« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の記事

2006/02/28

練馬大根ブラザーズ 8

◆練馬大根ブラザーズ 第8話「俺の激安ロケット発射寸前!」◆
nerimama
 真殿さんだ!
  コンだ!
   コンがコンチキマートだ!

 ということではないんでしょうが、今回は何かと話題の何でもぎっしり売っている「あの」激安ショップ(を、モデルにしたと思われるお店)がターゲット。
 イチローがさらわれちゃうまでは特に迷惑を被っている、というわけではなさそうでしたが、安さのヒミツは裏の商売だった、ということですね。宇宙人相手とはいえ人身売買です。こういう話でさらわれちゃったり売られそうになっちゃうのがマコじゃなくてイチローだ、っつーのがこの話の、なんというか、タダモノじゃなさを感じさせます。

 とっかかりはなんだか弱めだった・・・のは私が「あの」ショップにほとんど行ったコトがないせいでしょうか。しかし、1,980円のロケット、今どき、ちょっと出来の良いオモチャなら平気な顔して倍くらいで売ってますよ。(そういうオモチャを平気な顔して買ってきて遊んでいる大人が言うんだから間違いありません!)

 今日のラクガキは予告通り全身マコ(絶対見せないポーズ)です。
 気を抜くとあのマコの、ちょっと毒のあるコケティッシュさが出ないですね。・・・むずかしい。

●今日のマリモ●(追加)
 そーいえば、マリモのマリコちゃんをペットにしている声優さんがいましたね。
今思い出した。>宮田さん

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/02/27

トリノ閉会式

 根性で生中継を見てしまいました。
 この2週間ちょっと、アニメのためじゃなく深夜、というよりも早朝までも起きてテレビ見たりしていたのが、やっと私的平常営業に戻ることができそうです。
(つっても深夜にはアニメが待っているわけですが・・・>ダメ大人ぁ)

 開会式に続き閉会式も、ハデこい演出。パフォーマンス。
 純粋に楽しかったです。
 むりくり、誰かが作った「オリンピックらしさ」をぶち破る感性がステキ。こういうのもアリなのね。と。普通なら一番盛り上げていきそうな聖火を消す瞬間の、あまりにさりげなく、ふっと消してしまう逆盛り上げもこれまたよし。(アイちゃんではない)

「♪ごーごーごー!あれ・あれ・あれー!」
 寝不足ハイになっているトコにあれやられたら、踊り出しそうな勢いで・・・で、ハイな気分のまま中継終了直後、倒れるように就寝。酒飲んでもいないのに!
 起きたら昼でした。あう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/26

★ゲーム★ 金色のコルダ その3

 いやー、疲れた。

 テキスト系のゲームだと結構スチルのコンプリート目指したりしちゃう方なんですけど、これはもう、ホント気長に付き合わないと無理だと判断。とりあえず月森のベストエンドを見たので当分は電源入れないかもしれないです。

 スーファミ版アンジェの時はあんなにドキドキしたのに、コルダって仲よくなってもあんまりこう、達成感ないんですよね。別に「花のようにきれいだ」とか「水のように清らかだ」とか言ってくれなくてもいいんですけど・・・。
 スタートの時点で「別世界の守護聖サマ」と「同じ学校の生徒」っていうのと、親密度が低くても別にイジワルされたり不快な態度とられたりしないのが決定的なのかも、と。
 まあ、ほうっておいただけでバクダン爆発して周囲の評判悪くなっちゃうときメモシリーズよりは精神的にラクでしたけどね。
 もうちょっとこう、ゆるゆるっと忙しくなく楽しめるとよかったんだけどねー。

 毎日走り回り、ヴァイオリンを弾き、走り回り、ヴァイオリンを弾く。

 「思い出」で見ることができるサイドストーリーみたいなのを見ているだけの方が楽しいんだけど・・・それをコンプするのにあとどれだけプレイが必要かを考えると気が遠くなる私。

 ところで、「ゆめりあ」って続編出ないんですか?
 もう一度ねねこに会いたいよぉ。あのゆるゆる世界で癒されたい〜。
 ナゾなのだあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/25

BLOOD+  ep.20

◆BLOOD+ ep.20 シュヴァリエ◆

 オカマ言葉の方の固有名詞がネイサンだというのは、EDを見るまでわかりませんでした。だって、てっきり「姉さん」だと思っていたんだもん。そいで出てくればオカマ言葉のなよなよさんだしさー。(でも!藤原啓治さんだ!びっくりだ!)
solomon
 BLOOD+の第一回放送で、「土曜6時にスプラッタ」!とびっくりしたわけですが、今回は違う意味でびっくりです。
 ハジがディーヴァの花婿?小夜は私たちの花嫁? はあぁ?そんだけでもびっくりですが、
「ディーヴァが つがう相手 だというだけだ」
 うわあ。

「ねーねー、お母さん、つがうって、どういう意味ぃ?」

 だいたい、結婚してどーすんでしょうね。
 更に言えば、ディーヴァのシュヴァリエ達も小夜の血で死んじゃうらしいんですが、そんなのを花嫁にするんですか?つがっちゃうんですか?危険じゃないんですか?
 何故危険なのかはよくわからないんですが。
 ええ。わからないんですよ。
 そういうことにしておきましょう。

 やっと「あの」リーザさんが偽物だったとわかった赤い楯。
 翼手に侵されている危険があるということでデヴィッドさんたちは隔離&検査。しかしデヴィッドさん、カイにつめよられると結構弱いですね。なにやらヒミツの日記をカイに渡してるし!(何語で書いてあるかはわからないけど)なぜそんな大事なモノがあの場所にあるのかもわからんが、まあいいや。

 そろそろ岡村さん&謝花ペアも気になりますけど、まだまだ「動物園」へ行く小夜とそこへ向かうシュヴァリエ達とのからみで話は進んで行きそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

ノエイン もうひとりの君へ 19

◆ノエイン もうひとりの君へ 19 オモイデ◆
haruka
 懲りずにピンキー。>ハルカ

 いつもはギッチリつまった感のある「ノエイン」ですが、なんとなーく今回はゆるゆるっとした展開です。ただ、中身がないわけではなくて、今までの色々を一段落させてこれからの何かでっかいストーリーの山場への一呼吸、って感じかな?
 ラクリマでみるクイナはもう「オデノカラダハボドボドダ」です。

 そんな中、唯一のでっかいびっくりは アトリ

 先週の遊撃船を見ての反応からなのか、それとも最初からなのか、なにやら怪しげな雰囲気ですー。
 それを見抜くコサギもすごい。つか、
「顔を狙った」
 って、あんた、素でアトリがボケボケだったら顔、ふっとんでたってコトですか?
noeinpinky

カラスの出番が少なかった上、ラストではハルカ持ってかれちゃうしさ。だから今日は、まあ、いいや。
(そんなんで見ていたのか?)
(違うけどさ)

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/02/24

落語天女 おゆい 8

◆落語天女 おゆい 第八席◆

 うっわー。
 吉原は出てこないと思ったんだけどな。出るのか。
 そして出てくる妖怪は「千早」。「千早ふる」の千早太夫ですか?相手は相撲取りじゃなくて黒船でやってきた異人さん。これまたすごい設定ですが・・・
しっかし、安い花魁ですね。いきなり差し向いで酒飲んでます。

 圓朝が演じているのは「幾代餅」。初めて落語が(ほぼ)最初から(ほぼ)最後まで出てきました。いきなりヒゲつけて出てきた唯には かなりな 違和感を感じないでもなかったですし、どうやら茶屋を通さず太夫に直接会ってしまう、とかなりなはしょりっぷりでしたが、まあ、いいでしょ。
 私は話そっちのけで、後ろの階段をのぼって行く2人連れに眼をうばわれてしまいました。wどこで遊んでんでしょう>妙ちゃん

 この噺自体、本来が長めの噺なのでしょうがないんでしょうけど、幾代に会うために主人公がどれだけ苦労したか、周囲がどれだけ協力してあげたかなどがはしょられていたので、花魁の営業トーク
「次はいつ来てくれるか?」
の問いに、素直に
「一年後」
と答える、というだけではちょっと弱いですよね。
 それと、花魁と会うのに(会うだけ。ナニもせず、そこに居てもらうだけ)どれだけ手間と金がかかるのか、っていうのもここで初めて落語に触れる人にはわからんだろーなと。
 今時の××するだけのトコとは違うのよ〜、というのも、ね。
 色々専門用語も出てきて解説ナシでしたが、まあ、きっと見ていればなんとなく判るんだろうな、と、流しておきます。

 今、寄席でこのテの噺が演じられる時、マクラで
「えー、昔は花街、吉原などという、殿方にはまことに結構なお遊び場があったということで・・・」
 などと語られ始め、さらに噺の中に出てくる判りづらい表現や言葉なんかの説明もこの中で説明してくれちゃうんですが、さて、リアルタイムに吉原があった時代の圓朝、どのように語り始めたのか。ちょっと気になります。

 ちっともアニメの感想じゃ、ないね。
 すまん。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

トリノ女子フィギュア といえば。

 一晩中見ていたのですが。
 たずさはどこで出ましたか?

 ・・・
 ・・・・・・
 メダルがとれてよかったですね>日本
(一応フォロー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/23

美容院

 朝起きたらなんだかちょっぴりいつもより元気だったので
「よし!髪の毛を切りに行くぞ!」
 と、思い立ったのです。
というのも、私もともとツメが弱くて、すぐ欠けてしまうのですが、先日、ぱっくりざっくりかなり真ん中からツメが割れてしまい(イタタタタタ)、そこに髪の毛がひっかかって上手にシャンプーできなくって困っていて、それならばプロにシャンプーしてもらえばついでだもんね♪ということですよ。

 元々、美容院って苦手なんですよ。(ここから回想モード)
最近はそうでもないけど、美容師さんってカットしながら雑談したりしますよねー。で、まずアレがヤだったの。
biyouinn
ケース1)
 高校生だった頃、ほぼ腰まであった髪をそろえてもらいに行った時、美容師さんが、
「毛先はまっすぐにしますか?それとも丸く揃えますか?」
って聞くから、(ホントはどーでもよかった)
「んー、じゃあ、丸く揃えて下さい」
と答えたら、カットしながら
「でもねー、あなたぐらい長さあると、毛先はまっすぐにしておいたほうがキレイに見えるのよー」
 っていいやがりましたのですよ。・・・選択肢を提示したのはあなたでそれに答えたのは確かに私だが、なんか順番が違くないか?

ケース2)
 そして別の日。またまたそんなロングヘアの私。カットしてもらいながらの雑談。あまりお話したくないので私はすっかり生返事。
「普段の手入れは○○してる?」
「はい、そーですね」
「シャンプーのとき、××してる?」
「はあ、そうですね」
「じゃあ、トリートメントは、地肌にすりこむようにしてる?」
「ええ、そうですね」
 多くの皆さんがお気付きのように、ここで私はひっかかってしまったんですね。この美容師さんのワナに。
「それじゃダメなんだなー(満足気)。トリートメントは毛先から・・・(延々と説明)」
★ただ、しばらくして同じ美容室に行った時、たまたま同じ美容師さんだったんですが、このヒッカケを誰にでもやるらしく、同じ会話の流れになったので、2度目は回避できました。

 で、今日なんですけどー(ここから日記)

 いつもは私、大抵、
「美容師さんが私に似合うと思う髪型にしてください。文句は言いません」
 といいます。その時、雑誌持ってきたりしないで、即座に
「わかりました」
 と言って取りかかってくれる人で、しかも手を抜かずにやってくれる人が好きなので、そういうプロな方を見つけると、しばらくそこが私の行きつけの店になります。が、今日は気まぐれをおこしてちょっと注文をしてみる事にしました。
 「後ろはこのぐらいまでカットして、で、サイドは耳から前はこのぐらいの長さで・・・」
一生懸命説明する私。
 が、美容師さん、説明を聞きながら、私の髪の毛をひっぱったりながめたりして、ためらいがちに一言。
「えーとー。そうすると、かなりその、個性的な髪型?に、なっちゃいますけど…」
 うーん、やっぱ慣れない事はするもんじゃないですw。
結局美容師さんの意見も取り入れつつ、私の「ここだけは譲れない〜!」ってトコだけは入れてもらって、カット終了。
 満足満足。

天気もよかったし、駅に近い美容室だったので
「ちょっくらこのまま都内まで買い物にでも出かけるかー」
と、時間を確認しようと携帯を見たら
「○○駅で事故のため列車の運行を一時見合わせています」
というメールが届いていました。便利なサービスですね♪・・・じゃなくってー。

 まあ、しょうがないのでそのまま家に帰りました。
せっかくキレイにブローしてもらったのにな。
ちぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

灼眼のシャナ 20

◆灼眼のシャナ 第20話「非情のヴィルヘルミナ」◆

 去って行くマージョリーさん。
 やってくるヴィルヘルミナ。
 ユウジとカズミちゃんの関係。残された下僕2人。
 「教授」との闘いはユウジたちの世界のひとつの転機だったようです。
マージョリーさん、口紅で(あえてルージュとは書かない)「Bye」キスマーク ってのはベタすぎですよ。しかも、消すの大変そうなのでやめようよ。

 一番の変化はシャナなのかな。ユウジの「街を守るために、街を出て行く」という決意は変わらないようですが・・・お祭りの前にあんなに嬉しそうだったのを見ているだけにくぁわいそーで、くぁわいそーで!しかも!追い打ちをかけるヴィルヘルミナの千草ママ敵視姿勢かつ「零時迷子」を消しちゃうぞ計画。育ててくれた先輩フレイムヘイズの意見に、ピヨってるシャナは従うしかないみたいです。
 アラストールまで怒られちゃって、しかも言い返せないでいるし!
 天上の劫火も形無しです。

 ユウジ危うし、で来週に続く。 
 シャナぁ、がんばってくれよお。

●今日の一言●
 オガちゃんは?

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2006/02/22

クラスターエッジ 20

◆クラスターエッジ 20◆

 とりあえず、あれだ。
フォンは車を運転しない方がいいな。
 長生きしたければ。
かれが車を(飛行機もだが)運転して無事に済んだためしがないぞ。

 えーと、後はー、やっぱセピアの3人がかわいい。
三人そろって笑顔!かわいいぞ。フォンの髪の毛ひっぱってるトコとかも。クロム団の言う事には素直だし。

 この話、「人間の都合で作り出された人造兵が、不要になったとたん人間にしいたげられている」人間の身勝手さ、というのを軸に動いているようだけど、クロム団の会話を聞くかぎりでは人造兵側も人間をひとくくりに見ているという事が・・・が・・・
 普通の作品の場合、私ならここで「・・・という事がわかります」と書くとこなんだけど、クラスターに関しては作り手が本気でストーリー部分を考えて作っているのかどうかわからないので止めておきます。だって、カット、シーン、セリフ、などなど、ちょっとカッコ良さげなものをつぎはぎして作ってるだけにしか見えないんだもーん。
 でも毎週見てるけどー。
(だって、ここまできて、どうやって終わるか見届けなければ私の半年があまりにもかわいそうだ。)

 そうそう。
今、ちょうど「アニメ天国」を見ながらこの文章を作っているんですけど、先週の「アニてん」で「はっぴぃセブン ざ テレビまんが」のイベントに出演している福山(ベリル)潤くんを見ました。クラスターの大阪イベントに行かなかったのはここへの参加が先に入っていたからなのか、それとも他のスケジュールの関係なのかはわかりませんが、女子向けイベントの時とは明らかに衣装もヘアメイクも地味めのメガネくんでした。
「ここでは僕、脇役だしー」
 っていう感じだったのかな?メガネスキー(メガネっこ萌え)というのは聞いていたけど、生じゅんじゅん(そんなに見た事ないけど)がステージでメガネかけてる映像は初めて見たかも。

 

| | コメント (2) | トラックバック (6)

★ゲーム★ 金色のコルダ その2

 とりあえず、当初のターゲットだった土浦くん(CVイトケン)はゲット。が、次点で狙いを定めた柚木(CV サイクリード 岸尾)がこっち向いて歩いているにもかかわらず最終段階クリアできず。2度トライして、あきらめる。(これ以上ファータなエンディングだったらゲーム自体を見捨ててしまいそうだったから)
 なので次は志水くん(CVじゅんじゅん)。こちらはエンディングはベスト、グッド両方見られたけど、週末デートできず。うー。しかもグッドエンドの絵があまり好みに描かれてなくてがっかり。

 次は…月森か火原かなあ。
 思い出の演奏が持ち歩けるならPSPでやればよかったなああ、と、ちょっとだけ思ってます。(PSP、持ってないんだけど)でも、あのエンディングまでの手間を考えるともう一度最初から、ってのは…苦しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ見たよメモ 02/22まで

 オリンピックだサッカーだとかで時間も曜日さえもくるってしまう深夜アニメの弱さを痛感しつつ。

◆うえきの法則◆
 ついに録画アニメに・・・(涙)

◆焼きたて!ジャぱん◆
 桃屋編(2週間もかけたタイアップコマーシャル)では写楽、モネから始まる名画シリーズ(これじゃ桃屋じゃなくて永谷園だよ)パロディ、そして今週はどこでもドア状態(でも時間はきちんと消化されているらしい)。すでに何でもアリだな。
 えーと、原作未読なんですけど、原作もこんなんなんですか?

◆ブリーチ◆
 とりあえず謎の3人組の正体がわかって、(浦原さんの真意はまだわからんが)やっと安心して見ていられるようになったよ。
 ルキアも戻ってきたし!雨竜のワンピース、ちゃんと着てるし!しかし、ルキア、あれがチャッピーに見えるのか?だったらノヴァはキュウリだな。せっかくついに杉田くんブリーチレギュラーかと思ったら、これ、しゃべらないよー。でもそこがまたかわいいんだが。アニメを楽しむ私とは別の私が、あのキュウリの動きにあわせて息を入れている杉田くんを想像してテレビの前でパタパタしてますよ。
 後は雨竜の今後と、一心パパがアニメでどういう扱いになっていくのかが気になるですよ。
 あ、あと、夜一さんがチョコを食べたかどうか。

 しかし、なんか吸血鬼ネタ多いな。>最近のアニメ

◆クラスターエッジ&ガラスの仮面◆
 見ました。録画もしてあります。が、深夜〜明け方まで女子フィギュアのショートPなんぞを見ていたので感想は後ほど。絵がつけられるといいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/21

練馬大根ブラザーズ 7

◆練馬大根ブラザーズ 第7話「俺ので奏でて! 訴えて!」◆
maco1
 マコは言った。練馬には海がない。
 ということで、石神井公園ですか!って、むちゃくちゃローカルネタですが。

 んー、今週は本筋の弁護士ネタはちょっと私的には弱くてパス。モデルはわからないワケじゃないんだけど・・・あ、ウクレレ伴奏の弁護士の歌が最初は若大将風なのに、後半は牧伸二になってっちゃうあたりはギリギリひっかかってきましたけど。それ以外はダメだわー。
 そのかわり、と言ってはなんですが、石神井公園とか、レンタル屋とのやりとりとか、その辺のコネタはまだまだツボを押してくれてキモチイイです。
 カラクリ刑事とパンダイコンの密かな(?)愛はこれで終わってしまうのか?
 来週、大根畑は元に戻っているのか?
 次回のテキは私のツボにずっきゅん来るのか?
 来週が楽しみです。

●今日のラクガキ●
 練馬大根Bros.では初お絵書き。今度は全身チャレンジしてみたいぞ。絶対「見えない」アングルでね。

 オマケ
 ミユミユくぁわいい♪

| | コメント (0) | トラックバック (5)

大古本まつり

 年に一度のお楽しみ。サンシャインシティ 大古本まつりに行ってきました。今日が初日です!やっぱ初日に行かねば!
060221
 んが。
 毎年なにかしらお楽しみがあるんだけど、今年は送られてきた目録もろくに見ず、現地に行ってもなーんかピンとくるものが無く、ちょっと寂しい気持ちで会場を後にしました。(そうはいっても2冊程古本ゲット)
 今年びっくりしたのは、入り口のド真ん前がガチャやプライズのコーナーだったこと。しかも結構スペース割いてました。新しめのブツはあまりなかったけど、東池袋の中古ショップよりは若干安め設定な感じがしたので、お時間ありましたらナイスな出会いがあるかもですよ。・・・私はなかったけど。

 お隣のホールでは中古CD・レコードまつりもやってました。
マイトガインの中古CDにちょっと心ゆれたけど、緑川さんの(同・・・ 佐々木望さんの(同・・・ 
と、こちらは見ただけで退散。
 サンシャインシティ ワールドインポートマート4F(サンクリとかやるとこw)で、27日までやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/20

よみがえる空 6〜7

◆よみがえる空 Rescue Wings
 Bright Side of Life 前・後編  ◆

 日常部分があまりに丁寧におおげさでなく描かれているせいで、非日常(と、私たちが見ている)部分がリアルに迫ってきて、一つ一つのエピソードがずっしりと重いです。

 例えに出すのもどうかという例えなんですけど・・・
 高千穂遥や田中芳樹なんかの小説で星がひとつ丸ごと消えてしまったり、戦艦がいくつ宇宙の塵となっても、それはベースになる世界設定があまりに現実離れしてしまっているのでそこで消えて行く命というものが、かろがろと扱われていてもなんとも思わないんですけど、この「よみがえる空」の中では登場人物があまりに人間くさく、ある意味退屈で平凡な普通の人間として描かれているので、たった一人の人間の死でさえ、派手な演出をどんなにくり出してくるよりもココロにささってきます。
 本編には描かれていない脇役の一人一人の日々暮らしている背景世界が、ほんの少しのカットで見えて来る、リアリティ。

 6話のOPに続き、7話のEDまでこういう作りにしちゃうのは反則ですよー。
 本郷さんの過去をなぞるようなこの事故、明るい歌と対照的であろう心の内を照らし出すような演出。泣かない方がウソですよー。

 本当の「ひょっこりひょうたん島」も実は島が動きはじめた時(第1話〜)にすでに全員死んでいた設定とかを考えると、本郷三佐の歌に合わせて歌う隊員たちさえ無理矢理明るくふるまっているように見えてしまい、さらに涙。

 来週は影山さんの歌が聞けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006/02/19

蟲師 17

◆蟲師 第17話 虚繭取り◆

 私のイナカは養蚕業が盛んだった土地(の側)だったので、私が小さい頃はまだまだ養蚕農家があり、田んぼの土手には桑が植えられたりしていました。夏の終わりになると指の先と口のまわりを紫色にして桑の実をつんでは食べたのを思い出しました。(あの汁が服につくと色が落ちないので親に怒られたりして)。
 当然今回のお話の中に出てくるように山で繭を穫ってくるのではなく、大きな小屋の中に蚕を飼って、四角く区切った棚に繭を作らせ、回収して、それを更に製糸工場に売るわけですが。
musi
 今回のストーリーは繭に棲む蟲を利用する蟲師の生活がちょっとわかっちゃうお話。伝達手段、ないもんねぇ。携帯もメールもないんだもん。化野せんせーもギンコに連絡するときはココ経由して手紙出したりしてるのかな?
 タクシー無線みたいに、「○○村付近にいる蟲師さん、居たら応答願います」とかできるのかな。とか、あの吊るされていた繭には一個一個名前が書かれているのだろうか、とか、想像が広がります。
 でも、テキは蟲ですから、便利に使うだけじゃすまない、慎重に付き合って行かなければいけない相手なんだよ、っていうのももう一つの根っこ。こういうトコ見ると、昔の日本の神様、民間信仰みたいなもの・・・自然や、生物や、日用品との付き合い方に似ていると思います。

 ところで、あの繭を糸にした後、お蚕さんのサナギが残るわけですが、あれ、食用になるんですよ。映画「あぁ野麦峠」ではお湯の中から拾ってそのまま食べてましたけど、今は佃煮ですね。缶詰になって売っています。見た目はかなりグロテスクだし、なにより佃煮にしてもボソボソしていてあまり旨くはないです。が、土産物屋で売られていたりしますし、あまり高価ではない(ハズ)ですので、見かけたらチャレンジしてみては?

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2006/02/18

BLOOD+  ep.19

◆BLOOD+ ep.19 折れたココロ◆
haji3
 ちょっと不本意ながら完成ということにして・・・ピンキー改造ハジでございます。小夜の時みたくペイントだけですませていないので結構時間かかりましたが、いかんせんピンキー改造は初挑戦。パテこねるのなんて何年ぶり?という状況を汲んでいただいて、目を細めて見て頂ければ。
 フェイスは改造ナシ(スー)です。そんでもって後ろに写り込んでいるチェロケースはあくまでオマケです。チェロケースというよりカンオケをイメージしていたので、細い方を下にしたときキレイに見えるように作っていたら逆でした。がっくり。
hajiback
 さて、今週のストーリー。
 先週からの続きで、デヴィッドのカイへの厳しい優しさが確認されて、ちょっと嬉しい感じでした。あの沖縄の病院の屋上での容赦ないボコりっぷりもここからだったのね・・・(アレはまあ、やりすぎだったかもだけどさ)デヴィッド、かっちょいいよ。うん。

 一方、ニセリーザさん、小夜&リク・・・
「一緒にお風呂入る?」
 って、リーザさん、それ犯罪ですよ。万一リクが「うん!入る!」つったらどーしちゃうつもりだったんでしょう。(ハジが割ってはいry・・・)
 列車の中のおばあちゃんとリーザさんのセリフがかぶっているのもおされ演出ですな。

 そろそろ2クールめも区切りの時期で、単なる翼手との闘いから、小夜とハジの関係、そしてディーバ(小夜の妹?!)という、いよいよバックボーンが見えてきて毎週わくわくです。
 しかしなあ。いっつも小夜にひっついているハジ、肝心なトコでいません。今回ニセリーザさんが好きな事語っている時間、彼はどこにいたんでしょう。マジヤバ!なトコでカンオケかついで登場したんですが。
「自分で思い出すコトです」
とか言ってる場合じゃないじゃん!あんな心理戦に出られるくらいなら、もうちょっと コニタンのセリフを ハジが色々教えてあげてもよかったハズなのに。
 しかも今回のハジ、イイトコなし!ハラに穴開けられて血、どくどくで倒れてました。(きっと笹茶で血液サラサラだったんじゃ!)来週には風穴は塞がっていることでしょうが。
snh2
 次回予告はソロモン!
  久々に登場?
 ソロモンは小夜(今の?)が気に入っちゃったんでしょうか?理事長=ファントムの粘着っぷりとは最初からスタンスが違うようではあったんですが。この辺りも80年位前からの色々がわかってくるとガッテンできるようになるんでしょう。きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

Fate/stay night 7 蠢動

◆Fate/stay night 7 蠢動◆

 不機嫌になってバカ食いするセイバーがかわいかった。いーなー。私も何も考えずにオイシイ日常ごはんを思う様食べてみたい。(オイシイっていっても、外食のオイシイごはんじゃダメなのよー)当然!美味しく作る係は私じゃない誰か!ああ、母親ってありがたい。
fate218
 で、その後の玄関で女子3人とシロウのやりとり。これはもう、画面にコマンドを選ぶウインドウが開きそうな感じでした。かなり重要な分岐で、ここで間違えるとどうやってもそのコとのエンドがベストエンドになりません、みたいな・・・。
 え?そーゆーんじゃないの?

 ライダーを描いてみたいんだけど、私の絵で彼女がどう変わるかが不安。
 ところで、あの目隠しの下にちゃんと目はあるの?

| | コメント (0) | トラックバック (19)

ライブパスコレのチケット その2

前回も今回も、申し込みまでしてケられた。
 うきー。
へこんだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノエイン もうひとりの君へ 18

◆ノエイン もうひとりの君へ 18 ワルイユメ◆

 現実と夢の違い。今日と明日の境目。
 小さい頃ってどこかでつながっているけど、どこかで分かれている不思議なモノでした。その不思議さが大人になった今、現実として見えてきたなら、今回のノエインの世界みたいな感じになるんじゃないかと。
 朝、目が覚めたら他の誰かになっていたら・・・(ムシは嫌)
 今私は夢を見ているけど、この夢の世界は誰かにとっての現実世界なんじゃないか・・・
小さい頃、そんな事、考えた事、ありませんでした?

 ハルカとノエイン
ハルカの心を揺さぶって、ハルカにとっての現実世界をゆるがそうというノエイン。単にハルカがいる、ということだけが必要なのか、それとも「現実」を歪ませてシャングリラとシンクロさせていく、ということまで必要なのか。
 シャングリラ、という名前もその通りの意味なのか、反語的に使っているのか、ナゾですね。クイナはラクリマを見限ってシャングリラに行きたがっていたようですが・・・シャングリラの住人になれるとタツノオトシゴみたいのになっちゃうのかな。でもノエインもシャングリラの人だよね?

 ユウとカラスと○○○
 クイナとの戦いで力つきたハズのカラス、ハルカのピンチに立ち向かうユウの気(?)に反応したのか、復活してクイナ、そして遊撃船との闘いへ。ユウ、カラス、ハルカの三人はお互いを深く認識する事でその存在を固定させているようです。
 存在の固定、確定に認識が関係している、ということでいいかな?
 逆いくと、ハルカが否定したらその存在は確定しなくなる不安定な世界で、ハルカさえそれを自覚すれば・・・。
 もしシャングリラのカラスが彼なら、シャングリラのハルカは居たのかな。

 アトリとトビ
 アトリ、遊撃船を見て記憶が?
 うっちだちゃーん&トビはあいかわらずコ難しい会話を繰り広げてますが、郡山さんが居るおかげでところどころ解説が入るのでわかりやすいっすね。郡山さん、「もーわかんねーからいいや」ってならないで、必ず「それ、どういう事だよ?」って聞いてくるので便利さんですw。

 自分で書いていて、かなりデンパな文章な気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/02/17

落語天女 おゆい 7

◆落語天女 おゆい 第7席◆

 おお、土方さん、イイオトコだね。
 しかし、タイムスリップしてきた平賀源内や少なくとも天寿をまっとうした圓朝はともかく、土方歳蔵だよ?私なら、本気でホれたら土方さんにその後の歴史を教えてしまいそうだ。そして現代へ連れ帰って遥時のラブエンドみたいな不思議生活を送るのだー。(土方さんが嫌がるだろうが)
 ところで、あの剣客天女、今まで木刀で闘ってたの?木刀っつっても鞘におさまってたしなー、しかし竹光でもあるまい。謎だ。

●今日の落語●
 前回の「あたま山」に加えて新たに出てきたのは「たがや」。
・・・この時代なら普通に職業名だよな「たがや」って。「たがや」の解説はブラックキャットのかなり序盤の感想で書いたような気がするので割愛。
 「あたま山」は高座のシーンがあったからだろうけど噺家さんが声をあててるんですね。「あたま山」を演っている時はあまり気にならなかったけど、やはり今回のやられちゃうシーンなんかは同じ声で演技をするプロであっても声優さんと噺家さんではかなりのギャップがあるんだなー、と感じました。

●今日の余談●
 おゆいと同じくお笑いをテーマにしたドラマCD企画が進んでます。
(タイムスリップもしないし、妖怪と闘ったりはしないハズです。とりあえずのライバルは上方漫才コンビらしいので)
 下野(アゲート)紘くんと寺島(アポロ)拓篤くんが主役なんですが、落語家で人間国宝(小さんか?)という役所で麦人さんが出演されるそうです。若手人気声優さんの出演も気になるトコなんですけど、麦人さんがどんな噺家っぷりを披露してくれるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2006/02/16

灼眼のシャナ 19

◆灼眼のシャナ 19 戦いの中で

 やっぱりユウジ君よりカズミちゃんの方が強かった、かな。
 かなりの短時間で状況を把握し、協力を決断。まあ、大好きなユウジが自分をかばってがんばってくれている状況を目の前にしたからこそ、混乱せず、事態の収束に力を貸す、ということにしたのかもしれないけど。んー、そっちの可能性が高いかな。

 一方シャナはユウジからはずっと「ほったらかし」。マージョリーさんと結託して「教授」との戦いに臨みます。うー。こうなってくるとシャナに肩入れしたくなる。前は「けなげ」(だと思っていた)カズミちゃんにエールを送っていた私ですが、現金なモノです。
 アラストールさん、何を思っているのかはわからないけど、シャナのキモチに気が付いているハズなのに、何も言いません。で、そこにヴィルヘルミナさん登場。

 前回、今回と急ピッチで話は進んで、(たぶんはしょられている部分って多いんだろうけど)ある意味小気味良いほどです。(原作、読みはじめたはいいんだけど、まだ1冊めの途中なので…わかりません)

 今回の件でユウジとカズミちゃんの想いがどう変化するのかが今後の注目点かなあ。ユウジが「死んでいる」事実はもう変えようがないんだろうし。

・・・
 あれ?オガちゃんは?オガちゃん、どうなった?

| | コメント (2) | トラックバック (9)

IGPX #15〜17

 1stシーズン13話が終わって、14話の感想までは書いた。
が、ここんとこIGPXの感想が滞っていたのは見ていなかったわけではなくて、書く事がなかったから。

 なんかね、こうパっとしないんですよ。
私、やっぱり判官びいきって好きなのかな。日本人らしく。IG1昇格したてのチームががんばって勝ち上がって行く、っていうストーリーや工夫をして強いチームに立ち向かって行くっていうのは面白かったのよ。だけど、ここんとこどうもこう、引き込まれてくれない。

 しかもホワイトスノウのフェアじゃなさそうなプレイと、それが通ってしまうシステムも、
「えーーーー。なんでぇ?」
 って感じでしっくりこない。やっぱ、これも日本人だから?納得いかなさすぎ。ルール、穴が大杉。(他のルールもだけど)
タケシの態度も主人公なのに感情移入できない。サトミさんしかり。

 今回エイミーが抜けた穴をついに監督が「ロケットジョージ」だった事を公表してサポートに入ったわけですが・・・これがストーリーを面白い方向に引っ張って行ってくれるといいんだけど、単なる「欠場はしなかった」だけになっちゃうとヤだな、と。

 試合と試合の間隔がどのくらいあるのか具体的にわからないけど、あのエイミーが乗っていた機体にあのアンドレが乗れるように調整し、かつパイロットスーツも作っちゃうんだから、そういう意味ではスゴイのかも。
 入院中のエイミー、ルカとお話できるシステムをベッドにつけておいてくれればいいのにね。そうしたらずいぶん彼女は精神的に楽になるんじゃないかな。>ルカは疲れそう?w

●今日の一言●
 公式によるとストーリー開始した時点でエイミー13歳。タケシ15歳。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/15

クラスターエッジ 19

◆クラスターエッジ 19 『大空への絆』◆
crom
 「忘れられない出会いを演出したからな」
ごめんなさい。ロードさん。私、すっかり忘れていました。火付けする前、クラスターに来たのっていつだっけ〜。ずいぶん昔な気がします。
 クロムもクロム団のことを思い出したみたいだけど・・・なんかこう、しっくりこないんだな。
 昔、1年もののアニメを切って貼って、2時間にむりやりまとめて映画にしたりしてたけど、そういう感じ。つぎはぎして無理矢理一本にまとめているような。そして、そのテの映画との決定的な違いは「クラスターエッジ」のストーリーがどうなるか見ている観客がまったくわかっていないってことなんだな。
 ただ、整合性は全く見えてこないものの、ストーリーはなんとか進んでいるようです。

ヒメクラ! ストーリーが進むと絵がおろそかになるらしい。

 やっと最近、「なんとか軍」とか、固有名称が出てきたけど、できれば最初からそうして欲しかった。教団とか、軍部とか、国や街の名前とか、そういうのが最初からきちんと提示されていればもうちょっとストーリーに入っていけたんじゃないかなあ、と思うのですが・・・
 今回のラクガキはやっと色がついたクロム。しかし、描いた時はそうとも思わなかったけど、なんかスーツっぽいというか、体型が大人過ぎ。ダメダメです。すいません。今、サフェーサーで真っ白になったピンキーに作業場所(ちゃぶ台の上ともいう)が占拠されていて、絵を描くスペースがありません。(もっともらしい言い訳)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

CD◆ハジ plays J.S.BACH inspired by BLOOD+

CD◆ハジ plays J.S.BACH inspired by BLOOD+

 のせられて購入。CDとDVDの2枚組になってます。定価3,000円。発売日は2/15(今日じゃん)
 感想を最初に言うと、ぶっちゃけ微妙。

 まずCD。
 全7トラック中、6曲は純粋にバッハ。ハジですし、伴奏もなしでチェロ一本。
 問題は7曲め。リミックスバージョンということなのですが、CDなので6曲バッハを続けて聞いた後にコレかよ!というようなアレンジ。
 しかもコニタン声を期待していても、BLOOD+本編くらいにしかしゃべりません!というか、声はすれども加工されているので、「どーなの?これぇ?」っていうカンジに仕上がってます。
 これがBLOOD+のサントラに収録されているならまだしも・・・でしょうか。
 せめてトリニティ・ブラッドのサントラというか、キャラソンみたいに・・・トレスくんのアレみたいな感じに仕上がってるなら、よかったんだけどなあぁ。

 そしてDVD。
 ハジバージョン、又は古川氏バージョンの「バッハのプレリュード演奏」が見られるという趣向なんですが、古川氏はまあ、もちろん演奏しているシーンが収録されているんです。が、ハジは99%アニメ「BLOOD+」のシーンのつぎはぎです。ハジの出てくるシーンが色々。
よほどハジのビジュアルが好きだとか、ハジの衣装&チェロケースのディテールがどうなってたっけー、って悩んでる2次創作な人とか・・・そういう人しかあまり嬉しくないかもしれません。

 結論
これから買おうとしている人、純粋にチェロがお好きならオススメしないでもありません。
が、小西ヴォイス又はステキ映像特典を望んでいる方にはあまりオススメしません。(きっぱり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/14

練馬大根ブラザーズ 6

◆練馬大根ブラザーズ 第6話「俺のウラウラうらない」◆

 1話のオーディションに居た異星人の仲間かと思ってしまいましたよ>極つぶしほそよ
今回のサブタイは・・・うーむ。だんだん苦しくなってきたのか、それとも狙ってるのかわかんないや。あはは♪
 くだらなおもしろさ、というトコで見てます。
 楽しいです。
 でも、何が楽しいのかと言われると正直微妙です。

 かなりパターン化されてきてるし(ヒデキも言ってた。ということは作っている側もわかってるってことだから、これ、思った通りに出来上がってるってことなんだろうけど)、なんかアタマの中を
「♪借りちゃいな マネ〜♪」
 と歌っている私がいたりしますので。

 そんな、マンネリを楽しむ私が今一番気になっているのが アフレコ風景 です。歌のシーンとセリフの部分、絵先行だとは思うんですが、どうやってるんだろう。
 DVDにそんなぶっちゃけ話なオーディオコメンタリーなんかがついていたら、それだけのためにDVD買っちゃいそうですよ。監督&練馬大根Bros.の3人で全話分ついてたら。(むりぽ)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

バレンタインにチョコfor 2D

 今日は都内までおでかけ。
まー、昼間から街中アベックさんだらけ!
 今日、平日のハズなんですが、どこから湧いて出たんでしょう?ぐらいの勢いですよ。そしてデパ地下の高級チョコショップは長蛇の列!
 ほえ〜。
 デートして食事でもして、んでもってチョコとか渡すんですね。きっと。

 まあ、私、あんまりそーゆーの関係ないし。つか、テレくさいことするの、昔から苦手だったので。でも本当に喜んでもらってもらえるなら誰にあげたいだろうか、と考えてみました。
 もちろん、プライベートの話してもつまんないので、あくまで2Dな方限定で・・・

 ダメだ。
  すごい勢いで妄想が駆け巡りましたが、なんかイタイ女子のたわごと(いつもか)になってしまったので、デリート、デリート!
 しかも、本当に好きなキャラだと絶対受け取ってもらえない人しか浮かんでこなーい!

 こないだのBパラで高城元気くんがツンデレはもう古い!今年はクーデレ!つってましたが、わたしのツボはどうやらそっち方向に向いているらしいので、よほど親密度高くしておかないと受け取ってもらえなさそうなんで・・・
 (そーいや、ときメモGSでなんどアナコンをぐるぐるさせたことか。あのヘンなミニゲーム(?)はなんだったんだろう。)

 ほら、よく「キャラあてに」って雑誌や作者さんにチョコを送るファンが居るってききますけど、女子のみなさん、いかがっすか?チョコをあげたいキャラって、います?

 男子のみなさんは後出しだからあまりないのかな。仮に誰か2Dキャラからもらったらお返しをしたい好きキャラとか、います?
 あ、私、オンナノコならねねこ&モネにあげたい!(ゆめりあゲームver.)

 今日のブリーチ1時間SPにリンが出てたけど、彼ならもらってくれそうだ>チョコ
 流石に4人しかいない部屋の中で3人白髪(!)だとマズかったのかなあ。リン、髪の毛茶色だったけど。なぜだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/13

よみがえる空 4〜5

◆よみがえる空 Rescue Wings
   第4話 大切な人
   第5話 必要な事      ◆

 第3話の女の子の死で、内田くんと同じくらい落ち込んでしまっていたので感想書いていなかった・・・。昨晩の「Bright side of Life」は来週と前後編の続きになっているのでそっちでまとめちゃおうと思っています。

 第3話の終わり、キツイ現場から帰宅した本郷さんは家に帰ると優しい父親の顔に戻っていました。
 内田君はなかなか立ち直れていなかったようだけど、第4話、突然アパートに訪れためぐみちゃんによって癒されていく・・・と。本郷三佐だって、辛くないわけないんだよね。慣れて無神経になってしまっているわけでもない。きちんと自分の心の中にパーテーションを作って、自分を保って行っている。
 内田君もめぐみちゃんによって、ある程度の心の切り替え方をつかみかけたのかな?
 それに、デート現場を目撃されてしまったことによってぎくしゃくしかけていた先輩達との間も上手く馴染んできているみたい。
 ホントの事言うと、そんなに彼女とか、家庭とかというものが働く男の人にとって「常に帰るべき場所」であるのかとか、そういうのってよくわからない。でも、誰か、自分が一生かけて好きでいられる人が自分をそういう風に見てくれる事があるなら、そんな幸せは他にない、とは思います。

 さて、5話では訓練中に事故者に会い、実践になってしまう、というストーリー。
 要点は「チーム内の信頼と、役割分担が大事ね。」かな?
 いかにも男所帯的な下品な会話も、まあこういうトコだから許してあげましょw。(と、まあ、こういうことなので ↑ のように男女間のイロイロって信頼できない事があったりなかったり。)

 6話については次週、ってのは最初に書いたけど、これまたOPの出棺のシーンで泣きそうになっている私がいましたよ。このテの話は、ホントダメだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/12

魔法戦隊マジレンジャー Final-stage

 いよいよ最終回でござりますです〜。

 ライダー系よりもターゲット層が低いせいかきちんと終わらせてくれてよかったよかった♪
 でも、あまりにきちんとしすぎたせいでびっくりな事がいっぱい。

 家族の愛の力で3つの世界が平和に!
 全員が最後の自己紹介。
 全員大唱和で「魔法、それは・・・」
 そしてタコさんはお腹が満たされ過ぎて自爆。(で、いいんだよね?)
 ゾンビ的なパパ&ヒカル先生とか・・・あ、でも元々人間じゃないからなあ>2人
 ヒカル先生、ギリギリ家族になってたものねー。よかったねー。婿養子なのかマスオさんなのかと思ったら、ウララちんはマジトピアへ嫁いでいたのね。あの雲の上のなんもなさそうなトコでどんな新婚生活を送っているのか、ちょっと気になるかも。

 一番びっくりだったのがナイ&メアでしょうか。
えー。仲良くなっちゃうのー?って。ヴァンキュリアなのになー。この人たち、今までの仲間は復活させなかったのに・・・あ、いや、まあ、いいや。
 で、しかも1年後のインフェルシアは大工事中!1年経ってもあんまり見た目はかわってません。そしてザコキャラさんたち力仕事?
(階級社会はあいかわらず?)

 ともあれ、とっても1年かなり楽しんだのでありがとうだ!5色の魔法使い諸君!
 (でも一番印象に残っているのが ベルヴィレジなのはナイショだぞ!)

あの、ヘルメットの黒いシールドがないとちょっと危険&マヌケな感じがしたのは私だけ?>カイちん

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006/02/11

BLOOD+  ep.18

◆BLOOD+ 第18話「エカテリンブルグの月」◆
200602111648
 いまさらピンキーにハマってます。で、プチ改造して小夜を作ってみました。トップバナーとは持っている刀が違います。どちらも小夜仕様にはなってませんが・・・
 今、部屋は溶剤のニオイとさまざまなケズリカスなどで大変なコトになってます。

 で、その小夜は今回出番、ほとんどなかったですね。そのかわりカイちん大活躍!・・・・?

 ジュリアさんの口まねしてるトコとか、初歩の初歩っぽい知恵の輪に苦戦してるトコなんかはホント、ただの男のコなんだけど、流石にシリアスな空気だけは読めるようになってきたようです。
 デヴィッドの冷徹なまでの真剣さも、今回のコトでカイに理解できたでしょうし、逆に翼手(1号さん?)への機転を聞かせたカイの対応で少しは2人の理解度も深まったかも。
 んでも、デヴィッドなら、
「常に残弾の数くらい把握しておくものだ!」
 ぐらいしか言ってくれそうもないけどね。

 ところで、テッドの部屋を出るとき、
「何をしている。行くぞ」
というのに、
「ちょっと、ま、ま、・・・」
 はい、ここで「マトリョーシカ!」と思った人〜。でもな。あの中になんかはいっているんじゃないかと思ってしまった私はカイちんレベルなんでしょうか。

●今日の一言●
 最後に見た月は、「彼」の眼に美しいと映ったのでしょうか。
 そうだといいんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (16)

ライブパスコレのチケット

 パソコン前でうなだれる私。
パスコレ、30分で完売?うそーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノエイン もうひとりの君へ 17

◆ノエイン もうひとりの君へ 17 マヨイ ◆
noein17
 ゼツリン姐さんの心配をヨソに着々と進む謎の実験。
 シャングリラの浸蝕が進むラクリマ。
 そして、ハルカの元にもシャングリラの影響が・・・

 今回、ラクリマでの龍騎兵(といっても残りは2人)に進展?かと思えば、やはりコサギは新しい感情を受け入れるには過去…現在、かも…を断ち切らないと一歩を踏み出せないタイプみたいです。
 ハルカの時空へカラスを倒しに行く、というコサギ。しかもこの人、言わなくても良い事をアイ・アマミクに言いに行っちゃいます。いるよね、こういう女子。しかも色々言い訳してましたが、カラスと一緒にいたいだけみたいな・・・あー、見ていてイタイ。というか、ツライ。わかんなくもないから。

 ストーリーの流れからすると、今回のクイナとコサギの会話、そして今までの「うっちだちゃーん」と「郡山さん」の会話から推し量るに、なんかね、ぶっちゃけ

 「ソフィーの世界」

 な感じです。先週ウロボロス、ときて「ウロボロスの偽書」を思い出したんですが、(結局思い出しただけでしたが)「ウロボロス〜」も、「ソフィー〜」も、どちらにも共通する世界観があるんだけど・・・さて、ノエインはどうなんだろ。
 ハルカはソフィーなのか、それともヒルデなのか・・・
 箱の中の猫なのか、箱を開ける人なのか・・・

ちょっと深読みしすぎかな?好きな世界な上、そのテの単語が集まりつつあるので楽しみです。

 次回のサブタイは「ワルイユメ」。
 これまた気になりますが、テレビ埼玉組は放送が週末なので、先に他所様の感想を読んでしまわないように気をつけながら一週間すごさなくては。w


 余談
トリノ開会式をみながら書いてます。
リアルタイムで見ていてよかったー。ダイジェストじゃなくて全部見られたのは眼福。w
 エンターテイメントとしてきれいだったのはもとより、ショウに参加していた人たちが楽しそうだったのが見ていてよかったなー、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006/02/10

落語天女 おゆい 6

◆落語天女 おゆい 第6席◆oyui6
 今回はお正月なんですね。よくわかんないけど。
 そしてあまりにもあっさりと
平賀源内>晶
ぽん太 >鈴
 とバレちゃってます。これからどう展開させてくんだよ。

 今回の落語コーナー
 「あたま山」 
  せっかくですので、幻影とはいえサゲの部分をどう表現するか見せてほしかったですw。今回のラクガキはその「あたま山」の途中。ここらまでは絵にできるかなあとw。
 とってもシュールな噺です。
 「抜け雀」
  あまりに上手に描かれた屏風のスズメが出てくる、というトコはまあ、そゆことなので、そゆことですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

BLACK CAT☆15〜16

あれ?先週書いてなかった?あはははは。
第15話 竜を狩る猫
 ドタバタしてるスヴェン以外とシリアス&お仕事モードのスヴェン。
 自分だけじゃなくて食べ盛りのお兄ちゃんとカワイイ娘を養わなくてはならないパパは大変ですw。最近イブったらシャレっけも出てきて衣装にも凝ってるみたいだし、
「私もふかふかのベッドがいい!」
なーんて言うようになっちゃってきてるからなおさらだよね。
 そんでも放り出さないのがスヴェンのイイトコなんだろうけど。

 ちょっとしたアルバイトのはずが結構な金額になったらしいフローラちゃん探しで少しは潤ったのかな?
 でも、本筋の方ではクリードがからんできてちょっとヤバい感じになりつつあります。
第16話 まどろむ猫
bcat16
 で、続き。
 クリードの居場所を知ってしまったトレインったら単独行動にうってでます。が、途中でサヤの幻影(?)に導かれ、そして彼女そっくりのオンナノコに救助ざれる始末。
 あの妙なハイテンションとシリアスに豹変するあたりもそっくり。
 サヨとサキの関係は直接語られなかったけど、(なんでトレインくんは聞かなかったんだろう)なにやらこちらも謎な因縁がありそうです。今後にからんでくれば面白そうなんだけど・・・
 サブタイ通り、まどろみの中でどれが夢やらうつつやら、という感じのストーリー。寝ては覚める、けれど洗濯物が乾く程の時間がたっているわけじゃない。そしてサヨの幻影が
「トレインくんの仲間は?」
顔面きーっく!
 あのにせブラックキャットのおじさん、もうすっかり仲間なんでしょうかね?トレインがバイクぶっこわしちゃったからか、スヴェンの車に同乗してるし。
 これじゃトレインが大人しくスヴェンのとこに戻っても乗員オーバーだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006/02/09

灼眼のシャナ 18

◆灼眼のシャナ 18「砕ける願い」◆
kamushin
 とうとうカズミちゃんが色々知っちゃって、その他のメンツも封絶の中で動いているメイン登場人物達がであってしまう…すっごい転機、その上内容のぎゅぎゅっと詰まった1話でした。
 そんな中で→(儀装の駆り手・カムシン)ちょっとお気に入りになりそうなんですけど。と思って描いたら、シャナとあまり変わらない・・・ダメだあ>私
 ところであのブレスレット、欲しいな。いい感じかも。

さて
 トーチが消えて行ってしまう存在、ということなんですが、ユウジよりもカズミちゃんの方が飲み込みが早いようですね。これは平井さんが平井さんじゃないってこともすぐにわかっちゃうのかな?
 で、ユウジは優柔不断っぷり炸裂。なーんだ。オガちゃん、男見る目あるじゃん。田中の方がなんかよほど男らしい感じがしたよ>今回
 ただ、マージョリーさん(あの浴衣の着方は違反です〜)の存在が気になるけど…。

 マルコシアス、話し出すと必ず殴られて黙る、の法則確立?

| | コメント (0) | トラックバック (14)

アニメ見たよメモ 02/09まで

最近なんだかめまぐるしくって何を記事にしたかもよく覚えてない〜。
060209
◆Fate staynight◆
 絵を描くぞ!と宣言したものの、ストーリーがまだまだ導入部なせいか「描きたい絵」がうかんでこなくてー。生意気言ってすいません〜。
 それにね、あの、「死んじゃえ」って言葉を陽気に言われるのもいかにアニメの中とはいえちょっと…他の展開になったらもうちょっと感想とかかけるかも。

◆うえきの法則◆
 おもしろいのかどうかわからなくなってきましたー。見てはいます。
 なんか一段落ついたようなので、これからの展開次第。

◆カペタ◆
 見た。とばしとばしなので、さぱーり・・・すまん。

◆アニマル横町◆
 遠足が大変!っていうアミちゃんの主張が5歳児とは思えない的確さで笑った。私も昔から乗り物酔いがヒドかったので、「バスはなるだけ前の席=先生の側」という感じだったもので。しかし、アミちゃんったら、漫画とはいえ、デ○専?これまたコアな5歳児。

◆焼きたて!ジャぱん ですよ◆
 桃屋のおっちゃん、やっぱり勝ちましたか!
 そしてしかも、良い人キャラで終了。
 ところで、島根出身の人に聞いたけど、「海苔で羽織を作った」って話は知らないって言ってました。あんまりメジャーじゃないのかな。それとも、その人が知らなかっただかなのかなあ?
 松代さんがするっと元の位置に戻っていたので一安心。

◆ブリーチ◆
 アニメオリジナル版になって、なんか急にトーンダウンしてしまいました。うみゅー。目的のはっきりしない戦いとあの絵柄&ブリーチ世界に馴染まないキャラ達はどーにかならんもんかと。

◆アイシールド21◆
 編入試験の敷居、低いな。

◆鍵姫物語◆
 心からのキスってなんだよー。いままでそんなそぶりも見せなかったアルトとありすが「心からのキス」なんて出来るの?でも、とりあえずストーリーは少し進んだのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006/02/08

ガラスの仮面 44

◆ガラスの仮面 第44話 無限の舞台◆

 さて。スカーフの件で・・・2人の距離は微妙になっちゃうってことなんですね。急接近!とはならないのがガラカメなんだけど。でもマヤと亜弓さんは梅の谷へ。これから デンパ なエチュード勝負の開始ですねー。さて、アレをアニメでどう表現してくれるのやら。

 来週は真澄さま、ご幼少時の思い出ですわね。


 2/10にガラスの仮面の能の本、「新作能 紅天女の世界」が発売になるようです。
現実の舞台は見に行かないけど、本は見てみたい気もするし・・・さて、どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

クラスターエッジ 18

◆クラスターエッジ 18 翼のもとに◆

 全員集合!(クロム団以外)
 なぜかクロムまでクラスター学園にいますよ?
 制服の色が全員違うのはどういうことなんでしょうか。全員同じ教室で授業受けてましたが・・・あーもうっ!きっとこんなコト考えちゃいけないアニメなんだわ!謎なんかきっとどーでもいいことなんだわ!フェンシングがチャンバラじゃなくなって、フェンシングらしくなっていた所に喜びを見いだせればいいんだわ。試合として初めてのはずのクロムが「礼」の仕方を知っているのはきっとカールスの記憶のせいね。きっとそうね。

 なんか、クロムとベリルが言い争いをしているシーンとかが幾つかカットインされてましたが、えーとですね。そういうとこですよ!見たいのは!私が求めているのは!もう、過去とか確執とかどーでもいいんで、あの持っている常識がまるで違う4人が繰り広げる学園ストーリーみたいなの!

 でも、授業中鉛筆くわえてヒマそうにしてるクロムはかわいかったっす。

●今日の一言●
 これで全員クラスターの制服になったので
「タイツのヨッチンがかわいそうだからコスプレはしない」
 と言っていた岸尾さん、言い訳が無くなっちゃいました♪
半ズボン、どぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006/02/07

練馬大根ブラザーズ 5

◆練馬大根ブラザーズ 第5話「俺のを転がせNO.1」◆

 江古田と歌舞伎町・・・まず店の場所からしてどーなのか。客を取り合うようなエリアじゃないんじゃないか?つか、繁華街としての地位レベルが・・・(江古田の人、ホントすまん)

 そして歌舞伎町のナンバー1ホストのCVは鈴木団2号さんの鈴木千尋さん。ほえ。彼はこんな声も歌もやっちゃう人だったんかー。

 ともかく今回のツボはなんといっても

 「フランダースの犬」
 ステンドグラス、大根だし。
  パンダに導かれて昇天?うっわー。
 「なんだかとても、眠いんだ。」
(私のごく身近にもこのシーンを声まねしてやると泣き出す人がいます。
 そんでその後怒り出して、口聞いてくれなくなります。
 アイアンハンドがさびる程号泣するわけじゃないけどね。)

ところで、またダンサーズの金融さんから借金してましたけど、ヒデキ、現金収入あるのかな?パンダに食い散らかされている割には食べごろの大根が生え揃った大根畑は生活支えていけてるんでしょうか?借りたお金、返せているんでしょうか?(利子もね)
 きちんと働いているのはイチローだけに見えますが・・・はたして?

●今日の一言●
 本当の練馬で生産された練馬大根は実は高級食材。(のようだ)

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/02/06

蟲師 15

◆蟲師 第15話 春と嘯く◆
mushi
 原作の中でも好きなお話のひとつでしたのでわくわく。

 ブラックジャックなんかでもそうなんだけど、たまーーーーに、女っ気ない主人公に女性がからむ話っつーのは好きです。一匹狼を気取っていても、(それが自発的でも、必然であっても)やはりヒトは一人で生きて行くには寂しいものなんだな、とか。
 蟲師(原作)にはこの他にもいくつかそんな話がありますけど、・・・ギンコって確かにうさんくさくはあるけど、ただ「やっかい事よろず引き受け業」(なつかしー)っていうワケじゃなく、依頼者のその後なんかも考えてる良い人で、一人で旅してるワリには人情っていうか、人間臭さも持っていて、ホント、イイオトコな気がするんだよなー。
 主様になってまで一緒に居て欲しい、って女性が現れたら困っちゃいますけど。

さて、ストーリーも1回分にきれいにまとめてあるし、絵も冬と春の対比が美しく、これまた私を満足させてくれました。
「グッドです」

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006/02/05

★ゲーム★ 金色のコルダ

プレイ中。
 あ、今やってるってことはPSP?
 いいえ。PS2版ですー。今さらでごめんなさい。

 いやー、こんなに疲れるゲームだとは思わなかったよ。
 私、ラクガキ失敗した紙とか、束にして机の脇に積んでおいてメモにしたり、ラフのラフを描いたり、色々に使ってるんですが、その紙の束ががんがん減っていきます。
 「公園に○○の楽譜を持ったファータがいます」
 「曲の解釈は・・・」
メモだらけ。
 よほどでないとリセットしてプレイしなおし、ってしないので、そりゃーもう、大変です。
 最近絵がついてなかったり、下書きみたいなラクガキがアップされていたりするのはそんなワケです。アンジェも(全部じゃないけど)遥時空も(全部じゃないけど)やったけど、こんなメンドクサいのは初めてな気がしますよ。もっと気楽にやってもいいのかなあ。わからにゃーい!

 とかいいつつ、ネオアンジェは小野坂さん目当てで買ってしまいそう・・・かな?どうかな?新しいアンジェは今までとだいぶ違うみたいだけど、どーなってんでしょう。まだまだ先の話、かな。うん。

 小野坂さんがネオロマイベントでなんかしらやらかしてくれるんじゃないかと期待してやまない私。
(行った事、ないけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー カブト 1〜2

 35周年記念なんだってー。
 へー。

 私的に思い入れのある平成ライダーは、クウガ1番!そしてヒビキ、ブレイド、かな。8耐では555の時が一番燃えたけども。

 さて、新シリーズはノッケからギミック満載のベルトとカブトムシ体型のバイク、出演者は若いにーさんにボク女に不思議ちゃん。色々つめこんでみました〜ってとこですか?
 たしかにヒビキの1〜2話に比べると「正義の(役立たずっぽい)組織」とか「敵」がはっきりしていて、特撮らしさはあるような気がします。が、なんか入り込めないよー。なんでだろ。
 あ、あの自分だけスピード早くなるのは「ビューティフルジョー」ですね?

 もうしばらく様子見。

 カプセルトイ、っていうのかな。ガチャの中に入ってるやつ。すでにカブトが入っているのを見かけてびっくりしました。
 しかも!カブトの他は、
「トドロキ」
「サバキ」
 も同じ販売機の中に入ってるの。「トドロキはともかく、サバキですか?」
というようなことを考えていたので、他に何が入っていたのか忘れちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/04

BLOOD+  ep.17

◆BLOOD+  ep.17 約束おぼえてる?◆
blood17
 何を描いてみたらいいのかわからなかったので、今頃になってハマりはじめたこんなもので。w

 今回は過去話。最初は
「え?いつ着替えたの?リクは?え?何わかったよーな会話?」
 って思っちゃいましたが、夢というか回想だったのね。
 沖縄基地問題以来のシリアスな会話。しかも小夜が語ってるし!何があったんだろー。BLOOD+って、こういう気の持たせ方が上手だなあって思います。

 そして、サブタイにある約束。
 小夜に従うもの、としてはキツイ約束なんじゃないかと思われたのですが・・・はたしてどーなんでしょう。今までを振り返ると、最近のアニメには珍しく最終回までのプロットがきちんと組まれているようなので(ある意味当然なんだよ!)安心して、そしてワクドキしつつ見ています。

 ところで、私見なんですけどー、小夜ってサヤで、刀の鞘だと思っていたんだけど、どう思います?外見日本人だし、いいセンかな?って思ったんだけど、スタート地点、ヨーロッパっぽいしなあ。
 まあ、革命時のロシアってのもこれまたこの時歴史が動いた系のオモシロ話が作れそうな時代っすね。いいっすね!
(実はこの年代&場所的にも不案内なので多くは語れないのだ。しょぼーん)
 先週クギをさされたので、ハジのあんなショットとか、サヤのあんなシーンなんかには触れないことにしましょう♪ねっと♪ ・・・いや、ホントにあんま、どーでもよかったってのもあるんだけど。

 現代に戻って
ハジはもちろん、雪の中に放置された小夜、リクも無事でめでたい!
 そして、あのブチ切れ気味のカイ次回予告に不覚にも笑ってしまいましたですよ。いーじゃん。下っぱーでも、パシリでも。希望通り付いてこさせてもらってるんだしー。
 どっから金でてると思ってるんだ?こらぁ。
つか、お前はそんなに小夜にぺったりひっついていたいのかと。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

怪 Ayakashi 四谷怪談 3〜4

◆怪 Ayakashi 四谷怪談 3〜4◆
 んーと、話のほとんどは3話めまでで終わっていて、4話めは鶴屋南北の語りと現在に続くお岩さまの怪談話話。
 切り口はまあ、新鮮といえなくもない。
 ストーリーは幾通りかあるうちの一つをなぞったもの。で、「あなたの知ってる四谷怪談と違うでしょ?」みたいな感じ?で、既に故人である(当然)鶴屋南北に現代の町中で語らせて終わるエンディング。
 うーん、どうなんだろねえ。どっちかっていうと実写でもよかったんじゃ?とかも思うし。なんか、夏によくある「怪談の真実は!」「史跡をたどる」みたいなので、ね、歴史研究の人と共に講談師や歌舞伎役者、噺家とかも呼んだりして、色んな視点から見られるよー、とかいう感じで。
 しかも人気作品だったハチクロ、パラキスと続いた枠で、しかもノイタミナの名前も引き継いでやる作品だったのかどうかは、私にはわからないや。
 次回からは天守物語?こちらはどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ノエイン もうひとりの君へ 16

◆ノエイン もうひとりの君へ 16 クリカエシ
noeinrep
 すごい!
 見た事ある映像がほとんどなのに、いわゆる総集編ではなく、ちょぴっとストーリーやキャラのココロがわかったり、初回オープニングの謎の戦闘がなんだったのかとかがちょっぴりわかっちゃったりと、濃い作り。
 これ見ちゃったら録画してあるの、見直してみたくなっちゃったよー。
 「何かが違う。」
 「何か大事な事、忘れてる」

ね?ね? 気になる作り!これで初回から見てないor録画残していない人のDVD購買意欲、跳ね上がった事間違いなし!(かもしれない)

 そしてこれから、カラスの時空=ラクリマのハルカの真実が解る?のかな?次回はコサギとハルカの対決?展開によってはコサギに肩入れしそうでこれまたヤバい。

 ところで、ノエインの声がああなのは、やはり何か意味があるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (7)

BLEACH本2冊

 BLEACH本「オフィシャル アニメーションブック VIBEs.」と「オフィシャルキャラクターブック SOULs.」が発売になりました。
 まず、表紙がキラキラしててきれいですよ。キャラブックは一護、アニメの方はルキアのイラストで、つい両方買ってしまう仕組みwになっています。
 アニメブックはほとんどカラー。きれい!
 キャラブックにはブリーチ各回のサブタイトルの日本語訳がついてたり、なかなか細かい〜。

というわけでですね。これから、絵を描いたときに
「細かいデテールがわかんないからテキトーでーす。てへ♪」
なんて事が言えなくなりました。

 両方とも綴じ込みで別バージョンのシールと、この本限定のソウルカードバトルがついてるのです。あー。カードは見たいけど、オタ心が「袋とじを開けてはならない」と言っている。
 どーしよー・・・

●今日の情報●
★NEW!!★森田くんの一護一笑FIRE!が更新されてますよ♪イベントのDVD情報だよ!(トップページにだまされてはいけない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

生セイザーX

 府中まで行ってきました。
 セイザー(ライオ、イーグル、ビートル)とアド、ケイン、タクト、そして紅一点レミーちゃんが豆まき〜。
 変身前&後プラスレミーちゃん、計7名が揃って登場。

アリなのか?普通にアリなのか?

 みんな(豆まく方も、ぶつけられる方も・・・痛かったけど)楽しそうだったし、私も楽しかったし(痛かったけど)、おみくじは大吉だったし、ま、いいか、ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落語天女 おゆい 5

◆落語天女 おゆい 第5席◆
oyui5

 だからーっ。「化け物使い」は妖怪の名前じゃないってばー!
(怪談でもないですよー)

 視聴者に落語をどう理解させたいのかどうか、どんどん不安になってきました。せめて落語の部分だけでもまっとうな扱いをしてくれるのかと思いきや・・・いや、成立年代とかはまあ、おいといて、ですね。せめて「ジャぱん」のパン講座並に
  「落語の化け物使いっていうのはこういう噺なんだよ」
  「へー」
 ぐらいでいいのでやってくれれば、少しは興味持つ人も出てくるかもしれないのにね。もったいない。

 さておき、あの「お金持ちのおじさま」の話、結構的を射ているような気もします。上手に人を使える人って本当は貴重だしそういう人がいないと集団って機能しなかったりするし。・・・って、最初そういう意味だと思ったのに。悪者だったのかー。なーんだ。良い話すんじゃん!とか思っていたのに。

 今回、落語っぽいセリフといったら
「大家といえば親も同然、店子といえば子も同然」
 これは大家さんが店子(借家人)に悩みを聞き出すときの常套句ですね。

 このまま一人ずつ変身する回があるなら、それだけであと4回あるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2006/02/02

灼眼のシャナ 17

◆灼眼のシャナ【第17話】「新たなる序章」◆
syana17
 コゲた卵焼きって、なんか最近違うアニメでも聞いた気が…。

 さて。たしかにお料理初めてでお弁当っていうのはハードル高いですよね>女子のみなさん。
 普通にお夕飯、とかのほうが300倍はラクだと私は思いますよ。お夕飯でいいならほら、カレーにサラダとかさ、で、煮込みモノって結構なんとかなるもんだし。
 お弁当ってねー、冷めてもおいしく、しかも彩りを考えて、なんて、それだけでめんどくさ!

 私、高校の時、オトコノコ数人と遊びに行く事になって、
「お弁当よろしく」
 とか言われてすっごく困惑した、というか憤慨した覚えがあります。
「なーんで私が性別女子ってだけでそんな負担を負わなければいかんのじゃ!」と。
 あ、彼氏と2人で♪ とかなら別だけど、そういうんじゃなかったんで。だもんだから。しかも「よろしく」の一言で数人分?

 と、まあ、でも最後にも書いたけど、「彼氏のために♪」なら別なんです。がんばります。早起きしてでもなんとしてでも、ね。しかも、他の女子のお弁当を美味しそうに食べてるのを見るの、ヤなのはね、すごくわかるよー>シャナ
 何故あの家事全般どんとこい、なお母さまがユウジにオベント作らないのかは謎なんですけどね。

 ほのぼのかつ火花散る恋愛関係はお祭りにて結果がでるのかな?
 さて。トーチとフレイムヘイズの事を知ってしまったカズミちゃん、それでもユウジとシャナへの想いはかわらない?それとも平井さんの真実までたどりついちゃう?
 そんな中、マージョリーさんと下僕2人もからんできて、お祭りの夜は大きな一波乱ありそうです。>来週


 お祭りへは誰といく?

 1)約束通り一美と
 2)シャナと
 3)グループで
 4)行くのをやめる

| | コメント (0) | トラックバック (17)

アニメ見たよメモ 02/2まで

renzi
◆焼きたて!ジャぱん ですよ◆
 次は島根!ノリ!
 お正月になると、よく「ねーねー、○○さんちって、どんなお雑煮?」みたいな話題になることがあります。一度、島根某所で正月を迎えた事があったんですけど、ノリとおぼろこんぶしか入っていませんでした。 ゆでたもちをお椀にいれる。>だし(甘め)をかける>テーブルに用意してあるおごノリ、おぼろこんぶなどを各自トッピング。以上。
 それはさておき、今回はまた勝負に出たね。冠くんの「放送」意識発言とか、桃屋を意識したストーリーとか。ある意味、彼の「出オチ」的なとこがあったので、勝負はこれから?

◆BLEACH◆
 現世シリーズに入って、恋次と浦原さんの出番が増えて個人的には嬉しい。しかしあのこまっしゃくれたオンナノコがどーもブリーチ世界とマッチしてくれなくてとまどってます。やちるちゃんは好きなんだけどなあ。なんでやろ。
 とりあえず彼等の目的がはっきりしてくんないコトには、一護たちが振り回されてるばっかりでつまーんなーい。でも、来週はまた学校に恋次が来るようなので、これは楽しみ。♪
 ラクガキは'60でない恋次。入れ墨マユゲがどうなってんのかわかんなかったんでてきとー。ただ、こんなチョーカーがあったらいいな、というだけで描きました。

◆アイシールド21◆
 やっと武蔵が出てきた。
◆鍵姫物語◆
 今回は増えなかった。
◆マジカノ◆
 起きていたのに!録画しているガラカメを見てしまったため見られなかった。不覚。
◆かしまし◆
 寝ていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/02/01

ガラスの仮面 43

◆ガラスの仮面 43 忘れられた荒野◆

 漫画で見るとそうでもないんだけど、音にすると
「うぉーん」
 も
「すちゅあー」
 も、
なんか見ていて痛々しい。
 「奇跡の人」あばれっぷりもそうだったけど、なんか・・・そっちばっかに耳がいっちゃったよ。うーん。
 でもあの大事なシーンがさらりと自然な演出になっていたのはヨカッタです。原作よりスマートだし。うんうん。

●今日の一言●
お嬢様、他人の家の本棚の本を勝手に見るのは超マナー違反ですわよ。(本当)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クラスターエッジ 17

◆クラスターエッジ 17 怯えた瞳◆

★クラスター学園
 とうとう独学で飛行機の修理を終えたフォン。試験飛行をしようとすると出てきました。「謎の軍部」だいたい、どこの軍隊なのやら。まあ、前〜に、飛行機は戦いの道具としてしか見ないので禁止、とかいって航空力学(?)の教授は逃げたりして更に軍に出頭したりして、その後は行方が知れないわけですが、今回もダメダシくらったフォン。が、
「ここはクラスター学園。彼の科学的探究心の・・・」
と、いきなり出てきた生徒会長のベリルにひるんで、軍の人たちは去ってしまいます。はあ、教授はダメだけど学生はいいんだ。

 なんか、昔あった、「勉強中です」といえば勉学の自由と言う事で全てゆるされる、というコントみたいっす。


★アゲート&クロム
 モーターボートレースに出たあの街ね。あそこに帰ってきたアゲートとつれられてきたクロム。まるであれが昨日のことの様に迎え入れてくれる酒場のじーさんたち。さすが、なんか人間おおらかです・・・というか、かなり脳味噌いい加減な感じで生きておいでのようです。
 一夜開けて子供達とボール遊びにうち興じるアゲートと、何を洗ってるんだかわからないけど奥さん連中と洗濯するクロム。おだやかな日常?と思いきや放火事件>軍部撤退と、わけわかんない。
 逃げ遅れた少女発見!そしてまた金色に光るアゲート。
「おにいちゃん、人造兵?いや〜こないで〜」
「助けられておいてありゃーねーよなー」(byクロム)
 いや、あの、うーん。
 実は今まであのアゲートのフシギパワーを見た人の中で一番普通な反応な気がします。んーと、ただ、光るアゲートを見て「人造兵」とストレートに見抜いたのは彼女が初めてなのではないかと。(クロム以外)
 「人造兵」ってあんなコトできる人たちだったの?
 わかんね。つか、出来るならまず火を消せ。3Fくらいなら少女飛び下りさせれ。クロムとアゲートがいれば絶対受け止められるって。


 そして。また リセットスイッチがはいった。
「クラスター学園へ行くんだ!」

 でも、次週は総集編じゃないみたいですけど。

●今日のクラ学情報●
 DVD1巻 発売中
 CD色々  発売中&発売予定
 アニカン 下野くん&よっちんインタビュー記事掲載。
  メイトで見た下野くんサイン色紙には
  「暴投でも全力投球」
  と書いてあった。意味不明。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »