« BLOOD+  ep.41 | トップページ | アニメ見たよメモ 07/24まで »

2006/07/23

涼宮ハルヒの憂鬱 文庫版シリーズ

 オススメかどうかと聞かれれば、
「私はそこそこ面白く、 全 部 読んだよ」
 という返事しかできないかもしれませんが・・・という前置きで。

 アニメ版をとばしとばしにしか見ていなかったので、気になった部分の補完も兼ねて「涼宮ハルヒシリーズ」をとりあえず1冊、買って読んでみました。それが気がついたらあっという間に・・・。なんというか、その、ラノベの意味を激しく知る結果に。
 そーだよね。
 ラノベの「ラ」って、「ライト」だもんね。
 かるーい、って意味だよね。
 さくさく読めるね。使っている日本語があまりくずれてないのも好感触。
 なかなか面白く読めました。
1日に下手すると2冊3冊平気で読めちゃう「軽さ」なので、あっという間に既刊読了。
 1冊目で終わっていたならキョンとハルヒのラブストーリーだったんだねえ。これ。
 ・・・あ、いや、2冊目以降も結局「それ」が「なかった事にされて」続いているのか。根底にあるのはハルヒがにキョン君ラブって事・・・かな。それをお互い、たぶん気付いていない、もしくは気付かないようにしているのか、か。

 すごーく昔、とっても好きだった本に「星へ行く船シリーズ」というのがありまして(今は装丁を新しくしてコバルトで復刊されてるのかな?)・・・もしかするとキョンはそのシリーズの主人公と同じ能力を持っているヒトなのではないかと思ったんですが、深読みしすぎですかね。
 じゃ、共通項は一人称単数、ごく普通の口語で書かれたもの、ってだけでもいいや。

・・・とりあえず、ハルヒシリーズの、あのキョンの一人称で進んでいくストーリー。
 私の中では全部「杉田ボイス」に変換されてました。w
 あと、長門さんもアニメを見ていなかったらあのセリフ回しは想像せずにさらりと読み飛ばしてしまっていたと思うから、読んだのがアニメを(とびとびでも)見た後でよかったな、と思いました。
 はい。

|

« BLOOD+  ep.41 | トップページ | アニメ見たよメモ 07/24まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83237/11073278

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱 文庫版シリーズ:

« BLOOD+  ep.41 | トップページ | アニメ見たよメモ 07/24まで »