« スクールランブル 二学期 #7 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 7話 »

2006/05/16

ゼーガペインが面白いっ!

ゼーガペイン 〜第6話 幻体

 テレ東夕方枠アニメです。
 えーと。放送は木曜なんですけどね。

 主人公、ソゴル・キョウ(高校1年生男子)が住むのは千葉県、舞浜市。6話では
「なめるなぁ!千葉県民をぉ!」
 なんつってますね。どういうくくりで彼が千葉にプライドを持っているのかはわかりませんが・・・。舞浜のマンションに住んでいるなら、結構なお金持ちだとは思うけど。(この世界の舞浜にあの巨大テーマパークがあるなら、ね)

 夕方枠でデカルトの名前を聞く事になるとは思いませんでした。
コギト・エルゴ・スム。
 この意味が解らなくても、今のところ十分面白い「ロボットアニメ」なんだけど、先週放送分まででいくつかの可能性の世界が主人公の周囲にあって、どこが現実か、自分が誰なのか、っていうのがとりあえずストーリーの軸になっていきそうです。
 普通の高校生としての自分、没頭する人気ゲームの世界にいるプレイヤーとしての自分、そのゲーム世界に入り込んでしまった自分、いや、そのゲーム世界こそが本当の存在なのでは・・・?という疑いを持ち始める主人公・・・。謎を握っている年上美人を信じるか、「現実」にしがみついていくのか・・・。
 深い。・・・といいな。深くなってくれ、と祈ってます。
(夕方枠だしな)
 絵柄は地味だけど安定してます。この地味さが吉と出るか凶と出るか。ですね。
(夕方枠だしな)

ところで。
 ソゴル、という名前を聞くたび、「ケン・ソゴル」という固有名詞を思い出してしまいます。
 うーん。のすたるじぃ(笑)

|

« スクールランブル 二学期 #7 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/10102059

この記事へのトラックバック一覧です: ゼーガペインが面白いっ!:

» CLAMP的モデル体形 [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
また放置しちまった…。ちょっとだけ仕事が忙しかったのもあったけど、それ以上に溜まったアニメ消化するのに時間かかってしまいましたよ。 遊戯王GXを見る。万丈目がおジャマカードを捨てたのは意外。目を覚ますキーとなるものだと思ってたのに。三沢が白の結社に行った....... [続きを読む]

受信: 2006/05/18 09:18

« スクールランブル 二学期 #7 | トップページ | 桜蘭高校ホスト部 7話 »