« トリノ女子フィギュア といえば。 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 19 »

2006/02/24

落語天女 おゆい 8

◆落語天女 おゆい 第八席◆

 うっわー。
 吉原は出てこないと思ったんだけどな。出るのか。
 そして出てくる妖怪は「千早」。「千早ふる」の千早太夫ですか?相手は相撲取りじゃなくて黒船でやってきた異人さん。これまたすごい設定ですが・・・
しっかし、安い花魁ですね。いきなり差し向いで酒飲んでます。

 圓朝が演じているのは「幾代餅」。初めて落語が(ほぼ)最初から(ほぼ)最後まで出てきました。いきなりヒゲつけて出てきた唯には かなりな 違和感を感じないでもなかったですし、どうやら茶屋を通さず太夫に直接会ってしまう、とかなりなはしょりっぷりでしたが、まあ、いいでしょ。
 私は話そっちのけで、後ろの階段をのぼって行く2人連れに眼をうばわれてしまいました。wどこで遊んでんでしょう>妙ちゃん

 この噺自体、本来が長めの噺なのでしょうがないんでしょうけど、幾代に会うために主人公がどれだけ苦労したか、周囲がどれだけ協力してあげたかなどがはしょられていたので、花魁の営業トーク
「次はいつ来てくれるか?」
の問いに、素直に
「一年後」
と答える、というだけではちょっと弱いですよね。
 それと、花魁と会うのに(会うだけ。ナニもせず、そこに居てもらうだけ)どれだけ手間と金がかかるのか、っていうのもここで初めて落語に触れる人にはわからんだろーなと。
 今時の××するだけのトコとは違うのよ〜、というのも、ね。
 色々専門用語も出てきて解説ナシでしたが、まあ、きっと見ていればなんとなく判るんだろうな、と、流しておきます。

 今、寄席でこのテの噺が演じられる時、マクラで
「えー、昔は花街、吉原などという、殿方にはまことに結構なお遊び場があったということで・・・」
 などと語られ始め、さらに噺の中に出てくる判りづらい表現や言葉なんかの説明もこの中で説明してくれちゃうんですが、さて、リアルタイムに吉原があった時代の圓朝、どのように語り始めたのか。ちょっと気になります。

 ちっともアニメの感想じゃ、ないね。
 すまん。

|

« トリノ女子フィギュア といえば。 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/8814212

この記事へのトラックバック一覧です: 落語天女 おゆい 8:

» 落語天女おゆい 第08話 「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 [アニメって本当に面白いですね。]
落語天女おゆい   現時点での評価:2.5   [落語 アクション 時代劇]   テレビ埼玉 : 木曜 26:00〜   メ〜テレ   : 金曜 28:15〜   テレビ神奈川 : 土曜 25:30〜   ちばテレビ  : 月曜 26:10〜   サンテレビ  : 月曜 26:10〜   AT-X  ....... [続きを読む]

受信: 2006/02/25 05:24

» 落語天女おゆい 第八話 [ぶろーくん・こんぱす]
 今回は落語の比率を上げようとした努力は評価したい。それが本筋と余り絡んでないの [続きを読む]

受信: 2006/02/26 11:21

» 落語天女おゆい 「恋の行方再び 江戸湾大決戦!」 [ゼロから]
源内の愛の力は、凄いですね。 [続きを読む]

受信: 2006/02/26 20:20

» 落語天女 おゆい 第八席 「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 [猫煎餅の偏頭痛ブログ]
先週の話は、悪くなかったけど、まあーいいや。今週の話も晶が覚醒するんですね。覚醒が遅い分単純にはいかないという点で、クエストをクリアしなければならないわけですな。落語の話と物語の展開が、ある程度リンクはしていて、やっと落語の冠つけた甲斐があったなあと思いました。前々回は寄席に行ったら、戦闘に巻き込まれ、前回は関係なかったですしね。別に各話全てで、落語とリンクしている必要はありませんが、存在意義があまりなかったですし。私は落語は殆ど知らないもので、吉原を舞台にした落語もあったんですねえ。作中では、黒船... [続きを読む]

受信: 2006/02/26 22:52

» 落語天女おゆい・第8話 [たこの感想文]
「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 艶町・吉原。その吉原一といわれる花魁は、男 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 08:17

» 落語天女おゆい 第8話感想 [少年カルコグラフィー]
 「吉原炎上」を思い出しました(あれは、凄まじかった・・・)。  さて、花魁遊びにうつつを抜かし、とり憑かれたペリー提督、江戸の町に黒船の主砲発砲ー! 【第八席】「恋の行 [続きを読む]

受信: 2006/02/27 20:56

» 落語天女おゆい 第8席 [パズライズ日記]
タクロアちゃんと見てなかったので、こっちから先に感想。 今回は晶が変身。 源内もなかなか男らしいところを見せましたし、何よりカラクリでの戦いが面白かったです。 初めて落語がしっかりと出てきましたね。 私は別に落語にこだわってほしくは無いですが、このくら....... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 08:37

» (アニメ感想) 落語天女おゆい 第8話 「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
花吹雪・恋吹雪/鹿島ひろ美 このアニメ、キャラには魅力があるのですがなんかはじけてないですよね。そして落語芸術協会75周年記念企画を銘打っていながら落語シーンがほとんどないのは痛いです。私は、圓朝に教わり腕をあげる唯の成長物語を期待していたのですが、今の...... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 10:49

» 落語天女おゆい 第08話「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」 [布達の橋]
(公式サイト) 今回で晶が変身。 あのめがねの役割が知りたいです(ぇ 唯・雅・涼の練習ワロスwww 馬鹿すぎるよ!あんたら!蚊帳の外にいた鈴は正解。 唯の百面相は今回もすごい勢い。 好きな人は?と聞かれ、「お父さん!」即答。 ちょ、お父さんって!? ....... [続きを読む]

受信: 2006/02/28 22:11

» 落語天女おゆい (#8) [Hes:TEAR]
第八席「恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!」  そのサブタイトルらしく、晶と源内がメインの話。  話が進んでいく内に、ますます好感度アップで楽しいカップルです。  唯と雅が今回も寿限無の特訓…だけでなく、涼も素振りでちゃっかりトレーニング。  唯雅「海砂利水魚の水行末!」  涼「てやー!」  すごい息があってて、ツボにはまる。OTL  そして、圓朝の落語が久々に出てきましたよ〜!  最近、このおゆいの本来のコンセプトが消えかけていたので心配だったんですが、ようやく... [続きを読む]

受信: 2006/03/01 13:24

» 落語天女おゆい 第8話 『恋の行方ふたたび 江戸湾大決戦!』 [よせあつめ離島]
戦闘描写が増すごとに面白さが減ってるおゆいです。 さて、そんな今回は晶が覚醒の話です。 覚醒してない状態で宝珠の力を使いすぎた晶は倒れてしまう。 そんな晶を助けたい源内は晶に必死に呼びかける。 その呼びかけに応え、晶が目覚めて覚醒。 で、無事に妖魔....... [続きを読む]

受信: 2006/03/01 22:31

« トリノ女子フィギュア といえば。 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 19 »