●追加 今日の一言●
 結果は写真判定!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

灼眼のシャナ 10

◆灼眼のシャナ 【第10話】 「絡まる思い」◆
syana10
 いままでカズミちゃん寄りだった私が、今日に限ってシャナの初々しさにどっきゅんやられてしまいそうになりましたですよ。カズミちゃんは結構したたかで、周囲の協力も得て押せ押せなあんだけど、シャナ(平井さん)は今までヒトとのおつきあいがなかった分、自分自身の心の変化にとまどっているようです。こういう時に限ってアラストールは助言どころかだんまりを決め込んでいるようです。
 アラストールにとって、この展開は好ましいモノではないんでしょうか。微妙なとこなのかな。人間らしさがシャナに加わるのはある程度は彼女の成長にあってしかるべきものかもしれないけれど、フレイムヘイズ、戦う存在としては邪魔になりかねない感情なのかも。
 ユージはユージで、カズミちゃんの想いに応える気は今のトコないようだし、かといってシャナが女の子らしい心の揺れにとまどっているとは夢にも思っていないみたい。
 今後、シャナの心の成長が戦いや生き方にどう影響していくのか楽しみです。

 ラストに出てきたちょっと危ない姉弟、こちらは……また一波乱ありそうです。マージョリーさんの読みはハズレ。紅世の徒、なんでしょう。ちょっとおたんびーなニオイのするあの2人、なにをしでかしてくれるやら。まあ、えーと、ぜい肉ぶよぶよの敵とよりは戦って絵になるほうが見ていて楽しいのは事実ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2005/12/14

ガラスの仮面 37話まで

◆ガラスの仮面 32〜37◆
 ずいぶんとガラカメについて触れていなかったんですねー。真夏の夜の夢2人の王女オーディションから本番まで。

 真夏の夜の夢近辺、原作では、色々悩みつつも久しぶりに仲間達と舞台が踏めていきいきしているマヤが印象的なストーリーなので好きな部分なんですが、やはり大幅カットに泣き。あと、おケイさんのサディスティックな衣装や野外劇場だからこその演出部分も、あっさり流され過ぎていて「つきかげ&一角獣」の劇団としての力量、個々の役者としての演技など、なぜ観客動員が増えていったのか、舞台がどう観客を魅了したのか、もっと見せて欲しかったです。

 さて、マヤ&亜弓さんのガチンコ勝負「2人の王女」。こちらはさすがに時間を割いてます。オーディション部分の「毒」「キスは目にして」(いぇーい)「失恋レストラン」、ざっくりいっちゃってるので、なんだかマヤが単なる「アドリブがきく人」になっちゃってるのが残念。他者との差を見せてほしかったですよ。

 舞台に移ってからは、なんだか どちらが観客を引き付けるか 勝負の場みたいになっちゃってて、舞台全体の完成度、バランスそっちのけですね。(これは原作でもそうなんだけど、アニメでは対比部分だけを取り上げているので余計目立つ)。
 更にいえば、美少女女優亜弓さんのオリゲルド、平凡なハズのマヤが美しい王女アルディスを演じているという不自然さが自然に見えている演技の勝利、というものが描ききれていないのが残念。キモはそこだと思うんですけどね。

 ところで、アニメイトやバラエティショップなどで売られている「青い海」というビン入りのお菓子。ガラカメファンなら一度は手に取って
 「毒…… これが 私の切り札」
と やってみたくなったハズ。 あれ?そんなことない? それとも「青い海」を知らない?カナ?
 気になった方は探してみて下さい。(どこで、とは言えないけど)少なくともメイト本店1Fには置いてあったハズです。ぜひ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クラスターエッジ 11

◆クラスターエッジ 11 それぞれの想い◆
ce11

 明らかに1話トんでる感覚で見てしまった30分。
特にアゲートとクロムの出会いあたり、総集編なんかやってないで1話分きちんと作ればもっと視聴者にしっくりくる説明を独白でなくストーリーとして見せられたハズの部分。と、思うけど、どうかなあ?

 とりあえずまとめっぽく
★ベリルのお話★
 生徒会長になったベリルは生徒会の会議で色々と革新的な(?)議題を提案。しかしオブザーバーの教師達はシブい顔。出席している生徒達もあえて矢面に立って冒険をするよりは伝統に従って波風たてない日常を望んでいる模様。
 この場合、ベリルの話の持っていきかた、というものがあまりにも稚拙だというのが致命的。提案の内容よりも高圧的な態度ともの言いがいかんと思うのだけど……。人望がないまま、流れで生徒会長になってしまった経緯もこの場合マイナスにしか働いていないのがミエミエですが、ベリルはそれに気が付いていないようです。人の上に立つ器ではない、のでは?
 「ベリル様、お急ぎ下さい」
 ベリルはあなたの運転する車で駅に行き、汽車にのってます。急かしたせいか、ベリルは連結部分から乗り出して前方を見据えてます。(あれ?一人で帰省?)
 会話の無い親子だと思ったら、セリフひとつないまま母親死亡。あっらー。

★クロムのお話★
 同じカールスの記憶を持つと思われるアゲートをやっつけちゃおうとするクロム。なぜそこに思い至ったのか、説明は皆無です。銃撃でアゲートの乗る飛行機(前々回、カールスの家からパクってきたヤツ)を撃ち落とそうとしますが、そこはアゲートパワー。飛行機はビクともしません。
「あいつの笑顔見ろよ。撃てるか?」
 カールスの人格を受け継いでいるはずのクロムよりも人間的な発言をかますクロム団メンバー。好奇心でいっぱいの鈴木団な人たち。別に人格なんぞ植え付けなくてもしっかり人間らしさは持ち合わせているのでは?クロムが一番好戦的かつ人命を軽んじているように感じます
 さて、補給地で待ち構えていた誰ぞにとらえられてしまったアゲートは木製らしき手かせで監禁されてます。
 ツッコむのもアレなんですけど、なんでおとなしくつかまってんでしょーね?
 なんで逃げずに、あのまま?会話さえないのはなんでなんでしょーね?
 で、いつのまにクロムの考えを変えさせてしまったんでしょーね?
 こんなに色々はしょってあるのに、なんで先週は総集編だったんでしょーね?

 やっぱり先週は1話まるまる、実は……
 恐くて言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2005/12/13

アニよこ→ジャぱん

 本日12/13の「アニマル横町」はヤマナミさん大活躍!賢雄さんしゃべりっぱなしじゃないですか!最初期は「息」だけ、とか、「鼻歌」だけ、ばっかりだからそういう扱いなのかと思ったら、すんごいキャラだったのね!さすがな演技続出ですな。
 さらに「焼きたて!!ジャぱん」、いよいよCMAP残り3人との対決つーことで……うっわー。なんか、すごいメンツですね。声が。
 来週は録画しておこうっと。

お声なつぶやきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/12

スーパーヒーロータイムぷらす 12/11まで

◆魔法戦隊マジレンジャー◆
 おおお。スノージェル!ここまで来て人間大に!(?)
ヒカル先生、たじたじですな。しかも、言う事きかないイバリンボなとこ発覚。こらこら。
 ところでスノージェルのしゃべりがどうも夜一さんとカブるんですけど。私だけ?

◆仮面ライダー響鬼◆
 トドロキくん、フミフミ、グリグリ!で再起不能?
 いや、だってザンキさんだって変身しちゃダメってーーー。

 と、こっち↑が盛り上がってる中、どーでもいいクソガキ方面ストーリーに時間かけ過ぎ!もういいから。どうせならアキラとかもっちーとか、そっちをもっと見せてくれ。

◆超星艦隊 セイザーX◆
 またまた徹夜のケインくん&色々忙しいたっくん。ブレアードはさんで戦闘中に痴話げんかしてますけど。ところで、あの牛、危険すぎ。確かにヤツらセイザーX達は助かったけど、向こうっかわに居た人たち、無事ではあるまい。なむなむ。
 レミーちゃんの星が消えちゃう未来はどこからつながる未来なのか。バーダー船長が機械だとわかった時点、コスモカプセルがこんだけこっちの手にあるという時点、それでもまだなお500年後の地球は闇に閉ざされたままなのか?ここからつながる未来は?
 あー、時間軸があれだとアレだね。深く考えちゃいけないっつーことかね?
 セイザーXが戦うことによってお亡くなりになった人たち(たぶん万単位)の子孫達は。。。なんつって。
番組を楽しむ自分と考察する自分は別人〜。来週も楽しく見られる。おっとなー<バカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ! 24

◆ぱにぽにだっしゅ! 24 死して屍拾う者なし◆

江戸を斬る(江戸の疾風シリーズ)
子連れ狼
必殺仕事人シリーズ
ねずみ小僧
遠山の金さん
水戸黄門

あたり?仕事人がメインだろうなあ。>時代劇
 タイトルになってる大江戸捜査網は……ネタ的には出てこない?探せないー。

 ベキえもん&ユウマ、ユウナの衣装は「巌窟王」の手法。蒼の六号さんとでゴンゾネタかな?

 デコ娘がデコじゃなくなってるけど、都ちゃんかっこえー。高橋陽介キャラみたいだな。キセルはくわえているものの、火が入っていないようなのは一応規制?w

 このお話は江戸時代とも、ぱにぽにともぱにぽにだっしゅとも関係がないそうなので、まぼろしの1話…で欠番(!?)、なーんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/12/11

蟲師 8

◆蟲師 第八話 海境より◆
mushiunasaka
 今回は海。
 過去しか見る事のできなかった男と、未来を見る2人の女、かな。ギンコは蟲を封じるでも、退治するでもなく、蟲に断絶された自分の過去を確認させることで一人の男を救った、そんなお話。
 不思議に見える蟲の世界と現実の世界との接点は至る所にあり、それは悪ではなく、ただ、ある、というだけだという捉え方が自然な蟲師の世界が、男女の想いを軸に描かれていました。
 せつないながらも、希望の見える結末がよかった、です。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2005/12/10

BLOOD+  ep.10

◆BLOOD+ EP.10 あなたに会いたい◆
blood10
 リセ・ド・サンク・フレシュ、きっと何か意味のある学校名なんだろうな、と思っていたら、今回ののっけ、電話の会話でちょろっとそれらしい含みを持ってましたねー。
 「私たち5人は……」
 フレシュ、って「矢」かな。5本の矢?綴りがわからないのであやしいんですけどねー。

 バラは赤かったり紫だったり、んでもって青かったり。薔薇も大変ですな。送りつけた側は「青いバラ」を見た小夜になんらかの恐怖心を持ってもらいたかったんでしょうけど、送られた小夜の方はいつもどおり。「何?これ?」って感じでまったく心動かされていません。
 それよりも、戦争博物館の写真の方に記憶を呼び覚まされたようです。団体行動から離れてそこから逃げるように走り出す小夜はすでにパニック状態。ここで、あの写真とつながりのあるオカムラさんとぶつかったのは、運命っつーやつですね。きっと。

 ファントムは理事長でー(それは知ってた)。んでもって「覚えていないなら、気持ち良く殺せない」とか言ってるんで、過去の小夜の行動になんらかの恨みを持ってるんでしょうねー。小夜とハジ、2人1組っていうのも解っているみたいだし、戦ってる小夜だけが実はなんも知らされないでいるってのはどーなんだろね。赤い楯の面々、教えない方が今は良かろうってことで教えてないってこと?なーんでしょ。デヴィッドは地下倉庫になにか覚えがあるみたいだしー。気になるよー。

 どのように寮に帰ったのかは解らないけど、おとがめナシだったのかな?

 ところで、誰が、誰に会いたかったの?

| | コメント (2) | トラックバック (4)

ノエイン もうひとりの君へ 9

◆ノエイン 第9話 トキヲコエテ◆
noein9
 流石、親友。ハルカママ、ユウママをアルコールで誘惑。あんな険しい顔してたのに、わりとあっさりノってしまうユウママ。
 ユウママの眼にはユウはお姉ちゃんに似てる、というように見えるということですが、ユウママ、カラスにそっくりだと思うんだけど。

 ハルカは時空を越えてしまったユウママを連れ戻すため、*穴あきスパゲッティの鎖……じゃ、なくってぇ……。龍のトルク(頸鎖)発動!
「見つけたか」
 カラス、そんなこと言ってますが、ハルカが自分の意志で龍のトルクを発動させた事の方がこの際重要なんじゃあないかと。カラスの時空での15年前には、こんなコト起らなかったのかな?15年前のカラスは、カラスに出会ってない、……(脳内会議中)……んだよね。ラクリマからの干渉が無くてあんなんなっちゃったのを変えるために活動してたわけだから。

 セイザーXじゃ、タクトが
「失敗したら、もう一度もうちょっと過去に戻ってやり直せばいいじゃん」
 つって、ダメダシくらってましたが、ノエイン世界ではどうなんだろうね。フクロウたち、違う時空のハルカをさらって来ちゃうってのは、出来ちゃうなら、カラス放っておいてそっちへ……。
 話が終わっちゃうな。
 ダメだな。
 そーゆー意味で。

* 先週の「ぱにぽにだっしゅ」参照

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2005/12/09

パラダイスキス 9

◆Paradise Kiss - パラダイスキス stage-9 デザイナー◆

 デザイナーといえば!一条ゆかりなワケですが!
 ん?あ、……違う。ね。はい。

 病院送りになっちゃったユカリ、アクセを没収されちゃった屋上でサボリ組。色々ギリギリまで大変なようですねえ。
 リハに出られなかったー、と言っているユカリですが、そういや、本番ってショー形式なんだよね?えーと、段取りはもとより、ウォーキングとかどうなんだろ。いや、あの、プロのお仕事でないとしてもド素人にモデル依頼したわけだし、レクチャーとか、したんだよね?きっと。
 私たちの見ていない所で!
 ジョージよ。女子高生相手に色々、あれだ、ショーに関係ない事教える前に、しかもビーズ縫い付けたりさせる前に、仕込むコト、色々あんだろうよ、と。

 とりあえず家に帰って、学校にも戻って、試験受けたユカリ。今までで一番イイ感じだよ。やっぱやることやっとくと、その分自分のやりたい事が輝いていく、なーんて思うわけで。今、私、ちょっと恥ずかしいわけで。恥ずかしいセリフ禁止なワケで。
 じ、次回はドレスの完成品が見られるかな?ちょっと楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLACK CAT☆第10話 暴走する猫

◆BLACK CAT☆第10話  暴走する猫◆
bcat10
 トレイン君、もってもてー。えっとー、クロノスでしょー、星の使徒でしょー。んで、イブとスヴェン!

♪みんなが見ているぜ!>トレイン

 秘密結社クロノス「ひみつけっしゃ」というのもすごい懐かしささえ覚える響きですが、何やってるのかは不明。星の使徒。更に何やってるのか不明。イブとスヴェン!これは、掃除屋!でも、わりと何やってるのか不明。仕事になってんのか?
 一度にもらえるギャラがいいのか、見てないとこでこまめに仕事してるのか。はたまた深夜のビルでワックスがけしてるのか……。謎です。はい。
 ミキシン、ショー・ハヤミ、櫻井くん、などなど脇の声優陣、豪華なんで、みんなこのまま終わるってこたぁナイと思うんだけどねえ。

 小道具に護符っぽいモノが使われていたりするあたりは、なんだろう。日本系なのかね。秘密結社さんとか、使徒さんとかは。イブは英語タイトルの本読んでたけども。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ソルティレイ ep.10

◆SoltyRei - ソルティレイ ep.10 トレジャー&レスキュー◆
soltyrei10
 今回のラクガキはカーシャ。いつも強気で小生意気な彼女が、ソルティの心配をして子供らしい泣き顔を見せてくれたのが印象的だったので衝動的に一枚。

 あの地下都市、あんなのがいつも生活している地面の下にいっぱいあるならトレジャーハンターも悪くなさそうです。お湯出るし。自販機あるし。電気系統も一応生きてるし。下手な安アパートよりずいぶん生活環境よさそう。日当たりないけど。自販機はともかく、あのシャワー、どんな施設の付属なんじゃ?あ、これがサービスってやつですか?そうですか。
 ともあれ、どういう立ち退き方をしたのかは不明ながら、ローズが
「めぼしいモノは何もないじゃなーい」
というほどのこともなく、結構な宝探しができてますよ。イミテーションだとしてもあのアクセ、あんなのが残ってるなら楽しそう。
 とはいうものの、地下の2人はピーンチ。
 地上の救助活動は遅々として進まず、さすがに焦るロイおぢさん。
 もう最後かと思う時、勇気が僕にささやいたソルティ、地下から、しかも地上部隊の目の前に登場!ばひゅーん!
 鉄腕アトムか?君は。
 あれに抱えられて飛び出してきた、そして生きてるローズもなかなかに丈夫に出来ているようです。お宝はおいてきちゃったみたいなので、あとでぶーたれそうですけどねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2005/12/08

IGPX #10

◆IGPX #10 対決◆
igpx10
 すっかりこのオープニングにハマってしまってますよ。
♪さ・い・こ〜!最高の〜♪
 盛り上がるなあ。オープニング。

 ところで公式でルール&レギュレーションを確認してから、あの解説&アナウンスのおっちゃんのコメントも解ってきたりして、やっと世界が近付いたような気がして。
 楽しいぞ!
 しかも!
 今回は私ご贔屓のリバー君が!しかもフォワードで!タケシと対決!
もりあがんないワケないじゃーん!と思ったら、今回も妨害工作アリなのお?くー。更に、自チームの勝敗にかかわる大問題なハズなのに、観客への影響を重視するコーチ。なんだ?お前?こらこら、監督ー言いくるめられるなよお……レース中断を決断しろよ!そんでなくても、妨害があった事を主催者に伝えるべきだろ?そしたら最悪マシンが動かなくなったときの対応が変わるでしょうに。ダメダメだあ。

 ところで、レースが始まってからパドックカーに乗り込むマサさん。
  遅くねぇか?
 普段のメンテには「その他大勢」のメカニックさんがいらっしゃるようですが、パドックカーに乗るのはいつもマサさん一人。その人がいつもスタンバイ状態じゃあないってどゆことよ?まったく。
 だいたいやね。決勝出場をかけた大事なレースの前夜、ガレージに誰もいねー。ゆるー。これは工作されてもしょーがないよ。なさけないっす。

 サトミでは強気で「出せよ!」なリバー君でしたが、やはりIG1初舞台、しかもタケシと対決ということでか、緊張気味?(うー。中井さん、いいよいいよー)言葉遣いも丁寧かつ、控えめですね。

 今回、ラクガキを描くにあたって、「パーティーはこれからだ!」の部分を英文にしようとして、有名な「お楽しみはこれからだ!」の原典を探したら、英語ではぜんっぜんそんなコト、言ってないのね。でも空白はあけちゃったので、苦し紛れの毛筆……すいません。へたっくそなんですーーー。しかもバランスわりーーー。別に書いて合成すればよかったーーー。後悔。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

灼眼のシャナ 9

◆灼眼のシャナ 9話 恋と欲望のプールサイド◆
 みんなで学校のじゃないプールへ行こう!ということで、高校生らしいエピソードですねー。たまにこういう日常を描いてもらえるとわたしは嬉しい。比率が難しいのだろうけど。
 カズミちゃん、今回はクジ運の勝利!ユージとペアを組めました!!やったね!アタマの中はすっかり優勝した後、夜景の見えるレストランでのディナー(ふたりっきり)。乾杯、なんてやってたけど、高校生=未成年な2人はなにで乾杯してるんでしょうか。グラスもこれまたカクテルグラスだし。

 余談ですが、私の妹の友人が、とある夜景の見えるレストランへ行った時の事…彼氏と食前に「乾杯♪」としたところ、別席の見知らぬお姉さんが、グラスをあげてニッコリ微笑んでくれたそうです。

 恥ずかしい行為禁止!

 もとへ戻って。
 しかし、ホテルディナーとパン食べ放題って、どういう賞品なんだろう。スポンサーがヤ○ザキパンとかなの?サンマルクなら、いつでも焼き立てパン食べ放題だぞ。しかもうまいぞ!特にタマネギパンが大好きだーーー……あ、またそれた。
 ともあれ、なんだか芸能人水泳大会みたいな企画ですな。仕込みのお姉さんは……今日はいなかったようですね。あはは。

 更に余談
  件の夜景の見えるレストランは、山の中腹あったため、確かに眼下…というか、遠目に地方都市の夜景を眺めることができましたが、運がいいと大きな窓のすぐ下をムササビがひゅん!と飛ぶ、という光景が見られたりしました。今もあのレストラン、まだあるのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/12/07

クラスターエッジ 10

◆クラスターエッジ 10 運命の道◆

 デジャヴって、こういう事をいうのだろうか?
 いや、先週の予告編を見た時点で私は予告していたんだ!

もはや進展があるのはwebラジオのみ?
 しかも下ネタ方面にばかり。(がくー)

とりあえず来週は新しい「絵」があることがわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2005/12/06

ガンソード ×23

◆ガンソード ep.23 みんなのうた◆ 
guns23
 「宇宙ってなんだ?」
 前回、そんな言葉がおじいちゃんたちから飛び出てくるかと思いきや、今回の戦いはなんっすか!ガンダムかと思ってしまいました。(つっても、ちゃんとガンダムって見た事無いんだけど)
 地球と月(違うけど)の間で戦う二つの鎧。まだ

 痛快娯楽復讐活劇

 なのか?な? なんか、ずいぶんフツーのアニメになっちゃって。>ガンソ
 一方、地上組。とうとう本人達も自覚しちゃったよ。自分達が世界を守るグループになっちゃってることに。かなーり、危うげだけどね。なにしろ、ちゃんと考えて動いているのはカルメンさんとジョシュアくんだけなんじゃないかという寄り集まりだし。
 まあ、確かに月が落っこちてくるなら、どこにいてもおんなじな訳で、そしたら、少しでもそうならないように努力できる場所にいたいような……でもなあ。うーん。
 やっぱ、イッちゃってはいるけど、ヴァン次第、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2005/12/05

ぱにぽにだっしゅ! 23

◆ぱにぽにだっしゅ! 23話 弱り目に崇り目◆
pani23
 つっこみどこは相変わらず私を楽しませてくれます。
古い映画って、髪の毛がはさまってたりしたよなあ、とかいうあのテがスキだなあ。あと、例の穴アキテープ。読めるか!あんなの!あれを手にとって目で読めるのはウルトラ警備隊の人とかだけだよなあ、とか。どんだけの情報量があの中に、みたいの。

 今回もベッキーのお衣装には苦労させられてしまいました。リアルタイムで見たにもかかわらず、今頃の更新っていうのも、
「描きはじめるの、めんどくさー」
という、ベッキー衣装お絵描き始めて初めてのかったりゅさを感じてしまった故にて。ごめん。
 でも、あと3回か。
 寂しくなるなあ。
 くすん。
 まほ。

 一条さんの手品でも、ダメかな。
 黒くて白い手袋をしたネズミを出すのは。
 ダメカナ?
 ダメダヨ!

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2005/12/04

蟲師・第7話

◆蟲師 第7話「雨がくる虹が立つ」◆
ginco
 虹の根元を掘ると宝が埋まっている、なんて昔話がありましたね。あと、美しい絵本で「虹の根元がどうして地面につかなくなったのか」というのも見た覚えがあります。
 今回はそんな幻、虹の根元を求める男の話。むろん、蟲師の世界ですので、根元のある虹があり、それは蟲の見せる虹であるわけですが。
 私たちは当然、虹がどうして見えるのか、「科学的に」知っているので虹をおいかけたりしはしないし、シャワーやプリズムを使って虹に似たモノを作ってみたりできます。でも、虹の根元を探すように空しい行動を繰り返して毎日を生きていたりするのではないかな、なんて思ってしまう事もよくあるのです。あの男の父のように死ぬまで追い求めるか(物語の中の彼は蟲によって動かされていたのですが)、上手くギンコに出会えてあきらめる事ができるか、はたまた、虹の根元を探し当て、目的を果たす事ができるのか、それは死ぬまで分からないし、どの選択が幸せな結末を導くのか、それも本人次第な上、やはり死ぬまで分からないのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005/12/03

BLOOD+  ep.9

◆BLOOD+ ep.9 それぞれの虹◆
blood9
 リクがむちゃカワイイ回でした。
 そしてカイも今までの無鉄砲なだけじゃないイイヤツな面を沢山見せてくれましたし。
 が。
ストーリー自体はかなりシリアス。
 フィクションの楽しさ、面白さは現実に則した下敷きを9割、そして空想を1割程度にブレンド、ぐらいがちょうどいいかな?って思ってます。現実離れし過ぎるとそのシュールさを楽しむ域まで到達しないかぎりすごく安っぽくなってしまうから。

 このBLOOD+は、妙な生活感や現実感と、翼手&組織と小夜の関係、(今の所)絶妙な混合比で独特の雰囲気をかもし出しているような気がします。ただ、沖縄と基地、ベトナムの現在と戦争の痕跡など、下手に手を出すとヤケドしかねない部分にストーリーの根幹部分が食い込んでいるのが気になります。この作品を元に、過去を探るような深入りの仕方ならいいけれど、過去を知らないままこの作品に出会ってしまい、下手に薄い知識を得てしまうと危険な感じがしないでもない。なので、そういう意味では大人向けなのかな、と思いますよ。
 特に今回のお話はね、色々な見方ができると思うんだけど、どうでしょう。

 とりあえず、有給使ってベトナム旅行へ行くアキヒロくんのお父さん、実はサイガさんじゃないか、なんて思ったんですけどねー。と、アニオタネタでごまかして今日は終了。

| | コメント (2) | トラックバック (11)

ノエイン もうひとりの君へ 8

◆ノエイン もうひとりの君へ 8 カクシゴト◆
noein8
 「なにか拾ってくるとここに隠すんだから」
犬猫のコと同等なカラス。
 天井から手が出てきた時はビビリましたけど。

 アトリはなんとかこの時空に同調して居続ける事ができるようになったらしいですが、カラスもプラグ抜いちゃった以上、弱っていくのか、同調できるのか、アトリ、そしてラクリマのフクロウたちとの関係も気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/12/02

パラダイスキス 8

◆Paradise Kiss - パラダイスキス stage-8 得森◆
pkiss
 うーん、やっぱジョージ嫌いー。年下のオンナノコつかまえて、なーんか逆らいにくい状況を作っておいてオンナノコの方が悪い、みたいな状況にもってくの!しかも回りにまで機嫌悪いオーラまきちらしてムード悪くしてー。くー。
 今回タイトルになった得森くんの仲立ちでやっと家に帰って、しかも母親ときちんとお話できたユカリ。うん、自分がしなくちゃいけないことと、したい事の両立は難しいけど、だからこそしなくちゃいけないことをおろそかにするのはイクナイなっと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BLACK CAT☆第9話 魅惑する猫

◆BLACK CAT☆第9話 魅惑する猫◆

「スヴェン!お前だけは生かしておかない!」
今回の筋肉ムキムキな殺人鬼さんのセリフです。
しかし、番組開始3分でもう、3人も殺されてます。どうでしょう。
殺されたうちの一人はナルホド君に激似なんですけど、どうでしょう。

 今回、むちゃかっこよかったスヴェン。
画面さえ、みなければ。
 アイス娘のアイスの出所は四次元ポケットでしょうか?

そして、ショートボブっぽい髪型の娘さんたちの見分け方を、服装と髪の毛の色以外でできるならば教えて下さい。わかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/12/01

IGPX 9

◆IGPX #09 休日◆
igpx9
 リズ、前回のラストでもイミシンな表情でしたが……今まで、キリキリできないタケシをどつきまわし、檄を飛ばし、という役回りだったリズ。でも、タケシの良い所をわかってるのは私だけ、だからハッパかけて良い男なのを周囲に見せたいんだもん!というところだったわけでしょうか。
(こういう場合、たいてい本人に自覚ナシな場合が多いのが哀しいワケで)

 さて。デート中に暴漢に襲われるタケシ&ファンティーヌ。スレッジママか、フォンティーヌの親衛隊、はたまたファンティーヌのスキャンダル&恋愛を止めさせたい事務所(つか、チーム)……あたりが黒幕候補かな?
(気絶させた後のファンティーヌには手を出してないあたり、ちょっと気になるわけだ)
 ストレートにいくと、やっぱこの後再試合が決まっているスレッジママの線が強いんですけど、どっかなー。IG1昇格したばかりのチームサトミには負けたくない、という感じ?でも今まではどーだったわけ?ってなっちゃうし、リバー君は絶対かんでないだろうしな。うんうん。

 タケシも昇格したばかりの頃よりはずいぶんと有名人になった、というのも印象的なストーリーでした。んでも、ファンティーヌの方が一枚も二枚も上、のようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

陰陽大戦記サントラCD2 感想

陰陽大戦記 スペシャルサウンドトラック2 龍の巻◆
onmyousound2
 いやー、また、再び!陰陽大戦記で記事を書く事ができるなんて!(泣)
今回もOP&EDに加え、作品内で使われた音楽、そして新録のドラマが収録されています。

今回のドラマはテレビアニメ版最終回後という設定です。
 だから、ヤクモ以外は式神との契約は終了してるという……あ、鍵で封印されたランゲツ様は契約解除されてたんだ?(今さらなにを>私)でも、出演はしてますけどね>ランゲツ様
 さらに言えば、女性軍は出演ナシ。漢の、そして真の勇者は誰なのか!という戦いが描かれて……いるのかな?どうかな?
 少なくとも、「虎の巻」では視聴者全般に向けた作りという感じのアルバムでしたが、今作は陰陽大戦記の世界を堪能したおマニア向けアルバム(特にドラマ部分)になってると思います。放映終了してずいぶん経ってますからねー、そういう作品のアルバムを買おうというんですから、あの作品が大好きで仕方ない!というんでなきゃ、まあ、あまり買わないよね。なので、ネタ的にも見ていた人でないと『???』ということになってしまいそうです。逆に、あの番組を心底楽しんで、未だに心残している私みたいなオバカさんは、ツボをつかれてしまったりするわけです。セリフのひとつひとつに!

 私はとっても楽しませて頂きました!

はい。
 そしてちょっぴり哀しくもなりました。
 だって、リク&コゲンタのコンビでの続編を未練がましくも期待していたんですから。んでもって、それはナイようだよ、と、告げられたように感じたので。
  くっすん。

余談
 買った帰りに陰陽のオンリーイベントのチラシを見かけたんです。
「おおおおお!」
 と、思ったものの、開催地……関西、ですか。
 残念!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ARIAを見たのよ

 第1回放送以来、裏番組(シャナ)のためほぼ見ていなかったARIA。評判良いようなんで、ちょっとくやしいな、って思っていたんですが、たまたま今日はシャナの放送がなかったし、その上たまたま起きていたので見てみました。
 ま、ストーリーは語れないんですよ。今までほとんど見てないから。
でもね、イナカ者としては主張したいのよ。

 栗拾いはゴム長で踏み付けてイガ剥いて拾うもんだろうと。
 できればあのトングの長いヤツみたいのも標準装備だろうと。
 火のなかに栗は入れちゃいかんだろうと。

 どんな固い土地でサツマイモ作っているんだと。
 掘るな!抜け!

 ありゃ、ドテラじゃなくてハンテンだろうと。

あの、ふぁんたずぃ、ですからね。いいんですけどね、ちょっとあの、テレビの前で一人ツッコミしてしまいましたよ。はい。大人げないのは、重々承知のうえです。

 水の都から電車で行くと、日本の田舎風景なのがそもそも……
 あれ?もしかして、あの水の都は実は…まいは……ま…… ぐふっ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »