« 蟲師 17 | トップページ | 大古本まつり »

2006/02/20

よみがえる空 6〜7

◆よみがえる空 Rescue Wings
 Bright Side of Life 前・後編  ◆

 日常部分があまりに丁寧におおげさでなく描かれているせいで、非日常(と、私たちが見ている)部分がリアルに迫ってきて、一つ一つのエピソードがずっしりと重いです。

 例えに出すのもどうかという例えなんですけど・・・
 高千穂遥や田中芳樹なんかの小説で星がひとつ丸ごと消えてしまったり、戦艦がいくつ宇宙の塵となっても、それはベースになる世界設定があまりに現実離れしてしまっているのでそこで消えて行く命というものが、かろがろと扱われていてもなんとも思わないんですけど、この「よみがえる空」の中では登場人物があまりに人間くさく、ある意味退屈で平凡な普通の人間として描かれているので、たった一人の人間の死でさえ、派手な演出をどんなにくり出してくるよりもココロにささってきます。
 本編には描かれていない脇役の一人一人の日々暮らしている背景世界が、ほんの少しのカットで見えて来る、リアリティ。

 6話のOPに続き、7話のEDまでこういう作りにしちゃうのは反則ですよー。
 本郷さんの過去をなぞるようなこの事故、明るい歌と対照的であろう心の内を照らし出すような演出。泣かない方がウソですよー。

 本当の「ひょっこりひょうたん島」も実は島が動きはじめた時(第1話〜)にすでに全員死んでいた設定とかを考えると、本郷三佐の歌に合わせて歌う隊員たちさえ無理矢理明るくふるまっているように見えてしまい、さらに涙。

 来週は影山さんの歌が聞けるかな?

|

« 蟲師 17 | トップページ | 大古本まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/8761900

この記事へのトラックバック一覧です: よみがえる空 6〜7:

» よみがえる空・第7話 [たこの感想文]
「Bright Side Of Life(後編)」 消息を絶ったイーグル。整備班 [続きを読む]

受信: 2006/02/21 03:17

» よみがえる空 #7 [日々の記録]
消息を絶った戦闘機を内田たち救難隊が救助に向かうお話でした。 どこに落ちたのかわ [続きを読む]

受信: 2006/02/22 14:30

» よみがえる空 第07話「Bright Side Of Life (後編)」 [布達の橋]
(公式サイト) 前回の続き。救出パート。 燃えて泣ける展開なんだけど、これ単発でやられても感動が薄れてたなぁ。前回を見たからこそ初めて冴える回。 一方は家族の訃報聞き絶望し、一方は吉報を聞き涙する。対比がと見せ方が巧すぎ。 熊田夫人は夫が助かってよかっ....... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 19:45

» (アニメ感想) よみがえる空 Rescue Wings 第7話 「Bright Side of Life(後編)」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
よみがえる空 -RESCUE WINGS- mission 1/アニメ 能登との仲を一宏にいつも見せつけられて悔しがっている俺がきましたよ〜っと。能登も一宏、一宏、一宏と何をしてても彼の事で頭が一杯のようです。本当にご馳走様でした。さて、今回はひたすらシリアスですどんな結末が....... [続きを読む]

受信: 2006/02/22 22:21

» Bright Side of Life(後編) [詩稀村通信]
『よみがえる空』第7話【Bright S [続きを読む]

受信: 2006/02/24 08:25

» よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第7話「Bright Side of Life(後編)」 [今日もコレクト!]
Bright Side of Life後編です。 レーダーから消えた戦闘機を捜索する救難隊。 必死の捜索にもかかわらず時間だけが過ぎていく。 内田君の携帯に電話する彼女さんの声。 緊迫した状況の中でひとときの安らぎでした。 さすが声からマイナスイオン出ている能登さ...... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 22:52

« 蟲師 17 | トップページ | 大古本まつり »