カテゴリー「ニュース」の記事

2005/07/14

フランス語の数の数え方

 なにやらまた言葉足らずな都知事、問題発言したみたいで。

フランス語の初学者にはいくつかのカベがあると思うんですよ。
動詞の活用、名詞の性と冠詞、そして数字の読み方、書き方。
 これはね、もう
「数が数えられない言語」
 なんじゃなくて
「私はフランス語で数を数えられない」とか「私は…数えるのが面倒…」
 というだけの話なんではないかと思うわけで。
例えば、日本語で「77円」です、の場合、「ななじゅう…」と言った時点で、言われた方は「あ、70+ヒトケタ円」と感覚する。でも、フランス語だと「ろくじゅう(スワサントゥ)(60)…」と言った後、続く語によって10の位も変化する。続く単語が「…セトゥ(7)」だと「67」、「…ディセトゥ(17)」だと、これで「77」になるのね。80(キャトル ヴァン)以降もまた特殊だし。
 99ともなると、「キャトル ヴァン ディズヌフ」=「4(キャトル)×20(ヴァン) +19(ディズヌフ)」
 ただ、それはもうその言語を使用する人たちにとっては身にしみついちゃうものだから、ねえ。数の数え方なんて、ね。(私はしみつくほど勉強しませんでしたので、ゴメンなさいだけど)
 言語は文化。特にフランス人は自分達の言語にとても誇りを持った民族と言われているし、その辺は考慮して欲しいよなあ。プライベートでなら、いくらでも文句いってもいいと思うけど、(フランス語は大変!めんどう!どうしてこうなるの?…という会話は、たぶんフランス語の初級のクラスでは日常会話、挨拶代わりみたいなもんかもしれない)でも、まあ、公にはねぇ。ダメでしょぉ。
 

続きを読む "フランス語の数の数え方"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/01

プライバシー保護とコトバの力/ある生保会社の例

 ◆いつもとは違うスタンスでの記事になります。◆
 ◆メンヘル、ウツなどにご理解のない方、普段なじみのない方には不可解な文章かもしれません。◆
 以上のことをご理解の上、ちょっと一緒に考えてみていただきたいことがあります。

 この夏、保険が満期になるということで、某有名保険会社の営業の方(セールスレディとかいうの?)が頻繁に自宅に訪れるようになりました。満期前の保険の乗り換えをかなり薦められ、その気がないという旨告げても週に1〜2回は自宅へ来るようになっていました。
 私はこのページのトップやプロフでも書いていますが、ウツで通院、投薬しています。ウツの波をサーフィン、というのは比喩でもなんでもなく、本当にそのように生きているのです。ウツのため、人に会うのが辛い時もあります。「今日は都合が悪い」と言って帰ってもらおうとしても、「ではいつならいいんですか?」とこちらの予定まで聞いてくるような感じです。顔つなぎということもあるのでしょうが、実際会ってみて話しても特にどうということもなく、雑談してキャラクター絵柄のポケットティッシュを置いて帰っていきます。大学に通っているということもその中で話しましたが、「何の勉強をしているのか?」と聞かれたことは2度3度ではありません。「ああ、この人たち(たいてい2人組で来ていた)は聞いていても聞いていないんだ。」と思ったため、最近、その話をふられると、「まあ、色々ですよ」と、言葉を濁しておくことにしました。「美術と哲学を専攻しています」と答えても、理解してもらえないし、覚えていてさえもらえないことがわかったからです。

 さて、そして最近、とうとう保険を更新することになりました。で、保険に加入されたことのある方ならご存じだと思いますが、加入時には普通、医師の審査や、面接師さんとの面談があります。私の場合、自宅に面接師さんに来ていただいて、現在の健康状態などを告げました。それはまあ、仕方のないことだし、プロの方に嘘ついてもしょうがないし、面接の内容は絶対に口外しないということで、正直にウツとPD、不眠などで通院、投薬をしていることをお話しました。
 その時、営業の人は立ち会えない(立場上、面接師さんとの会話の内容を知ってはいけない)とのことで、玄関の外で待っていました。
 面接師の方はさすがプロというか、こちらが不安にならないようにふるまって下さいました。病状も詳しくお話してその内容を用紙に記入するため、結構時間がかかりました。
 その後、玄関前で待っていた営業の方は、私に
「ずいぶん時間、かかりましたね」
 と言いました。当然、病気などの問題がなければ、ナシに丸書いて署名するだけですから時間がかかることはないでしょう。何気ない言葉だったのかもしれませんが、私は不愉快に感じました。が、本当に辛くなったのはこの後です。

 数日後、電話がなりました。保険の営業の方からでした。
「先日の保険の件でおうかがいしたいんですが、今、通院されているんですか?よければ内容を教えて下さい」
 この時点でおかしいです。通院していることをこの営業の人が知っていること、内容を私に聞くこと。しかし、私は不可解および不愉快に思ったものの、必要ならば仕方ない、と思い、不眠などの症状があり、投薬中であることを、簡単にですがその方に告げました。その答えは
「勉強のしすぎなんじゃあないですか?」

 不眠やウツが、どんなに本人にとって辛いことか、なぜそれを治すために通院し、薬を服用しはじめるときのあの副作用による辛さに耐え、それを続けてきているのか、まったく考えてもいないのは明白です。私はこの病気のことを、本当に信頼できる少数の友人にしか話していません。それは、辛さや病気のことについて理解してもらえない人に話してまわるのは私に取って不利益にしかならないことを知っているからです。心ない一言が、せっかく回復しつつある病状を、ぐーっと後戻りさせるマイナスの作用を持っていることも、残念ないくつかの経験から知っているからです。

 人生をサポート?そのお手伝いをささていただきます?こんな人たちが?

 会社自体のシステムに問題があることはもちろんです。私の病気が原因で保険の審査に通らなかった場合のみ、営業の人はその結果だけを知ればいいハズです。しかもその内容をその営業が知ったところでなんの役にたつのでしょう。なぜ本社の審査の部署は、私の面接の内容の一部を営業の担当支部に知らせなくてはならなかったのでしょうか。

 私は、かなり悩んだ末、思いきって保険会社の本社へ電話をしました。
  「審査の部署に伝達する」
  「プライバシー保護を更に強化するようにする」
  「営業担当者と支部には特に注意を促す」
 というようなお返事でした。最後に、この内容は口外しない、ということで私の名前と生年月日を聞いてきました。
 その夜、帰宅した飼い主と相談の上、保険の解約、もう2度とその会社からの私への接触を断りたい、ということを話し合い、その件、飼い主から本社へ連絡してもらうことにしました。

 翌日、幸い授業の無かったわたしは前日のことでかなり落ち込んでいたので、自宅で丸くなっていました。数回の電話にも出ず、インターホンにも応答しませんでした。
 夜、(これはウツ症状を持つ人にならわかっていただけるかもしれません)人目がとだえたころ、とりあえずポストを確認しにいきました。そこには、保険会社の支店長の方の名刺と、タオルが入っていて、「今回はすみませんでした。明日またうかがいます」というメモが入っていました。
 さて、ここでも問題です。彼はどうして昨日のことを知ったのでしょう。私がクレームの電話をしたことは、「私である」ということは伏せてもらえる、ということで私は電話で担当者の方とお話をしたはずです。まあ、本日これこれこういうクレームがあった、ということを知らされれば、内容から憶測するのは無理ではないとも思いますが、これもなんだかプライバシー保護、プライバシー保護と連呼していた本社担当者の方のお話と矛盾すると思われます。

 私の飼い主が「もう御社の営業とは顔も合わせたくない」と私が言っていると電話してくれたせいか、それまでうるさいほどだった訪問も電話もぴたりとやみました。あとは解約の手続きをするだけです。
 しかし、最近そこそこ波のたたなかったウツ症状がまたやってきたのは事実です。これが傷害など、目に見えるものだったら大事件ですが、ココロの問題なので、私はこうやって文章にして吐き出すくらいしかできません。本当の気持ちとしては、解約してその人の営業成績が一件減るだけでは落ち着かないんですけど、しょうがありません。
 この、名前は今はあえて出しませんが、日本屈指の大企業、おそらく誰でも知っている保険会社でさえ、このていたらくなのです。あまりにも、なさけない気持ちになってしまったため、ここで吐き出させてもらうことにしました。

 ここまで読んでくれた人、本当にありがとう。
 そして、もし、なにかあなたの心に残るものがあれば、そしていつか、何かの時にそれが役立つことがあれば、本当にうれしいです。
 悩んだのですが、この記事へのコメントは受け付けます。両刃の剣だということはわかっていますけど。ただし、今回に限り、予告なくコメントを削除させていただくことがあることをお許し下さい。

 いつもここへ訪問してくださっている方にはうっとおしい文章だったと思います。ゴメンなさい。でも、きっと明日にはいつもどおりのバカな文章でお会いできると思います。改めて、今後ともよろしくおねがいします。
 ★洗濯する猫★

| | コメント (1) | トラックバック (0)