« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の記事

2009/04/26

ゲーム★リトルアンカー その2

攻略進んでます。
とりあえずどんなエンディングでもいいので、キャラクター1人につき一回ずつは見てみよう、という感じでプレイ。只今雪乃、ヴィオレ、ルシオ、アルヴァのエンディングを1回ずつ見ました。
 後半、個別ストーリーにはいると、一つの物語を別の視点から見るような感じになっていて、別のルートを見れば見るほど幹になるストーリーの謎が見えてくるように作られています。おもしろいです。

今回は主要キャストを列挙。

白浪 雪乃      緑川 光
ヴィオレ・ラファール 谷山紀章
ヨシュア・ラインベルガー 岡本信彦
ルシオ・ソアレス     大河元気
リウ・レイシェン   杉田智和
アルヴァ・ローレン  藤原啓治
フェンネル・ヨーク  日野 聡

ナレーション     屋良有作

個人的に、屋良さんのナレーションと次回予告がちょー気に入っています。
シブイです。シブすぎます。

このナレーションのおかげでSFちっくさに深みが出ている気がします。

女性向けSF恋愛アドベンチャーゲーム『リトルアンカー』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/24

ゲーム★リトルアンカー その1

昨日発売になった「リトルアンカー」
 ゲームは近未来世界。二つの大きな勢力がいがみあいを続ける地球。ようやく戦争終結、和平への道を歩み出しかけたはずが、いきなりの頓挫。戦争再開?
 主人公は戦艦の新米艦長。(乙女ゲームなので、当然普通の女のコです)彼女をとりまく戦艦のクルーたち(乙女ゲームなので、当然カッコイイ男子達です)との特殊な日々・・・SG(乙女ゲームだけど、モビルスーツとか、アームスレイブとか、そんな感じのロボです(^^;)による敵との戦闘を続けつつ、世界はどうなっちゃうのか?

某雑誌のレビューで満点をつけたレビュアーがいたせいかどうなのか、通販やゲームショップの予約分は軒並み品切れ状態。早めに予約しといてよかったよー。
D3パブリッシャーの乙女ゲーム好きとしては、やっぱ初回特典CD付きで欲しいとこでしょう。ここは。

さて、コンビニでおやつを購入、お茶もいれて準備万端。

 ゲームの進行はアドベンチャーパートと戦闘シミュにわかれていて、それが組み合わさって一つのお話になり、さらにそれがつみかさなって、続き物のアニメのような作りになっています。各話毎にOP、ED、次回予告まで入って、ホントにアニメみたい・・・。
 さて〜。これから一気にストーリーすすめますよー。

・・・
・・・・・・
しかし、D3さんも、VitaminZの発売とこれの発売、もうちょっと間あけてくれてもよかったのになあ。ほんの昨日までVitaminZをリプレイしたり「御褒美」を見直したりして萌え萌えしてたのに。
Vitaminシリーズほどの私的萌えが「リトルアンカー」にあるのかどうか。とりあえず出だしは順調です。・・・今夜は徹夜かも?


続く

女性向けSF恋愛アドベンチャーゲーム『リトルアンカー』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/04/14

ゲーム★マージナルプリンス2 色とりどりの花束を

ゲーム★マージナルプリンス2 色とりどりの花束を

プレイ中です。携帯電話ゲームなのにフルボイス。テレビ電話(仮想)越しでキャラクターと親交を深めていっちゃおう、というゲームです。初代のマージナルプリンスはアニメ化され、DVDも発売中です♪

 プレイはだいたいどんな感じかというと・・・
まずは携帯サイトからアプリをDLしてプレイ開始。
プロローグで電話番号を聞き出す。(という、てい)
こちらから電話をかけて(サイトに接続して)色々お話。(待ち時間設定アリ)
いくつかのトークで分岐あり。
ルートが進むと、スチルやボイスが取得できるようになったり、相手からメールがきたりします。
 全ては実際の電話でなく、例えばDoCoMoならimodeでゲームが進みます。

 私は只今リチャードくん(CV神谷浩史)を攻略して、アレックス(CV宮坂俊蔵)を攻略中。本命はユリウスなのだけど、まだシナリオが公開されていないので、大人しく他キャラをプレイしてます。
 ・・・リチャードのスチルがフルコンプできていないのがザンネンなんですが、BAD含めると3周以上リチャードくんとおつきあいしたので(w)ちょっとアレックスに浮気って感じかも(^^:
 ミシェルっぽい神谷さん声好きなら、リチャードだけプレイっていうのもアリかもしれない・・・ですよ。表面チャラめな彼ですが・・・ホントは・・・どうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/12

イベント◆CLANNADファン感謝イベント

運良く当選!ということで、行ってきました。竹芝ニューピアホール。
 無料イベントにもかかわらず、入場前の客さばきは手際よく、その後の入場前の本人確認もスムーズでまずここでポイント高かった。参加700人という人数だからなのかもしれないけど、ホント、スタッフさんはお疲れさまでした。

 さてー。
 ギャルゲ系(?)イベントはもうずいぶん昔の「ゆめりあアニメ化イベント」以来な私でしたが、なんかもう、女子率高!4割ぐらいは女性だったんでは?
(ゆめりあの時は客席にいる女子は片手で数えられる位だった・・・いまなら考えられないw2F客席に普通に羽多野くんいたしw)
 もちろん声優さんお目当てのお姉さんもいたんでしょうけど、CLANNADっていうアニメ作品がギャルゲ原作にありがちなフラグ回収に翻弄されるwオトコノコ主人公、っていうだけじゃなかったっていうのも大きかったんだろうな、って思います。作品をちゃんと見ていて、大好きになったオンナノコも多かったっていう・・・(渚だけとの純愛としても見られるし)

 OPEDのライブもありーの、名シーン振り返りコーナーありーの、男まつり(出席された男性声優さん4人だけでのステージ)ありーの、盛りだくさんでした。
 名シーンでは、春原フルボッコ・コンボシーンや杏との体育館のアノシーンで大笑いさせられたり、渚ちゃん「一回目の」お産シーンや、汐と旅行した菜の花畑シーンなど、うるるーっとさせられるなど、クラナドっていう作品の幅広さ奥行きの深さを短時間で思い出させてもらいました。

 ところで、アフターストーリーの最終回、渚出産シーンに戻るとこについて、ゲストとしてステージに上がった監督は、「夢オチにはしたくない」っていう事であのシーンを作ったっておっしゃってたんですけど・・・どうでしたか?私は事前に原作はゲームで回避ルートもある、っていうことを知ってからみたので夢オチとは見なかったんですが・・・うーん(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/06

ゲーム★VitaminZ フルコンプ!

堪能したっ!
期待を裏切らない面白さでしたよー。
 お気に入りキャラはアラタと那智・・・かな?あえて言えば。みんなそれぞれに個性が合って大好きなんだけどね。アラタと那智・・・共通点はエロさ?ですかねw

 コンプご褒美の声優さんのフリートーク、これは那智のノジケンさんがポイント高かったです。自分的には。テンプレがなくってもこういうユーザーのツボをついたセリフがぽんぽん出てくるあたり、さすがやなー、って思います。

 VitaminZには、前作の攻略キャラたちB6が出演してるんですが、彼らが結構出張っていて、新キャラ先生達がちょっとかすんじゃってるのがザンネン。GTR、もうちょっとキャラ立てて活躍させてほしかったなあ。声、豪華なのに。

 後、個人的に今一つだったのは、既読のメッセージカラーが薄いブルーなんだけど、再プレイしたときに読みづらい感じがしたこと。もうちょいくっきりした色合いでもよかったんじゃないかと。それ以外の、スキップやバックログなどなどの操作関係はすごく使いやすかったので、それだけがザンネンな感じ。

 月末試験だけがまだ埋まっていないので、これからぽつぽつプレイしていく予定です。ゲーム&漫画の回答率は高いぞw 数学はタイムアウト大杉。これは計算しろ、っていうより覚え回答しかないかなあ。(キヨ(CVよっちん)の問題読み上げを聞いているのがいけないという説も有力・・・つい、「いちたすぅ〜にぃたすぅ〜・・・っていうのをミミで聞いてしまうんだよね。文字を読んだほうが断然速いのに)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »