« フェイト/ステイナイト 2 | トップページ | 蟲師 10&11&12 »

2006/01/14

BLOOD+  ep.14

◆BLOOD+ 第14話「さいごの日曜日」◆
bloodsayar
 小夜も、リクもカイも、ついでに私も一息つけた回、かな。(のワリには血みどろのラクガキにしちゃってすまん)
 一番共感できたのがリクの「恐怖の冷蔵庫」。電気、とまってたのか。そりゃ、想像したくないよなー。電気入っていたとしたって、カピカピだったりどろどろだたりしそうだもん。まあ、それだけの期間、家をあけていたっていうことだよね。

 カイの小夜に対する想い、っていうのは本当に「家族」というだけなのかどうかは微妙なんじゃないかな?って思っているんだけど……。単に家族っていうだけにしては思い入れが強すぎるような、でも、リクとカイに家族を作ってくれたジョージとの生活を考えれば彼としては当然なのかな。うーん、どうだろう。
 でも、今まであまりカッチョイイとこがなかったカイですが、小夜にとっては帰るべき場所のしるし、もういないジョージに代わって家族の象徴になっていたんだな、っていうのが確認できる良い話しでした。

 次はロシアか。これまた深そうなトコですな。

●今日の一言●
いや、カイ、女はコワイから。あまりじゃけんにしない方が。

|

« フェイト/ステイナイト 2 | トップページ | 蟲師 10&11&12 »

コメント

こんにちは~
「さいごの日曜日」なんか、不吉な題名ですが…
ほんとうならば、普通に送れたはずであろう時間がそこにはあったのですね。
久々に穏やかな1日、しばしの休息がとれました。
今までの一連の出来事に対して、けじめがつけられたのかな?
理由はどうであれ、カイは必要とされていてよかったですね。(^^ゞ
ハジは焼き肉を食べたのかな? 何か演奏してましたが…。

投稿: koy | 2006/01/14 20:53

おはよーございますー。
 たしかにそうですね。「久々の休日」じゃなくて「さいごの〜」なんだもん。
 小夜が最終的に帰ってくるべき場所を確認した事で自らの意志で闘う事をきちんと意識した(言われるままではなく)ということかな、なんて。

ハジがバーベキューをむさぼり食っている絵、というのが想像つかないのですがw というより、食事をする事自体どうなんだろう。と。
 私の友達ウチでは、
「海岸でチェロ演奏は 楽器が かわいそう」
 ということで意見が一致してます。w

投稿: 洗濯する猫 | 2006/01/15 07:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/8158628

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+  ep.14:

» BLOOD+ さいごの日曜日 [ゼロから]
真央に起こされた二人組み、木村に渇を入れられてでしょうに。 [続きを読む]

受信: 2006/01/14 21:04

» BLOOD+ 第14話 「最後の日曜日」 [猫煎餅の偏頭痛ブログ]
んー・・・・。OPとEDが新しくなりましたがなんだかなあ。エウレカとは逆に、挿絵はいいのに、曲が合わん。個人的にはOPには、SAKURAドロップスが、合うんではないかなと思いました。EDの中島美嘉も、曲を歌いきれてない感じ。   なぜかケツ振ってるし。   いい感じだと思います。 主を失った店を抱えておくことはできず、処分。小夜だけではなくて、三人共に赤い盾と行動を共にすることが決定ですね。暇乞いのため、沖縄の親友たちとお別れ会を開いて、アディオスな回。リクが、豆腐が黄色くなっ... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 23:06

» BLOOD+・第14話 [たこの感想文]
「さいごの日曜日」 行方をくらませたカール、ソロモンを調べるデヴィッドたちだが、 [続きを読む]

受信: 2006/01/15 02:05

» BLOOD+ [好きなものを好きと言える幸福]
Episode-14 さいごの日曜日 きいろいお豆腐、ピンクの納豆、☆☆色のお醤 [続きを読む]

受信: 2006/01/17 14:41

« フェイト/ステイナイト 2 | トップページ | 蟲師 10&11&12 »