« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の記事

2008/04/26

DVD◆イマジンあにめ COLLECTION DVD

Imazinanime  昨日(4月25日)発売になった「イマジンあにめ」、ハコ買いしてきました〜。
 アニメイトで予約していたのでさくっと引き取り。「きゃらびぃ」の表紙も中身にもこのDVDの記事があったのでこれももらってきちゃいました。
 このDVD、外からは何巻が入っているかわからない、いわゆるトレーディング商品ってやつ。だけど1ハコ(12枚入り)を購入すると10種類コンプできるという、まあ、簡単に10種類集めたければハコで買いましょうよ、的な仕組みw。ダブりが2つならランダムに買うより効率いいよ?って?
 アニメイトでハコ買いすると「設定資料集」もついてくるし。
 しかし、この設定資料集、→このアニメ用イマジン達の設定資料なので、中を見ると、かなり塗り絵的な仕上がりになってますw。んでも、付属している、と考えればけっこうちゃんとした作りなので、ハコ買いするならアニメイトかなあ。
(店舗販売しているのがアニメイトだけ、っていうのもあるけどね。後は通販のみです)

 

画像は「きゃらびぃ」の特集ページ、DVDのパッケージとDVD。DVDはそれぞれのストーリー毎にカラーとイラストが違います。かわいいよん。

 気になるのはデネブは「侑斗、侑斗」って言ってるのに、モモ達は良太郎について話さないんだよねえ・・・お姉ちゃんについては1話つかってストーリーがあるのに。
(電キバ祭に行った人はこの「第8話 お姉ちゃんからの手紙」を見てますね〜)
 ちなみにストーリーは原作からは超越してます。シュールギャグです。まさか電王関係公式モノで「ピー音」を聞くことになるとは思いもしませんでした。

 

1話約3分、そしてそれぞれ次の巻の予告編がついてます。(10巻には1巻の予告)・・・難点は、これ3分見たら交換、交換・・・めんどくさいんですよねー。1枚のDVDにまとまっていればラクなのに・・・って、それじゃコンセプト全否定か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

月間LaLa 6月号

 本日発売。雨の中、近所のコンビニでゲット。

 先月号の図書館戦争と先週のアニメ版図書館戦争のヒキが同じだったので、さっそく読む。・・・手塚、本気なのか?(原作未読)
 しかしコミック版の内容ではアニメ版1本にはなりそうもなく・・・アニメ4話で早々に追い越されてしまう感じかなあ。

 

金色のコルダは学内コンクールが終わり、夢オチ回とお休みをはさんでの連載再開。どうなるかと思っていたら、加地くんが転校してきて・・・ん?ここからコミックスオリジナル展開に突入?ゲーム版2、2アンコールへつながるのかどうかがまだわからないんだけど、香穂子と王崎先輩、さらに3年生組、選抜合宿などまだまだ飽きさせない・・・かどうかは来月から本格スタートかな?

 残りはこれから読みます♪
 キスよりも早くの続きが楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/04/20

S・Aカフェinエーデルシュタイン

 

エーデルシュタインとは・・・欧風寄宿舎を模したコンセプトカフェ。お出迎えしてくれるのは学園の制服を着た生徒さんか先生方で・・・全員、男性。
 GONZOさんとのコラボ企画で、昨日今日とは生徒さんの一部がS・Aの制服を着てお出迎えしてくれるとのこと。しかもメニューもこの2日間だけの限定メニュー。事前応募制で、運良く当選したので行って参りました。
 入り口からS・Aの制服姿の生徒さんが案内、そしてテーブルサービスを担当してくれたのもS・Aの制服着用の生徒さん。
 お席まで案内してくれたのは滝島くんw蛍か!蛍なの か!!!ちょっとツンな感じがらしかったです。もう1人S・Aの制服を着ていたのは、気さくというかラフな言動が宙っぽかったかな?
 同行者と二人して、「これは・・・思ったよりオトコノコの質が高いのでは?!」とか。何やってるんだか。でも、ホント、かわいかったんですよー。オトコノコたち。

 私的にはS・AのVTRを見に行くのがメインだったハズだったのに、何故か3Dの世界にばかり目がいってしまってます・・・
 なんか、こう、オモシロ空間すぎて。
 方向性は違うものの、初期のナンジャタウンのノリに近いものがある?かも?

 90分の時間制限の中で、なんとかS・A主要男性キャスト声優陣のコメントを何度かにわけて聞くこともでき、S・Aのシールなんかももらっちゃったりして、メニューシートももらっちゃったりなんかして、なかなか貴重な経験をさせてもらいました。
 普段はどんな感じなのか、ちょっと気になるぞwヤバイw

 最後は、お出口までツンを貫いてくれた「滝島くん」に見送られてエーデルシュタインを後にしました。
 また来てみたい?かも?どーする。まずいぞww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/17

今日のラクガキ

080417今日の銀魂はおもしろかったなー。
 絵とは関係ないけど

木曜日は深夜アニメがきちきちに詰まっているので録画予約に悩む悩む。

 鬱入って外出したくない・・・のにじっとしているのも苦痛。こういうときに貯まっているゲームを開封したいところだけどゲームにも集中できない。

・・・&...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

ネット社会はマカーに優しくない

 昨夜放送の深夜アニメ「ブラスレイター」を見ようといそいそとレコーダーの電源をオンすると、そこには「クリスタルブレイズ」が・・・

 録画しそこねたーーー

 1話を見て、結構気に入っていたので「これは録画保存決定アニメ!」って思っていたのにーーー。公式サイトで確認するも、地上波での放送はテレ玉が最後らしい。AT-X見られないし!
 で、ネットで動画配信してるっていうんで「保存できなくても見ないよりは!」と、サイトに赴くも「MacOSは対応しておりません」...orz

 

課金制度のあるweb動画配信サイトはたいていどこもMacお断り。ヘタすると音声だけでもNGなんだぜ。プレビュー用の番宣動画などはちゃんと動いているのが見られるのに対応してない。理不尽。どうやら課金システムがMacに対応していないので全カット!ということらしいんだけど・・・そんなにのけ者にしなくてもいいじゃんかよー。と、いつも思う。
 あはは。Youtubeとかさ、ニコ動とかはMacで見られるんだぜ。
 タダだしな。
でも、公式側としてはその辺は許してくれないから、見られない。

 あーもー、ホントにWINに乗り換えたい・・・と、思わないでもない。つか、最近ホント、そう思うことが多くなってきたかも。
 フォトショとかイラレとか、その他お高いソフトがMac用に買いそろえてなければ、な。それに長年付き合っているので愛着もあるしさ。

・・・というわけで、他人様のマシンを借りて、「ブラスレイター」の2話を見る。
 久々にお借りしたマシン、以前借りたときに、某眼鏡ゲームのキャラボイスを設定にインスコしておいたのを忘れていて、自分でびっくりした。

・・・で、始めに戻って。
 ブラスレイター、やっぱオモシロイね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

イベント◆AT-X「声優旅行社へようこそ2」DVD発売記念 朝霞であばれはっちゃけ祭 買ってくれてシェイシェイの会

◆イベント◆
AT-X「声優旅行社へようこそ2」DVD発売記念 
朝霞であばれはっちゃけ祭 買ってくれてシェイシェイの会◆

 朝霞市民会館「ゆめぱれす」で行われたこのイベント。DVD1枚につき参加券が1枚ついてくる、ということで・・・2枚、買いました。イベント、2回まわしだったもので。だって、会場から家、近いんだもの。
 朝霞駅から会場までは徒歩10分以上かかるんですが、ここは地元。朝霞市のバスが市民会館まで行っているコトを知っていたのでよゆーよゆううううー♪あのちっさいバスがイベント参加者で定員オーバーになるかも?と、乗り場までちょっと早めに行ったんですが・・・駅からそのバスに乗ったのは私1人。ゆめぱれす前で降りたのも私一人。・・・150円かかるけど・・・みんな、歩いたのかな。あははははー。orz

本日の出演者はこの企画で台湾1泊2日の旅をしてきた4名様
小野坂昌也さん
神谷浩史さん
金田朋子さん
広橋 涼さん

 客席にいる、ということはこのDVDを買った人=見てから来た人、というコトで本編を見たコト前提でステージは進みます。こういうの、気持ちいいね。うん。ゲームやアニメ関連のイベントでもプレイガイドでチケットが発売されると、その本編を知らないで参加する人、いるでしょ?それ自体が絶対ダメっていうわけじゃないけど、やっぱ温度差がある気がするのですよ。うん。
 ステージの内容はロケでの裏話やDVDに収録されなかったシーンの上映などなど。このメンバーですから、オモシロトークも炸裂。会場、大爆笑。やんぐ師匠、ダテに長年イベントやってないよね。トークの間とか突っ込みとか、絶妙。金朋ちゃんは・・・最終危険兵器。スゴイな。このコ。普段からこうなの?素なの?いや。ホントびっくりした。・・・ちょこんと座っている様はホント、カワイイのにねえ。
神谷さんに
「ねえ、トモちゃん、100数える間、だまっていてくれるかな?」
と言われ、素直にカウントを始める金トモさん。が、口動いてるし!体もリズムきざんでます。それに気付いた客席はもう、笑いをこらえることが出来ず・・・

 1回目のラストまさやんぐ師匠が
「ここだけの話(ここだけてw)、2回目も来る人、手あげてー」
 8割?ぐらいが挙手。
だから言ったやんかーーー、2回目は別の内容にしようってーーー!
 AT-X通販での販売だけでチケット付き通販をしたので、主催者側も客層がわかっていたハズなのに・・・これ、同じ内容?
 そして、2回目のスタート時、やはりやんぐ師匠
「えーーー、1回目来た人、ネタバレなしにして!あと、さっき見たとか言わないように!」
でも、大丈夫。同じ素材でも話の膨らませ方がみなさんお上手なのでしっかり2回とも楽しめたよ♪ゲームコーナーの出題とか視聴者からの質問コーナーなんかはちゃんと別のものが用意されていたし。

 イベントでこんなに笑ったの、ホントひさしぶりだった。
 オナカいたいし、涙出るし。
このDVD,1本4,300円。これ、イベントチケットがこの値段だったとしてもハケた値段じゃない?なんてオトク感!
 神谷さん
同じ内容のDVD、みなさん2枚買ったんですか?なんでですか?
 こらw
そんなS発言を絶妙なタイミングではさんできた神谷さんも、やんぐ師匠の「ガンダム」「ガンダム」「ガンダム」「メガネメガネ!」攻撃には沈黙。「すいません。眼鏡、持ってこなかった。空気よめなくてすいません」でも、2回目の最後の最後には客席に向かって
「万死に値する!」
のセリフを放ち、客席女子から黄色い悲鳴をしぼりだしてました。
 大サービスだ。

 私はAT-X見られないのでDVDもすごく楽しめましたが、こんなイベントがついてれば、もう、大満足ですよ。誰?この4人をキャスティングしたの。やもすれば崩れ落ちそうなバランスがステージ上であやうく均衡を保っている緊張感とゆるさ加減がもう、楽しいとか面白いとかの次元を超えてたね。会場の広さもこれならちょうどよかったのかな?一体感感じられるギリギリの線?
 1回目は30分、2回目は20分ちょい、イベントはおしました。開演はびっくりするぐらい時間ジャストにはじまったのに。終わりが押したおかげで帰りはバスに乗りそびれたけど、まあ、雨もあがっていたし駅に向かう人の群れにまざって歩いていくのはさほど苦にならなかったので、よし。

AT-X・・・旧パーフェクTVのアンテナとチューナーでも見られれば契約するのにさ!
うちのCSチューナーは年一回、スズカ8耐のためにしか働いていません。 ぐすん。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

映画◆仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事 初日舞台挨拶

◆映画◆仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事 初日舞台挨拶◆

 先週、舞台挨拶の時間と場所が発表になって、友達と
「これはいくでしょ!」
 と、ぴあに並び、入手したのは新宿バルトのチケット1回目と4回目。これだと映画の時間を計算してもちゃんと見られるぜ!

というわけでまず1回目。
 「モモタロスのキバっていくぜ!」
 「クライマックス刑事」

上映。モモキバはこないだのCCレモンホールの電キバ祭りで一回見てるのでこれが2回目。冗長にならない長さっていうのがこのぐらいなのかもしれないけど、ちょっと物足りない〜。
 クライマックス刑事の方は、時系列も設定もテレビオンエアの本編を超越した作り。ワンカット毎の出来は面白いんだけど・・・さて。
 最後まで自らを「悪の組織」としか呼ばなかったネガタロスの本当の目的はなんだったのか、その辺は結局わからず。w
 世間一般から見たら「悪」でも、やっているほうは「正義」と思い込んでやっている・・・という状況では最初からないので、あまり深く考えてはいけないのかもしれず。

さて。
 大泉で舞台挨拶をしてきたキバ組とさいたまで挨拶をしてきた電王組が合流した初回がこの新宿での1回目。プレスも入ってにぎやかな舞台挨拶となりました。
 ダブアククライマックスフォーム(フルコーラス!)にモモ・ウラ・キン・リュウ・デネブのダンスw披露、監督、俳優(村井くん、瀬戸くん、中村くん)声優(杉田くん、関さん、遊佐さん、てらそまさん、鈴村さん)の挨拶にソードフォームも加わって、それだけでも豪華なのに、なんと良太郎役の佐藤くんも駆けつけ。モモタロスの横に立って、「この感覚がなつかしいです」と、涙ぐむシーンも!でもそれも一瞬で、プレスのスチル撮影ではばっちり笑顔でした。

 その長めの舞台挨拶が済むと、すでに時間は12時すぎ。
 長蛇の列になって遅々として進まないグッズ販売はあきらめて、劇場用パンフのみを購入(これだけでも結構並んで待った)で、パンフが買えた頃には最終回の入り時間。

 最終回の舞台挨拶の時にはイマジンズの登場はなく、佐藤君も別の現場へと行ってしまった後。それでも十分豪華な顔ぶれだったんですが、舞台挨拶も最後、マスコミも入っていないということで監督の「最初Vシネだっていって撮り始めたのが途中で劇場版になって・・・テレビ用と劇場用では見せ方が違うから、劇場版だって最初からわかっていたらよかったのに!」というグチ?に始まり、中村君の「健くんが泣いてるのなんか見たことなかったのに・・・初回の舞台挨拶で彼が泣いてるの見てたら、なんだか僕も・・・」と、涙の挨拶・・・かと思えば関さん始め、声優陣のかなりはっちゃけたトークもありでこちらはこちらでかなり盛り上がりました。

 劇場版はこれで2回見たことになるんですが、一回目はとにかくストーリーを追っかけて見て、2回目は細かい演技や動き、セリフなどをしっかり聞くことができて大満足。イマジン達のごちゃごちゃっとした会話もしっかり聞いてみると色々言っていて面白いですよ〜。2度目はちゃんとスタッフクレジットまで見ている余裕があったし。
 エンドロールはジャッキーチェンの映画を彷彿とさせ・・・るかも?中の人、うつってますよー。

 個人的にはキバ組との絡みがもう少しあってもよかったんじゃないかな?とかも思うんですが、それは贅沢?キバットの「すごい危ない!」というセリフがツボでした。

 見終わって・・・電キバ祭りの時のメイキング映像、あれがもう一回見たくなったよ!くっ!きっと、DVDの特典映像になるんだろーなー。まんまとハマりそうな気配がしなくもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 02

◆コードギアス反逆のルルーシュR2 02 日本 独立 計画◆
Codegr202
 前回、コードギアス2期スタートの興奮とともに「?」マーク飛び交う世界にひきこまれた訳ですが、試写会の時に福山さんが
「2話で謎がおおよそ解決しますから!」
と言ったコトを頼りに一週間過ごしてきました。
(ちょっとおおげさ)

 そして今回。
 1期、ヴィレッタからナイトメアを奪った時と同じ展開でナイトメア一機を手に入れたルルーシュはまたしてもブリタニアの新型と対峙。

 構造は似ているようでいて、人間関係はほぼ・・・ロロを除いて・・・劇中登場人物達も視聴者も色々と知ってしまっている部分があるので、そこら辺が見ていてわくわくしてくるトコですね。
 ルルの記憶が戻った現在、アッシュフォード学園には戻れそうもないし・・・あの生徒会でのほのぼのコメディ、好きだったんだけど。それにヴィレッタさんの学園潜入設定もこれで終了?つまんね。
 「17歳なら、学校に行ったほうがいい」
っていうユフィの言葉をスザクは捨てて今は騎士になっているわけだけど・・・いつか、この言葉を思い出してくれるコトがあるのかなあ。

 ブリタニア皇帝のギアス設定っていうのもびっくりだが・・・ルルーシュのギアス暴走がどうしてストップしたのかはまだわからないよねー。ロロの方は次回、なんとなく謎の糸口がつかめそうな気配だけど・・・今後のルルーシュの日常生活に期待。戦いと学園のテンションのギャップの面白さを補給してくれることに期待。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/08

モノクロームファクター 第一話

モノクロームファクター 第一話 銀色の影◆

 原作未読。
 予備知識としてはCVで小野大輔&神谷浩史の両氏が参加している、というだけというお粗末。さて・・・
 主人公が謎の男に出会うことで運命が変わっていく、その謎の男は帽子を目深にかぶり、銀髪の長髪を一本のみつあみに・・・

 わかった!
 主人公はこの人に不思議な眼鏡をもらうんだな?!

 ・・・違いました。(あたりまえ)

 しかし、あまりにおぜん立てが整いすぎていて自ら萌えの要素を探し出せねえ
しかもつっこみどころだけは満載だー。
 屋上でバンド演奏って・・・これだけでも色々つっこめるぞ。
 深夜のゲーセンに制服姿の女子高生!ありえねー。つまみだされんぞ。
 しかも「深夜の学校が怖いのでつきあえ」とか。深夜の繁華街の方がよっぽど怖いです。
これは、つっこみ待ちのボケなんでしょうか?

 わからん。

 しかし、ここで切っちゃうのはもったいないような気がするので、視聴続行。
化けるといいなあ。・・・なあ?

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ヴァンパイア騎士 第一夜

ヴァンパイア騎士 第一夜 ヴァンパイアの夜〜ナイト〜◆
Vann01
 毎月LaLaを購読している身としては待ちかねた作品のひとつがこのヴァンパイア騎士。アニメフェアでのPVではあまり動いている映像が見られなかったので、本放送がやたら楽しみだったんだよーー。原作を知っている人はご存知、もともとの絵がオメメがでっかくてマツゲばさばさの少女漫画絵なので、どう動くのかすごく興味あった、っていうのもあるけど・・・。

 とりあえず第一話は設定の説明とキャラ紹介、ですね。原作もこんな感じです。登校してくるアイドル先輩(CV福山潤)がやたら目立っている以外はw
 理事長は郷田ほづみさん。ひょうひょうとした感じがぴったり。キャスト発表で知った時はご自身のビジュアルが先に浮かんでしまったんですが、この優しいしゃべりはいい感じになじみますね。この作品では音響監督も兼任。音に関しては今後も安心して見ていかれそうです。

 作品の流れ、ストーリーはたぶん、あと2〜3話ぐらいで主人公・黒主優姫(CV堀江由衣)の周囲がどんどん複雑なコトになっていきます。あのやる気なさそーな相棒、錐生零(CV宮野真守)に注目です。
 単なるラブストーリーっていうだけじゃないのがポイント。(白泉社ですしw)原作未読の方はとりあえずもう少しつきあっても損はないと思いますよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

08春 新番組チェック表

とりあえず録画できたものだけでも列挙

×××HOLiC◆継
 (単独記事アリ)
To LOVE る     視聴。うる星?来週からは見られないかも

マクロスF      視聴。でかるちゃー 継続予定
イタズラなKiss    録画のみ

レスキューフォース (特撮)半分ぐらい見た
精霊の守り人     地上波/録画のみ
          録画のみ

絶対可憐チルドレン  視聴 結構面白そう?
コードギアスR2   視聴(単独記事アリ)
我が家のお稲荷さま。 視聴 今後の展開に期待。ありがち設定だけど・・・
ネオアンジェリーク アビス 視聴・ゲームはフルコン済み

ソウルイーター(昼) 視聴。原作コミックスは2巻まで読了

 スケブ片手に録画消化にいそしみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュR2 1

◆コードギアス反逆のルルーシュR2 1 魔神 が 目覚める日 ◆
080407
 やー、長かったーーー。
 1期の最後から
 24、25話の最後から
 試写会の日から

待ちかねたコードギアス2期!R2の放送がやっと!

 ちょっと作画にクセが出た気がしないでもないですが、ルルーシュが帰ってきたよー♪
(試写会の時は最前列だったため、スクリーンを斜め下から見上げていたのでパースがかかっていたのかと思っていたんだけど、テレビで見てもなんか、ルルの顔のアップとかなんかちょっと違う気がした。
 ま、いいんだけど)

 今回は現状をさらりと説明の回。でも、おさらいの回じゃないのね、これ。一応アバンで説明はあるものの1期の説明じゃなくて、2期スタート時の世界の説明になってるし。

 で、ですね。
 1期からのファンは・・・いきなり「???」ですよ。
 ヴィレッタは先生だし、シャーリーはルルと普通に接しているし、スザクがいないのとかニーナがいないのとかは全然普通みたいだし。
 試写会の時の説明では、一応2話まで見るとだいたいのギモンは納得できるつながりが説明されるみたいです。

 あれから一年、という設定ながら・・・
 玉城、変わってないな、おまえ。色んな意味で。
そうか・・・玉城の声は田中一成さん・・・ラスエス2の香希か。そう思ってみるとなんか雰囲気違く聞こえるので、声ヲタとはやっかいな生き物なり。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008/04/04

×××HOLiC◆継 01 蜘蛛

×××HOLiC◆継 01 蜘蛛 ◆
Holic201
 帰ってキターー!
 やっとHOLiCの続編がはじまりましたー♪

 というわけで、久しぶりにアニメ番組の単発記事を。絵も描いてみたり。

 OPが変わっただけで、なんだかブランクを感じさせずにスパっと本編に入っていく潔さがイイですね。四月一日のことも侑子さんのことも一切説明ナシ。
 この蜘蛛の話は1期アニメ版の頃から期待されていたオハナシ。まあ、このスタートから終結までのストーリーが長いのと、これやっちゃうと色々なしがらみのひとつがほどけてしまうのが(もしくは結ばれてしまうのが)あって、1期では無理だったんだけど、2期初っぱなからこのオハナシ。
 この蜘蛛から続くオハナシが「継」での幹になっていくのでしょう。きっと。
 色々と楽しみ。

 もう一つの幹となりそうなのが、テレビで放送されていた「霊感少女」とのストーリーなんですが、こっちは・・・どこまで触れてくれるのか・・・
 テレビっていえば泉くんw ちゃんと声(つか、息)まで入っているのに笑わせてもらったよー。これ、最終回ですかねー。

 来週は引き続き「目」のオハナシ。
 来週からは埼玉ではテレ玉の新番組「純情ロマンチカ」と「狂乱家族日記」とカブります。さて、どうやってこなしていこうかなああ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/03

S.A. アニメ開始直前SP特番&イベント

 ここんとこ女性向けコミックス、特に白泉社系のコミックスのアニメ化が多く、しかも今まで発表されてきたもののできがなかなかに良いので嬉しい私。
 春の新番組だと、S.A.スペシャル・エー と、ヴァンパイア騎士(ナイト)
 このS.A.の特番が放映されました(埼玉標準時)。

 全体的な作りはなんだかDVDの映像特典みたいだなー、という感想。
 放送前特番って今までもあったけれど、お笑いタレントさんやグラドルにアニメ制作現場へ行かせたり、(SFものだと)世界観を考察したり、っていうようなものが多かったけど、このS.A.特番はガッツリと「声優さん」を表に出している点が今までと大きく違っているかと。
 私はイベントDVDなどで声優さんの映像を目にする機会が多いほうだと自覚しているけれど、そうでない人にとっては目新しいんじゃないかな。良い企画だと思ったよー。
 じゅんじゅん、下野くん、代永くん、なんか、おお振りの9組三人組だね。
 泉、田島、三橋と。
 仲良しっぽい感じが出てていいなー。

 S.A.は開始イベントとして、先日のTAF、そしてこの特番、さらにコンセプトカフェ「エーデルシュタイン」との合同イベントと、色々企画が多いですね。なんかすごいわ。
・・・エーデルシュタインのイベントはすでに応募終了。私も一応応募して、後は結果待ちなんですが・・・最近このテの抽選にはハズレ続けているので残念な結果になりそうな気がしてなりません。今週末には結果が出るはずなので、もし行かれたらなんか書きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »